国民 年金 免除 と は。 国民年金の「免除」を選択する時の注意点と、免除を受けない方が良いケース

役所で簡単!国民年金の免除手続き。失業(無職)は全額免除?

国民 年金 免除 と は

母子家庭の年金は「免除」されるのか? 残念ながら、母子家庭(ひとり親家庭)ということで、年金(国民年金保険料)が免除されるという制度はありません。 但し! 国民年金保険料には、失業などで収入が減少したときや、収入が少なく国民年金保険料が払えない人のために免除制度が設けられていますので、 母子家庭で「収入が少ない」という場合は、国民年金保険料の免除制度を利用できる場合があります。 勤務先の健康保険&厚生年金等に加入している方には「免除制度」はありません。 今回の記事は国民年金に加入する方、加入している方を対象にまとめています。 国民年金保険料の免除が認められた場合、以下のとおり免除されることになっています。 全額免除 国民年金保険料の全額(平成31年度は月額16,410円)が免除されます。 一部免除 国民年金保険料の一部(「 4分の3」「 半額」「 4分の1」)が免除されます。 こちらの記事では、国民年金保険料の免除について、メリット・デメリットをまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。 年金の免除が適用されるのは、毎年7月~翌年6月の期間になります。 例えば、令和元年7月~令和2年6月分の申請については、平成30年(1~12月)の所得が前年所得となります。 (過去の分の免除を申請する場合は、前々年度、前々々年度の所得で判断します。 ) 全額免除になるケースを確認 ここでは、国民健康保険料が「全額免除」になる母子家庭の例を計算式に当てはめて確認してみましょう。 将来の年金への影響は? 免除が認められた場合、年金を受け取るために必要な期間(受給資格期間)としてはカウントされますが、全額納付した場合と比べて国民年金保険料の負担が少ない分、将来、受け取れる年金額が少なくなります。 全額納付した場合と比べ、受け取れる年金額の割合は以下の通りです。 例えば、「全額免除」の期間が5年間あった場合、この5年は納めていた期間としてカウントされますが、将来、受け取れる年金額は「半分」ということになります。 但し、免除されていた期間の国民年金保険料はあとから納めることもできます。 手続き方法など詳しくはこちらの記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。 自分から申請をしないと免除を受けることができませんので、注意してくださいね。 年金免除の申請方法について、詳しくはこちらの記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

次の

国民年金が免除になる年収はいくら?具体的な条件や計算方法を解説

国民 年金 免除 と は

厚生年金保険に加入する、20歳以上60歳未満の会社員の方が退職して、すぐに再就職しなかった場合、国民年金に加入する必要があります。 こういったケースでは原則的には、自分で保険料を納付する「第1号被保険者」になりますが、 配偶者が代わりに保険料を負担するため、自分で保険料を納付する必要のない、「第3号被保険者」になる方もおります。 また前者の第1号被保険者が、国民年金の保険料を納付するのが困難な場合には、保険料の納付が免除(全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除)、または猶予(納付猶予)されます。 この免除や納付猶予は、いつからでも受けられますが、原則的には7月から始まって、翌年の6月に終わります。 その理由として、どの 免除や納付猶予を受けられるのかは、本人、世帯主、配偶者の、前年の所得によって審査されます。 またすべての市区町村で、前年の所得の証明が可能になるのは、7月以降になるからです。 会社員の方が失業した場合には、本人の所得を除いて審査するという特例があるため、例えば同居する配偶者に収入がない場合には、失業した直後から、免除や納付猶予を受けられる可能性があります。 この特例を使うか否かにかかわらず、 保険料を納付するのが困難になった第1号被保険者が、免除や納付猶予を受けるには、所定の申請が必要になります。 なお 国民健康保険については、前年の所得が一定の基準以下になった場合、自動的に保険料の負担が軽減されるため、この辺りは国民年金と大きな違いがあります。 両者の違いは全額免除の次に、納付猶予があるか否かになりますが、これが意外に重要なです。 国民年金に加入する必要のある20歳から60歳まで、1か月も欠かさずに保険料を納付し、原則65歳から満額の老齢基礎年金を受給できた場合、その金額は2020年度額で78万1,700円(月額:6万5,141円)です。 厚生年金保険の保険料の一部は、国民年金の保険料として使われているため、20歳から60歳まで厚生年金保険に加入する会社員だった場合にも、満額の老齢基礎年金を受給できます。 それに対して極端な例になりますが、20歳から60歳まで国民年金の保険料の全額免除を受けた場合、受給できる老齢基礎年金は、2020年度額で39万850円(月額:3万2,570円)です。 1度も保険料を納付していないのに、満額の半分くらいの老齢基礎年金を受給できるのは、こ の財源の2分の1は、国庫負担(税金)で賄われているからです。 国民年金の保険料の未納が続き、公的年金(国民年金、厚生年金保険)の保険料を納付した期間や、免除を受けた期間などを合算した期間が、原則10年に達しなかった場合、受給資格期間を満たせなくなります。 結果として 老齢基礎年金を受給できなくなれば、自分が納めた税金を取り戻せなくなるので、きちんと免除申請をした方が良いです。 国庫負担がない納付猶予は、老齢基礎年金の金額に反映されない 国民年金の保険料の全額免除を受けた期間は、上記のように保険料を納付した場合の2分の1で、老齢基礎年金が計算されます。 また4分の3免除を受けた期間は「8分の5」、半額免除は「8分の6」、4分の1免除は「8分の7」で、老齢基礎年金が計算されます。 一方で 納付猶予を受けた期間に対しては、国庫負担がないため、老齢基礎年金の金額に反映されません。 ただ原則10年の受給資格期間を満たしているのかを、日本年金機構が判断する際には、納付猶予の期間も含めます。 そうなると極端な例になりますが、納付猶予の期間が10年で、残りの30年は未納期間だった場合、老齢基礎年金を受給できる資格はあっても、この金額は0円になってしまいます。 免除申請をする際には、 納付猶予を審査対象から外す、または納付猶予を最後に審査するように、書類を記入した方が良い と思います。 ただ4分の3免除、半額免除、4分の1免除などの一部免除は、免除によって少なくなった保険料を納付しないと、 未納期間と同じ取り扱いになるため、免除申請が無駄になってしまいます。 金銭的な余裕がまったくない場合には、 保険料の負担がある一部免除より、保険料の負担がない納付猶予を優先して受け、金銭的な余裕ができた時に、追納すれば良いと思います。 なお納付猶予を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に追納する場合には、当時の保険料に加算額が付き、その金額は年数が経過するごとに増えていきます。 そのため納付猶予を受けた各月から10年以内という、追納の期限だけでなく、3年という年数も覚えておきたいところです。 この付加年金は原則65歳の支給開始から、 わずか2年で元が取れるため、かなりお得な制度です。 ただ 付加年金は金額が少ないため、これより大きな上乗せが欲しいという方は、iDeCoや国民年金基金の方が良いと思います。 金銭的な余裕がある場合には、複数の制度を同時に利用しても良いのですが、 付加年金と国民年金基金は同時に利用できません。 またいずれの制度についても、 申請して各種の免除や納付猶予を受けると、加入資格がなくなります。 国民年金の保険料を納付しないで、付加保険料、iDeCoや国民年金基金の掛金だけを納付することはできません。 そのためこれらの制度を引き続き利用したい方は、 免除や納付猶予を受けない方が良いです。 (執筆者:木村 公司).

次の

保険料免除の条件(よくわかる国民年金)

国民 年金 免除 と は

国民年金は免除もできる!? 国民年金は満20歳以上60歳未満の方が加入対象となり、 保険料の納付は義務となっています。 会社員の方は、給料や賞与から厚生年金保険料が差し引かれているので未納になることはなく、免除もできません。 しかし、学生や自営業者などは国民年金を自分で納めなくてはいけないので、未納のまま放置している方もいるでしょう。 収入がない、失業したなどの理由で国民年金が支払えない方は、免除申請を行うことで支払いが免除されます。 未納にしておくよりもメリットが多いので、免除申請について詳しく見ていきましょう。 国民年金の申請免除とは 国民年金の免除には、法定免除と申請免除、特例免除の3種類があります。 法定免除 障害基礎年金を受給している方や生活保護を受けている方が対象となります。 届出をすることで、国民年金保険料の 全額が免除されます。 申請免除(保険料免除制度) 経済的な理由で納付が困難な方が対象となります。 申請をして認められた場合に、保険料の全額または一部が免除されます。 免除には、 全額、 4分の3、 半額、 4分の1の4段階があり、前年所得などから対象となるかどうか計算されます。 申請しても、所得が多い場合などは、不承認になることがあります。 特例免除 配偶者からの暴力(DV)を受けている方、災害を受けた方、失業した方などが対象となる 特例処置です。 DVに関しては、配偶者から暴力を受けており配偶者と別居している方は、配偶者の所得の高さに関係なく、本人の所得が一定以下の場合に全額、または一部免除になります。 災害や失業などの理由によって免除となる場合は、前年所得が多くても、所得にかかわらず免除してもらうことができます。 国民年金を免除したい学生の場合 所得がない方というと、まず心当たりがあるのが、学生です。 大学在学中でも20歳になると納税義務が発生するので、支払いが困難になる方は多いでしょう。 しかし、残念ながら学生は保険料免除制度を利用することができません。 かわりに、学生納付特例制度を利用して、支払いを猶予してもらうことができます。 学生納付特例制度とは 満20歳以上で国民年金の加入対象者になった場合でも、学生であれば申請することによって在学中の納付が猶予されます。 本人の所得が下記の計算式で算出される金額以下の場合に、この制度を利用することができます。 引用元: 学生納付特例制度を利用して猶予してもらった期間については、 過去10年にさかのぼって追納することができます。 追納は義務ではないので、納めなくても問題ありませんが、追納することによって将来受け取る年金額が増えることになります。 国民年金が免除される条件とは? ここからは、 国民年金の申請免除(保険料免除制度)についてご紹介します。 保険料免除申請は、経済的に保険料の納付が困難な方が対象となります。 本人の所得だけではなく、世帯主や配偶者の所得についても審査され、一定額以下であれば納付が免除されます。 アルバイトやニート、専業主婦の方は、本人、世帯主、配偶者、それぞれの所得が審査され、所得が以下の金額より少ない場合、免除されます。 国民年金保険料は、世帯主がその世帯に属する人の保険料を担い、配偶者は他方の保険料を担うという連帯義務があります。 そのため、専業主婦などで所得が全くない場合でも、 配偶者に十分な所得があれば、免除してもらうことができません。 失業者は特例によって、本人と配偶者のみの所得審査が行われます。 配偶者がいる場合は、配偶者の所得要件が失業等の特例免除の基準を満たしているかどうか審査されますが、本人の前年の所得が多くても、免除になることがあります。 国民年金免除のメリットとは 国民年金を免除するメリットについて、理解しておきましょう。 財産を差し押さえられることがない 国民年金保険料を滞納しており、日本年金機構からの督促を無視し続けていると、最終的には 財産が差し押さえられることがあります。 すでに持っている預貯金や不動産、保険などが差し押さえ対象となってしまうので、未納のまま放置してしまうことは、本来とても恐ろしいことなのです。 免除期間中でも障害基礎年金・遺族基礎年金が受け取れる 国民年金を免除している期間中でも、障害基礎年金や遺族基礎年金の受け取り対象者となれば、給付金をもらうことができます。 未納にしている場合はもらえないので、保険料が払えない場合は、免除申請手続きをして、万一のときのために備えましょう。 将来受け取る年金において優遇される 老後に受け取る老齢基礎年金は、 受給資格期間が 25年以上ないともらうことができません。 保険料の未納期間中は、この受給資格期間に算入されませんが、 国民年金を免除してもらっている期間は、算入してもらえます。 また、年金額を計算するときに、保険料を納めていなかったにもかかわらず、全額免除の場合、満額納めていた人の2分の1の金額で計算してもらえるというメリットもあります。 国民年金免除のデメリットとは 国民年金保険料の支払いを免除してもらうことができれば、経済的に助かりますが、デメリットについてみてみましょう。 追納しなかった場合、年金の受給額が減る 免除してもらった保険料は、後から 追納することができます。 追納は義務ではないので、経済状況がよくなったからと言って、請求されるわけではありません。 ただし、追納しなかった場合、満額払っていた人に比べると将来受け取る年金額が少なくなります。 全額免除してもらった方は、全額納付した場合の2分の1が支給されることになります。 追納する場合は加算額も支払うことになる 免除期間中の保険料を後から支払いたい場合は、当時の保険料額に加算額が上乗せされた額を支払うことになります。 そのため、 免除申請せずに満額払っていた人よりも、 総支払金額が多くなってしまいます。 免除対象になりそうだから申請するのではなく、本当に経済的に困窮している場合に活用したい制度です。 また、加算額は経過年数に応じて増えるので、追納する場合は早めに払いきることが重要です。 手続きが面倒 国民年金保険料を免除してもらうためには、自分で申請手続きをしなくてはいけません。 必要となる添付書類が多岐にわたり、原則毎年度手続きをすることになります。 毎年度の申請に手間がかかるため、面倒に感じられたり、忘れそうになったりすることがあります。 しかし、未納にしておくよりも受けられるメリットが多いので、しっかり手続きしておきたいものです。 国民年金を免除する手続き方法 国民年金の免除の手続きは、自分で書類を作成して、提出する必要があります。 住民登録している市町村の役所の国民年金担当窓口へ申請書を提出しましょう。 申請書は日本年金機構HPからプリントアウトするか、各役場の担当窓口でもらうようにしてください。 直接持参する以外にも、郵送でも申し込みを受け付けています。 保険料免除制度、失業等による特例免除の場合 申請書に添付する書類は以下の通りです。 国民年金手帳 または基礎年金番号通知書• その他、公的機関が交付する証明書等であって失業の事実が確認できる書類 ( 必ず必要なもの、 場合によって必要なもの) 引用元: 失業によって免除申請される方のほうが必要書類が多いですが、 失業を理由とした特例免除は、前年の所得が多い場合でも受理される可能性があるため、面倒でも書類をそろえるようにしましょう。 ちなみに、退職などによる特例制度もあり、震災被災者の場合は前年所得の多さに関係なく、免除されることがあります。 申請は、原則として毎年度必要となり、1回出したらずっと免除され続けるわけではありません。 次年度も免除を希望する場合は、その都度申請を忘れないようにしましょう。 もし、不明点があれば、最寄りの年金事務所などで相談してみてください。 学生納付特例制度の場合 学生が学生納付特例制度を利用するときは、市役所の他に、年金事務所や在学中の学校でも手続き申請することができます。 必要書類は、以下の2つです。 国民年金手帳• 学生等であることまたは学生等であったことを証明する書類 引用元: 保険料免除制度、失業等による特例免除同様、郵送での手続きも可能です。 国民年金が免除できる期間とは? 国民年金の免除申請期間は、納付期限から 過去2年間までとなっています。 過去に未納にしている保険料があっても、さかのぼって免除申請をすることができるので、心当たりのある方は、今からでも免除申請をしましょう。 申請を先延ばしにすればするほど、免除の対象となる期間が短くなってしまいます。 免除の申請が遅れると、障害基礎年金、遺族基礎年金が受給できない恐れもあるので、早めの手続きをおすすめします。 また、学生納付特例も過去2年にさかのぼって申請することができます。 申請書を提出するときは、年度ごとの提出が求められます。 複数年度の申請をしたい場合は、年度ごとに提出が必要です。 また、過去に免除申請が通らなかった年度においても、 再申請することができます。 却下された後に税金の修正申告をして所得が変わった、離婚したり世帯主が変わったなどの場合です。 該当する方は、年金事務所に相談してみましょう。 国民年金の免除期間は延長できる? 国民年金の免除をしてもらった後で、経済的な事情により免除期間を延長してほしい場合もありますよね。 国民年金の免除申請は、 毎年度必要なので、延長してほしいときは次年度の申請を行うことになります。 延長申請手続きが遅れて、未納状態にならないよう、早めに申請するようにしてください。 国民年金を免除してもらった後の追納 国民年金を免除してもらった後で、免除期間の保険料を払えるようになったら追から支払うことができます。 追納は義務ではないので、督促されることはありませんが、追納することで将来受け取る年金額が増えるなどのメリットがあります。 将来の年金額が気になる方は、追納を検討しましょう。 追加で支払える期間は、 過去10年以内の免除申請期間に対してです。 それ以前の免除期間については、追納することができません。 当時の保険料に経過期間に応じた加算額をプラスで支払うことがあるので、免除申請しなかった場合よりも最終的な納付金額は多くなってしまいます。 しかし、 追納することで、税金が戻ってくるケースもあります。 追納保険料も社会保険料控除の対象となるため、確定申告または年末調整の手続きをすることで、払いすぎた所得税や住民税が返ってくることがあります。 追納を希望する際は、年金事務所で申し込みをし、納付書を使用して支払うことになります。 ちなみに、口座振替やクレジットカードで支払うことはできません。 払えない場合は免除申請手続きをしよう 今回は、国民年金の免除に関して解説しました。 再度、ポイントをご紹介します。 国民年金保険料は、経済的な理由で免除申請することができる• 免除申請には、全額、4分の3、半額、4分の1の4段階があり、前年の所得などから対象になるかどうか審査される• 経済的な理由以外にも、障害基礎年金や生活保護受給者、配偶者から暴力を受けている方、震災被災者も免除の対象となる• 学生は国民年金保険料を免除してもらうことができないが、代わりに 学生納付特例制度を利用することができる• 国民年金が免除される条件は、前年所得が一定以下であること• 国民年金免除のメリットは• 財産を差し押さえられることがないこと• 免除期間中でも障害基礎年金・遺族基礎年金が受け取れること• 未納に比べて、将来受け取る年金において優遇されること• 国民年金免除のデメリットは• 追納しなかった場合、年金の受給額が減ること• 追納する場合は加算額も支払うので、総支払額が多くなること• 手続きが面倒なこと• 免除できる期間は、 過去2年にさかのぼって申請することが可能• 免除期間を延長してほしい場合は、毎年度申請が必要になる• 追納は過去10年にさかのぼって支払うことができる 収入の少ない方や失業した方は、経済的な事情で国民年金保険料の支払いが困難になることがあります。 その場合は、未納のまま放置するのではなく、免除申請手続きをするようにしましょう。 保険料を免除しても障害基礎年金や遺族基礎年金の受給対象者となり、未納に比べて、将来受け取る年金面で有利になります。 手続きが面倒、あるいは承認されるかどうか不安であっても、まずは申請手続きをしてみましょう。

次の