ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ。 ある日私は冷血公爵の娘になった49話ネタバレ・感想!

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」62話ネタバレ 【あらすじ より抜粋】 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系のでした。 新しく「テル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なテル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいテルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ! 良く晴れた日、テルは一通の手紙をにこにこしながら読み上げる。 「お兄様が卒業されるって!」 「もうそんな時期なんですね。 入学された時が一昨日のように感じます。 」と側にいた使用人も笑顔で話す。 「私たちは参加しなくても、行くことは出来るかな?」 「そうですね。 まだ厳しいですよね。 」 「う、うん。 」と言い、テルは悩み、切ない表情になった。 私のせいで行けないかな。 そして、テルは公爵の部屋に入った。 「パパ!」「お兄様の卒業式に行きます!」と公爵に強く訴える。 「ダメだ。 」即答する父。 「だけど・・・!」 「私たちは外と断絶中だ。 テルもまだ安静にしてほしい。 」 「そ、それでもね。 私は最近大丈夫だよ。 そうだよね、ジン?」 そういうと、側にいた騎士のジンに突然話を振るテル。 ジンは少し驚いた表情になり、 「ああ、私ですね。 」「そ、そうですね。 」「さ、さあ。 最近はよく行かれますよね。 」少し青ざめながら返答する。 「・・・帰りなさい。 」 ジンの言葉に対して、冷たく命令する公爵。 その言葉を聞いてジンとテルの二人は呆然としたあと、公爵の部屋から出された。 「ジン・セーガン」 「・・・。 」申し訳ない気持ちになるジン。 「私の味方になってくれたんじゃないの。 」 「申し訳ありありません。 しかし・・・。 」 「謝罪するのに『しかし』が必要なの?」「実際、別にすまなくないでしょう?」プンプン怒るテル。 「・・・いいえ。 」 「そうだよ!」 「さて、それじゃあ。 」「エメルに同行してもらうわ。 」 そう呟きながら、テルはエメルの元へ向かった。 「坊ちゃんの卒業式ですか?」とエメル。 「そう。 是非行きたいの。 」 「で、ジンは援護射撃に失敗してんですよね。 」 「そうよ。 」下を向いて残念そうに返答するテル。 「お嬢様の為じゃなくても、公爵様はケソンの卒業式には出席しないと思いますよ。 」 「行かないのがらしいのかな?」 「お嬢様らしいことが最もらしいでしょう。 」微笑みながら話すエメル。 「それじゃあ、やっぱり行きたいな!」笑顔でそう話すテル。 「分かりました。 どうするのが良いですかね?」 「うーん。 」悩む二人。 「エメルと私の二人で行こうか?」 「え?」驚くエメル。 「私の髪を売って資金にすれば良いわ」 「そうなれば、私の頭も公爵様は切り捨てると思いますよ。 」 「うう・・・。 」「それじゃあ。 どうしよう・・・。 」真剣な表情で悩むテル。 「仕方ないですね。 」「お嬢様が公爵様を攻略しなければなりません。 」 そして、エメルはテルの耳元で何やら提案をするのであった。 その日の夜。 テルは公爵の部屋を訪れた。 公爵はベッドの上に座って本を読んでいた。 「パパ、もう寝てる?」 「いや、入っておいで。 」 部屋に入ったテルは、なんとうさ耳を可愛くつけて登場したのだった。 「ああ、パパ~。 」 「テル、お兄様の卒業式に行きたいの。 」「いけませんか?ねぇ?」 可愛くお願いするテル。 「テル。 「この小細工はエメル・アストラがやったな。 」公爵はうさ耳を触りながら言う。 「あっ、エメルがウサギの耳をつけて行けっていったんじゃないよ。 ただ・・・。 」 「ただ?」 「パパの正直に私の心を話すようにって・・・。 」 「今行かないと、永遠に出ることが出来ないかもという思いがあるの。 」切ない表情をしながら話すテル。 すると公爵は、 「それでは、行こう。 」テルを真っすぐ見つめながら返答する。 「本当に?!」満面の笑みになるテル。 「はい。 これは没収。 」と言い、公爵はウサギの耳を外す。 「似合わなかった?」 「いや。 (翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」63話に続く・・・ hukusinoko.

次の

ある日、私は冷血公爵の娘になった

ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ

ある日、私は冷血公爵の娘になった 56話ネタバレ 【あらすじ より抜粋】 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系のでした。 新しく「テル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なテル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいテルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ! 「うん あのねエメル。 」 エメルをベランダに呼び出したテル。 「私をのこと命をかけて守ってくれるって約束したでしょ?私は今でもそのことば信じてるよ。 」と話すテル。 「・・・!」 「パパはいろんな危険から私を守ろうとしてくれる。 へやの宝物のようにね。 でもわたしはそんなのイヤ。 もっといろいろ外の事が知りたい。 だからこれからわたしに危険がつきまとうかもしれない。 」と言う。 「その危険からお守りするtがめに僕がいるのです。 」と言うエメル。 「だったらずっとそばにいて?私にはエメルが必要なの。 エメルも言っていたじゃない。 生きのびることだけを考えて・・・そうすれば助けにきてくれるって。 だからずっと待っていられたの。 エメルがそう言ってくれたから待って居られたんだよ。 ありがとうエメル。 」 と微笑むテル。 エメルは、「お嬢様は本当に・・・。 」と呟きため息をつくと、テルの前で跪いた。 「申し訳ありませんでした。 大人げないところをお見せしてしまいました。 勝手に拗ねて勝手に失望して、自分自身が許せなくてどうしようもなくなったり、お嬢様の一言一言に一喜一憂したり・・・。 幼稚でした。 」 と話すエメル。 「ううん。 そんなことない。 」「気にしないでエメル。 」 「ちょっぴり怒っていたのは本当だけど、エメルの手かんじゃったしそれでおあいこ、ね?」 エメルはテルの手をとりながら「お嬢様が私を必要とされるのでしたらー。 」と話す。 「ううん。 私にはテルが必要。 」 「ならばこの身いつまでもお嬢様のそばに。 」と言いながら、手の甲に唇を落とす。 テルは照れながら、「エメル・・・女の子にモテルでしょ?」 「さあ~。 」とにこにこしながら言う彼。 「あ そうだ!手は大丈夫?」 「あ・・・。 」「治るには治ったのですが・・・。 」気まずい様子のエメル。 「?」「じゃあちょっと見せて。 」 「・・・!」傷を見て驚くテルであった。 アンの部屋は屋根裏部屋で過ごすことになった。 日当たりが一番いい部屋である。 「アン。 」 「はい、お・・・お嬢様。 」 テルはアンの所へ行き、「傷跡をなくす薬はないとかってある?」と尋ねる。 「どこかお怪我でも?」と焦るアン。 「私じゃないの。 」と話すテル。 「傷跡を薄くする薬ならあります。 もそういう薬を売っていました。 」 「ありがとう!材料は私がよういするから。 」と笑顔で言うテル。 そして、材料はテルが用意し、あとはアンに作ってもらうことになった。 その夜、アンからもらった材料のリストを確認するテル。 彼女の肩に乗るエンドは、「傷跡が残りなんて肉体を持つとやっかいなもんだね~。 」と言う。 アルファは、「私が材料をとってきてやろうか。 」 と聞くが、「代償とかあるの・・・?」不安そうなテル。 エンドは、「警戒しなくっていいって。 代償ってのは僕らが現身となったときに支払われるものだからね。 」と話す。 「例えば豪炎で燃やし尽くしたり、洪水で全てを飲み込んだり、土砂降りや雷を起こし、を起こしたり嵐を発生させたり。 アルファは、 「精霊の持つ本来の能力と違うことをすると倍の力が必要になる。 たとえば水の能力をもつ私を治癒に使った時のように」と話す。 「それはおすすめはしない。 いっそ洪水を起こしたほうがマシだ。 」と言う。 「材料を手に入れてくることは大丈夫なの?」と聞くと、「ああ、お前の力を使うまでもないからな。 」とのこと。 「よかった、じゃあよろしくね。 アルファ!」と言い、リストを差し出す。 するとアルファは前足で受け取り、その場で消えた。 「じゃあさ、レンはなにをしちゃったの?」 残ったエンドにテルが聞くと、エンドはニッと笑いながら 「教えない。 」と言い、はぐらかすのであった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」・・・57話ネタバレに続く hukusinoko.

次の

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」最新話ネタバレまとめ!|漫画大陸

ある 日 私 は 冷血 公爵 の 娘 に なっ た ネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 娼婦である母に、2万ゴールドで魔族の公爵家に売られたピンクの瞳の少女は、実は魔族と人間のハーフで貴重な存在だった。 魔族で寡黙な父と兄、イケメンな護衛騎士に囲まれ、カスティージョ令嬢として新しい生活を送る少女エステルの物語です。 毎週月曜に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、冬休みに入った兄カルルもホワイトホールにやってきた。 しかも初めて友人を連れて。 伯爵家令息ゼオンと、皇子リドルだ。 ゼオンがもうすぐ誕生日だというので、一緒に祝おうとエステルは提案する。 そうであれば自分も祝ってあげたいからと、ゼオンに誕生日を聞かれるエステルなのだが、彼女は誕生日を知らないのであった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」40話のネタバレ エステルが誕生日がわからないと答えたため、緊急家族会議が開かれた。 年は10歳らしいのだが、正確な月日がわからない。 彼女は母の言葉を思い出し、エステルが生まれた日はものすごい吹雪の寒い日だということを話す。 ケルン地方で吹雪の日と聞き、ケルソンが当時の天候を調べに行った。 適当に決めてもいいのにと言うエステルに、いいわけないだろうと真面目な顔の公爵。 カルルは、俺の考えが浅かった、ゼオンの野郎と言い、何故かゼオンが恨まれる羽目に。 私の誕生日を祝ってくれようとしただけだからとエステルがフォローすると、自分が先に聞きたかったのだと言う。 寂しかっただろうと公爵は彼女を気遣う。 もし先にカルルの誕生パーティがあり、誰も彼女の誕生日のことを聞いてくれなかったら、ひどく寂しい思いをしたはずだった。 公爵は、今後またこういったことがあるかもしれないから、そのときは強がらず正直に話してくれと言う。 父の言葉にホッと安堵するエステル。 そこへ、ケルソンが大量の資料を持って戻ってきた。 エステルが生まれた日は、星座祭りの付近であった。 エステル=星、という名前の由来にもぴったりだ。 星座祭とは、この世が暗闇に包まれ月も星もなかった頃、暗闇に怯える人々のために一人の少女が祈りを捧げたため、神がその少女の祈りを聞き入れ、最初の星である黄金の星エステルを作ったという、神話を祝うお祭りだ。 自分の名前は適当につけられたのかと思ったという彼女に、候補だけでも数百もあり、名付けに苦労したのだとケルソンは力説する。 公爵に至っては名前選びに没頭しすぎて仕事がおろそかになったと話すケルソン、それを睨む公爵。 とりあえず、エステルの誕生日は、星座祭の前後1週間の、1月5日~1月25日の間とのこと。 星座祭は新年会後すぐの10日頃、新年会より盛大なもので1週間行われるのだという。 公爵がには、自分の好きな日を選ぶといいと言われ、きちんと祝ってほしいため、星座祭の準備や期間にかぶらないよう1月20日に決めた。 そのように手続きすると言うケルソンは、今回は時間が足りないかも知れないが、その分来年はより盛大にしようと言うのだった。 誕生日が決まったことを、ロイやジェーンに教えるエステル。 二人は喜んでくれた。 エステルは、星座祭は何をするのかジェーンに聞くと、家中に星の飾り物をつけたり、美味しいものを食べて飲んで踊ったり、今年のエステルを決めるのだという。 今年のエステルとはなんだろう、ミス・エステルみたいなものなのかとキョトンとする彼女。 さらに星座祭では、折り紙でたくさん星を作り、願い事を書いて木につるすのだという。 楽しそうで、エステルは目をキラキラさせる。 去年の冬までは、暗い箱に閉じ込められ、寒さに震えながら、街の人の楽しそうな声を聞くだけだった。 母のお客さんが置いていった星の折り紙を見たことがあるが、そのときが星座祭だったようだ。 ふと、ゼオンとリドルはとエステルが聞くと、まだ応接間に放置されているようだ。 エステルが応接間に行くと、ゼオンが余計なことを聞いてしまって悪かったと頭を下げてくる。 リドルは、こうやって自分たちを気遣ってくれるなんて、エステルもこの家の立派な主だねと言ってくれる。 シャトレン=鍵束という、その家の財布を握る者にふさわしいなというゼオン。 しかし、なりたくないと言う彼女に、確かに重いよなと言って笑う3人なのだった。 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」40話の感想 幸いにも、カルルの誕生日がまだだったので、エステルは寂しい思いをしなくて済みましたね。 皆エステルを大事に思っているので、彼女の誕生日決めも真剣です。 彼女の名にぴったりな由来をもつ時期で決めることができて良かったです。 ゼオンもリドルも変に思うことなく、彼女に自然な態度で接していたので、優しい人々に囲まれて、彼女が幸せだと思います。 今まで虐待され、辛い思いをしてきた分、これからは家族に愛され温かい家庭で過ごせそうですね。 次回は星座祭の準備でしょうか。 星座祭にエメルは間に合うのか気になりますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の