吉田未来 ディズニー。 吉田よしかさんが勧める絶対体験すべきスポット

吉田さんちのディズニー日記ブログとは?吉田さんの職業は社長

吉田未来 ディズニー

現在のYouTubeチャンネル登録者数68万人を突破し、 絶大な人気を誇っている朝倉未来chですが、 約1ヶ月前に新メンバーが加入したのをご存知ですか? それが吉田君です! 吉田君は、普段からサングラスをかけており、 素顔を明かしていませんがイケメンなのか? 気になったので調べてみました。 また プロフィールなども紹介します。 そんな吉田君について調べました! 吉田君は、2019年9月に朝倉未来chの新メンバーとして加入しました。 朝倉未来さんとは中学生の頃からの知り合いで、 朝倉未来さんの1個上の先輩だそうです。 朝倉未来さんは、吉田君のことを 中学生の頃から尊敬していたそうで、 動画内でもとても褒められています。 動画内でも、吉田君という呼び名で親しまれています。 ただ、下の名前については有力情報がないです。 年齢は動画内で、朝倉未来さんの 1つ上とおっしゃっていました。 朝倉未来さんが 1992年7月15日生まれの 27歳ですので、 吉田君は1個上の28歳ということがわかりますね。 動画内で、朝倉未来さんが 吉田君のことを中学校の先輩と語っています。 調べてみると、朝倉未来さんは 愛知県豊橋市立高豊中学校に通われていたそうです。 ですので、吉田君の出身中学校も 愛知県豊橋市立高豊中学校ということが分かりますね。 ただ、出身高校の名前は明かされていませんでした。 出身高校に関する情報も本人は何も語っていませんので、 もしかしたら高校に通っていなかった可能性もあるのでは?と思いました。 では、YouTubeを始める前は どんなお仕事をしてたのか気になりますよね。 調査したところ、元漁師ということが分かりました! とある動画で「吉田君は、 こうみえて元漁師です」と話している部分があります。

次の

吉田さんちのディズニー日記ブログとは?吉田さんの職業は社長

吉田未来 ディズニー

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。 ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーに関する数々の貴重な資料を展示する「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」が、4月11日~5月14日に大阪・大丸梅田店15階の大丸ミュージアムで開催後、全国巡回することが決定しました。 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」 この開幕に先駆けて、2月10日~2月13日に東京ディズニーリゾートで開催された究極のディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2018」のプログラム「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」では、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーに関する様々な史料を収集および管理している「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」より、貴重なアイテム約420点が日本に上陸しました。 ベッキー・クライン氏から直々に展覧会の見どころを伺いました 90周年を迎えるミッキーマウス、ディズニーと日本の関わり、そしてウォルトのオフィス、日本初公開のグッズなど多彩な展示は圧巻でした。 今回は、メディア向けにナビゲートを務めてくださった、ウォルト・ディズニー・アーカイブスのディレクターであるベッキー・クライン氏の貴重な解説とともにレポートします。 世界初公開のスクラップブックは必見 ゲストが最初に訪れるのは「ミッキーマウス」をテーマにしたフロア。 そこではミッキーマウスに関連する貴重なアイテムが多数展示されています。 1929年に発売された子ども向けのメモ帳は、ミッキーマウスのマーチャンダイズとして最初に発売されたもの。 本物は状態維持のため、今回はリプロダクション 復刻版 の展示ですが、貴重なデザインは一見の価値アリです。 ミッキーマウスをテーマにしたフロアの展示• 1929年発売のメモ帳や、1933年に造られたアンティークの腕時計など貴重な資料が沢山 ベッキー氏が「ウォルトの歴史の象徴として、今回一番見ていただきたい」と太鼓判を押す展示は、世界初公開となるミッキーマウスのテレビシリーズ「ディズニーランド」で実際に使用されたスクラップブック。 世界初公開のスクラップブックの展示 「いつだって忘れないでほしい。 すべては1匹のねずみから始まったということを」というウォルトの名言とともに展示されたスクラップブックは、数年前にウォルト・ディズニー・アーカイブスが個人のディズニーコレクターから買い戻したものとのことでした。 ウォルトが手にしているスクラップブックがまさに目の前に! アーカイブスのアニメーターズデスク アニメーターが原画を描くためのデスク を再現したコーナーでは、ディズニーアニメーション「ファンタジア」をテーマに掲げ、ポスターなども展示されています。 アーカイブスの入口ではウォルトがお出迎えしてくれるような演出が あの映画の衣装や小道具が目の前に! 会場の写真撮影可能エリアでは、大ヒットした実写映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズをはじめ、『美女と野獣』や『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズなど多彩な映画作品で使用された衣装、小道具、セットの再現などが楽しめます。 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ• 『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズ• 『美女と野獣』• 『ジャングル・ブック』• 『プリティーウーマン』『シンデレラ』など• 『トロン』『トゥモローランド』など 「ヒッチハハイキングゴースト」はアトラクションのリノベーションを行った際、ウォルト・ディズニー・ワールドから譲り受けたものとのこと。 こんなに至近距離で見られるのは本当に貴重です! ウォルト・ディズニー・ワールドの「ホーンテッドマンション」で実際に使われていた「ヒッチハイキングゴースト」も展示 トム・ハンクスがウォルト・ディズニーを演じたことでも知られる『ウォルト・ディズニーの約束』に関する展示では、ウォルト・ディズニーとトム・ハンクスの肖像画、『メリー・ポピンズ』のプレミア招待状、パークチケットの小道具、映画の台本などが展示されています。 また、ウォルトのオフィスを再現したエリアでは、日本の歌舞伎に関する蔵書なども確認できますのでチェックしてみてください。 ウォルト・ディズニーとトム・ハンクスの肖像画• 「ウォルトとトムの肖像画を一緒に飾れるのは嬉しい」と笑顔を見せるベッキー氏• 『メリー・ポピンズ』の制作秘話を描いた実写映画『ウォルト・ディズニーの約束』で使用されたセット ディズニーを支えたレジェンドたち さらに今回の展示では、ディズニー社に多大な貢献を残した人物を表彰した「ディズニー・レジェンド」の紹介も。 名を連ねる200人以上のレジェンドの中には、高橋政知氏、加賀見俊夫氏などそうそうたるビッグネームが並びます• ディズニースタジオの広場に埋め込まれている「ディズニー・レジェンド」受賞者の手形もパネルで再現 日本での開催にちなみ、「ディズニーと日本」をテーマに、各著名人たちのコレクションなども展示されています。 「私とディズニー」をテーマに、著名人たちのディズニー・コレクションが展示されているゾーンも見どころ• 手塚治虫氏のコレクションも展示 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」は、全国巡回の第1弾として4月11日~5月14日の34日間、大阪・大丸梅田店15階大丸ミュージアムにて開催。 その後の開催情報は後日発表される予定です。 ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年、ウォルト・ディズニー・カンパニー95周年の記念すべきアニバーサリーイヤーに開催される本展覧会は、ディズニーの長き歴史を貴重な資料でじっくりと辿れるチャンス。 ディズニーファンならずとも、この特別な機会をぜひお見逃しなく! C Disney.

次の

吉田 よしか

吉田未来 ディズニー

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2012年7月) 本来の表記は「 𠮷田理保子」です。 この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 よしだ りほこ 吉田 理保子 プロフィール 本名 𠮷田 理保子(読みは同じ) 性別 出生地 ・ 生年月日 1949-01-24 (71歳) 血液型 身長 160cm 職業 、 活動 活動期間 - デビュー作 『』(アニメ) 『』(吹き替え) : 吉田 理保子(よしだ りほこ、 - )は、の女性、元。 現在は株式会社にキャスティング・コーディネーターとして在籍。 、、を経て、に所属していた。 来歴・人物 [ ] 出身で、4人兄妹の長女。 知り合いにテレビ局のプロデューサーがいたことがきっかけで、に所属。 20歳ごろに、の番組『』に顔出しでレギュラー出演をする。 だが、本人曰く「太ってきちゃって(笑)。 そのままいけば結婚するシーンもさせてあげるという役だったのに、その話もなくなっちゃうくらい」「こんなに太っちゃったら映像はもう無理じゃない?」となり、の人物の紹介で声優活動を開始する。 アニメのデビュー作は『』。 末期からにかけて活躍。 『』のクララなど当初は少女役が多かったが、に『』で大人の女性であるモンスリー、翌には『』でを演じ芸域を広げた。 主役級の代表作に、『』の神崎メグ、『』麻衣マチコなどがある。 洋画吹き替えでは、『』のや『』の、『』のなど芯の強い女性キャラクターを数多く演じた。 1月に声優業の第一線から引退する。 理由については後に、洋画でいい役や面白い役を当時立て続けに担当できたことや、現場で共演者の芝居を観て「もっとこうすれば良くなるのに…」と感じるようになりマネージャーに向いているかもしれないと考えたこと、それまでに様々な役を演じ「やりきった」という気持ちが大きかったことを挙げている。 引退後はマネージャー職を経て、キャスティング・コーディネーター、声優講師などの活動に主に携わっている。 声優業については過去に演じた役など特殊なオファーが入った場合を除き、基本的にしない方針を採っている。 よりが独立して設立したに移籍し、野沢のマネージャーを務めていた。 4月30日、オフィス野沢廃業と共に野沢のもとを離れ、のマネージャーを務めていたが、2月23日、メディアフォースの破産 に伴い、同年3月より株式会社にて所属声優のキャスティングに関わる業務を行っている。 エピソード [ ] 特技は、。 『』のクララについて、後に「ああいう役はめったに出会えなかった」「特別な役」であると共に、一番苦労した役だったと述べている。 収録時に画がなく、何をやってるのか分からなくなるくらいダメ出しが多かったため、いつも「早くハイジは山に帰れ!」と思っていたといい、クララがハイジに再会した辺りから「やっと吹っ切れた」という。 また、演技ができず悔し泣きをした経験もあり、「今は、そういう経験をしたから良かったんだと思いますけど」と語っている。 『』で神崎メグについては、クララとは対照的に男勝りで活発なため「本当に伸び伸びと地のままで演じさせていただいた感じでしたね」と語り、童心に戻れたように楽しく演じられた大好きな役だったという。 メグを演じていた頃、当時の所属事務所にファンレターが来た。 小学校5年生の少年からのもので、野球のユニフォーム姿などプライベート写真が同封されていた。 明らかに吉田を異性として意識していたものであり、メグを演じる吉田のことをメグと同じ中学2年生くらいのお姉さんだと思い込んでいた様子だったという。 後任 [ ] 吉田の引退後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。 テレビアニメ [ ] 1971年• (村人)• (矢部千代子) 1972年• (クラゲ)• (母親)• (マヤ)• (山田花子)• (お手伝いのルミ、ローレライ)• (リーサ) 1973年• (ユキコ、シロー)• (牧村夫人)• ど根性ガエル(天地ルミ)• (竹下光子)• (マヤ)• (ミリー)• ( 番場ユキ)• ( 夏子 )• (ジャマ子)• (そよ風のおねえさん、うずらの子供) 1974年• ( 早乙女ミチル )• ( クララ・ゼーゼマン、村人)• ( ピーコちゃん)• (カオリ、戦闘獣ヘレナ、森山優子)• (動物園の男の婚約者)• ( 神崎メグ )• (オトシブミのママ) 1975年• ( 早乙女ミチル )• ( 卯月美和)• (築山殿)• ( グレース・マリア・フリード、小川みゆき、白川カオリ、コマンダーマリーネ)• (岬百合香)• (アンジェリカ) 1976年• (ロシータ)• (植木田ミト)• (山中さゆり)• (カーレン)• (ヒロミ)• (虹の精)• ( 西音寺さくら)• ( 花月舞〈パイロット版〉、幼少時の北条琴江) 1977年• ( 一条明日香 )• ( 香取梨恵 )• (京子)• (〈少年時代〉、)• (志岐玲子)• (ティターニア、ラン)• ( 霧野リサ ) 1978年• (エメラーダ)• (ヌララ)• (ローラ)• (宝力冴子)• (リリー )• ( 北小路環、おひきずりさん)• (マルガレータ)• ( 小森チックル)• ( モンスリー )• (コマンダー・リーサー) 1979年• (フローラ・ジェーン)• (三幌洋子)• ( オルジェ)• (ジョン)• (ライザ、キャロル)• (、ペテル少年、スクナーA. (女帝)• ( ロゼ )• (鬼の奥さん)• ( )• (マーガレット、ウィルヘルム・ブリリア) 1980年• ( ミナコ・マルチーノ、ジーラ)• (ファラ)• (チーコ、ヘレン・ワトソン)• (キャシー、リリィ)• (ダンフィンの姉〈下の姉〉)• ( マドーラ)• ルパン三世 TV第2シリーズ (クラウディア) 1981年• ( )• (科子)• (メフィスト)• (フラック)• (ラン)• ( 麻衣マチ子) 1982年• (キャローン・キャル)• (マリンチェ)• ( 加納麻紀)• (徳川先生、プッピー)• ( ケイト・ポップル 、 ナレーション)• (サバの王女・シルビア)• (マリー) 1983年• (マリー・モレル)• (ジャコバ・アオン)• (ミンタ)• (ティナ・ヘンダーソン)• (恵子) 1984年• ( アレレ)• (半平太のママ、ドロシー・スカイラーク)• チッチとサリー初恋の四季(トンコ)• (ハンナ)• (エルミー) 1985年• (宇留冴〈2代目〉、固岩鉄子)• (夏木佳代 )• (ブレスレッド夫人) 1986年• (コウノトリ)• (デラ・ウェザビー)• (石崎監督)• (ダミア) 1987年• (戸坂の母)• (たばこ屋のおばさん)• (エンジェル・ハート) 1988年• (サラ)• ( メガ) 1989年• (女王)• (1989年 - 1990年、先生、田原、テルコ)• (ミボリン)• (高尾)• (マーサ)• (内木陽子) 1990年• (ケシゴム先生〈初代〉)• (コスモス)• (フトメン)• (ジュリアの母) 1991年• 美味しんぼ(二木輝子)• (マリ子の母)• ( マジョリーヌ)• (千歳のママ)• (聖月里美)• (リゲルの母)• (ルイーゼロッテ・ケルナー) 1992年• (坂本伊予)• (キャベツ)• ( みらい) 1993年• ( レイ、 シル・カシム・シル、雪深き冬に生まれ白き破滅を超越する強き娘)• それいけ! アンパンマン(キュウリのモミモミさん〈初代〉) 1994年• (アガサ・ジョーンズ) 1995年• (ジュラ)• (志乃)• (白雪姫子の継母)• (占い師、 ハレルヤ、ヤッコ太夫)• それいけ! アンパンマン(シチューおばさん〈初代〉)• (海賊の頭、王妃) 1996年• (白粉婆)• それいけ! アンパンマン(そらまめおばさん〈初代〉、ドロロンくん〈初代〉)• (カブリーヌ母)• (メリッサ・キャラクロー)• (芦屋暎子) 1997年• (多岐川かほる)• (パイ )• (アイリーン) 劇場アニメ [ ] 1975年• (スオミの姫)• (早乙女ミチル)• (早乙女ミチル) 1976年• (早乙女ミチル) 1977年• ( 霧野リサ) 1978年• 惑星ロボ ダンガードA 宇宙大海戦( 霧野リサ) 1979年• ( モンスリー ) 1980年• (美香) 1981年• (フラック) 1983年• ( クラマ) 1984年• (トエト、少女)• 未来少年コナン 巨大機ギガントの復活( モンスリー ) 1985年• Gu-Guガンモ(半平太のママ)• (ザクスカヤ) 1986年• (クンドリー) 1988年• (母さん) 1989年• (キャシー)• ( スーザン・ランド)• (ミン)• (氷の女王) 1990年• (ジャンヌ) 1992年• () 1995年• (バディヤーヌ) 1996年• (佐伯涼子) OVA [ ] 1986年• (ソズ) 1989年• (リアンの母) 1990年• (ゴーレム) 1991年• (の妻)• (鳥羽冴子) 1993年• (ウェザビー市長) 1994年• (アップロード) 1997年• (ジョセフィーヌ) ゲーム [ ] 1991年• (皇母、キリアン)• (レビユ・アメジスト) 1992年• (パンサー=ゾラ) 吹き替え [ ] 女優 [ ]• ( ジャニス:ケイト・チャールソン)• 愛に翼を(サリー・パイク:)• ( ローラ・マルティネス:)• ( クレア:)• お葬式だよ全員集合! (テリー・スカンラン:)• (ケイト・コルヴァッチ:)• キャプテン・キッドの宝島(バードウッド:シーラ・マッカーシー)• クリス:• (マリー)• (マルゴ)• (ダイアナ:)• (ローリ・ライミュラー:)• (マリー:ダニエラ・イグリオッツィ)• (アリシア・クラーク:)• (ルナ: ミランダ・ギャリソン)• (メアリーアン・シンプソン)• 過ぎゆく夏(モリー:)• (イソベル:)• BD収録)• 0&特別編 日本語吹替完全版 &特別編アルティメット・エディション収録)• (キャロル)• ダンス・フィーバー(キム)• (ボルトン夫人)• ( イングリット:)• (ジョバンナ:メルセデス・アロンゾ)• (ヴィクトリア・スネリング:)• (アンナ・ミラー:)• (ダイヤモンドバック:)• ( :)• ( ルシル・フレイ:)• (エレイン:ロザンナ・デ・ソート)• (ジェニファー:)• ( 謎の女:)• (ウェンディ:)• ベイビー、ウォンテッド! (メグ:)• (トランチブル校長:)• ( ピーナ:)• (ニンフ皇后:)• (バー・ジェイ:メグ・ラム)• (バーバラ・ヒュークス)• (シスター)• (ジーナ・ブリガンティ:)• (ジリアン:)• (サリー・ホワイト:)• (マジェンダ) 海外ドラマ [ ]• ( ケート・タナー:)• 3(アンバー・バロン)• シーズン1 3(イサドラ)• シーズン2 6(アンジェリカ・デルモント)• (シルヴィア・ハドソン:アン・ブルーム)• ( クリス・キャグニー:。 TVシリーズ(ルーパス)• 刑事コロンボ 5時30分の目撃者(ブレンダ:グローリー・カウフマン)• 刑事コロンボ 魔術師の幻想(デラ・サンティーニ:シンシア・サイクス)• 刑事コロンボ 殺しの序曲(ウェイトレス:、受付嬢:ミッツィ・ロジャース)• 新・刑事コロンボ マリブビーチ殺人事件(マーサ・ロッカ夫人:サンドラ・カリー)• シーズン1 11(ローラ・ブレナー)• (キャシー・クレス:)• (暗殺者・コヨーテ・コイリーデール)• (リディア)• TVシリーズ(オコンネル女史) 海外アニメ [ ]• (バクラ女王)• ( ストーム)• ( グラミー)• (グランマ、マーシー)• (スカム)• (モナ・シンプソン〈初代〉、ルシール・ボッツコウスキー、ラジオDJ)• (シュローダー)• (パイソナ)• ( チャーリー)• (メデューサ)• (ブリテンハウス)• (クリスティン・チャペル) 特撮 [ ]• (ダルニアの声)• (ルナの声) テレビドラマ [ ]• 大東京四谷怪談(お岩の声) ラジオ [ ]• (初代パーソナリティ) CD [ ]• (アナログ45回転)- アニメトピア主題歌でとのデュエット• (宿屋のおかみ)• (ゴーレム)• (ゴーレム)• (鬼塚不二子)• ドラマCD vol. 1(魔女モフェウス) 人形劇 [ ]• (ブラディーマリー)• (ツムちゃん〈初代〉、ヒポ先生〈初代〉)• (ノンちゃんのお母さん)• (ピコピコ、マイヨー 他)• (かえで、桔梗)• (千鶴) 舞台 [ ]• 吹替の帝王. 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. 2020年6月27日閲覧。 リアルライブ 2013年12月26日. 2020年6月12日閲覧。 、東京商工リサーチ、2014年2月25日• 『』1981年2月号「声優インタビュー 第22回 吉田理保子」。 吉田の引退前もテレビ朝日版の吹き替えで担当していた。 吉田が担当する以前にのテレビ朝日版で吹き替えを担当しており、実質復帰とも言える。 声優グランプリweb. 2017年5月17日閲覧。 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。 エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月14日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 外部リンク [ ]• momolove63 - この項目は、(を含む)に関連した です。

次の