永沼 よう 子 著作 権。 利用規約・リンク・著作権等|厚生労働省

wordpressのGPLライセンスと著作権について2点 質問です。ご回答お願いいたします。experience-ccra-in.ctb.comessのテーマを有償で購入したものを、そのまま、または改変して再配布することは可能なのでしょうか。GPLは社内(同一組織)でコピーして使う分には問題無いようですが、社外に対...

永沼 よう 子 著作 権

コーディングマニュアル 4. 3 PUB 目録システムコーディングマニュアル [] []4. 2 ED []4. 4 PHYS 4. 3 PUB 4. そのような場合は、PUBフィールド自体を繰り返す。 3 B 〔記述文法〕• 以下の場合においても同様である。 以下の場合においても同様である。 2 複数の出版地・頒布地等がある場合• 3 複数の出版者・頒布者等の出版地・頒布地等が同一の場合• 4 複数の製作地等がある場合• 5 複数の製作者等の製作地等が同一の場合• 6 出版年・頒布年等と著作権表示年が異なる場合 4. 3C 〔AACR2の区切り記号の採否〕 AACR2の1. 4A1 区切り記号法 及び2. 4A1 区切り記号法 の採否については、次のとおりとする。 なお、各項の番号 1,2,3など はAACR2の1. 4A1と2. 4A1の各段落に対応し、番号に続く丸括弧内に各段落で規定する区切り記号の内容の要約を示す。 2 エリア間の区切り記号 は採用しない。 3 2番目以降の出版地・頒布地等の区切り記号 は採用する。 4 出版者名・頒布者名等の区切り記号 は採用する。 5 補記した出版者・頒布者等の役割表示の区切り記号 は採用する。 6 出版年・頒布年等の区切り記号 は採用する。 ただし、4. 7 製作事項 土地・名称・日付 の区切り記号 は採用する。 8 製作者名の区切り記号 は採用する。 9 製作年の区切り記号 は採用する。 ただし、4. なお、日本語版刊行後の改訂で、1. 4A1の第10段落として、下記の規定が追加された。 これに該当する規則は1. 4D2の任意規定であるが、この任意規定は採用しない。 AACR2 1988 Revision 1. 4A1 10 並列的な表示の前に置く等号の使用については、以下に挙げる規則のうち、該当するものを見よ。 3D 〔フィールド内容とデータ要素〕 PUBフィールドには目録対象資料の出版地・頒布地等、出版者・頒布者等、出版年・頒布年等、及び、必要に応じて、製作項目 製作地、製作者、製作年 をデータ要素として記録する。 3E 〔データ要素の情報源〕 E1 PUBフィールドのデータ要素の情報源は、タイトルページ、タイトルページの裏、表紙など、及び奥付とする。 0B2。 E2 複数の出版物理単位から成る資料の場合は、データ要素の情報源は、該当する目録対象資料の最初に刊行された資料 又は入手可能なもののうち最初に刊行された資料 の規定の情報源による。 最初に刊行された資料 又は入手可能なもののうち最初に刊行された資料 以外に表示されている、異なる出版に関する事項は、必要に応じてNOTEフィールドに記録する。 3F 〔データ記入及び記入例〕 F1 データ記入の原則 F1. 1 PUBフィールドのデータ要素となる場所、個人、団体の名称については、付随している前置詞を省略して当該名称を転記する。 ただし、前置詞が格変化語尾に影響する場合は、その前置詞は省略しない。 4B4。 PUB:Berlin : Im Deutschen Verlag , c1943 なお、AACR2の1. 4B4は、日本語版刊行後の改訂によって、記録の際には付録Bの略語を使用する旨が明示された。 PUB:Stockholm : University of Stockholm, Dept. of Political Science , 1977 F1. 2 出版・頒布等に関する事項の記録の方法については、AACR2の規則1. 4B6及び1. 4B7に準拠する。 なお、日本語版刊行後の改訂によって1. 4B5が削除されたため、これらの規定はそれぞれ、1. 4B5,1. 4B6となった。 F2 出版地・頒布地等 F2. 4C1。 2 出版地が複数の言語あるいは文字で表示されている場合の記録については、日本語版刊行後の改訂によって追加されたAACR2の1. 4C1の第2段落に準拠する。 すなわち、本タイトルと同じ言語又は文字で表示されているものを記録し、この規定が適用できない場合は、最初に表示されているものを記録する。 3 場所の識別のための付記については、AACR2の規則1. 4C2及び1. 4C3に準拠する。 また、日本語版刊行後の改訂により、英語形があればその形を使用する。 4C5。 また、情報源上でレイアウトによって強調されている地名があれば、それも記録することができる。 以上に国内の地名が含まれていない場合は、さらに、目録対象資料中に含まれている国内の地名のうちの最初のものを追加して記録することができる。 PUB:Berlin ; New York ; Tokyo : Springer-Verlag , 1992 改訂前のAACR2では、目録作成機関の母国の地名を情報源上のレイアウトによって強調される地名より優先していたが、日本語版刊行後の改訂によって上記のようになった。 5 出版地等が確認できない場合については、AACR2の規則1. 4C6に準拠する。 なお、日本語版刊行後の改訂により、推定によって地名を補記する場合は、英語形があればその形を使用する。 6 AACR2の1. 4C7の任意規定は採用しない。 出版者・頒布者等の住所を、地名への付記事項としてPUBフィールドに記録してはならない。 必要に応じて、これをNOTEフィールドに記録することができる。 F3 出版者・頒布者等 F3. 4D1。 出版地等と出版者等が対になって複数表示されているとき、2番目以降の出版地等と出版者等を記録する場合は、フィールドを繰り返して記録し、1つのPUBフィールドにまとめた形での記録はしない。 記録する出版地等、出版者等の選択にあたっては、次に示す、日本語版刊行後に改訂されたAACR2の規則1. 4D5に準拠する。 なお、2番目以降の出版地等、出版者等の入力レベルは「選択」である。 PUB:Amsterdam : Elsevier PUB:Tokyo : Kodansha , 1980 複数のPUBフィールドを作成した場合は、出版年は最後のPUBフィールドに記録する。 AACR2 1988 Revision 1. 4D5 記述対象に複数の出版者・頒布者等が表示されている場合は、最初に表示されているものとそれに対応する場所を転記する。 次の場合は、2番目以降に表示されている出版者・頒布者等と 既に表示した場所と異なる場合は それに対応する場所を付記する。 a 最初に示されたものと2番目以降に示されたものが単一の表示で結びついているとき London : Macmillan for the University of York• b 最初に示されたものが頒布者・発売機関等で、出版者は2番目以降に示されているとき• c 2番目以降に示されたものが主要な出版者・頒布者等であることが、レイアウトや印刷によって明らかに強調されているとき Toronto : McClelland and Stewart : World Crafts Counsil 2番目の出版者は印刷の体裁上強調されている• d 2番目以降に示された出版者・頒布者等が目録作成機関の母国にあって、最初に示された出版者・頒布者等が別の国にあるとき Paris : Gauthier-Villars ; Chicago : University of Chicago Press 目録作成機関は米国にある New York : Dutton ; Toronto : Clarke, Irwin 目録作成機関はカナダにある 複数の部分から成る資料についても、出版の過程で出版者名等に変遷がある場合はこの規則に従う。 3 出版地、出版者の他に、頒布地、頒布者が表示されている場合は、記録するときにはフィールドを繰り返す。 入力レベルは「選択」である。 PUB:Copenhagen : Nordic Pharmacological Society PUB:Copenhagen : Munksgaard [distributor] , 1996 出版者・頒布者等の記録の方法に関しては、AACR2の規則1. 4D2,1. 4D3及び1. 4D4に準拠する。 ただし、日本語版刊行後の改訂で1. 4D2の第3段落として追加された任意規定は採用しない。 また、1. 4D4の規定のうち、団体名を短縮形で記録するという部分については、検索上支障を来すおそれがあるため、原則として採用しない。 AACR2 1988 Revision 1. 4D2の第2、3段落 出版者名・頒布者名等の最も簡潔な形が複数の言語や文字で表示されている場合は、本タイトルと同じ言語や文字による形を記載する。 これが適用できない場合は、最初に表示されている言語や文字による形を記載する。 任意で、各言語・文字による最も簡潔な形をそれぞれ記載する。 それぞれの並列的な表示の前には等号を置く。 最も簡潔な形がどの言語や文字でも同じであれば、1つだけ記載する。 5 出版者・頒布者等が不明である場合は、AACR2の規則1. 4D6及び1. 4D7に準拠する。 なお、これらの条項は、日本語版刊行後の改訂によって、それぞれ1. 4D7,1. 4D8となった。 6 出版者・頒布者等の役割表示に関するAACR2の1. 4Eの任意規定は、これを採用する。 F4 出版年・頒布年等 F4. 1 出版年・頒布年等の記録の方法に関しては、AACR2の規則1. 4F1,1. 4F2,1. 4F3,1. 4F6及び1. 4F7に準拠する。 2 出版年が頒布年と異なる場合の記録方法に関するAACR2の1. 4F4の規定は採用しない。 3 著作権表示年が出版年等と異なる場合の付記に関するAACR2の1. 4F5の任意規定は、これを採用する。 4 複数の出版物理単位から成る資料の場合に、出版年が2年以上にわたるときは、刊行開始年と刊行終了年をハイフン - で結んで記録する。 刊行中のときは開始年を記録し、ハイフン - を続ける。 出版年が1年の中に収まる場合は、その年のみを記録する。 F5 製作等に関する事項 製作等に関する事項の記録については、AACR2の規則1. 4G及び2. 4Gに準拠する。 記録の方法については、次の例のようにフィールドを繰り返し、丸括弧 に入れて記録する。 なお、製作等に関する事項の入力レベルは「選択」である。 PUB:[S. ] : [s. ] PUB: London : High Fidelity Sound Studios , 1970 4. 3G 〔フィールドの繰り返し〕 出版地・頒布地と出版者・頒布者ないしは製作地と製作者がそれぞれ対となっていて、その組合せが複数ある場合は、PUBフィールドを繰り返す。 3H 《注意事項》 H1 1つのPUBフィールドに、出版地・頒布地等と出版者・頒布者等の対を繰り返して記録してはならない。 繰り返し記録すると、「1番目の出版者・頒布者等;2番目の出版地・頒布地等」の部分が1つの出版者名とみなされて、2番目の出版地・頒布地に対する検索キーが正しく作成されない。 誤 PUB:Oxford : Clarendon Press ; New York : Oxford University Press , 1995 正 PUB:Oxford : Clarendon Press PUB:New York : Oxford University Press , 1995 H2 複数の出版物理単位から成る単行書誌単位において、最初に刊行された資料 又は入手可能なもののうち最初に刊行された資料 以外に表示されている異なる出版に関する事項については、NOTEフィールドにそれを記録する。 このような場合は別書誌を作成する。 VOL:v. 1 ISBN:0224026542 PRICE: VOL:v. Cape , 1989- PHYS:v. : ill. 1 ISBN:0224026542 PRICE: VOL:v. Cape , 1989- PHYS:v. : ill. ; 25 cm 〔関連項目〕•

次の

wordpressのGPLライセンスと著作権について2点 質問です。ご回答お願いいたします。experience-ccra-in.ctb.comessのテーマを有償で購入したものを、そのまま、または改変して再配布することは可能なのでしょうか。GPLは社内(同一組織)でコピーして使う分には問題無いようですが、社外に対...

永沼 よう 子 著作 権

1) リンクについて• ア厚生労働省ホームページは、原則リンクフリーです。 (トップページだけでなく、個別情報(案件)へのリンクについても、同様の取り扱いです。 )ただし、各情報においてリンクの制限等の注記がある場合はこの限りではありません。 イリンクを行う場合の許可や連絡は必要ありません。 ウリンクの設定をされる際は、「厚生労働省ホームページ」へのリンクである旨を明示ください。 エ上記は、「厚生労働省ホームページ」()に関するものであり、当ホームページにリンクされている他のサイトについては適用されません。 厚生労働省ホームページへリンクする場合は、厚生労働省省シンボルマークを使用してリンクすることが可能です。 ただし、この画像を厚生労働省ホームページへのリンク以外の用途に使用することはできません()。 バナー画像 リンク先 2) 出典の記載について• アコンテンツを利用する際は出典を記載してください。 出典の記載方法は以下のとおりです。 出典記載例)• 出典:厚生労働省ホームページ (当該ページのURL)• イコンテンツを編集・加工等して利用する場合は、上記出典とは別に、編集・加工等を行ったことを記載してください。 また編集・加工した情報を、あたかも国(又は府省等)が作成したかのような態様で公表・利用してはいけません。 (コンテンツを編集・加工等して利用する場合の記載例)• アコンテンツの中には、第三者(国以外の者をいいます。 以下同じ。 )が著作権その他の権利を有している場合があります。 第三者が著作権を有しているコンテンツや、第三者が著作権以外の権利(例:写真における肖像権、パブリシティ権等)を有しているコンテンツについては、特に権利処理済であることが明示されているものを除き、利用者の責任で、当該第三者から利用の許諾を得てください。 イコンテンツのうち第三者が権利を有しているものについては、出典の表記等によって第三者が権利を有していることを直接的又は間接的に表示・示唆しているものもありますが、明確に第三者が権利を有している部分の特定・明示等を行っていないものもあります。 利用する場合は利用者の責任において確認してください。 ウ第三者が著作権等を有しているコンテンツであっても、著作権法上認められている引用など、著作権者等の許諾なしに利用できる場合があります。 7) その他• アこの利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。 イ本利用ルールは、平成28年1月27日に定めたものです。 本利用ルールは、政府標準利用規約(第2. 0版)に準拠しています。 本利用ルールは、今後変更される可能性があります。 既に政府標準利用規約の以前の版にしたがってコンテンツを利用している場合は、引き続きその条件が適用されます。 ウ本利用ルールは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの表示4. 0国際()に規定される著作権利用許諾条件。 以下「CC BY」といいます。 )と互換性があり、本利用ルールが適用されるコンテンツはCC BYに従うことでも利用することができます。

次の

著作物転載ガイドライン|ニトロプラス Nitroplus

永沼 よう 子 著作 権

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。 アクリル絵の具で描く絵画作品 今の世の中、スマホの登場であらゆることが便利になりましたよね。 僕はスマホを一番活用するシーンは写真を撮る時です。 スマホを使えば制作の風景も簡単に記録できますし、なにより制作の際に使う資料を写真として手軽に撮ることができます。 こういった資料って結構重要です。 出かけた先の風景を撮っておいて、後から絵を描く際の参考にしたりできますし動きの激しい動物なんかも写真ならゆっくり見て描けたりします。 (人物とかも。 ) 見ないで描くのと見て描くのでは作品の説得力に差が出てくるので、 初心者の方は資料は必須かと思います。 しかし最近ではプロのデザイナーなどが他人の写真を勝手に自分の作品に使用して著作権問題に発展したりなどしています。 写真を使用する際に問題になってくるのがこの 「著作権」の問題。 せっかく苦労して描いた作品が法律に触れてしまうのは避けたいですよね。 今回は 写真を使う際の注意点と対策法などについて書いていきます。 是非作品制作に役立てていただければ嬉しいです。 どういった場合に著作権侵害になるの? では実際にどういった場合にアウトになるのか、もしくはセーフなのかを見てみましょう。 個人の趣味又は学習のためだけに利用する場合 例えばあなたが 他人の写真や絵などを参考にしてトレースや模写をしたりしたとします。 (インターネット上にアップロードするなど、第三者への公開はしない。 ) この段階で著作権を侵害したことになるのでしょうか? 答えは NOです。 なぜならこの段階ではあなたの行為は 「私的使用のための複製(著作権法第30条)」に当たり 著作権法に定められた範囲の中での使用になるからです。 「私的使用のための複製(著作権法第30条)」では 「自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができる。 ただし、デジタル方式の録音・録画機器等を用いて著作物を複製する場合には、著作権者に対し補償金の支払いが必要。 コピープロテクション等技術的保護手段の回避装置などを使って行う複製については、私的複製でも著作権者の許諾が必要。 私的使用目的の複製であっても、違法著作物であることを知りながら音楽又は映像をインターネット上からダウンロードする行為は、権利制限の対象から除外される。 」 著作権情報センター とされています。 個人で楽しんだり学習するだけのため 公開しない)ならOKということですね。 インターネットなどにトレース、模写した作品を公開する ではトレースや模写などの複製を行った後に、自分のホームページやSNSにアップロードする行為はどうでしょうか? これは第三者の目に触れてしまうため アウトになります。 重要なのは自分以外の第三者の目に入るか、入らないかということです。 たとえトレース、模写の作品で自分が利益を得る事はなくても(非営利)、公開したら駄目!ということですね。 完全なトレース、模写でない場合はどうなの? ここは少しややこしいのですが、 「トレースや模写を対象の一部のみ行うのは良いのか?」 という点です。 例えばあなたが構図の好きなイラストがあるとします。 それをあなたが構図のみ自分の作品に取り込み、別の要素(人物の顔やポーズなど)はオリジナルに描いたとします。 これは許されるのか、許されないのか。 答えは許される(罪には問われない)かもしれないが、違法性で言えばグレーなのでやめておいた方が良い、言えるでしょう。 なぜならこういった著作権のトラブルというのは 親告罪であるからなんですね。 親告罪である、ということはつまり著作権を持っている人間(オリジナルの作者)が告訴して初めてアウトかセーフかを問われるからです。 さらにアウトかセーフを決めるのは著作者ではなく裁判所だということです。 第三者からみて明らかに盗用であると判断できるような借用は避けるべきです。 資料は自分で用意するのが一番安全 結局はこれに尽きると思います。 出来る限り扱う写真などの資料は自分で集めましょう。 スマホやカメラなどを持っている方は、日ごろから資料を撮りためておく癖をつけておくのが一番良いのではないでしょうか。 そうした癖をつけておけば物をよく見るアンテナを張れるので、観察する力も一緒に養う事ができるのではないかと思いますよ。 またそうした習慣をつけるとスマホのストレージやHDDがすぐに無くなってしまうという方もいるかもしれません。 そうした方には 「Google Photo」というクラウドのサービスをオススメします。 このGooglePhotoは 無料で無制限に写真や動画を保存できるオンラインストレージです。 非常に便利でお得なので是非使ってみて下さい! 資料として使える本を使う 資料として使用することが許可されている写真集を使うというのも、一つの方法として有効かとおもいます。 美術の教本に興味がある方は目にする機会はたくさんあるのではないでしょうか? ポーズ集、建物の写真集、服のデザイン集などが美術系の書籍コーナーには結構あります。 こういった本はほとんど全てが写真の著作権をフリーにしており、第三者が模写やトレースを商業目的に利用して良いことになっています。 もし資料に困っていて、なおかつ欲しいジャンルの資料がこういった形で販売されている場合は参考にしてみることをおすすめします。 著作権フリーの写真サイト ネット上には 著作権フリーの 「Public Domain パブリックドメイン 」の写真を集めたサイトがあります。 パブリックドメインとはその制作者が著作権を放棄するか、制作後に50年経過(日本では)することで、発生する著作権が放棄され公共物になった状態を指します。 これらを利用するというのも1つの手かと思います。 基本的に無料の会員登録、又は登録なしで使用できる所がほとんどです。 まとめ 今回は絵を描く方には常につきまとうであろう 著作権の問題について解説してみました。 いかがだったでしょうか?最近はよくプロの漫画家やデザイナーがトレース疑惑を投げかけられていますが、僕たちも例外ではありません。 作品を作り発表していく際は、こういった問題にも注意して制作していきたいですね。 普段は色々なギャラリー、百貨店の美術画廊、アートフェアなどで作品を展示、発表しています。 今まで絵を描いたり、展覧会に行ったり、本を読んだりして学んだこと、感じたことを中心に当サイトを運営しています。 最近では絵を描きたい!上達させたい!と考えている方に向けて ・画材の選び方 ・絵を描くコツ ・上達の方法 などいろいろな悩みに無料で相談に乗らせてもらっています。 また無料で絵の描き方を学べる講座も開催しています。 1人で絵を描いていると色々分からないことが多いと思うので是非お気軽に参加してみてくださいね^^.

次の