ジュビロ 降格。 【THIS IS MY CLUB】生え抜きの守護神・八田直樹が、ジュビロや“ライバル”への想い、イチ押し選手を語る!「移籍も考えたけど…」

ジュビロ降格の陰に3つの「不在」。パートナー、リーダー、そして伝統。(2/5)

ジュビロ 降格

静岡ダービーで歴史的大敗。 ジュビロ磐田の選手にも涙が 現在15位で降格圏から抜け出せないジュビロ磐田。 昨シーズン6位でフィニッシュし、名波監督も 今シーズンはトップ5を目指すと高い目標を設定。 補強も積極的だったジュビロは名古屋から田口、 シーズン途中に川崎フロンターレから大久保嘉人、 さらにトルコ1部リーグから左サイドバックエレンを獲得。 しかし補強に見合った成績とはいかず、昨シーズン攻撃の一角を担っていた アダイウトンが早々に負傷しムサエフも代表戦で怪我を負い離脱、 俊輔のコンディションも今シーズンは上がらず さらにある選手が事件を起こしてしまう。 それはブラジルから新加入したギレルメがマリノス戦で相手選手に暴力を振るった事件である。 戦力として考えられていたギレルメはこの事件により解雇され、 チームの戦力はダウン。 名波監督を悩ませる不測の事態が重なる。 シーズン途中に加入した選手たちもまだかみ合ってなく、 守備が安定すれば点が取れないという悪循環。 さらにこの前の静岡ダービーでは5失点の大敗。 昨シーズンジュビロは攻守ともにライバル清水を上回っている素晴らしい試合をしていたが 今シーズンは自慢の堅守がボロボロ。 ダービーに歴史的な大敗をしたことで泣き出す選手もいたほどだった。 進まぬ世代交代。 中村俊輔、大久保嘉人のベテラン勢が足かせに? おれは年齢で判断しない ジュビロ磐田の名波監督はそう言っているが 明らかにジュビロの平均年齢は上がっており、若い世代が台頭してないのも 勢いに欠ける要因となっている。 中村俊輔は40歳、新加入の大久保嘉人も36歳と高齢だ。 J1という過酷な環境の中であと何年この二人がスタメンとしてプレーできるか 考えれば、そろそろ若手にポジションを譲るべきだろう。 サンフレッチェ広島の川辺駿が移籍したのはジュビロ磐田にとって痛手だった ジュビロが昨シーズンよりもここまで落ちぶれてしまったのには チームの中心選手である川辺がサンフレッチェ広島に呼び戻されたのも原因の1つにあるだろう。 川辺は名波監督が育てた選手であり、信頼はかなりのものだった。 「名波さんに言われました。 自分のところに入らないようにとか、前向かれた瞬間にプレッシャーに行くとかをやられた」 ジュビロを離れて敵チームに移籍しても名波監督は彼にこのようなアドバイスを送っている。 それほど名波監督がほれこんだ選手だったのだ。 たしかにムサエフと川辺のダブルボランチは強力だった。 田口と上原では攻撃に比重を置いたときに守れないというのが今のジュビロの現状であることから できれば川辺を呼び戻したいところ。 だがサンフレッチェ広島の城福監督も信頼を置く選手であり、 代表候補の一人だ。 そんな選手をサンフレッチェ広島が手放すとは到底思えず、 ジュビロを救う手立てはもうないのかもしれない。 ジュビロ磐田が降格圏にいることにネットの反応は?.

次の

ジュビロ磐田、J2降格

ジュビロ 降格

降格が決まった直後とあってか、スタンドに陣取った40代の男性サポーターは「補強を見ても、去年苦しんだ(16位でJ1参入プレーオフ)反省がまったく生かされていない。 フロントは真剣に上位争いする気があるのか疑問だ」と怒りを露わにし、「もう応援する気がなくなった」と言い放ってスタジアムを後にした。 スタンドには「このクラブの強化の責任はどこにあるのか」と書かれた横断幕が掲げられ、まさに怒りの矛先であるクラブのフロントの甘さが、今回の降格への大きな要因だったことは否めない。 ずれた歯車を修正できず……。 昨年は勝点41を獲得しながらも、終盤に失速し、プレーオフへ。 結局J2を勝ち上がった東京ヴェルディには2-0と快勝し残留を決めたが、チーム総得点数はリーグワースト2位の「35」と、今季を戦うための補強ポイントは明らかだった。 しかし、降格決定後に振り返った小野社長は「プレーオフを戦ったことで、補強のタイミングが若干遅れた」としたうえで、「(2018年に長期離脱していたMFアダイウトンら)主力組がケガから復帰したことで、しっかりと戦えると判断したが、少しずつ歯車がズレた」と説明し、見通しの甘さを認めた。 結局、今季の補強で序盤から主力組に加わったのは、ルクセンブルク代表FWロドリゲスのみだった。 そのうえ活躍が期待された頼みのアダイウトンは第3節大分戦に初ゴールを決めたものの、なかなか得点に絡めないまま中盤を迎えた。 そこに元日本代表FW川又堅碁のケガなども重なり、開幕ダッシュを狙ったチームの初勝利は第6節湘南ベルマーレ戦と厳しい船出となってしまった。

次の

名門の凋落。J1を死守できなかった磐田、2度目の降格を招いた最大の要因

ジュビロ 降格

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社ジュビロ JUBILO CO. 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 概要 [ ] 創部のが前身。 1993年に 、にJリーグ正会員となる。 運営会社は株式会社ジュビロ 、等が出資している。 歴史 [ ] 1990年代 [ ] 1972年に創部したが前身となり、1992年にとして承認され、1993年に1部で準優勝して、1994年よりJリーグに加盟した。 1994年、元監督のが監督に就任。 の、の、でキャプテンを務めたなど外国人選手を補強。 1994年に・・、1995年に・、1996年にが加入。 2ndステージで初優勝。 チャンピオンシップ、1stステージ優勝を破り、初の年間王者を獲得。 ドゥンガがMVPを獲得。 ドゥンガ、、名波、中山がに選出。 1stステージで優勝。 2ndステージは2位、は、鹿島に敗戦。 ナビスコ杯で優勝。 中山が27試合出場36得点(現在リーグ戦最多得点記録)を記録。 MVP、得点王などタイトルを獲得。 ワールドカップに中山、名波、服部、ブラジル代表キャプテンとしてドゥンガが出場。 中山、名波、ドゥンガ、奥がベストイレブンに選出。 シーズン終了後、ドゥンガが退団。 1stステージで優勝、チャンピオンシップ、2ndステージ優勝のを破り2度目の王者に。 1stステージ終了後、名波浩が・へ移籍。 福西がベストイレブンに選出。 アジアクラブ選手権(現ACL)で初優勝。 2000年代 [ ] 2000年 - 2005年 [ ]• で初優勝。 9月、名波が復帰。 年間順位4位。 年間勝点数はに次ぐ2位。 中山が2度目の得点王獲得 29試合20得点 、ベストイレブンに選出。 2001年ナビスコカップ決勝時のコレオグラフィー• 1stステージ優勝、2ndステージ2位、チャンピオンシップは鹿島に敗戦。 ナビスコ杯準優勝、天皇杯ベスト8。 藤田がMVPを獲得。 ヴァンズワム、大岩、藤田、福西、服部がベストイレブンに選出。 1999年のアジアスーパーカップ優勝、7-8月にで開催されるへの出場が決まっていた。 「世界と戦う」ために名波を中心としたを採用。 同年の同選手権は運営面の問題で開催不能となる。 リーグ戦は、前後期共優勝。 年間成績26勝3敗1分(リーグ戦1分1敗、天皇杯1敗)。 高原、得点王 27試合26得点 、MVPを獲得。 シーズン終了後、高原は移籍。 ワールドカップに服部、福西、中山が出場。 、同一クラブから史上最多タイ7人 田中、鈴木、名波、福西、藤田、中山、高原 選出。 アジアクラブ選手権は3年連続決勝に進出。 2003年開幕戦。 発煙筒の演出があった。 、、らが加入。 8月、藤田が・へレンタル移籍 翌年に復帰。 1stステージは2位。 2ndステージでは、最終節の横浜FM戦を敗戦し優勝を逃す(ステージ順位は2位)。 ゼロックス杯、天皇杯で優勝。 福西ベストイレブンに選出。 1stステージ2位。 2ndステージ13位。 ゼロックス杯で優勝。 監督に監督だったが就任。 市原から現役の、現役の、デンマークのから、京都から元韓国代表を獲得して大型補強に成功する。 4月、ホームタウンの旧磐田市、周辺4町村と、新名称は磐田市。 6月、藤田がへ移籍。 シーズン年間は6位。 が新人王を獲得。 2006年 - 2009年 [ ]• ナビスコ杯は準々決勝敗退、直後に監督が辞任する。 後任に磐田OB監督に就任。 リーグ戦は5位。 川口が4年ぶりベストイレブンを受賞。 ワールドカップに川口、福西が出場。 クラブスローガン :「 VAMOS CONTIGO」• 2月、が、服部が移籍、名波がレンタル移籍。 6月、が県条例違反(淫行)容疑で逮捕。 となった6月29日にクラブは菊地と契約解除した。 9月、成績不振を理由にアジウソンが解任。 後任にトップチームコーチ兼サテライトチーム監督が就任。 磐田、元監督のがヘッドコーチに就任。 年間成績は9位。 クラブスローガン :「 Hungrrrrry! から現役の、からを完全移籍で獲得する。 レンタル移籍の、名波が復帰。 3月、右近弘が社長を退任。 4月、前社長の馬淵喜勇が社長に就任。 シーズン途中、元U-20のをから獲得。 8月28日に内山を監督から解任して、9月1日にが監督に就任。 J1最終節に敗れ、得失点差で17位の東京Vを上回りながら最終順位は16位。 J2・3位の仙台とのを1勝1分とし、残留。 「」も参照• 入れ替え戦終了後、オフト監督が退任。 が現役引退。 馬淵が成績不振と大幅減収の責任で社長を退任、後任にヤマハモーター台湾社長の吉野博行が就任。 クラブスローガン :「 SPEEDY ACTION 2009」• 磐田元監督のが監督に復帰した。 河村崇大が、森下俊が、田中誠がへ完全移籍。 松井謙弥が京都へ期限付き移籍。 一方で那須大亮を東京Vから獲得、ユースから2人昇格。 3月7日の開幕戦でに2-6、史上ワースト失点で敗戦したが、その後立て直す。 4月、強化部長代理に服部健二が就任。 韓国代表のを獲得。 イは2010年まで在籍。 7月、押谷祐樹がへ期限付き移籍。 シーズン成績は11位。 前田遼一が高原以来7年ぶり日本人得点王を受賞(34試合20得点)、自身初ベストイレブンを受賞。 2010年代 [ ] 2010年 - 2013年 [ ] クラブスローガン :「 EVOLUTION 2010」 2010年ナビスコカップ決勝時のコレオグラフィー• 長年磐田を支えた中山雅史が札幌へ移籍し、鈴木秀人が現役を引退。 茶野隆行、村井慎二が千葉、萬代宏樹が鳥栖、京都へ期限付き移籍していた松井謙弥がC大阪へ完全移籍。 を鹿島から、をから、をから完全移籍で獲得。 に川口、駒野が選出、駒野は全4試合フル出場。 川口はその後代表から遠ざかり、後半戦はシーズン初出場。 シーズン途中、がG大阪、が熊本へ完全移籍。 とをから期限付き移籍で獲得。 、決勝で広島を破り、7年振りにタイトルを獲得した(ナビスコカップは12年ぶり)。 MVPに2ゴール1アシストを記録した前田が選出された。 リーグ戦17節終了時点で15位の成績。 後半戦に入り22節~29節まで無敗、32節、3連覇中の鹿島をアウェーで8年ぶりに破る等7勝4敗6分の成績を残し、最終順位は11位。 シーズン17得点の前田が2000年の中山以来通算2度目、2年連続Jリーグ得点王、ベストイレブンに選出される。 クラブスローガン :「 ROAD TO CHAMPION 2011」• 成岡翔が福岡、上田康太が大宮、犬塚友輔が甲府へ完全移籍。 松浦拓弥が福岡、大井健太郎が湘南へ期限付き移籍。 大畑拓也が順天堂大学へ進学。 をから完全移籍で、をから期限付き移籍で獲得。 とが明治大学から、が関西大学から加入。 シーズン途中、開幕からスタメンに定着していたがへ完全移籍。 7月、ブラジルのからを完全移籍で獲得。 8月、でのに勝利。 国際大会優勝は12年ぶり。 開幕戦6年ぶりに勝利。 その後も勝ち点を積み上げていた。 年間成績は8位。 ナビスコカップはベスト8、天皇杯は3回戦で敗退。 シーズン終了後、柳下が監督を退任。 ゼネラルマネージャー制(GM)を導入して服部健二が就任。 クラブスローガン :「 原点開起 ROAD TO CHAMPION 2012」• 前年はコーチであったが監督に就任。 が、が、が、が、が、那須大亮が、古賀正紘が、西紀寛が、前年湘南に期限付き移籍をしていた大井健太郎がへそれぞれ完全移籍。 岡田隆、荒田智之が福岡、千葉へ期限付移籍。 新しい選手は、をから、をから、をから、をからそれぞれ完全移籍で獲得、を鹿島から、菅沼駿哉をG大阪から期限付き移籍で獲得。 押谷祐樹、松浦拓弥がレンタル先の岐阜、福岡から復帰。 新人のが韓国の延世大学から、が関西大学から、が浜松開誠館高校から加入。 7月、元韓国代表を韓国のから完全移籍、を東京Vから期限付き移籍で獲得。 リーグ戦はシーズン中に失速して12位。 ナビスコカップはグループリーグ敗退。 天皇杯は4回戦敗退。 クラブスローガン :「 原点開起 ROAD TO CHAMPION 2013」• が群馬、千代反田充が徳島、荒田智之が岡山、が韓国の、がブラジル1部のへ完全移籍。 竹重安希彦が新潟、押谷祐樹が岡山へそれぞれ期限付き移籍、岡田隆の移籍期限が延長された。 前年度、期限付き移籍で加入していた植村慶、菅沼駿哉、宮崎智彦、小林祐希を完全移籍で獲得した。 神戸から現役のとシーズン途中にフィテッセから日本代表を完全移籍で獲得、京都からが期限付き移籍で加入。 磐田ユース所属2種登録だった、関西大学からが加入。 リーグ戦は、開幕7戦を2分5敗、7節時点で最下位。 8節の湘南戦でリーグ戦初勝利するが、9節甲府に敗戦、5月4日に森下監督が解任された。 ヘッドコーチが監督代行を務め、5月19日より元監督が監督に就任(長澤はヘッドコーチに復帰)。 しかし第31節でに敗れ、翌2014年シーズンはからクラブ史上初のへ降格。 天皇杯3回戦敗退。 シーズン終了後、関塚監督、GM服部健二、長澤ヘッドコーチが退任。 2014年 - 2015年(J2) [ ] クラブスローガン :「 勝!!! 京都元監督のがゼネラルマネージャー、OBであるが強化部長にそれぞれ就任し、元大分監督のを監督に招聘した。 山本脩斗が鹿島、小林裕紀が新潟、が鳥栖へ移籍。 松岡亮輔が山形、金沢浄が群馬、川口能活が岐阜、植村慶が福島へ完全移籍。 がへ完全移籍し、が退団。 ・から、G大阪から、神戸から、・からを完全移籍で獲得。 川崎からを期限付き移籍で獲得。 福岡への期限付き移籍が満了した岡田隆が復帰。 新人として、ジュビロ磐田U-18出身である(明治大学)と(筑波大学)の両選手が加入。 6月16日に山本康裕が新潟へ期限付き移籍。 6月24日にからを期限付き移籍で獲得。 7月1日付で、「株式会社ヤマハフットボールクラブ」から「株式会社ジュビロ」へ商号を変更。 また、2015シーズンからエンブレムを変更と発表• 7月24日に山田大記がドイツのに移籍。 8月6日にを新潟から期限付き移籍で獲得した。 天皇杯は4回戦で敗退。 9月25日にシャムスカを監督から解任し、OBであるが監督に就任。 J2リーグ戦は4位。 は準決勝で山形に敗れ、J1復帰は成らなかった。 15年在籍したがFC東京へ移籍。 が仙台、が新潟、が松本、がG大阪、が鳥栖へ完全移籍。 既に期限付き移籍中だったもペクソンドンと同じ鳥栖へ完全移籍。 が、が京都へ完全移籍し、、、の三名は退団した。 広島から、岐阜から、から、からを完全移籍で獲得したことに加え、元磐田の選手であるとが大宮と仙台から完全移籍で復帰。 一方、継続選手は新潟からレンタル移籍中だった坪内秀介を完全移籍で獲得。 新人は市立船橋高校から、鹿児島城西高等学校から、中京大学からが入団し、ジュビロ磐田U-18からはとの内部昇格を発表。 1月28日、に未成年飲酒・喫煙が発覚。 仮契約を一旦解除し、2月1日〜7月31日の6ヶ月間は練習生としてクラブに所属すると発表。 今年度から開催された 鹿児島ラウンドでは浦和、清水、熊本と共に参加し2位の成績を収めた。 天皇杯は2回戦でアビスパ福岡に0-1で敗れた。 リーグ戦は 、と最終節まで自動昇格を争い、最終順位を2位とし2016年シーズンからのJ1復帰が決まった。 ジェイが20得点でJ2得点王を獲得。 2016年 - 2019年(J1) [ ] クラブスローガン :「 繋ぐ 夢の実現へ」• が、が、がへ移籍。 が、がへレンタル移籍。 新加入は、から、から、鳥栖から、から、から元磐田の大井健太郎を完全移籍で獲得。 レンタル移籍だった、、が完全移籍した。 新潟にレンタル移籍していたが復帰。 新人としてから、鹿児島実業高校から、からが入団。 1stステージでは従来の4-2-3-1だけでなく、相手にあわせて3-4-2-1も併用して8位に入った。 また、5月にはのを獲得した。 8月にがオランダのヘーレンフェーンへ移籍した。 2ndステージでは開幕から9試合連続未勝利で、2勝7分8敗の14位。 年間成績は、8勝12分14敗の13位。 クラブスローガン:「 繋ぐ Challenge For Next」• が引退、、、、、が退団。 が長崎、がレンタル移籍先のへ移籍。 がへレンタル移籍。 長崎へレンタル移籍していたがへ、へレンタル移籍していたがへ、鳥栖へレンタル移籍していたが群馬へレンタル移籍先が変わった。 から元の、から元の、から、から、からを獲得。 の、から、からが入団。 5月にとプロ契約を締結し、2種登録選手として登録。 8月にがポーランドのオードラ・オーポレへ移籍。 9月に元磐田のがドイツのカールスルーエSCから完全移籍で復帰。 10月に行われた天皇杯ではに0-1で敗れ、ベスト8止まりとなった。 年間成績は、16勝10分8敗の6位。 クラブスローガン:「 繋ぐ 2018 Challenge For Next」• が引退、が、が、とがへ移籍。 がへ完全移籍。 がとのレンタル移籍期間を延長。 へレンタル移籍していたがへレンタル移籍。 から3年間レンタル移籍していたがへ復帰した。 から、から元の、から、7月にに承認されていたがより入団。 からがレンタル移籍で加入。 開幕2連敗後にけが人続出。 5月にクラブと双方合意の上でギレルメとの契約を解除した。 6月にがへレンタル移籍。 より元のが完全移籍で加入。 7月に志村滉が水戸から復帰。 8月にモルベッキがへレンタル移籍した。 元のが完全移籍で加入。 天皇杯ではにで敗れ、2年連続でベスト8。 年間成績は10勝11分13敗で16位。 J1参入プレーオフでは、と対戦。 2-0で勝利し、J1残留を果たした。 詳細は「」を参照 クラブスローガン:「 繋ぐ Challenging! 2019」• が、がレンタル移籍先のへ移籍。 がへレンタル移籍。 にレンタル移籍していたが復帰。 から、から、からのが加入。 2014年9月から指揮を執った監督のが、J1第17節終了後に成績不振の責任を取って退任。 ヘッドコーチを務めていたが監督に就任。 2019年8月15日付で、鈴木秀人が退任。 が暫定監督として指揮を執ったのち、8月20日より出身のが監督に就任。 なお、1シーズンに4人目の監督が就任するのはクラブ史上最多。 シーズン途中にが、がへ育成型レンタル。 が横浜、ロドリゲスがへ完全移籍。 石田崚真がへレンタル移籍。 と双方合意の上で契約解除。 より、より、より、無所属となっていたの4選手が完全移籍で加入。 名古屋よりがレンタル移籍加入。 第33節の戦に勝利するも、残留を争っていた16位が勝利をおさめたことで、最終の第34節を前に両チームの勝ち点差が4となったことから年間順位17位以下が確定、2度目のJ2降格が決定した。 第34節はに敗れ、勝ち点31でと並ばれ得失点差で下回り、チーム史上初となるJ1最下位(18位)でシーズンを終了した。 なお、勝ち点31は1999年よりJリーグが2部制になってからのJ1年間最下位チームとしては最多であった。 川又の長期離脱が原因でリーグワースト2位の総得点29に留まった。 2020年代 [ ] 2020年 J2 [ ] クラブスローガン:「 Jubiro PRIDE 覚悟」• 監督は継続してスペイン出身の• とが、が、が、が、が、が、が、がへ完全移籍• がへ、がへ、がへレンタル移籍• がへレンタルバック• は未定 令和2年6月16日現在)• が引退• がから、がから、がから、がからレンタルバック• ファン・ダニエル・フォルリンは未所属から、がから、がから、がから、がパフォスFC キプロス から完全移籍で加入• がから育成型期限付き移籍で加入• とがジュビロ磐田U-18から、がから新卒加入 成績 [ ] 詳細は「」を参照 開幕戦成績 [ ] 年度 月日 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数 鹿島 1-0 磐田 13,990 市原 1-0 磐田 13,637 磐田 3-0 福岡 13,439 3月12日 ヤマハ 磐田 2-1 広島 9,545 ヤマハ 磐田 2-0 京都 15,574 ヤマハ 磐田 3-1 神戸 13,349 ヤマハ 磐田 0-1 柏 14,056 ヤマハ 磐田 4-1 市原 15,246 磐田 2-0 名古屋 29,763 3月21日 エコパ 磐田 2-4 横浜FM 32,930 ヤマハ 磐田 2-0 東京V 15,088 横浜FM 0-1 磐田 41,868 3月5日 エコパ 磐田 1-1 福岡 28,564 柏 4-0 磐田 10,960 柏 柏 2-0 磐田 11,210 ヤマハ 磐田 2-6 山形 12,141 3月6日 ヤマハ 磐田 0-1 仙台 10,440 3月5日 甲府 0-1 磐田 15,040 3月10日 札幌 0-0 磐田 25,353 3月2日 名古屋 1-1 磐田 21,748 3月2日 ヤマハ 磐田 0-1 札幌 11,730 ヤマハ 磐田 3-1 北九州 10,438 J1 ヤマハ 磐田 0-1 名古屋 14,333 C大阪 0-0 磐田 33,208 2月25日 エコパ 磐田 0-3 川崎 31,375 ヤマハ 磐田 1-1 松本 14,469 J2 ヤマハ 磐田 2-0 山形 14,526 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 年間:3回• , ,• 1stステージ:4回• , , ,• 2ndステージ:2回• :1回• :2回• :3回• 2000, 2003, 2004 国際タイトル [ ]• :1回• :1回• 1999• :1回• 表彰 [ ]• 最優秀選手(MVP)• 1997 -• 1998 -• 2001 -• 2002 -• 1996 -• 1997 - 、ドゥンガ、名波浩、中山雅史• 1998 - 、、ドゥンガ、名波浩、藤田俊哉、中山雅史• 1999 -• 2000 - 中山雅史• 2001 - 、、、福西崇史、藤田俊哉• 2002 - 、田中誠、名波浩、福西崇史、藤田俊哉、高原直泰、中山雅史• 2003 - 福西崇史• 2006 -• 2009 -• 2010 - 前田遼一• 2012 -• 1998 - 中山雅史• 2000 - 中山雅史• 2002 - 高原直泰• 2009 - 前田遼一• 2010 - 前田遼一• 2005 -• フェアプレー賞(高円宮杯)• 2009、2017• フェアプレー個人賞• 2008 - 川口能活• 1998 -• 2010 -• 1996 - 名波浩• 1998 - 高原直泰 個人記録 [ ] J1リーグ戦通算出場記録 [ ]• 400試合出場• 今野泰幸 443試合 継続中• 300試合出場• 鈴木秀人 328試合 引退• 名波浩 314試合 引退• 太田吉彰 310試合 引退• 大井健太郎 305試合 継続中• 250試合出場• 山本康裕 260試合 継続中• 200試合出場• 藤田義明 220試合 継続中• 森下仁志 202試合 引退• 150試合出場• 大森晃太郎 167試合 継続中• 高橋祥平 165試合 継続中• 佐藤洋平 164試合 引退• 100試合出場• 山田大記 150試合 継続中• 宮崎智彦 138試合 継続中• 森谷賢太郎 113試合 継続中 J2リーグ戦通算出場記録 [ ]• 100試合出場• 他チームでの出場も含む。 リーグ戦記録ゴール [ ] J1リーグ [ ]• 6000得点目 鈴木秀人 【1999年2nd第12節(11月7日)・広島戦】 J2リーグ [ ]• 14000得点目 川辺駿 【2015年第27節(8月1日)・岡山戦】 リーグ戦通算GK最小防御率 [ ]• ヴァン・ズワム 0. 89点 ハットトリック [ ] J1リーグ [ ]• 5得点• 中山雅史【1998年1st第6節(4月15日)・C大阪戦】• 4得点• 中山雅史【1998年1st第7節(4月18日)・広島戦】• 中山雅史【1998年1st第8節(4月25日)・福岡戦】• 高原直泰【2002年2nd第5節(9月22日)・FC東京戦】• 3得点• スキラッチ【1995年サントリー第20節(6月28日)・柏戦】• スキラッチ【1996年第14節(5月15日)・平塚戦】• 中山雅史【1997年2nd第13節(9月20日)・V川崎戦】• 中山雅史【1998年1st第9節(4月29日)・札幌戦】• 奥大介【1998年2nd第8節(9月26日)・市原戦】• 高原直泰【1998年2nd第8節(9月26日)・市原戦】• 中山雅史【1998年2nd第9節(10月3日)・横浜F戦】• 藤田俊哉【2000年1st第10節(5月3日)・川崎戦】• 中山雅史【2000年2nd第14節(11月23日)・広島戦】• 清水範久【2001年2nd第9節(10月17日)・FC東京戦】• 高原直泰【2002年1st第14節(8月10日)・仙台戦】• 前田遼一【2005年第15節(7月9日)・C大阪戦】• 前田遼一【2008年第28節(10月5日 ・札幌戦】• 前田遼一【2009年第30節(10月25日) ・名古屋戦】 J2リーグ [ ]• 3得点• ジェイ【2015年第28節(8月8日)・京都戦】 スタジアム・練習場 [ ] ホームスタジアム [ ] ホームスタジアムはである。 また、(エコパ)でも不定期にホームゲームを開催している。 ホームゲーム開催数はを参照。 過去に(現:)で計画された複合スタジアムについてはを参照。 練習場 [ ]• :トップチームの練習場。 ピッチサイドにはクラブハウスが併設されている。 元々ヤマハ発動機野球部(現在はクラブチーム登録)の本拠地として使用されていたであったが、ジュビロ磐田がJリーグに加盟したのと同時期に野球部がここから撤退し、ジュビロ磐田の専用グラウンドとして使用されるようになった。 野球場時代の名残りからベンチルームの一部が残っている。 また、マスコットとロゴマークが描かれたバックスクリーンも残されていたが、撤去された。 グラウンド北側にはラグビー場が設けられており、のが練習場として使用している。 ジュビロ上大之郷グラウンド:ジュビロ磐田U-18、ジュビロ磐田U-15などの試合・練習場。 人工芝グラウンド1面。 人工芝フットサルグラウンド2面。 ヤマハ加茂グラウンド:ジュビロサッカースクール磐田会場専用の練習場。 人工芝グラウンド1面。 ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 水色 白 水色 FP(2nd) 白 水色 白 GK(1st) 濃紺 濃紺 濃紺 GK(2nd) 緑 緑 緑 GK(3rd) 赤 赤 赤 GK 3rd チームカラー [ ]• サックスブルー• Jリーグ昇格以前の1stユニフォームは、濃い青色の上下に赤をアクセントとして使用、2ndユニフォームは白に赤と青のライン。 2003年、クラブ創立10周年を記念して全身紺色(ヤマハ時代のものよりも更に濃い青色)の3rdユニフォームが用意され、ホームの戦で着用• 2005年、及びとの親善試合等で全身紺色を着用• 2006年からは練習試合用としてその年のリーグ戦のユニフォームを紺色にしたものが用意されている。 背番号下のネームはオ段の伸びる音「H」が表記されている。 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 YAMAHA 1993年 2009年 - 1997年 - 2008年は袖、 2007年 - 2008年はパンツ 鎖骨 なし 背中上部 SALA 2011年 - 2009年 - 2010年は袖およびパンツ 背中下部 SAKURA 2020年 - 袖 HAMAMATSU 2012年 - パンツ なし• 練習着 - ヤマハ発動機(YAMAHA) ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• 1994年 - 1996年:リーグ戦は、カップ戦は• 1997年 - 現在:プーマ 歴代ユニフォーム [ ] FP 1st スポンサーについては、 を参照 アカデミー [ ] 構成 [ ]• U-18(高校生):ジュビロ磐田U-18• U-15(中学生):ジュビロ磐田U-15、ジュビロSS磐田、ジュビロSS浜松、ジュビロSS掛川• ジュビロ磐田U-18• :1999• :2004、2007、2009、2011、2012、2013 その他クラブ情報 [ ] エンブレム [ ] 静岡県鳥ののシルエットと、ホームタウンの磐田市を流れると静岡県内の大河、、、を象徴する上下の青い帯が描かれている マスコットキャラクター [ ] モチーフは静岡県の県鳥、。 ジュビロくん 1993年11月16日生まれ。 磐田市出身。 身長182センチ、体重78キロ ジュビィちゃん 2003年3月21日生まれ。 浜松市出身。 身長163センチ、体重52キロ。 ジュビロくんのガールフレンド。 未婚 シーズンシート [ ] シーズンシート名は「コルテアズー(Corte Azul)」。 で「水色の宮廷」の意味。 特別招待事業「磐田市小学生一斉観戦授業」 [ ] 磐田市の地域社会への貢献の一環として、ジュビロでは選手の磐田市内全小学校への訪問事業を展開、毎年5月を基本として「磐田市民デー」を開催。 バックスタンドのフリーゾーンアウェー(一部除く)を貸切にし、地元の小学生5-6年生とその保護者を招き「磐田市小学生一斉観戦授業」を行っている。 ジュビロの試合観戦し、チームへの愛着、磐田市をふるさととして誇りに思い、将来にわたって磐田市への愛着を持続させることを目的として2011年より始めている。 該当試合はフリーゾーンホーム席の一部も招待客専用となる。 試合イベント [ ] この節はのような記述内容になっています。 に沿ったの記述内容に、してください。 そのイベントが開催される試合ではその選手に因んだ応援グッズが配布される。 イベント開催中は、限定ユニフォームを着用し、来場者プレゼントが用意される。 限定ユニフォームは、ジュビロのチームカラーと違ったユニフォームになり、2016年は赤(通常ユニフォームのGK用をフィールドプレイヤーが着用) 、2017年は黒 となっている。 2018年の限定ユニフォームは黒色。 なお、GKユニフォームの販売はない。 」がジュビロ磐田のオフィシャルテーマソングとなっている。 2013年8月3日に榛葉樹人が歌うクラブアンセム「フォッツァ ジュビロ! 〜歓喜への讃歌〜」が発表された。 シーズンソング [ ] オフィシャルテーマソングの他にシーズンソングがあり、スタジアムやジュビロTV内などで流れる。 年度 タイトル アーティスト 2011 2012 2013 2014 シクラメン 2015 2016 2017 2018 2019 ジュビロTV [ ] 2011年、クラブの企画・制作・撮影によるオリジナル番組『ジュビロTV』を開始。 スタジアムのビジョンで上映される『ジュビロTV〜stadium channel〜』、SBSテレビ で放送される『ジュビロTV〜SBS channel〜』、で放送される『ジュビロTV PLUS』の3種類がある。 2012春からで視聴できる「ジュビロTVモバイル(会員登録必要)」がスタートした。 決算 [ ] ジュビロ磐田の決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 3,890 1,704 654 317 1,215 4,073 3,349 1,834 724 -183 -106 2006 3,717 1,946 561 338 872 3,939 3,238 1,869 701 -222 -214 2007 3,594 2,127 524 277 666 3,515 2,845 1,575 670 79 85 2008 3,387 1,882 582 266 657 3,659 3,051 1,657 608 -272 -258 2009 3,422 1,943 511 225 743 3,395 2,684 1,582 711 27 4 2010 3,151 1,793 408 339 611 2,901 2,308 1,254 593 250 209 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 金額の単位: 百万円 人件費は事業費に含まれる。 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 3,151 1,695 424 227 31 774 2,919 1,299 323 258 47 0 992 232 186 2012 3,391 1,674 403 233 149 932 3,174 1,437 309 253 162 0 1,013 217 170 2013 3,298 1,645 446 206 249 752 3,233 1,369 328 253 182 0 1,101 65 45 2014 3,027 1,583 374 101 159 810 3,004 1,352 298 244 164 0 946 23 24 2015 2,995 1,515 396 100 231 754 2,943 1,263 305 229 186 0 960 53 48• 2017年9月17日閲覧。 ジュビロ磐田. 2017年9月17日閲覧。 同大会のグループリーグで、(スペイン)と初戦で対戦、やとの対戦が予定されていた。 スポーツ報知 2019年8月20日. 2019年8月20日閲覧。 ヤマハ発動機公式サイト 2001年11月21日付• ジュビロ磐田公式サイト 2008. 11付ニュース• ジュビロ磐田. 2013年10月23日閲覧。 ジュビロ磐田公式サイト 2012. 10付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2012. 6付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2015. 30付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2015. 8付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2015. 16付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2016. 2付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2017. 9付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2013. 3付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2011. 3付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2011. 15付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2012. 19付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2014. 14付ニュース• ジュビロ磐田公式サイト 2018. 26付ニュース 関連項目 [ ]• ジュビロと技術提携を結んでいる• 磐田市に本拠地を置く女子サッカークラブチーム• で、ジュビロ磐田を応援するラジオ番組• で、ホームゲームの一部をラジオ中継• ジュビロ磐田の 外部リンク [ ]• jubiloiwata. official -• - チャンネル•

次の