膝 に 水 が たまる 理由。 整形外科医が言わない~膝に水が溜まる本当の原因とは~

膝に痛みがある人こそウォーキングをやるべき理由

膝 に 水 が たまる 理由

膝に水がたまるのは何故?症状は? なぜ膝に水がたまるのか、まずは膝関節の仕組みを理解しましょう。 膝関節は太ももの骨 大腿骨 とスネの骨 脛骨 の間にあります。 大腿骨と脛骨が直接ぶつからないようにその間に関節軟骨があります。 この関節軟骨は クッションの役割をしてくれていています。 その周りは関節液という液体に満たされていてこの関節液が漏れないよう関節包、滑膜という組織が関節を覆っています。 内側にある 関節液は無色透明で粘り気があり、関節をスムーズに動かすためにはなくてはならない液体です。 また、関節に栄養を送る働きもしており、この関節液は関節液を覆っている滑膜という組織によって作られています。 普段は滑膜が古い関節液を吸収したり新しく作ったりして一定量に保たれていますが滑膜組織に炎症が起こるとこのバランスが崩れてしまいます。 そして関節液が過剰に分泌され、膝に無色透明なはずの関節液が濁り、過剰にたまってしまうのです。 膝に水がたまることで起こる病気 膝に水がたまるのは膝で炎症が起きているからです。 炎症は主に、以下の8つの症状から引き起こされます。 ・変形性膝関節症関節リウマチ ・化膿性関節炎 ・膝蓋前滑液包炎 ・滑膜骨軟骨腫症 ・離断性骨軟骨炎 ・結核性関節炎 ・偽痛風 それでは順番にどのような病気や症状なのか見ていきましょう。 変形性関節症 変形性関節症とはなにか? まず、大腿骨と脛骨の間には 関節軟骨という軟骨があります。 この軟骨は骨同士が直接ぶつかって痛みが出ないようにクッションの役割をしてくれています。 しかし、この関節軟骨は 加齢と共にすり減ってしまい、次第に痛みが出てきます。 また、原因は加齢だけではなく肥満気味で体重の重い方は すり減る速度が速くなります。 初期の状態では階段の上り下りや正座をすると膝に痛みや腫れが出てきて、ある程度症状が進行すると関節部分が変形していき、関節部分を曲げられなくなり歩けなくなってしまいます。 関節で炎症が起きているので痛みが出てきて次第に水がたまると腫れの症状として出てくるのです。 関節リウマチ 関節リウマチの特徴はいわゆる「 自己免疫疾患」であることです。 分かりやすく説明しますと、私たちの体にはウイルスや細菌が体内に侵入したら攻撃する機能があり、これを免疫機能と呼びます。 この免疫機能が何らかの原因で誤作動を起こして自分の体を攻撃してしまうことで炎症が起こります。 この炎症が自己免疫疾患なのです。 関節リウマチは高齢者に多いと思われがちですが実は30代から増え、50代が発症のピークです。 決して高齢者の病気というわけではないのです。 男女比は 1:4と女性に多いので30代の女性の方は注意しましょう。 症状は朝方に手足の関節に腫れや痛み、こわばりが出てきますので、もし女性の方で同じような症状が出ているのなら一度整形外科に行って相談してみて下さい。 化膿性関節炎 化膿性関節炎は関節内に細菌が入ることで関節内が化膿してしまい関節軟骨が破壊され、放っておくと 骨まで破壊されてしまう怖い病気です。 治療が遅れると正常に関節が動かせなくなったりする可能性がありますので緊急性を要する病気と言えます。 主な感染経路は3つあります。 扁桃腺などに侵入した細菌が血液に乗って関節内に届く• 関節の近くで骨髄炎が起こり、そこから感染する• 関節の近くでケガをして、傷口から細菌が入って感染する 症状は関節の痛み、腫れはもちろんですが他にも 発熱や食欲不振、身体がだるいなど全身に症状が現れます。 化膿性関節炎を放っておくと関節包、滑膜が伸びきって脱臼したり患部から膿が出てきます。 最初にも言いましたが、治療が遅れると関節が変形したり動きに障害が残る可能性がありますのでもし思い当たるものがあればすぐに病院へ行き診てもらいましょう。 膝蓋前滑液包炎 膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)とは膝蓋骨の上にある滑液包が炎症を起こすことで痛みが生じる病気です。 膝蓋骨はわかりやすく言えば 膝のお皿です。 主な原因は、転んだ時に膝を打ったりスポーツ中の事故などの外傷です。 膝を伸ばした状態で膝の前部が腫れていて熱を持っていたらこの病気の可能性が高いです。 腫れは滑液包内に水が溜まっている場合が多いですが、 内出血によって腫れているケースもあります。 安静にしていれば数週間で完治しますが、水や血が過剰に溜まっている場合は病院で抜いてもらうなどの処置が必要になります。 予防としては、膝に負担をかけないことが前提となるためスポーツや重労働をする場合は膝にサポーターやテーピングをするなどの対処をしましょう。 しかし、半月板損傷をしてるケースも考えられますので、痛みを感じたら必ず病院で診てもらうようにして下さい。 また、太りすぎも膝に負担をかける原因となりますので、注意が必要です。 滑膜骨軟骨腫症 滑膜骨軟骨腫症は関節を包んでいる滑膜に腫瘍が出来る病気です。 滑膜にできた腫瘍は次第に多くなり軟骨や骨に変化します。 この軟骨や骨に変化した腫瘍が滑膜から剥がれ落ちて関節内を動き回ります。 この剥がれ落ちた 欠片が関節内の細胞を傷つけたり、関節に挟まると動きを止めたりして痛みが生じます。 細胞が傷つけられると水が溜まったりしますので、腫れて痛い場合は病院へ行きましょう。 治す方法は手術によって腫瘍や剥がれ落ちた欠片を取り除きます。 欠片を取り除けばすぐに元通りに動くようになり痛みもなくなります。 離断性骨軟骨炎 離断性骨軟骨炎は先程紹介した滑膜骨軟骨腫症と似ており、腫瘍はできませんが元からあった骨や軟骨が損傷などの原因で剥がれ落ちて関節内を傷つけます。 成長期の子供に多く、男女比は2:1と男の子に多い病気です。 初期症状では運動後膝に違和感や鈍痛を感じる場合が多く、初期の段階では軟骨が傷ついていてこのような症状が現れます。 この症状を放置するとダメージを受けている軟骨や骨が剥がれ落ちて異物となり滑膜動き回り、関節を傷つけたり関節に挟まると関節が動かしにくく、放置すると水が溜まり腫れが出てきます。 滑膜骨軟骨腫症と同じように 手術で剥がれ落ちた欠片を取り除くしかありません。 なので膝に違和感を感じたら悪化する前にすぐに病院へ行きましょう。 結核性関節炎 結核性関節炎とは結核菌が血管を通り膝の関節に侵入して炎症を起こす病気です。 結核と言えば肺結核が有名ですが、結核菌は生命力が強く、過去に肺結核を患ったときの結核菌が体内に潜伏していて免疫が弱まったときに悪さをする場合があります。 過去に肺結核を患った人は特に注意が必要です。 初期症状は関節炎特有の腫れや痛みが出てきます。 症状が進行すると軟骨や骨が破壊され、関節の変形や剥がれ落ちた欠片が関節内を傷つけます。 さらに、症状が末期になると溜まりすぎた膿が皮膚を突き破って出てきたり、膝関節が変形して後遺症が残ります。 もし過去に結核になったことがある方は細菌検査など詳しい検査が必要になりますので専門医を受診しましょう。 偽痛風 偽痛風は 症状が痛風に似ているためこのような名前になりました。 しかし、痛風の痛みの原因は尿酸結晶によるものですが、偽痛風の場合はピロリン酸カルシウムの結晶が原因なので、痛風との関連性はありません。 ピロリン酸カルシウムの結晶が関節内にたまり、関節や関節周辺が赤く腫れて動かせないほど痛くなります。 痛風は男性に多く発症しますが偽痛風の場合は 女性に多いと言われています。 ピロリン酸カルシウムの結晶はどうして出来るか解明されていませんので対策はできません。 まとめ いかがでしたか? 今回は、何故、膝に水が溜まるのか?原因と症状について紹介してきました。 このように膝に水が溜まる原因は様々です。 一見して同じ症状のように見えても実は全く違う病気だったりします。 なので主体的な情報で判断はせず、必ず 専門医を受診し自分がどのような病気なのか診断してもらいましょう。 早期発見をして病気に合った薬を飲んだり手術をしたりすれば必ず短い期間での完治、改善につながりますので、 痛みを我慢せずに治療をするようにして下さい。 もし重症化して水が溜まっている場合でも、細菌が入って悪化する可能性があるので、自分で水を抜くようなことは避け、必ず整形外科で専用の注射器などで抜いてもらうようにしましょう。 また、健康でいるために日ごろから筋力トレーニングをしたり運動をして筋肉を鍛えたりすることも重要です。

次の

整形外科医が言わない~膝に水が溜まる本当の原因とは~

膝 に 水 が たまる 理由

「動くと膝が痛い…今日も病院に行って注射で水を抜いてもらおう」と、膝が痛い時に毎回の様に膝の水を抜いてもらっていませんか? ずっと前から現在に至るまで膝の悩みと闘っていて、膝の痛みで何をするにもおっくうになっているかたって多いんですね。 そもそも、膝に水がたまる原因や、膝が痛い時に溜まってくる水の正体はご存じですか? 膝に痛みがある方の多くは1度くらい膝の水を抜いた経験があるのではないでしょうか。 注射で水を抜かれた際に、結構な量の水が抜けていて驚く方も多いみたいです。 この膝の水って一体何者か気になりませんか? 今回は「膝にたまる水の正体」「膝に水がたまった時の良い対処法とやってはいけない対処法」についてお伝えしていきます。 このページを最後まで読むことで ・なぜ膝に水がたまるのか? ・そもそもの水と呼ばれるものの正体は何なのか? ・膝に水がたまったらどう対処すれば良いのか? ・やってはいけない注意点は何か? が理解できますのでぜひ最後までお読みください。 今回ご紹介する内容は、実際に膝痛治療のプロが現場で患者さんにお伝えしている内容であり、膝に水がたまった方が病院に行って陥りやすい事例なので読んで損はありませんので、今のあなたの現状と照らし合わせてくださいね。 膝に水がたまる「水」とは一体なに? まず、膝の内部に溜まっている水の正体ですが、医学的な正式名称では「関節液」と呼ばれる液体の事を指します。 膝だけではないのですが、身体の関節と呼ばれる周りには「滑液包 かつえきほう 」と呼ばれる関節の水を作る場所があります。 その滑液包が膝関節の周りには8~12か所ほど存在すると呼ばれており、そこから過剰に関節液が作られます。 膝に痛みが出た際に、膝の上のほうがぽっこりふくれてしまった場合、この関節液が大量に膝の関節に発生している事になります。 膝に水がたまると膝の上がブヨブヨする! 現在あなたの膝のお皿の上辺りはブヨブヨしていませんか? 膝に水がたまる状態は、滑液包に過剰に関節液がつくられる状態ですので膝の周りがブヨブヨとしてきます。 むくみとは違いますし、まさに水がたまっているような感覚です。 この状態でしゃがんだり、膝を曲げる動作をすると膝上の太もも周りに突っ張る感じの違和感を感じてしまいます。 膝関節の中に存在する「関節液」とはなにか? 「関節液」とは関節を包んでいる関節包の内部に存在している液体です。 主な働きは以下に挙げる役割です。 関節の動きをスムーズにする潤滑剤の様な働き• 骨の先端の軟骨部分に栄養を与える働き 関節液は通常時では約2~3ccの量となっておりますが、何らかの原因で関節内に炎症が発生して、この関節液が大量に発生する事によって膝に水がたまる症状が発症する事になるのです。 統計的データから、ある程度は膝に炎症を起こす法則性については既に確認されており、その治療方法も確立しつつあります。 なぜ膝に水がたまるのか? 膝の水については理解できたと思いますが、それではなぜ膝に水がたまるのでしょうか? それには複数理由がありますが、以下に挙げる三つが主な原因になります。 捻挫などのケガによる膝関節内の炎症• 膝の曲げ伸ばしの繰り返しによる悪化• 歩行や繰り返しの動作による筋肉の使い過ぎ 上記に記載したものが原因の95%を占めます。 捻挫などのケガによる膝関節内の炎症は、何かの動作をする瞬間や、膝を思いっきり捻ってしまった際に膝関節を痛めて炎症を起こしてしまいます。 膝の曲げ伸ばしの繰り返しによる悪化は、仕事や趣味で何度もしゃがんだり立ったりを繰り返す場合に、膝関節に負担がかかって炎症が起こってしまいます。 歩行や繰り返しの動作による筋肉の使い過ぎは、長時間の歩行や、何度も同じ動作をしていた場合に筋肉に負担がかかり過ぎて膝を痛めてしまうもの。 このように人によって膝の痛みの原因は異なります。 この原因を明確にすることで膝に水がたまり、ずっと治らずに悩み続けなければいけないと言う負のループから解放されるんです。 そのために、膝だけでなく全体のバランスから膝の痛みの原因を探ることが必要になります。 膝に水がたまった時の良い対処法 ここまで、膝に水がたまる原因は理解できたと思いますが、どうやって対処すればよいのかをお伝えしていきます。 膝に水がたまった時の対処法は良い対処法ばかりでなく、 実は悪化させてしまっている対処法を知らず知らずのうちに行なっていることがありますので、決して間違った対処法をしないように覚えておきましょう。 対処法その1、アイシングで膝の炎症を抑える 膝に水がたまる状態というのは、膝関節内に炎症を起こしている状態がほとんどです。 炎症を起こしている場合は熱っぽくなっている状態のため、アイシングで膝の炎症を抑えることが重要になります。 できれば冷凍しても柔らかい状態を保つジェル状のものにしましょう。 アイシングは膝の関節を覆うように10分~20分間冷やします。 再度アイシングをする場合は最低でも3時間以上は時間をあけましょう。 決して長時間冷やしすぎたり、何度も時間を空けずに冷やすのは逆に回復力の低下につながるので注意しましょう。 アイシングは適正な時間を行なえば良い対処法となります。 対処法その2、病院で注射を打つ よく整形外科や病院に行くと選択される治療法は注射で「水を抜く」ことです。 注射を打つこと自体は悪い行為ではなく、水を抜くことで膝にかかる圧迫力が減少するため痛みは減ります。 この水を抜く対処法ですが、「膝の水を抜くと癖になる」って噂を聞いたことがあると思いますが 実際は違います。 膝関節内に炎症が発生することで水をつくってしまってしまいますが、水を作る根本原因である炎症を抑えずに、水だけを注射で減らすために、根本原因は解決していないので炎症が残ってしまい、身体は良かれと思い繰り返し水をつくり続けます。 もちろん膝に溜まった水を抜く治療はとても効果的であり、特に以下に挙げる状態であれば注射で水を抜くことで楽になります。 痛みが強い場合• 膝関節の曲げ伸ばしが全然できない場合• 歩くのもやっとな場合 上記の状態であれば症状が強いため、水を抜くことで一時的に症状が改善する可能性があります。 そもそも、関節液が大量に発生している症状になっている時点で、関節に何らかの障害が発生して炎症が強い状態であるのは間違いありません。 この関節液は関節液内に何らかの成分が発生する 血液なども 事から大量に分泌されるので、このような状態の場合は本来の潤滑液としての成分から、別の成分に変化している可能性が高いです。 そのような時は注射で膝の水を抜くだけでなく、サポーターで膝関節を圧迫して水を引かせるように促して悪化を防ぎましょう。 また、注射で水を抜いても、サポーターをしていても過度な運動や膝の曲げ伸ばしをすると膝は悪化してしまいますので根本原因である負担をかける習慣を避けるようにしましょう。 原因が明確になっていないといくら水を抜いても、症状を繰り返してしまいます。 「膝に炎症が起きているから腫れている!だから水を抜く」 ではなく 「膝に炎症が起きた原因は〇〇だから、そこをしっかり治していけばまた水がたまるのが防げるね」 この考えた方が現在の膝痛治療には足りていないと日々思っております・・ まとめますと、注射で水を抜く治療は、その後の生活に気をつければ良い対処法になります。 また、サポーターで圧迫することで、より早く膝にたまる水を改善することができます。 注意!膝に水がたまっている状態でやってはいけない対処法 膝に水がたまっている時に良かれと思って行なっている対処法の中には、実は悪化させてしまうこともあります。 ここでは、病院などで最も言われることが多く、しかし、実際は悪化させてしまう対処法についてご説明していきます。 筋力トレーニングをする よく病院や接骨院では「筋肉がなくなっているから筋力トレーニングをしなさい」と指導されることがありますが、 実際は筋力トレーニングをすると逆効果になることが多いんです。 膝関節に水がたまっている状態では、関節内で炎症を起こしているためトレーニングをすると必要以上に負荷がかかってしまいます。 そのため、良かれと思ったトレーニングで 逆に膝を悪化させてしまうことがあるので膝に水がたまっている状態でのトレーニングはやめましょう。 また、トレーニングまでいかなくても、ウォーキングなども膝への負担になるので水がたまった状態での運動は避けましょう。 膝に水がたまった状態での筋力トレーニングや運動は悪い対処法となりますので避けましょう。 ここまで、良い対処法と悪い対処法をお伝えしてきましたが、あなたの通っている医療機関はどんなことをされていますか? ・太ももの筋トレ ・運動不足だから歩きなさい ・水を抜くだけ ・薬や湿布のみ 実際に当院に来院されている膝に悩んでいる方の多くは、上記に記載した内容の治療やリハビリをしていても治らずに、どうしようもなくなって当院に来院されています。 あなたも同じような状況なら、早急に正しい対処法に変えなければなりませんね。 《動画内容》 0:00~2:12 膝について、膝に水がたまる原因について 2:13~ 膝の良い対処法・悪い対処法について 最後に 膝の痛みでお悩み方はたくさんいますが、実際に膝の痛みや水が溜まる原因を理解していなくて、ずっと苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。 野々市市のハレバランス整体院には膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます。 その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました ・膝の筋トレをしても痛みが良くならない ・もう手術するしかないと諦めていた ・整形外科で注射を打っているが3日で戻ってしまう ・運動不足が原因と言われ、毎朝痛みを我慢して歩いている 医療機関に受診した結果、上記のようなリハビリや治療を受けているのにもかかわらず「全く痛みが改善しない」これが今の現実です。 医者から言われたことを試しても治らずに 「この痛みは一生続くのか」と諦めている人がたくさんいるのです。 このままでいいわけがない この状況をどうにかしなければいけない。 その強い想いで私は技術・知識を磨き続けてきました。 現在【野々市市ハレバランス整体院】に通われている膝痛の方からは ・なんで筋トレしていないのに痛みがなくなるの!? ・自転車が乗れるようになりました ・ここにきて生活の幅が広がりました ・あんなにパンパンだった膝が今ではスッキリしています など嬉しい声をたくさんいただいています^^ あなたもこのページをお読みになって、 あ、私も当てはまるかも・・と少しでも思うようであれば、これをきっかけに膝の痛みから快方されませんか? 一人で悩まないでください。 「カラダのストレスのない生活・お仕事」へ必ず当院が導きます^^ ご気軽にご相談ください。

次の

膝(ひざ)に水がたまる病気、けが

膝 に 水 が たまる 理由

膝に水がたまると、膝全体がはれぼったく重苦しい感じになり、曲げ伸ばしが不自由になります。 後側の痛みが出ることが多いようです。 「水がたまっているから抜きましょう」とこちらが言うと、「水を一度抜くと癖になるんじゃないですか」とおっしゃる方がたまにいます。 実はこれは大きな誤解です。 今回は膝に水がたまる病気について話をしたいと思います。 骨と骨とが接しているところを関節と言います。 関節というのは動くところですから、動きをスムーズにするためにいろいろなしくみがあります。 骨そのものはゴツゴツしていますが、相方の骨と接触するところは軟骨という表面のすべすべした特殊な骨で覆われています。 ちなみに骨付きのから揚げをしつこく食べていくと軟骨の表面をみることが出来ますね。 関節全体は関節包といって、一つの袋に包まれています。 袋の内側は滑膜という字の如く柔らかくて滑りやすい膜で内張りされています。 内部は関節腔といい、そこにはとろみのある水が入っていて潤滑油と軟骨に栄養を供給する役目とをになっています。 この水を関節液といいます。 関節液は滑膜でつくられますが、潤滑油として必要最小限あればいいので、正常なら1〜2ミリリットルです。 膝は体重の負担の大きい場所なので、クッションとして衝撃を和らげるためゴムみたいなものが上下の骨の間に挟まっています。 これを上から見ると三日月みたいに見えるので、半月板といいます。 本物を見ると月というよりは、ホタテの足みたいです。 硬さはこりこりしていて、あわびそっくりです。 どうも今回は食べ物の方に脱線してしまいがちですね。 膝のだいたいのイメージがつかめたでしょうか。 さて、私たち整形外科医は、はれて水がたまった関節を診ると、そこに何らかの異常が発生した、と考えます。 大まかに言うと次の三つです。 関節に注射針を刺して水を抜く理由の一つは水の状態によって異常が推定できるからなのです。 お年寄りの場合、それほど大きな外傷でなくても内出血していることがあります。 おわかりいただけたでしょうか。 膝に水がたまるのは結果であって、何か原因があるからなのです。 水を取ったからたまりやすくなるのではなく、もともとの原因が良くなっていないから何度もたまるのです。 膝の注射は痛いですが(膝の注射じゃなくても痛いですが)、診断には非常に有用なのです。 もうひとつ水を抜く理由は治療の意味もあります。 細菌感染だと、放って置けば中でどんどん細菌が繁殖して、ますますはれて痛くなってきます。 もっともこの場合、もともとかなり痛いですから、患者さんは注射の痛みを気にする余裕もないようですが。 また水が大量にたまった状態のまま放置しておきますと、重苦しい感じが持続して、膝の動きが悪くなります。 正座が出来ない、左右の膝の伸びが違うなどといったことも起こります。 さらに、正常ではない関節液にはいろいろな物質が含まれていて、関節の軟骨そのものに悪影響を及ぼすことも考えられます。 ある地区で数十年にわたって住民の追跡調査をした研究があるのですが、膝に水がたまったことのある人はそうでない人より変形性関節症になる比率が高い、という結果が出ました。 このへんにも、原因と結果はかかわってきますが、異常に増えた関節液は膝に悪さをする「悪い水」とでも申せましょう。 悪い水はとっておくにこしたことはありません。 次回は、膝に水がたまる病気の一つ、変形性関節症の話です。 千田 直(水沢市・整形外科医師) 胆江日日新聞社より.

次の