横浜国立大 学費。 国立大学の学費・受験料・授業料・生活費

国立小学校の受験…倍率・学費・メリット・準備を解説 [小学校受験] All About

横浜国立大 学費

かつて国立大学は国の組織の一部で、いわば国営でした。 しかし、2004年度からは法人化され、国から独立した「国立大学法人」となりました。 教職員も「みなし公務員」となっています。 国立大学の検定料・入学料・授業料は、国営時代は大学・学部にかかわらず一律でしたが、法人化後は国が定める範囲(標準額の上限+10%、下限なし)で大学が自由に決められるようになっています。 実際には、ほとんどの国立大学が標準額で設定しています。 国立大学の授業料等 現在の検定料や入学料、授業料を見てみましょう。 文部科学省が行った調査によると、次のような結果となっています。 調査結果は平成22年度までしか発表されていませんが、その後は変更されていません。 <検定料> 標準額と同額:86大学 標準額=大学学部(昼間):17,000円、大学院:30,000円 <入学料> 標準額と同額:86大学 標準額=大学学部(昼間)・大学院:282,000円 <授業料> 標準額と同額:81大学 標準額=大学学部(昼間)・大学院:535,800円 授業料を標準額より安くしている大学は次の通り。 いずれも年額で1万5000円下げています。 ・北海道教育大学 大学院(教職大学院を含む) ・北見工業大学 大学院(博士課程) ・千葉大学 大学院(博士課程) ・東京大学 大学院(博士課程) ・三重大学 大学院(博士課程) このほか、特定の学部のみ学費が異なっている大学・学部もあります。 ・東北大学 経済学研究科 会計専門職専攻 589,300円 (+53,500円) ・東京農工大学 技術経営研究科 技術リスクマネジメント専攻 572,400円 (+36,600円) なお、国立大学を4年で卒業した場合に検定料・入学金・授業料を含めていくらかかるかというと、単純計算ですが、 検定料1. 7万円+入学金28. 2万円+授業料53. 22万円 主な学校納付金だけでこの額になります。 このほかにも、通学費や教科書、参考図書、学用品代、生活費などが別途かかります。

次の

国立大学の学費・受験料・授業料・生活費

横浜国立大 学費

文部科学省による標準額で計算すると、法学部や文学部、理工学部などといった4年制の学部に通うために必要な学費の合計は242万5,200円となります。 また実際学んでいく上では、施設設備費や実験実習費などの費用が追加で必要となります。 さらに、留学を検討する場合には、その分の費用も検討しなければなりません。 大学院に進学する場合も、大学と同様に授業料はもちろん改めて入学金が必要となってきます。 その額は、標準額で計算すると博士前期課程2年間で135万3,600円。 また、法科大学院は授業料標準額が他の学部より高く設定されており、年間で80万4,000円とされています。 法科大学院へ進学する場合は、修了までの3年間で269万4,000円必要となります。 国立大学に通学していて金銭的に困難のある学生を対象に、学費を免除する制度が国により定められています。 学生が免除を申請し、審査に通ると全額もしくは半額の学費免除を受けることができます。 ただし、学費免除の申請をするには、一定の条件を満たす必要があります。 条件として、家計の総所得額の基準が定められている他、免除対象年次の前年度の学業成績に関する基準が各大学で設定されています(1年次生に関しては、高校での成績が参照されます)。 その他、父子・母子家庭や長期療養者がいる家庭などの具体的なケースに関しても、細かく基準が定められています。 制度の利用を希望する人は、入学までに必要書類や選考基準を調べておきましょう。 交通費はそれほどかからないものの、住居費や食費が自宅通学より必要となる一人暮らしの学生が国立大学に通う費用は、1年間で174万3,500円です。 (日本学生支援機構による平成28年学生生活調査より)。 こうした制度でよく知られているのは、国の独立行政法人である日本学生支援機構によるものですが、大学・自治体・企業等により他にも多くの制度が独自に整えられています。 ホームページや説明会を利用して、自身の状況に最も適した奨学金を探してみましょう。 大学の学費に関する3つのポイント.

次の

学費【学部】

横浜国立大 学費

国立大学の学費や、入学金、授業料、生活費等大学でかかるお金に関することについてまとめました。 国公立大学は私立大学より安いといいますが学費等どのようになっていて4年間でどれくらいお金が必要になるのでしょうか。 平成26年時点なので情報が変わっている場合もあります。 2004年からは国立大学は法人化されています。 国立大学の検定料(受験料)・入学料・授業料は、国営時代は大学・学部にかかわらず一律でした。 ただ、法人化後は国が定める範囲(標準額の上限+20%、下限なし)で大学が自由に決められるようになっています。 しかし、実際には、全国86大学の多くが標準額のままです。 ここでは例外の大学をのぞいた多くの国立大学の金額をのせますね。 個別大学の授業料等はかならず個々の大学で確認してください。 つづいて生活費をみてましょう 国立大学 生活費 平成22年の学生生活調査結果をみてみます。 これをみると国立大学の平均的な生活費がわかります。 国立大学(自宅通学)• 授業料 50万2900円• その他学校納付金 1万700円• 修学費 5万5700円• 課外活動費 4万3100円• 通学費 10万2900円• 食費 10万4900円• 保健衛生費 3万9500円• 娯楽・嗜好費 13万2100円• その他の日常費 9万3800円 国立大学の自宅通学1年間合計 108万5600円 国立大学(下宿・アパート)• 授業料 51万1900円• その他学校納付金 6100円• 修学費 5万2900円• 課外活動費 4万9200円• 通学費 1万3700円• 食費 27万7100円• 住居・光熱費 51万1700円• 保健衛生費 3万8600円• 娯楽・嗜好費 14万5900円• その他の日常費 10万2700円 一人暮らしの国立大学学生の生活費1年間合計 170万9800円 これを4倍したら生活費がわかりますね。 授業料もこれには含まれているので、全額だすには更に入学金と受験料を足してみます。 平成22年といった少し前の金額なのでもう少し金額に変化があると思います。

次の