尾野真千子 キス。 尾野真千子のヌーディー画像が過激!?復縁で高橋一生のモノになるにか?

尾野真千子とほっしゃんの車中奉仕事件の真相とは!

尾野真千子 キス

尾野真千子の右足やキスシーンがヤバイ!!ショートカットが可愛いと大評判【生田家の朝】 スポンサードリンク 日本テレビで始まった朝ドラ「生田家の朝」に出演中の 尾野真千子(おのまちこ)さんがかわいいと評判になっています。 特にこの朝ドラですが、朝から濃厚な キスシーンがあると話題なんです。 出演しているのがユースケ・サンタマリアと尾野真千子。 脚本はバカリズム。 主題歌に福山雅治とかなりの力の入れようで、話題になる要素だらけという感じですが、始まってみると、朝から尾野真千子さんがかわいいので結構楽しみに見てしまいます。 しかもユースケ・サンタマリアとの濃厚なキスシーン。 これは絶対にNHKの朝ドラでは真似できないだろうと。 特に評判なのが、 尾野真千子の右足!! そんなかわいい尾野真千子さんについてまとめてみました。 それではさっそく行ってみましょう。 Contents(目次)• 生田家の朝の尾野真千子はショートカット 生田家の朝では、4人家族の母親役で参加している尾野真千子さんですが、このドラマに合わせてショートカットにしてきています。 これがまたかわいいんです。 そして今回の朝ドラでは革新的な試みとして、なんと朝から濃厚なキスシーンが見れるということです。 これは番宣でユースケ・サンタマリアも「朝からそんなことしていいのか」と煽っていましたが、見てみて納得です。 見てるこちらが恥ずかしくなるくらいの濃厚なキスシーンなんです。 福山雅治さんも尾野真千子さんの右足に注目と言っていましたが、なんのこと?と思っていたらこのキスシーンでした。 いわゆるいってらっしゃいのキスなのですが、がしっとハグをして、右足を相手の足に絡ませてからの〜ぶちゅーーーーー。 結構長めです。 twitter上でも話題になっていました。 それがこちらです。 子供たちの残したからしを妻・早苗は捨てずにいたら、いつのまにか大量に溜まってしまい… — 【公式】生田家の朝 ikutakenoasa 尾野真千子さんというと、少し魔性の女というイメージがあって、ロングヘアの印象がすごい強かったので、ショートカットにしたらとても別人みたいですよね。 朝のドラマにピッタリの爽やかな感じが良いです。 ユースケ・サンタマリアとの恒例の行ってきますのぶっちゅーーシーンも、ユースケ・サンタマリアの人柄と尾野真千子さんのショートカットのおかげでなんか見ていても悪い気はしないですもんね。 このショートカットに関しても、twitterでは反応が良い感じです。 季節的に寒そうという感じもあるんですが、私も短くしたい!!っていう感想が結構あって意外でした。 Zipでは撮影現場に訪問して、出演しているユースケ・サンタマリアや尾野真千子さんのインタビューをしていました。 そのときですが、さすがユースケ・サンタマリアという対応がとてもおもしろかったです。 こちらがそれです。 ユースケ・サンタマリアです! 尾野真千子です! 関谷瑠紀です! 鳥越壮真です! 4人合わせてPerfumeです! スッキリ 2018. そしてインタビューの最後では、てっきりいつもの Zip!!(じっぷ) っていうのをやるのかと思いきや。。。 スタジオも大爆笑でした。 ユースケ・サンタマリアさん、自由すぎます(笑) 尾野真千子さんって結婚しているの 今回夫婦役を演じている尾野真千子さんですが、私生活では結婚とかしているんでしたっけ? 気になったので調べてみました。 じつは2015年〜2017年まで結婚をされていて、今は離婚をされて独身だそうです。 このときの元旦那は一般の男性だそうですよ。 一般の男性といっても、LDH(EXILEや三代目J SOUL Brothersの事務所)の役員ということで芸能関係の人らしいです。 LDHの役員ともなるとたしかに忙しそうですが、尾野真千子さんも女優として大人気ですから、やはりすれ違いの生活での離婚のようですね。 お子さんはいらっしゃらないようです。 また尾野真千子さんの過去の恋愛について調べてみましたが、なんと「ほっしゃん」と不倫をしていたというびっくりするようなスクープがあったんですね。 意外すぎます。。。 ほっしゃんって。。。 2012年にフライデーにスクープされていたのですが、当時NHKの朝ドラ「カーネーション」で共演していた二人。 親密になり交際に発展したようですが、そのときほっしゃんは結婚していました。 不倫ですねー。 当初は仲の良い友達だと弁解していたのですが、その数カ月後に今度は二人で熱海に旅行にいったのがスクープされてしまいます。 出典: もっと注意しとけ!!と突っ込まざるをえないのですが、脇が甘すぎですよね。 それで二人の仲がもう不倫関係であることがわかってしまい、ほっしゃんは結局離婚することになってしまいました。 そのとき尾野真千子さんはなんと高橋一生さんとお付き合いしていたそうですが、それも破局してしまったそうです。 そしてその後、尾野真千子さんはLDHの役員の方と結婚をします。 するとなんとまた驚きの展開なのですが、ほっしゃんも離婚した元妻と再婚をしたそうなんです。 禊がすんだということで、お互いに別れて幸せになろうとしたのかもしれませんね。 ただ尾野真千子さんはその後2年で離婚をされてしまいましたが。。。 最後に 今回、日テレの朝ドラ「生田家の朝」に出演している尾野真千子さんについて調べてみました。 尾野真千子さん、めちゃくちゃチャーミングでかわいいですよね。 現在37歳。 ん?37歳?見えないですねー。 とても若々しいし、色気がありますよね。 ほっしゃんじゃなくてもこれは道を踏み外すかもしれません。 芸能界でも魔性の女、恋愛ジャンキーという噂もあるようですから、今後もなにかあるかもしれないですよね。 ちなみに尾野真千子さんは2013年度の第37回日本アカデミー賞で優秀主演女優賞をもらっているほどの大女優さんです。 このときは福山雅治さんと『そして父になる』という映画で共演していました。 福山雅治さんとは何もなかったんですかね。。。 その後福山雅治さんは2015年に吹石一恵さんと結婚されていますね。 うん?2015年? 尾野真千子さんが結婚したのも2015年。。。 まさかね。。。 最後までご覧いただき本当にありがとうございました。 その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね! スポンサードリンク.

次の

竹野内豊 尾野真千子とキスシーン/芸能/デイリースポーツ online

尾野真千子 キス

小栗旬さんはさりげないキスも丁寧なキスも…キスがメインじゃないキスシーンも惚れ惚れするほど、うまいんです。 中でも僕が好きなのは、2012年の月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」。 天才肌のIT企業社長・日向徹 小栗旬 と就職難にあえぐ大学院生・夏井真琴 石原さとみ のラブストーリーです。 最終回、石原さとみさんが仕事でブラジルに行っちゃうんですけど、小栗さんが空港に駆けつけて「今だったら世界のどこにいたっておまえとつながれる。 ただ地球の裏にいたら、話はできるけどキスはできないから今しとく」とキスするんです。 このシーンが好き過ぎて、自分の単独ライブで僕が石原さとみさんも小栗旬さんもひとりで演じるという映像をとりました 笑。 あと、小栗旬さんは背が高いので、相手の女性を抱え込むように抱き寄せて、顔の上のほうからキスするシルエットも素敵なんですよね。 恋愛ドラマで好きなのは1997年のドラマ「ラブジェネレーション」。 広告代理店で働く会社員・片桐哲平 木村拓哉 と同じ部署の上杉理子 松たか子 との恋愛ドラマです。 好きなのは木村拓哉さんが待たせていた松たか子さんを呼び出してキスするシーン。 キスまでのやりとりがめちゃくちゃいいんですよ!木村拓哉さんが時計を見て松たか子さんに「あ、時間だ」と言うんです。 松たか子さんが「何の時間?」と聞くと木村拓哉さんが「オレたちがキスする時間」と答える。 松たか子さんが「そんなこと言ってもキスしないよ。 そんな簡単なものじゃないし」と断ると、木村拓哉さんが松たか子さんに荷物を持たせて両手をふさぐんです。 そして木村拓哉さんが松たか子さんの瞳を見つめて「オレ、映ってんじゃん!」と言ってキスする。 これは名シーンですね。 フルーツポンチの村上とは普通の会話でよく真似しています。 田中圭さんといえば2018年のドラマ「おっさんずラブ」ですね。 前評判とか気にせずにどんなドラマかなって見てました。 不動産会社で働く営業部員・春田創一 田中圭 が部長の黒澤武蔵 吉田鋼太郎 と後輩の牧凌太 林遣都 に言い寄られる展開で…。 最後は幼なじみの荒井ちず 内田理央 に行くドラマなんだろうなと思ってたら、林遣都くんのほうに行くんかいっ!と。 最終回の林遣都さんとのキスシーンを見たときにキスに重みがあるなと、男性ともあんなにしっかりキスできるのはすごいなとも思いました。 普通に女性が好きだった人がいきなり男性の後輩に恋愛感情持つわけない!というモヤモヤを払拭させるようなキスのパワーが田中圭さんにはありますよね。 大好きな坂元裕二さん脚本の作品でキスシーンを語るとしたら2013年のドラマ「最高の離婚」の永山瑛太さんですね。 自動販売機設置会社で働く濱崎光生 永山瑛太 とクリーニング店員の妻・結夏 尾野真千子 、美大講師・上原諒 綾野剛 とアロマサロンを経営する灯里 真木よう子。 2組のアラサー夫婦の姿を描いたドラマです。 最終回で永山瑛太さんが離婚した妻・尾野真千子さんを駅まで送っていくシーンが好きなんですよね。 ホームで永山瑛太さんがとっさに電車の中に尾野真千子さんを引き込んで乗せたものの、どうしたらいいかわからずウロウロ。 その後にちょっとだけ尾野真千子さんにキスするんです。 永山瑛太さんの役柄がちょっとオタク的な感じなんですが、この役だったらこのキスだろうっていうのを体現してくれました。 普通のキスだけでなく、オタク的なキスもできる永山瑛太さんはすごいなと思いましたね。 新米看護師・佐倉七瀬 上白石萌音 とドSな医師・天堂浬 佐藤健 との恋模様を描くドラマでしたね。 佐藤健さんは2015年の「天皇の料理番」や2013年の「とんび」とか感動系のドラマ出演が多くてキスシーンはあまり記憶に残らない俳優だったんですよね。 ドラマ開始5分くらいでキスした「俺の見てないとこで泣くな」はよかったですね。 あと、上白石萌音さんが佐藤健さんから離れて地元に戻ったシーン。 「おまえ、なに勝手にいなくなってるんだよ」と佐藤健さんから電話があって。 「先生から離れたほうがいいと思って修行してます」と上白石萌音さんが答えたら、後ろにいるっていう…「健ワープ」 笑。 すぐワープしちゃうんですよ、佐藤健さん。 どうやってここに来たの?みたいな。 それと、佐藤健さんは映画「るろうに剣心」シリーズの緋村剣心役で出演してますよね。 その経験から刀のさやがある部分に右手を添えてキスするときれいに見えることに気づいて実践していたそうですよ。 2018年のドラマ「ホリデイラブ」で見たモラハラ夫役がすごく怖くて印象的でした。 その後に2019年のドラマ「凪のお暇」を見ました。 会社を辞め、人間関係を断ち切って郊外に引っ越した大島凪 黒木華 が新しい生き方を模索するドラマ。 中村倫也さんは凪の隣に住む遊び人の安良城ゴンを演じました。 「ホリデイラブ」での中村倫也さんと同一人物とは思えなくてカメレオン俳優を実感しましたね。 6畳一間くらいのゴンの部屋での凪とのキスシーンはリアリティがありました。 僕も昔、ああいう家に住んでたんで 笑。 中村倫也さんは普段からこんなふうにキスしているんじゃないかとあのシーンを見て思いました。 中村倫也さんは意外と恋のライバルに負ける役が似合うような気がします。 深田恭子さん主演のドラマ「初めて恋をした日に読む話」でヒロイン・順子の同級生で高校教師の山下一真とか。 若手じゃない芸歴重ねた感がいいですよね。 若い頃からずっとキスシーンをしているから抵抗を感じない。 好きな作品は2009年のドラマ「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」。 プロのバスケットボール選手・上矢直輝 山下智久 とプロのバイオリニストを目指す白河莉子 北川景子 の恋と成長を描く物語です。 好きなキスシーンは、山下智久さんから自宅にいた北川景子さんに電話がかかってくるんです。 すると、家の外からバスケットボールをつく音がして窓を開けると山下智久さんが。 そこで北川景子さんが想いを伝えると山下智久さんが家まで走るんですね。 山下智久さんがドアを開けて強引に抱き寄せてからのキスがいいんです。 山下智久さんは隠れ演技上手い俳優なんじゃないかなと思いますね。 顔はめちゃくちゃかっこいいんですけど普通っぽい。 ジャニーズの中では山下智久さんがいちばん好きですね。 まとめ LLR福田が選んだキスシーンガチ上手い俳優 7人をご紹介しました。 俳優ごとに異なるキスの仕方や見せ方、またそのキスシーンを盛り上げるセリフや音楽にも注目して見てみるとより深くドラマを楽しめると思います! LLR 福田恵悟(ふくだけいご) 芸人 1979年生まれ、東京都出身。 趣味はドラマ観賞、パチンコ、スロット、ボート、ゲーム タガタメ 、ビリヤード 続・ドラマ部でやってみたいことは、ロケ地巡りツアー。 脚本家の坂元裕二が好き。 同じ坂本裕二さん好きのフルーツポンチ・村上 と「坂本裕二ゲーム」をすることもしばしば。 続・ドラマ部 吉本興業に所属するお笑い芸人、ニブンノゴ!・宮地ケンスケ、LLR・福田恵悟、フルーツポンチ・村上健志3人によるドラマ好きユニット。 2009年から2017年まであふれでるドラマ愛を語るオールナイトライブ「ドラマ部」を開催。 ライブでの3人の本気すぎるドラマ愛がSNSで拡散され、テレビ局のプロデューサーや有名脚本家がお忍びで会場に訪れたりしたことも。 100回開催を節目に「続・ドラマ部」として3カ月に1度ライブを開催。 最近、新メンバーやさしいズ・たいが加入!.

次の

フジドラマ『最高の離婚』の勝因とは?最終回“秀逸”キスシーンに学ぶ、離婚という喜劇

尾野真千子 キス

経歴・人物 、4人姉妹の末っ子として生まれる。 姉3人の名前から1文字ずつ取って「真千子」と命名される。 春、14歳の時に地元中学校で靴箱の掃除をしている姿が映画監督の目にとまり 、の映画『』で主演デビュー。 、奈良県立御所高等学校(現・)を卒業後に上京し 、女優活動を本格的に始める。 、地元・で撮影された主演映画『』で10年ぶりに河瀬直美監督とタッグを組み、コンペティション部門でを獲得する。 、ヒロインを演じた広島発地域ドラマ『』()が、(最優秀賞)や大賞をはじめ国内外で高く評価される。 本作において演技賞、助演女優賞を受賞。 、の第1号受章者に選ばれる。 、平成23年度下半期の『』()のヒロインにオーディションを経て起用され 、コシノ三姉妹の母で・をモデルとする主人公・小原糸子を演じる。 それまで多かった陰のある役柄とは一線を画すバイタリティあふれる演技が多くの支持を集め 、主演女優賞など数々の個人賞を受賞、認知度を高める。 本作は朝ドラ初の大賞(2011年度テレビ部門)に輝くなど「朝ドラ史上最高傑作」の呼び声も高く 、名実共に自身の代表作となる。 、『』()にて大雑把でずぼらな性格の妻を自然かつ痛快に演じ 、に続き2人目となる2度目の演技賞を受賞。 「どんな役を演じても『はまり役』と思わせる、その人物造形の巧みさに大きな才能が感じられる。 」と本作に止まらず幅広い演技力が高く評価される。 4月クールの『』で、に初主演。 のメンバーと共演した際に知り合った、芸能事務所の専務取締役(当時)を務める男性と7月に結婚したが 、多忙な中での生活観、価値観の違いから9月に離婚した。 公開の映画『』で、一人の女性の19歳、27歳、51歳の3世代を演じ分け、第30回助演女優賞 、優秀助演女優賞を受賞。 、初となる写真集『つきのひかり あいのきざし』(撮影:)が刊行された。 合わせて同名の写真展が開催され、地元の奈良県をはじめ全国各所を巡回した。 、自身の出身地である奈良県五條市観光PRポスターのモデルを務める。 出演 映画• (1997年11月1日、ビターズ・エンド) - みちる 役(主演)• (2001年1月20日、サンセントシネマワークス) - 沢井美喜子 役• (2001年2月17日、シネロケット) - 大下和子 役(とW主演)• (2001年3月3日、アースライズ) - 梨絵 役• (2001年5月19日、) - 倉持美喜子 役• (2004年4月17日、ビターズ・エンド) - 川島敦子 役(ヒロイン)• (2004年5月8日、) - 松本千恵子(過去) 役• (2006年3月25日、) - ミーコ 役• (2006年8月5日、) - 中山玲子 役• (2006年11月25日、) - 古市千栄子 役• 気仙沼伝説(2006年、劇場未公開) - 串畑加奈子 役• (2006年、劇場未公開)• (2007年5月29日、組画) - 真千子 役(主演)• (2008年5月24日、東宝) - 大学生 役• (2008年5月31日、アンジェリカ) - 新菜 役(主演)• (2009年1月24日、エム・エフボックス) - 菊池絵里子 役• (2010年1月9日、) - 川原薫 役(主演)• (2010年5月22日、ビターズ・エンド) - 矢野夕美子 役(主演)• (2011年2月5日、マコトヤ) - アイ 役(主演)• (2011年7月2日、東映) - 幾久 役• (2013年5月11日、東映) - 河島弓子 役(ヒロイン)• (2013年9月28日、東宝) - 宇部美咲 役• (2013年9月28日、ギャガ) - 野々宮みどり 役(ヒロイン)• (2014年2月8日、東宝映像事業部) - マナミ 役• (2014年3月1日、東映) - おソノ 役• (2015年1月17日、ファントム・フィルム) - 照川祥子 役(ヒロイン)• (松竹) - 中原涼子 役(ナレーション兼任)• 前篇・事件(2015年3月7日)• 後篇・裁判(2015年4月11日)• (2015年6月27日、アークエンタテインメント) - 水木雅美 役(ヒロイン)• (2015年11月7日、東映) - 結城冴子 役• (2016年8月27日、東宝) - 中瀬朋美 役• (2016年11月12日、) - 沢村遥 役(ヒロイン)• (2017年6月24日、) - 芦村朋子 役(主演)• (2018年3月17日、) - 母・富子 役• (2019年9月6日 、) - 鈴木美代子 役• (2019年11月15日、東京テアトル) - 安西久子 役(ヒロイン) 短編映画・オムニバス映画• ひもすがら(1998年製作)• 笑ひ教(2007年製作)• 琥珀色のキラキラ(2008年製作、) - 道子 役(主演)• (2010年製作) - 母 役(主演)• honey hole(2012年製作) - 主演• (2018年製作、2018年4月6日公開、キノフィルムズ)• episode. 3 「」 - 裕子 役(主演)• episode. 4 「」• YACHIMUN(2018年製作) - 女 役 テレビドラマ• 余命半年 生前給付3000万円の夢(1998年11月14日・11月21日、) - 赤嶺あゆみ 役• 第1話・第2話(1999年5月19日・5月26日、NHK大阪) - 桐島美香 役• (2000年8月26日、) - 倉島由子 役(主演)• 介護ビジネス(2001年3月10日・3月17日、) - 野上瑞希 役• 「Ready Made」(2001年9月3日 - 9月24日、)• 「無視ゲーム」(2002年3月27日、) - 直美 役• 第4話(2002年10月27日、) - 弥生 役• 明日は陽のそばで(2002年11月16日、) - 里中美穂 役(ヒロイン)• 人情とどけます〜江戸・娘飛脚〜 第4話(2003年1月31日、NHK) - おまき 役• 第1シリーズ 第22話・第23話 「第三診療室」(2003年2月13日・2月14日、BS-i)• 2 加賀百万石殺人事件(2003年7月28日、) - 野上玲子 役• 第1シリーズ 第24話「ゆらゆら〜バカンスはいつも雨」(2003年9月14日、BS-i) - 浜子 役• 第7話(2003年11月16日、BS-i) - 渡邉睦月 役• (2004年4月2日、) - 樋口AD 役• 第4話・第5話(2004年7月29日・8月5日、フジテレビ)• (NHK)• (2005年) - 義経の正室・ 役• (2020年) - 伊呂波太夫 役• (2005年1月11日 - 3月22日、フジテレビ) - 橘ゆかり 役• 救命病棟24時 第3シリーズ 「アナザーストーリー」(2005年3月29日)• 後編(2005年9月3日、フジテレビ)• (NHK大阪)• (2006年10月2日 - 2007年3月31日) - 花岡昌江 役• (2011年10月3日 - 2012年3月31日) - 小原糸子 役(主演・ナレーション兼任)• (2006年11月18日、フジテレビ) - 由紀子 役• 第9話(2006年12月12日、フジテレビ) - レポーター 役• (2007年1月8日 - 3月19日、フジテレビ) - 坂巻たい子 役• (2008年9月20日、フジテレビ) - 孫田智恵子 役• 第一夜(2009年2月7日、テレビ朝日) - 守谷久美子 役• (2009年3月29日 - 4月26日、) - 杉本恭子 役• (2009年7月24日、) - 折見とち子 役(ヒロイン)• (2009年11月14日 - 12月19日、NHK) - 松沢陽菜 役(ヒロイン)• 「ウラ声ボーイズ」(2009年12月21日、) - ヨシムラ響子 役(ヒロイン)• 第2話「誤報」(2010年3月21日、WOWOW) - 手塚理絵 役• (2010年4月14日 - 6月23日、日本テレビ) - 道木仁美 役• (2010年7月7日 - 9月29日、) - 朏万里 役(とW主演)• 第8話(2010年8月24日・8月31日、フジテレビ) - 根津美代子 役• (2010年12月9日、) - 仲前由美 役• 第1話(2011年3月20日、WOWOW) - 須藤亜季 役• (2011年4月12日 - 6月21日、フジテレビ) - 安野ちひろ 役• (2012年6月10日 - 7月8日、WOWOW) - 野上妙子 役(主演)• (2012年7月8日 - 9月23日、TBS) - 小山遥 役(ヒロイン)• (2012年11月9日、フジテレビ) - 白河球磨子 役(とW主演)• (2013年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) - 濱崎結夏 役(とWヒロイン)• 最高の離婚Special 2014(2014年2月8日)• (2013年8月24日 - 9月14日、NHK大阪) - 蝶子 役(とW主演)• (2013年11月29日、フジテレビ) - 役(主演・ナレーション兼任)• (2014年1月18日・1月25日、NHK) - 新田サチ 役(主演・ナレーション兼任)• (2014年4月14日 - 6月23日、フジテレビ) - 神崎薫 役(主演)• (2014年4月27日、WOWOW) - 田代なつみ 役(ヒロイン)• 第5話(2014年5月15日、フジテレビ) - 本人 役(スペシャルゲスト)• 第6話「父の再婚、娘の離婚」(2014年8月17日、TBS) - 杉本七海 役(主演)• (2014年8月30日、日本テレビ) - 安武千恵 役(ヒロイン)• (2014年12月6日、テレビ朝日) - 杉田りえ子 役(主演)• (2015年3月28日、WOWOW) - 小林鈴 役(主演)• 完全版 第3話・第4話(2015年10月15日・10月22日、) - 軽部久美 役• (2015年10月21日 - 12月23日、TBS) - 木村礼子 役(ヒロイン)• (2016年7月14日 - 9月15日、テレビ朝日) - 梅田美奈 役(主演・ナレーション兼任)• (2016年9月24日 - 10月15日、NHK) - 役(主演)• (2016年10月2日、テレビ朝日) - 上月涼子 役(主演)• (2018年7月15日 - 9月16日、TBS) - 黒村径子 役• 第3話 ホーチミン篇(2018年10月8日、WOWOW) - 立花カオル 役(主演)• 2018冬(2018年12月10日 - 12月26日、日本テレビ) - 生田早苗 役(ヒロイン)• 生田家の朝 2019秋(2019年10月1日 - 10月28日)• (2019年3月24日 - 4月14日、WOWOW) - 鈴木陽子 役(主演)• (2019年10月6日 - 10月27日、NHK BSプレミアム) - お国 役(主演)• (2020年1月18日 - 2月8日 、NHK大阪) - 安終子 役(ヒロイン)• (2020年3月1日、テレビ朝日) - 鴨井晶 役(ヒロイン) ネットドラマ• (2015年11月13日、全6話、) - フジコ 役(主演)• 第4話・第6話(2019年3月20日、・) - 寺田朋美 役 ラジオドラマ• プロデュース円都通信 ラジオドラマ第14回作品「」(2006年4月29日 - 7月15日、系列) - 藤平洋子 役(主演)• 「私は、先生」(2008年7月12日、) - 沢井美幸 役(主演) 吹替・アニメ• (2016年7月30日、ジャパン・スローシネマ・ネットワーク) - 万里恵 役• (2017年10月 - 不定期出演、) - こまちひめ 役• 『サムライエッグ』 - ママ 役(2018年8月24日、東宝) ドキュメンタリー• 万華鏡(1999年、監督)• 第19回ノミネート作品「政と官〜政治主導の挑戦と敗北」(2010年11月1日、フジテレビ) - ナレーション• 重力に逆らってまで 〜映画監督・西川美和が見た女子ウェイトリフティング〜(2012年6月10日、) - ナレーション• BS1スポーツドキュメンタリー「あきらめない二人〜激闘 しずちゃん密着1000日〜」(2012年11月18日、NHK BS1) - ナレーション• 夢を信じる力 しずちゃんと梅津トレーナーの5年(2013年11月30日、NHK) - ナレーション• きょうの、あきない(2015年4月11日 - 2016年9月24日、TBS、監修:) - ナレーション• 「秦基博 〜祝!10周年スペシャル〜」(2017年6月15日、NHK) - ナレーション TV CM• がんばれワカゾー• 「満たされない青春」篇(2000年3月)• 「マラソン大会」篇(2000年9月)• グループ 企業• 「NEXT STANDARD 娘」篇(2001年4月)• 「NEXT STANDARD 母」篇(2001年6月)• パラメロ(2001年5月)• ほのぼのレイク• 「ボート」篇(2002年)• (2004年)• そうじって、いいかも• ある日のおそうじ 「結婚」篇(2004年10月) - 志乃 役• 「結婚」篇(2006年7月)• 「新生活・3月」篇(2007年3月)• 「フォーンブース」篇(2006年11月)• おかいどくん• 「からあげクン 1個増量」篇(2007年4月)• 「お中元 義理がたい」篇(2007年6月) - 割烹に食事に来た女性客 役• キリン濃い味 糖質0• さらさ - さらさママ 役• 「思いやり洗剤さらさ」篇(2012年3月)• 「尾野真千子 思いやり 羽毛」篇(2012年4月)• 「さらさママ宣言」篇(2015年1月)• 阿波座ライズタワーズ(2012年9月)• 「グリーンストライプ」篇(2013年4月)• 「ピンクストライプ」篇(2013年5月)• 「レーダーブレーキサポート」篇(2013年8月)• 「プレゼンガレージ 図解」篇(2014年9月)• フレアシリーズ• 「」篇(2014年2月)• ニュートリー ブイ・クレス• 「ブイ・クレスのある生活〜木と話す〜」篇(2013年7月) - 妻 あさ子 役• ディアボーテ HIMAWARI• 「おさげの頃」篇(2015年2月)• 「キミ一本から」篇(2015年4月)• 「雨の日は」篇(2015年5月)• 「朝の髪の」篇(2015年9月)• 「雨のちヒマワリ」篇(2016年6月)• 「雨の日のヒマワリ」篇(2017年6月)• 南部鉄器 極め羽釜• 「100万円のワイン」篇(2014年7月)• 「植物」篇(2014年10月)• 「夫の相談」篇(2015年6月)• 「婚約指輪」篇(2015年9月)• 「義理の姉」篇(2015年10月)• 「二世帯住宅」篇(2016年2月)• 「すでにちょっと」篇(2016年9月)• 「この90秒で人生が劇的に美味しくなる。 第1話「塩むすび」篇(2016年10月29日)• 第2話「バターごはん」篇(2016年10月30日)• 第3話「白ごはん」篇(2016年11月13日)• 「上司がひと言」篇(2016年12月)• 「まわりくどい方法」篇(2017年1月)• 「このへん」篇(2017年2月)• 「しょうが焼きの歌」篇(2017年8月)• 「泣いちゃう」篇(2017年10月)• 「おいしいごはんを炊くと、おいしい毎日がやってくる。 第1話「みそおむすび」篇(2017年10月20日)• 第2話「ハムエッグ丼」篇(2017年10月21日)• 極め羽釜• 「最後の晩餐」篇(2014年8月)• 「どうでもいい質問」篇(2014年9月)• 「おかわり」篇(2014年10月)• ライスマイルプロジェクト• 「ついに言う」篇(2014年9月)• みまもりほっとライン• 「金沢」篇(2015年10月)• アーモンドピーク• 「尾野真千子の本音(2015)」篇(2015年9月)• 「尾野真千子の本音(2016)」篇(2016年9月)• じっくりコトコト• 「じっくりコトコト とろ〜り、しあわせ。 」篇(2014年10月)• TaKaRa果汁入り糖質ゼロチューハイ「ゼロ仕立て」• 「糖質にさよなら」篇(2015年6月)• 「THE BEST!」TV SPOT• 「尾野真千子」篇(2015年6月)• KIRIN キリン 零ICHI(ゼロイチ)• 「菜の花パスタ」篇(2018年4月)• KIRIN• 「氷結ストロング ついに出た」篇(2019年3月)• 「玉緒さんと真千子さん」篇(2019年10月) Webムービー• (2010年、) - はるか 役(主演)• ステーションID特別版(2015年、日本映画専門チャンネル、監督)• 1300年のこころ、見つけました 奈良県観光キャンペーン「R-おとな」 プロモーションムービー(奈良県)• 「奈良公園」篇(2015年9月)• Grasshoppa! SPECIAL「FROG RIVER」Vol. 1 - 4(2001年 - 2003年、監督) MV• 「交差点」(2001年11月21日)• 「」(2013年3月13日)• 「」(2014年5月21日)• 「」(2017年8月23日) - 真由子 役• 江頭勇哉「ぽろぽろ」(2019年4月17日)• 「あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)」(2019年9月2日) 歌唱• 「ふたりの糸子のうた」(2011年11月2日、) 連続テレビ小説『』劇中歌。 自身の役柄の少女時代を演じたとのデュエット曲。 「カーネーション オリジナル・サウンドトラック」収録。 映画の原作者とのデュエット曲。 「『素敵なダイナマイトスキャンダル』 オリジナル・サウンドトラック」収録。 「地球最後の日」(2018年4月5日、) 映画『』エンディング曲。 「クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD -Original Soundtrack-」収録。 その他• ポスターモデル(2000年)• 奈良県五條市観光PR ポスターモデル(2019年9月 - ) 書籍 写真集• つきのひかり あいのきざし (2018年10月31日、リブロアルテ、撮影:) 受賞歴 映画• 1997年度• 第10回 主演女優賞(『』)• 第12回 最優秀新人女優賞(『萌の朱雀』)• 2008年度• 第4回 助演女優賞(『』『』)• 2013年度• 優秀主演女優賞(『そして父になる』)• 優秀助演女優賞(『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』)• 2017年度• 第30回 助演女優賞(『 』)• 優秀助演女優賞(『ナミヤ雑貨店の奇蹟』) テレビドラマ• 2009年度• 演技賞(『火の魚』)• 2010年度• ソウル国際ドラマアワード2010 女優賞ノミネート(『火の魚』)• 助演女優賞(『火の魚』『』)• 2011年度• 第72回 主演女優賞(『カーネーション』)• 2012年度• 主演女優賞(『カーネーション』)• 第37回 新人賞(『カーネーション』ほか)• 第21回 新人賞(『カーネーション』)• 第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『』)• 演技賞(『最高の離婚』)• 第16回日刊スポーツドラマグランプリ<冬> 助演女優賞(『最高の離婚』) その他• 2010年度• 2011年度• 関西元気文化圏賞 ニューパワー賞(『』)• 第7回奈良ゾンタ賞• 2012年度• Women of the Year 2012• 2016年度• 2016 ベストビューティスト• 2017年度• 57th フィルム部門 演技賞( 南部鉄器極め羽釜『この90秒で人生が劇的に美味しくなる。 TOM company. 2018年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2007年12月8日 , 2014年12月30日閲覧。 まんたんウェブ. 毎日新聞. 2011年3月7日. 2012年11月21日閲覧。 2012年2月21日. 2014年12月30日閲覧。 テレビ朝日. 2012年5月26日放送. THE PAGE. 1 2014年12月29日. 2014年12月29日閲覧。 29』、、 56頁、 2015年6月29日閲覧。 com 2011年9月5日. 2016年6月15日閲覧。 2012年4月2日• ORICON STYLE 2012年10月23日. 2016年6月15日閲覧。 2018年4月18日. ORICON STYLE 2013年6月21日. 2013年7月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年3月4日. 2015年11月19日閲覧。 2 2015年7月28日. 2016年6月23日閲覧。 2017年9月11日. 2017年9月11日閲覧。 2017年12月28日. 2017年12月29日時点のよりアーカイブ。 2017年12月29日閲覧。 2018年10月29日. 2018年11月10日閲覧。 2013年4月6日閲覧。 cinemacafe. net 2015年2月19日. 2015年7月27日閲覧。 2015年7月8日. 2015年7月8日閲覧。 cinemacafe. net 2015年8月4日. 2015年10月4日閲覧。 com 2016年3月11日. 2016年3月11日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年1月30日. 2017年1月30日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年2月22日. 2019年5月29日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2017年9月13日. 2019年5月29日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年2月1日. 2019年5月29日閲覧。 キノフィルムズ [ kinofilmsJP] 2019年2月1日. ツイート. より 2019年5月29日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2019年1月22日. 2019年5月29日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2019年5月29日. 2019年5月29日閲覧。 若手映画作家育成プロジェクト. 2013年2月11日閲覧。 タカハタ秀太オフィシャルサイト. 2013年2月11日閲覧。 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016. 2016年2月27日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年5月31日. 2016年5月31日閲覧。 2016年3月29日閲覧。 シネマカフェ 2016年8月24日. 2016年8月24日閲覧。 ORICON NEWS 2018年5月5日. 2018年5月6日閲覧。 映画ナタリー 2018年12月28日. 2018年12月29日閲覧。 NHKドラマ. ドラマトピックス. 2019年5月28日. 2019年5月28日閲覧。 映画ナタリー 2015年10月8日. 2015年10月9日閲覧。 映画ナタリー. 2016年5月30日. 2016年5月30日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年3月27日. 2018年3月27日閲覧。 2015年5月14日閲覧。 2017年9月14日時点のよりアーカイブ。 2015年4月10日閲覧。 、2015年7月21日閲覧• 2012年7月2日. 2017年9月19日閲覧。 2015年6月10日. 2015年6月10日閲覧。 2015年4月3日. 2016年12月15日閲覧。 奈良県 2015年9月1日. 2016年12月20日時点のよりアーカイブ。 2015年9月1日閲覧。 Singapore International Film Festival. 2015年12月24日閲覧。 日刊スポーツ 2017年12月5日. 2017年12月5日閲覧。 PDF プレスリリース , 放送文化基金, 2010年5月28日 ,• 国際ドラマフェスティバル in TOKYO. 2012年11月21日閲覧。 角川マガジンズ 2012年5月2日. 2012年11月21日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年10月22日. 2012年10月23日閲覧。 日本映画テレビプロデューサー協会. 2013年1月19日閲覧。 2013年5月10日. 2016年12月15日閲覧。 『2013 No. 20』、、 34頁、 2013年5月23日閲覧。 文化庁. 2013年7月12日閲覧。 2012年3月19日. 2017年12月6日閲覧。 ORICON STYLE 2012年11月26日. 2016年12月4日閲覧。 マイナビニュース 2016年12月1日. 2016年12月4日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2017年10月17日 , 2017年10月17日閲覧。 外部リンク• - TOM company•

次の