セールス フォース 資格。 Salesforceが面白くなってきたのでコンサルティングパートナーを目指す。

セールスフォース・ドットコム用語解説

セールス フォース 資格

日本法人が入居するJPタワー 株式会社 本社所在地 〒100-7012 東京都千代田区丸の内2-7-2 12F 設立 2000年4月 事業内容• クラウド・コンピューティング• ソフトウェア・アズ・ア・サービス( SaaS) クラウドCRMアプリケーション「Sales Cloud1」「Service Cloud1」「Marketing Cloud」の提供 クラウドコラボレーションツール「Community Cloud」「Salesforce Chatter」の提供• プラットホーム・アズ・ア・サービス( PaaS) アプリケーションの開発・実行基盤となるクラウド型プラットフォーム「Force. com」「[Heroku」の提供• com, Inc. )は、米国カリフォルニア州に本社を置く、(CRM)ソリューションを中心とした・サービスの提供企業である。 ビジネスアプリケーションおよびクラウドプラットフォームを経由で提供している。 3月に、マーク・ベニオフにより設立された。 翌2000年4月には、日本法人である株式会社セールスフォース・ドットコム(: salesforce. com Co. , Ltd. )が設立されている。 米誌の「世界で最も革新的な企業」 ランキングでは4年連続で第1位に選出されている。 また が実施した調査において1位に2年連続で選ばれている。 米IT調査会社による最新レポートでは、世界のソフトウェア企業ランキングで第10位。 CRMの世界マーケットシェアは16. また、同レポートによると日本国内の営業支援システム(SFA)のマーケットシェアは60. クラウドプラットフォーム分野においては、IDC Japanの調査で日本国内のPaaS市場で第1位。 設立 [ ] セールスフォース・ドットコムは、前幹部の ()により、業務アプリケーションをとして提供するというコンセプトのもと、1999年3月8日に設立された。 タイプの本格的な・サービスの提供企業としては最初とされる [ ]。 近況 [ ] セールスフォース・ドットコムは州に本社を構え、ダブリン、シンガポール、東京に複数地域をカバーする地域拠点を設けている。 その他の主なオフィスは、トロント、ニューヨーク、ロンドン、シドニーとサンマテオなどにある。 セールスフォース・ドットコムのサービスはプラットフォーム専用言語まで含めると64言語で利用可能であり、2012年1月31日時点で世界10万社以上に導入されている。 また、2012年1月に東京データセンターを開設した。 これまでSFA、CRMソフトの SaaS ベンダーとして実績を伸ばしてきたが、最近は会社や株式会社をはじめとした Force. com( )によるカスタムアプリケーションの構築事例が増加しており、サービスを適用する業務の幅が拡がっている。 加えて、プラットフォームの強化を目的とした社の買収 、「 」 世界初となるエンタープライズ向けマルチテナントクラウドデータベースサービス の発表など、プラットフォーム企業を目指すとともにサービスのオープン化を推進する姿勢を明確にしている。 さらに現在は「カスタマー・カンパニー 」という理念を発表し、ソーシャルメディアのモニタリングツールであるRadian6社 やモバイルアプリケーションの開発実績のあるModel Metrics社を買収 するなど積極的にソーシャル関連ソリューションの強化を進めている。 買収企業 [ ] 買収先 年月 備考 Sendia 2006年4月 現在の Salesforce Classic。 Kieden 2006年8月 現在の Salesforce for Google AdWords。 Kenlet 2007年1月 CrispyNews を開発。 同技術をもとセールスフォース・ドットコムの IdeaExchange が開発された。 アイデアの機能としてユーザー企業向けのアプリケーションも提供されている。 他の企業に先駆けて利用しているの、のが有名。 Koral 2007年3月 現在のコンテンツ機能。 Instranet 2008年8月 同社の・テクノロジーをもとに現在はナレッジ機能として提供。 GroupSwim 2009年12月 現在の Salesforce Chatter。 Informavores 2009年12月 現在の Visual Workflow。 Jigsaw 2010年4月 ビジネス・コンタクト・データ・サービスである Data. com。 Sitemasher 2010年6月 現在の Site. com。 Navajo Security 2010年8月 Activa Live Chat 2010年9月 Live エージェント機能。 Heroku 2011年1月 スクリプト言語 によるウェブアプリケーションフレームワーク「 」のクラウドプラットフォーム。 買収後もブランドは維持され、サービスも継続して利用できる。 Etacts 2010年12月 電子メールコンタクトマネジメントのスタートアップ企業。 Dimdim 2011年1月 オープンソースのウェブ会議ソフトウェアベンダー。 セールスフォース・ドットコムが提供するコラボレーションプラットフォーム「 Chatter」の機能強化に活用される計画としている。 Manymoon 2011年2月 Do. com。 Radian6 2011年3月 ソーシャルメディアモニタリングツール。 現在の ExactTarget Marketing Cloud。 Assistly 2011年9月 現在の Desk. com。 Rypple 2011年12月 ソーシャル人材業績管理サービス。 現在のWork. com Stypi 2012年5月 Buddy Media 2012年5月 現在の ExactTarget Marketing Cloud。 89億USドルでの買収。 ChoicePass 2012年6月 Thinkfuse 2012年6月 BlueTail 2012年7月 GoInstant 2012年7月 現在のSalesforce SOS。 7000万USドルでの買収。 Prior Knowledge 2012年12月 EntropySoft 2013年2月 clipboard. com 2013年5月 1200万USドルでの買収 ExactTarget 2013年6月 現在の ExactTarget Marketing Cloud。 25億USドルでの買収。 EdgeSpring 2013年6月 RelateIQ 2014年7月 現在はSalesforceIQとして知られる。 9億USドルでの買収。 Toopher 2015年4月 Tempo 2015年5月 現在のSalesforceIQの一部。 6億USドルでの買収。 PredictionIO 2016年2月 Implisit 2016年5月 Demandware 2016年7月 Coolan 2016年7月 Quip 2016年8月 7. 5億USドルでの買収 BeyondCore 2016年8月 Gravitytank 2016年9月 Krux 2016年10月 Twin Prime 2016年12月 Sequence 2017年2月 Attic Labs 2018年1月 CloudCraze 2018年3月 MuleSoft 2018年3月 65億USドルでの買収。 Datorama 2018年7月 Rebel Mail 2018年10月 Griddable. io 2019年1月 MapAnything 2019年4月 Bonobo AI 2019年5月 2019年8月 153億USドルでの買収。 ClickSoftware 2019年8月 13. 5億USドルでの買収。 活動はセールスフォース・ドットコム ファンデーションによりマネージメントされている。 そのビジョンとミッションは下記の通り。 ビジョン セールスフォース・ドットコムの従業員と製品力により、地域社会をより良くし、青少年の教育を支援し、緊急事態の発生時には国境を越えて支援を行い、思いやりのある世界を作っていくこと。 同活動は、世界各地で行われており、日本のほかにもサンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、ダブリン、シンガポールを中心に活動している。 世界を変えるビジネス セールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフとカーリー・アドラーの共著『世界を変えるビジネス』が2008年9月、から出版された。 世界のビジネスリーダー20名が、自社のリソースを活用することでコミュニティ支援を成功させている例を紹介している。 日本法人 [ ] 日本法人である株式会社セールスフォース・ドットコムは、2000年4月に設立。 拠点は、東京本社と大阪および名古屋の3箇所。 企業向け・サービスの提供事業者として、日本国内でも多くの企業への導入実績を持つ。 特に2007年の会社(当時は日本郵政公社)での導入は話題を呼んだ。 日本国内における導入企業数などは原則公開していないが、2009年10月時点で2,200社67万ユーザー、2012年1月には約5,000社に利用されていると幹部が語っている。 他にも、、、、、、、、、、、、など、規模・業種を問わず多数。 2009年には・・が所管するのインターネット申請システムとして採用された。 経済危機対策として実施された本件では、から打診を受けてからわずか3週間でシステム開発を完了・稼働させ、同社サービスの信頼性や開発生産性の高さを示す事例となった。 また、山梨県も支給に当たって事務負担の軽減を図って導入している。 東京都も支給に当たって事務負担の軽減と郵送申請およびオンライン申請の一括管理を図って導入している。 持続化給付金の申請サイト、及び事務局のメールシステムもセールスフォースのクラウド上に用意されている。 Great Place to Work Institute Japan(GPTWジャパン)が実施した調査において、大企業部門 従業員1000人以上 にてSalesforceが2019年版日本における1位に選出されている。 2019年4月には、国内企業のデジタルトランスフォーメーション支援を強化する目的で、国内事業への投資を拡大することを発表した。 具体的には、営業、アライアンス、エンジニアリング、カスタマーサポートおよびマーケティングなど全ての組織において、現在約1,500人の社員に対し、2024年までの5年間で最大2,000人を増員、3,500人規模を視野に入れる。 さらに世界で8番目、アジアでは初のSalesforce Towerを新たに開設し、国内事業の拡大と社員増加に対応する。 Salesforce Towerは、日本生命丸の内ガーデンタワーの全オフィスゾーンを借受け、当該借受部分について「Salesforce Tower Tokyo」の呼称を使い、2021年下半期より稼働する予定。 Customer Company Tour ( カスタマー・カンパニー・ツアー )のイベント 製品とサービス [ ] セールスフォース・ドットコムのサービスは、すべてインターネット経由で提供されるモデルである。 そのサービスは、大きく分けて SaaS 型アプリケーションの「 Sales Cloud」「 Service Cloud」「 Marketing Cloud」「 Community Cloud」と、 PaaS と呼ばれる「 Force. com」「 Heroku」の2つに分けられる。 尚、PaaS という言葉を最初に提唱したのはセールスフォース・ドットコムである。 [ ] Marketing Cloud を除くセールスフォース・ドットコムのサービスは、大規模型のアーキテクチャに基づくシステムで提供されている。 数千社単位の企業が同一のインフラを共有し、論理的にデータやアクセス権限を分ける形で利用する形態を取っているため、シングルテナント型ないし小規模なマルチテナント型のクラウドサービスと比べて製品開発やセキュリティに対する投資効率性が極めて高い(規模の経済)とされる。 経済産業省のような政府機関、日本郵政や損保ジャパンのような金融機関、トヨタ自動車のような大企業が既に採用・実証済の稼働環境に後から相乗りする形となるため、小規模企業ないし大企業での部門単位での小規模フロントシステムとしても採用ハードルが低い。 また、製品は1年に3回無償でバージョンアップ(機能追加)されるため、顧客は追加コストなしに新機能を利用できるようになる。 すべての追加機能が無償ではなく、 Service Cloud の Live Agent(チャットサポート)など、新ジャンルないし大幅な付加価値がつくものについては別途利用にオプションライセンスを要するものもある。 Sales Cloud(営業支援) [ ] モデルの営業支援アプリケーション。 Commerce Cloud(e-Commerce プラットフォーム) [ ] Commerce Cloudは、セールスフォース・ドットコムが買収したデマンドウェアの製品を基盤とした製品であり、Web、モバイル、ソーシャル、店舗など、さまざまなチャネルで買い物をする一人ひとりの顧客に最適化されたショッピング体験を提供することを可能にする。 Apple Payによるワンタッチ決済など最先端の技術に対応し、人工知能の機能も有している。 Lightning プラットフォーム(クラウドアプリケーション開発実行基盤) [ ] Force. com は、モデルのアプリケーションを開発するためのプラットフォーム。 インフラ、データベース、インテグレーション、ロジック、ユーザーインターフェースといった、クラウドコンピューティングモデルのアプリケーション開発に必要とされる要素を備えている。 Sales Cloud、 Service Cloud、 Community Cloud も Force. com 上に構築されたアプリケーションで、この Force. com の各機能を利用することで、カスタマイズや他のアプリケーションとの統合も可能。 高度なアプリケーション開発には、 に良く似た Apex ( エイペックス )という独自のを利用する。 ユーザーインターフェース開発に用いられる Visualforce は、 に似た構文で、、 、 に対応している。 、 Amazon Web Service、 など、モデルで提供されるプラットフォームとの連携もサポートしている。 AppExchange [ ] AppExchange は、 SaaS 型アプリケーションのマーケットプレイス。 2005年に発表された。 外部開発者などによって開発された有償および無償のアプリケーションが公開されており、既存の環境にインストールして利用できる。 2008年9月には、450以上の(独立系ソフトウェアベンダー)などにより800以上のアプリケーション、インストール実績は65,000以上であったが、2014年6月現在、2,324以上のアプリケーション、インストール実績は240万回以上と大幅に成長している [ ]。 対応言語 [ ] セールスフォース・ドットコムのサービスは、プラットフォーム専用言語まで含めると以下の64言語に対応している。 デンマーク語: da• フィンランド語: fi• フランス語: fr• ドイツ語: de• イタリア語: it• 日本語: ja• 韓国語: ko• ロシア語: ru• スペイン語: es• スウェーデン語: sv• アラビア語: ar• ブルガリア語: bg• チェコ語: cs• ギリシャ語: el• ヘブライ語: iw• ハンガリー語: hu• インドネシア語: in• ノルウェー語: no• ポーランド語: pl• ルーマニア語: ro• トルコ語: tr• ウクライナ語: uk• ベトナム語: vi• アルバニア語: sq• アルメニア語: hy• バスク語: eu• ボスニア語: bs• クロアチア語: hr• エストニア語: et• グルジア語: ka• ヒンドゥー語: hi• アイスランド語: is• アイルランド語: ga• ラトビア語: lv• リトアニア語: lt• ルクセンブルク語: lb• マケドニア語: mk• マレー語 : ms• マルタ語: mt• ロマンシュ語: rm• セルビア語 キリル文字 : sr• セルビア語 ラテン文字 : sh• スロバキア語: sk• スロベニア語: sl• タガログ語: tl• ウルドゥー語: ur• ウェールズ語: cy Trust. salesforce. com [ ] 現状および過去30日間にわたるシステムの稼動状況(トランザクション数、平均レスポンスタイム、障害発生時の対応履歴等)を閲覧できる。 競合製品とサービス [ ] セールスフォースは中小企業向けの市場のシェアで首位を獲得しているが、主なCRM市場の競合ベンダーの製品としては独の「」と米の「」が挙げられる。 このためSAPのCRM製品と比較してMicrosoft Dynamics CRMの方が、中小企業向けの市場を中心にセールスフォースの製品・サービスとより競合している構造が鮮明になっている。 又、特許を巡って米Microsoftがセールスフォースに対して訴訟を起こすなど、対立が激化している。 受賞 [ ] 日本法人の受賞 [ ]• ASP・ITアウトソーシングアワード2006 グランプリ(ASPインダストリ・コンソーシアム・ジャパン)• MM総研大賞2007企業向けソフトウェア(SaaS)部門 最優秀賞• 平成18年度IT賞IT特別賞(フロンティア賞)(社団法人企業情報化協会 通称:IT協会)• 2008年度(財団法人日本産業デザイン振興会) 米国法人の受賞 [ ]• Best of the Web( Forbes、2003年)• CODIE Award for Best CRM(2002年、2003年、2004年、2005年、2006年)• CRM Excellence Award( Customer Interaction Solutions、2003年、2004年、2005年、2006年)• Editors' Choice Award( PC Magazine、2002年、2003年、2004年)• Innovation Award( AMR Research、2005年)• Technology of the Year( InfoWorld、2004年、2005年、2006年)• Top 100 Innovators Award( BusinessWeek、2006年)• Visionary Award( SDForum、2004年) 脚注 [ ]• - フォーブス社• : Customer Company• (2009年11月1日)• (2009年3月23日)• セールスフォース・ドットコム、Salesforce Commerce Cloudを提供開始 [2016年9月29日]• マイナビニュース 2018年6月7日. 2019年5月29日閲覧。 - セールスフォース・ドットコム日本法人所属の女子プロゴルファー 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 salesforceJapan -• SalesforceJapan -• - チャンネル• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄.

次の

営業力強化に役立つ9つの資格

セールス フォース 資格

皆様が培ってきた実力の証明のためにこの試験を是非ご活用下さい。 2次:実技試験。 課題を収録した動画を提出(年間4回受付) 1級試験:コンサルティングセールス1部門 1次:コンピューターでの出題(選択式、試験時間30〜60分) 2次:小論文課題を提出(年間4回受付) 出題範囲 セールススキル検定公式テキストを中心に出題 試験時間 3級試験:60分 2級試験一次:90分 1級試験一次:30〜60分(2級試験の合格部門数によって異なる) 受験資格 3級:ヒューマンスキルに関心のある人。 セールス未経験者や学生も受験可。 ・1級試験 1次試験:全国200ヶ所以上の受験会場から希望の日時を選択 2次試験:年2回(3月・9月)に小論文提出期間を設けます。 ・3級 初級編 4,500円(税抜き) ・2級 訪問型セールス 3,500円 ・2級 テレセールス 3,500円 ・2級 フォローアップセールス 3,500円 ・2級 3コースセット購入 10,000円 ・1級 7,500円 ・1〜3級全テキストセット 20,000円 検定問題は全てここから出題されます。 講習受講者、検定受験者はぜひお買い求め下さい。 テキストのみの販売も致します。 ・試験結果レポート(試験終了時にその場でお渡し)無料 ・合格証書 1,000円(税抜き) 2級に合格された方には以下をご提供しております。 ・試験結果レポート(試験終了時にその場でお渡し)無料 ・各セールスタイプのマスター認定証書 1,000円(税抜き) ・認定証盾 3,000円(税抜き) 1級に合格された方には以下をご提供しております。 ・試験結果レポート(試験終了時にその場でお渡し)無料 ・コンサルティングセールス認定証書 1,000円(税抜き) ・認定証盾 3,000円(税抜き) ・認定証トロフィー 7,000円(税抜き).

次の

セールス・営業資格比較

セールス フォース 資格

資格名 セールススキル検定試験 資格の種類 民間検定試験 主催 特定非営利活動法人セールスコーチング協会 資格の概要 セールス活動において業績を上げるために必要な能力(マナー、知識、コミュニケーション能力など)を測定し、レベルに応じた級を認定する試験。 ヒューマンスキルである「営業力」を標準化し、測定します。 総合的な営業力を持つ人材を認定する資格として注目される資格です。 今までに培ってきた実力の証明のためにこの試験を活用される方が増えています。 試験は、1~3級の3つのレベルがあります。 1級合格者は、コンサルティングセールス・マスター認定者として名鑑に登録される。 コンサルティングセールスマスターの資格は、5年毎に更新が必要となります。 更新は、論文の再提出等を要件とします。 セールス未経験者や学生も受験可。 これで1級から3級まで1次試験はコンピュータ方式の試験になりましたので、全国200箇所の試験会場で随時、受験が可能となります。 尚、2級の2次試験(実技試験)は動画提出の形で実施されます。 2次:実技試験。 それぞれの部門は、受験科目が異なります。 個人受験の場合は、実技試験の課題をビデオに収録し送付します。 ・3級:ヒューマンスキルに関心のある人。 セールス未経験者や学生も受験可。 ・2級:セールススキル検定の3級資格保持者であり、セールスの実務経験が3年以上であること ・1級:セールススキル検定の2級資格保持者であり、セールスの実務経験が5年以上であること 試験科目 ・セールススキル検定公式テキストを中心に出題されます。 詳しい内容はで確認できます。 ・1級試験 1次試験:全国200ヶ所以上の受験会場から希望の日時を選択 2次試験:年2回(3月・9月)に小論文提出期間が設定されます。 試験自体は、3級の場合でも実務経験がなくても合格率が80%近くになっていることから難易度としてはかなり低い試験と言えます。 2級も試験は難しくありません。 2級・1級受験にはテキストや対策講座も準備されていますので、不安な方はそれらを活用すればさらに合格は近くなります。 2級の講座では、学科に関してはテキストを中心に過去の出題傾向を踏まえたポイント解説が行われ、実技では準備されたテーマに合わせたロールプレイングによる実技指導が行われます。 2級合格対策講座の受講生の平均合格率は訪問型セールス100%、テレセールス100% 再受験含む 、フォローアップセールス96%となっています。 訪問型セールス73. 2%、テレセールス 69. しかし、実際 の「営業力」と は、非常に多様な概念で、あらゆる力の総合力だと考えられます。 そこで、セールススキル検定は特定のセールス理論や個人のセールス哲学によらない、必要最小限の7つの力量・セールスコンピテンシーを測定し、スコア化、そして認定を行う試験になっていますので、自分の営業力を知りたい人や営業力の向上を目指す方におすすめの検定試験と言えます。 スポンサーリンク この検定試験は、級ごとに求められる人材像があり、3級はセールスを遂行するために必要な基礎的な知識を有すること、2級は各セールスタイプにおいて 「全体の8割を売り上げる2割の人材」に該当する実力を有すること、1級は全てのセールスコンピテンシーを習得し、もっとも難易度の高いコンサルティング セールスで高業績を上げる実力を有することと表現されています。 受験対策としては、協会刊行の受験対策テキストがあるので、そのテキストを使って独学で学ぶこともできます。 検定試験対応テキストを中心とした学習のほか、協会の試験対策セミナーも開催されているので、それらのセールストレーニングなどを利用した学習も効果があると思います。 詳細はホームページにて情報を公開しています。 この検定に合格することで、1人のセールスマンとしての実力を証明することができ、就職・転職などでも大きな武器となるでしょう。 その他、この検定は、ビジネスにおける営業力の評価基準、及び能力開発などにもに活用されています。 営業は専門職なので、体当たりの努力も必要ですが、体系だった基礎理論をきっちり学んで自分の仕事の裾野をもっと広げておくことも必要です。 そういう意味からも今後、注目度が増してくる資格だと思います。 過去問 - 教材 売れ筋教材 - 問い合わせ先 特定非営利活動法人 セールスコーチング協会 〒141-0031東京都品川区西五反田7-23-11-1104 03-5759-4077.

次の