かっこいい英語。 ネイティブがよく使う、かっこいい英語表現30選!

英語の「かっこいい」をいくつ知ってる?今日から使える39選!

かっこいい英語

Contents• かっこいい英語フレーズ【努力編】 ・Get over it. ・Hang in there. (諦めるな) 困難、試練、苦境にある人にピッタリのフレーズ。 「諦めるな」「くじけるな」「がんばれ」と応援のときにも使えます。 相手方を奮い立たせるように使う場合は、命令形で用いられます。 ビジネスや学業などが振るわなくなっている相手や、何らか障害が生じている相手を激励する時に言うと良いでしょう。 ・Have faith in yourself. ・You always pass failure on the way to success. (成功への道では、いつも失敗を通るものだ。 ) 「ティファニーで朝食を」や「ナイトミュージアム」にも出演したアメリカの俳優ミッキー・ルーニーの言葉です。 ・Growth is often a painful process. (成長とは、往々にして痛みを伴うプロセスである) アメリカの思想家・作家であるエルバート・ハバードの言葉。 得るバード・ハバードは他にも「人生における最大の失敗は、失敗を恐れ続けること」など多くの名言を残しています。 ・Patience is also a form of action. (忍耐もまた、行動の一つである) 「考える人」で有名なフランスの彫刻家ロダンが残した言葉です。 ・Failure is a detour, not a dead-end street. (失敗は遠回りであって、行き止まりではない。 ) アメリカの作家ジグ・ジグラーの言葉。 detourは遠回り、回り道、迂回路という意味の名詞です。 dead-endは、「行き止まりの」、「行き詰った」です。 dead-end streetで「袋小路」と訳されたりもします。 (成し遂げるまでは、いつも不可能に見えるものである) ノーベル平和賞も受賞したネルソン・マンデラの言葉です。 ネルソン・マンデラは、人種隔離政策(アパルトヘイト)との闘いに生涯をささげ、南アフリカ初の黒人大統領となった人物です。 ・In the middle of difficulty lies opportunity. (困難の中に、機会がある。 ) このopportunity(機会)は、好機、チャンスといった意味ですね。 相対性理論で有名な物理学者アルベルト・アインシュタインの言葉です。 ・imagination means nothing without doing. (行動なしでは、想像には意味がない) イギリスの俳優、喜劇王とも呼ばれるチャーリー・チャップリンの名言です。 かっこいい英語フレーズ【恋愛編】 ・Love you now and forever (生涯あなたを愛します) 今もこれからも永遠に、とストレートに気持ちを伝えるフレーズですね。 ・I will love you longer than forever. (永遠を超えてあなたを愛します) こちらも「生涯あなたを愛します」という意味ですが、longer than forever=「永遠より長く」と言うことで、ずっと愛するという事がより強調されていますね。 ・Just for you. (あなただけのために) justは、「ただ~だけ」というonlyの意味で使われています。 愛の籠った贈り物や言葉をプレゼントするときに使いたい表現です。 ・You take my breath away. 直訳すると「あなたは私の呼吸を取り除く」ですが、「息ができないくらい好き」という意味の英語らしいフレーズですね。 (あなたにすっかり夢中です。 ) spellは、魔法や呪文という意味です。 恋に落ちた状態を、魔法にかかった状態に喩えているおしゃれなフレーズです。 ・I fell in love with you at first sight (あなたに一目惚れしました。 ) at first sightは、「一見して、ひと目で」と訳されますが、loveと共に用いられた場合「一目惚れ」という意味になります。 ・You are the sunshine of my life. (あなたは私の人生の太陽。 ) スティービー・ワンダーの曲のタイトルで有名なフレーズです。 ラブソングの歌詞を読んでみると、恋愛の英語フレーズをたくさん知ることができますよ。 ・Only you can make me happy or cry. (私を幸せにできるのも泣かせられるのも、あなただけ。 ) 日本語では恥ずかしくて言えないけど、英語だとカッコよく聞こえるフレーズですね。 (もっと良い人を見つけるよ。 ) 恋愛で落ち込んでいる人や、傷ついてしまっている人を励ましたり慰めたりするときに使える表現です。 声を掛けるだけでなく、相手の話や悩みをじっくり聞いてあげることも大切ですね。 ・How beautiful you are. (あなたはなんて美しいのでしょう) ストレートに感情を表現するフレーズ。 ストレートさがかえってロマンチックに響きますが、口にする方も言われた方も照れてしまいそうです。 ・As long as there is one of us there is both of us. (私たちのうち、どちらかがいるところには、2人ともいるんだ。 ) アメリカの小説家ヘミングウェイの言葉です。 単に「いつも一緒です」と言わないところが素敵ですね。 ・It is impossible to love and to be wise. (恋をして、かつ賢くあることは不可能である。 ) イギリスの哲学者フランシス・ベーコンの言葉。 「恋は盲目」というやつですね。 (人生は、愛と芸術を求めるには短すぎる) 英国の小説家サマセット・モームの言葉になります。 かっこいい英語フレーズ【スポーツ編】 ・Fire it up! Blow them away! (立ち上がれ!やっつけろ!) スポーツの応援のときに使えるスラングです。 Fire upは、「火をつける」という訳ですが、そこから「立ち上がれ!」「負けるな!」のようなニュアンスになります。 また、Blow awayは「吹き飛ばす」という意味ですが、「やっつける」「打ち負かす」という意味もあります。 ・Take it easy. (落ち着いて) これもスポーツの応援のときに使えるフレーズです。 緊張する試合に臨む相手に掛けてあげたい一言。 スポーツだけでなく、試験や面接で緊張している相手にも使えますね。 また、苛立っている人や、がっかり意気消沈人に向かって「そこまでヘビーに考えないで」という感じにも使われます。 ・Wish me luck. (上手くいくように願っていて) 応援された側の返事としてかっこいい英語フレーズ。 スポーツだけでなく、何かに挑戦する場面で「幸運を願っていて」という意味で気軽に使えるフレーズなので、試してみて下さい。 ・Never mind. (気にしないで) 日本のスポーツの場面でよく聞かれる「ドンマイ」と同じです。 ・Never say never, because limits, like fears, are often just an illusion. (無理なんて絶対に言うな。 限界というのは往々にして、恐怖と同じように幻想にすぎないのだから。 ) 伝説的なバスケットボールプレイヤーのマイケル・ジョーダンの言葉です。 「バスケットボールの神」と呼ばれる人物の言葉は重みがありますね。 ・Step by step. (一歩ずつ。 これ以外に、何かを達成する方法はない。 ) こちらもマイケル・ジョーダンの言葉です。 野球のイチロー選手の名言「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」と通じるところがありますよね。 ・The man who has no imagination has no wings. (想像力の無いヤツには、翼もない) アメリカのプロボクサー、元・世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリの言葉です。 ボクサーとしての強さはもちろんのこと、人種差別との戦いに象徴される社会的な態度・精神も多くの人に影響を与えた人物。 ・The only one who can beat me is me. (私を倒せるのは、私だけ) アメリカの陸上選手マイケル・ジョンソンの言葉です。 そのまま訳すと「俺に勝てるのは俺だけだ」となりますが、「勝利とは自分自身に勝つこと」というニュアンスが含まれているものと思われます。 (素早く、だが急ぐな) アメリカのバスケットボールコーチであるジョン・ウッデンの含蓄ある言葉。 物事に機敏に対応しつつも、慌ててはいけないという意味になります。 (勝たなかったから、負けだ) 元ブラジル代表サッカー選手ロナウドの一言です。 かっこいい英語フレーズ【短い言葉】 ・Leave it to me. (私に任せて!) 英語自体の響きも良いですが、自信に満ちて「leave it to me(自分にまかせて)」という姿に多くの人が魅了されるはず。 ・It was like a walk in the park. (朝飯前だったよ) walk in the parkは、直訳すると「公園を散歩」ですが、「朝飯前」という意味になります。 何か難しいことをやった上で、さらっと言えると、カッコイイですね。 (朝飯前だ。 ) こちらも朝飯前という表現です。 a piece of cakeは、直訳するとケーキの一切れですが、「とても簡単」という意味になります。 ・Stay hungry. Stay foolish. (ハングリーのままであれ。 愚かのままであれ。 ) スティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の学生に向けて行った伝説のスピーチ。 Stay foolish. ・It is what it is. (そういうものだ) 「それが現実だ」や「仕方ない」「どうしようもない」というニュアンスのフレーズです。 ・Go ahead! (やってみな!) 何かに躊躇している人に向かって、「やってごらん」と背中を押すときに使える一言。 「お先にどうぞ」という場面でも使われます。 ・Get it! (了解!) 「分かりました」という意味の一言で、過去形のGot itも同じように用いられます。 軽く返事をするときに使ってみましょう。 でも、「ゲット・イット」とカナカナ的に発音するとカッコ悪くなってしまうので、ネイティブっぽい感じで発音できると良いですね。 ・Leave me alone. (1人にして) 1人になりたいとき、そっとしておいてほしいときによく使う表現です。 ・Without haste, but without rest. (焦らずに、しかし休まずに) ドイツの詩人ゲーテのことばです。 ・Knowledge is power. (知は力なり。 ) ルネサンス期のイギリスの哲学者フランシス・ベーコンの言葉です。 ・Never complain. Never explain. (決して文句を言うな。 決して言い訳をするな。 ) アメリカの女優キャサリン・ヘップバーンの言葉になります。 日本語に訳すとカッコよさが失われますが、シンプルに韻を踏んでいるので、英語のまま味わいたいフレーズですね。 ・I do not seek, I find. (わたしは探さない、見つけるのです。 ) パブロ・ピカソの言葉。 「seek」と「find」の違い。 直観や閃きを大切にする芸術家らしい一言ですね。 (粗探しをするのではなく、改善策を見つけよ。 ) 自動車王と呼ばれたアメリカの実業家ヘンリー・フォードの名言です。 かっこいい英語フレーズ【人生編】 ・ There is no future in the past. (過去の中に未来はない。 ) 古代ギリシャの哲学者アリストテレスの言葉です。 「過去の中に未来は無い」って当たり前のことですが、単に「未来に向き合え」と言わないところがかっこいいポイントではないでしょうか。 ・Let your smile change the world. (世界をあなたの笑顔で変えよう。 しかし世界にあなたの笑顔を変えさせるな。 ) ・If you can dream it, you can do it. (もし夢見ることができるのなら、その夢は叶えられる) ウォルト・ディズニーの名言です。 ・The future starts today, not tomorrow. (未来は今日始まる、明日ではない) ヨハネ・パウロ2世の言葉です。 ・Conquer yourself rather than the world. (世界よりもあなた自身を征服しなさい) 「我思うゆえに我あり」で有名なフランスの哲学者ルネ・デカルトの言葉と言われています。 デカルト自身が英語で話したかどうかは・・・。 ・Happiness depends upon ourselves. (幸福は、自分次第である。 ) こちらもギリシャの哲学者アリストテレスの言葉と言われています。 ・Peace begins with a smile. (平和は笑顔から始まります) カトリックの修道女で、聖人となったマザー・テレサの言葉ですね。 貧しい人々のために尽力し、ノーベル平和賞を受賞しています。 ・There is more to life than increasing its speed. (速度を高めるよりも、人生には多くがある) 非暴力を貫き、インドをイギリスから独立させたマハトマ・ガンジーの心に響く名言。 焦っているときに、ハッと何かに気づかせてくれる一言ですね。 ・Love the life you live, live the life you love! (あなたの生きる人生を愛せ、あなたの愛する人生を生きろ!) ジャマイカのミュージシャンでレゲエの神様といわれるボブ・マーリーの言葉です。 数々の名曲・名言・伝説を残し、現在でも最も人気のあるレゲエミュージシャンです。

次の

かっこいい英語フレーズ55選【努力・恋愛・スポーツ】短いものでも心に響く!

かっこいい英語

紳士でカッコイイ!「お先にどうぞ」 1. お先にどうぞ After you. 西洋文化といえば レディーファーストが当たり前。 男性が女性の為にドアを開けるのはもちろんのことですが、男女に限らずドアを開けたときには近くにいる人を先に通す、といった光景が当たり前のように見られます。 そんな時にさらりとクールに、通り道を指し示すように手を添えながら、 After you. たったの2語ですが、丁寧でかっこいい表現です。 誰かに順番を譲る時に使うお先にどうぞ。 先述の After you. よりは カジュアルな言い方です。 また、何かに迷っている人に行動を促す時、 やってみなよ、と後押しする言葉としても使います。 カッコよく励ます「落ち着いて!」 3. Calm down. とよく似た表現ですが、もう少し カジュアルな言い方です。 誰かが興奮している時や慌てふためいている時、または緊張でガチガチになっている時に使ってみましょう! 例文: 何をそんなに心配しているの? ほら、リラックスして。 What are you so nervous about? Just chill out. 意味合いとしては先述の Chill out. とほぼ同じです。 難しい試験や就職面接などに向かう友達に Good luck. と合わせてかけてあげたい一言です。 何かにイライラしている人や、ショックを受けてがっくりしている人には そんなに深刻にならないで。 というニュアンスで使うこともできます。 例文: 私の将来はこの試験にかかってるの。 どうしよう!? My future success depends on this exam! What am I gonna do? そんなに深刻にならないで大丈夫! Take it easy! 応援してね Wish me luck. 難しい試験や面接、大勢の前でのプレゼンなど、勇気がいる場面で誰かに応援してほしいときに使います。 意味はそのまま 幸運を祈ってください、ですが、気軽に使えるフレーズです。 新しいことに挑戦しようとしている時や、そのことについて話している時に気軽に言ってみましょう。 例文: 今日大事なプレゼンがあるんだ。 応援してね。 I have an important presentation today. Wish me luck. 祈ってるよ! Good luck! 逆境にいる人や苦境に立っている人に がんばれと応援する時に使うフレーズです。 仕事や勉強などで伸び悩んでいる仲間や何か問題が起きている友達を力づける時に言ってあげたい表現です。 ちなみに hangは、いろいろな前置詞と組み合わせることでさまざまな意味を持つ使い勝手のいい単語。 特によく使われる以下の表現もこの機会に覚えておきましょう。 電話を切る Hang up. 電話を切らずに待つ Hang on. (誰かと一緒に)外出する Hang out. gripは 支配・制御という意味を持つ単語で、 get a gripで しっかり支配する・制御するという意味。 凡ミスやちょっとした失敗を繰り返している人に対して使えば しっかりしなさい、ちゃんとしなさいという意味合いになります。 気落ちしている人には、 しゃきっとしなさい、気分を入れ替えて、落ち着いていこう といったニュアンスでも使えます。 get over自体に 乗り越える、打ち勝つという意味があります。 大きな失敗をしてしまったり、酷く落ち込むようなことがあった人へ 嫌なことは忘れて前を向こうと伝えたい時に使える表現です。 例文: すごく傷ついているのは分かっているわ。 でもすぐに忘れられるわよ。 カッコいい返事の仕方「わかった!」 9. わかった Got it. 比較的カジュアルで軽い感じなので、友達との会話の中で わかったよと返す時に使います。 例文: ちゃんとわかった? Do you get it? うん、わかったよ。 Yeah, I got it. とっても簡単にできてしまうことを日本語の慣用句では 朝飯前と言いますね。 この a piece of cakeという表現が英語のそれにあたります。 この言い方も同じ意味ですが、使われる頻度としてはあまり多くはありません。 ただ、この機会についでに覚えておくといいですね。 例文: これできる? Can you do it? この表現は、 はいや いいえでは回答できない、もしくは一つの答えを返せないような時に使います。 例文: 毎日ご飯を作りますか? Do you cook everyday? うぅん、その時の状況によります。 Hmm, it depends. 例文: 天候に合わせてプランを立てます。 We decide the plan depending on the weather. 物事はあなたの考え方で決まります。 It all depends on how you think about things. 何かを決める際の決断を相手にゆだねる時に使います。 どのカフェに行くのかとか、どの映画を見たいかといったカジュアルな用途にも問題なく使えます。 また、 youの部分を他の代名詞や名詞に変えることで、 ~次第ですという表現として使うこともできます。 この映画を見たいですか? Do you want to see this movie? あなたが見たいならお付き合いしますよ。 この会社の未来は彼の決断にかかっている。 The future of this company is up to his decision. Noじゃない!カッコよく拒否 13. 直訳すると 道がないですが、転じて 可能性がないという意味合いを持ちます。 例えば絶対にやりたくないことを勧められた時や、信じられないような話を聞いた時などに使います。 大げさなくらい首を横に振ったり、嫌な顔や驚いたような表情を作ると、一層ネイティブっぽい反応になりますよ! 14. 世界中どこにいても、他人の事情に首を突っ込んできたがるお節介な人は存在します。 そんな人に対してはっきり 関わらないでくださいと伝えるには、この表現。 類似表現で、 自分自身の心配をしなさい=人の事に首を突っ込まないでください Mind your own business. というフレーズもよく使われるので覚えておきましょう。 カッコよく依頼「お願い!」 15. お願いしたいことがある Do me a favor. favorには 親切心・厚意という意味があるため、 do someone a favorで (誰かにとって)親切にする・何かをしてあげるという表現になります。 通常は疑問形で使います。 例文: お力を借りてもいいですか? Could you do me a favor? 少しお願いしてもいいですか? May I ask you a favor? 英語フレーズの覚え方はこちらの記事が参考になります。 まだまだある!カッコいいフレーズ~恋愛・挨拶など~ 16. 恋愛映画やラブソングなどでよく使われていたりします。 本来主語が必要なのですが、 主語が自分(I)の場合に限り、省略しても通じます。 むしろ省略した方がかっこよく聞こえます。 また、 youの箇所に別の単語をあてはめて応用することもできます。 例文: ダイエットは失敗だったわ。 類似表現で No ~, no life. というのがあり、 ~には好きなもの(名詞)が入ります。 あるショップのキャッチコピーで使われた 音楽なしでは生きられない No Music, No life. はすごく印象的でしたよね。 ぱっと見ではよくわからない単語ですが、実はこれ、 I got you. 発音は ゴッチャ、ガッチャです。 基本的には元々の意味で 捕まえた、見つけたという意味で使います。 捕まえたから転じて何か(サプライズなど)を仕掛けて、対象がそれに引っかかった時などに やってやったぜ!というニュアンスで使うこともあります。 また、 わかった、といった意味の相槌としてもよく使います。 仕事で目標を達成した、試験に合格したなど、何かをやり遂げた、成し遂げた時に やったぁ!と喜びを表現する時に使います。 また、主語を I以外に変更すると、主語にあたる相手を対象とした称賛の表現となります。 例文: 試験に合格したの!やったぁ! I passed the exam test! I did it! 彼ら、本当に目標達成したのかい?すごいじゃないか! They really achieved the target? Wow, they did it! よくやった Well done. よくやったねと誰かを褒める時によく使う表現です。 ステーキの焼き具合の ウェルダンと同じ言葉で同じ発音。 おいしいものが好きな方には覚えやすいですね。 例文: 一番を取ったの? よくやったね! You got the first prize? Well done! そこらじゅうに Here and there. ここにもあそこにもという直訳の意味からもイメージできるように、コンビニやチェーン系のお店があちらこちらにある時に使います。 単純に manyを使って たくさんありますというよりは、 here and thereを使って あっちにもこっちにもありますと言った方が直感的にわかりやすいですし、表現が単調にならずスマートに聞こえます。 念のために、万が一に備えて Just in case. いざ何かあった時に慌てるよりは前もって備えておきたい、というシチュエーションにぴったりなのがこのフレーズ。 どうしてそんな(用意周到な)ことをしているの?聞かれた際に、一言 Just in case. と返すことで、仕事も英語もできるんですよ、というアピールになります。 フレーズ単体でも使えますが、前後に文章を付け加えることも可能です。 例文: 雨が降った時のために傘を持っていきます。 どんな人でも、一人になりたい時はあるものです。 周りの気遣いや励ましの言葉さえも聞きたくないようなときに、そっとしておいてほしい、 一人で考えたい、もしくは相手に怒っていて顔も見たくないような時に、よく使います。 例文: ご親切にありがとうございます。 でも今はそっとしておいていただけませんか? Thank you for your kindness, but would you please leave me alone? 誰かに幸せな気分にしてもらった時に使うフレーズです。 してもらった事に対する感情表現であるため、通常過去形を用います。 喜ばせてくれた対象を主語におくので、 youの箇所はに別の名詞、代名詞を入れて使うこともできます。 例文: その知らせのおかげでいい日になったわ。 The news made my day. 対義表現として 最悪の一日になった You ruined my day. という意味のフレーズもあるので、ついでに覚えておきましょう。 誰かにぶつかったり自分が何かをやらかしてしまった時、 Sorry. の代わりにネイティブがよく使うフレーズです。 My bad. を使いましょう。 だから何? So what? 心の底からどうでもいいと思っていることを端的に伝える表現です。 類似表現で 誰が気にするっていうの? Who cares? というフレーズもあり、どちらも若干怒りやイラつきといった感情が含まれますので、使うシチュエーションには注意しましょう。 あっという間 Time flies. 直訳では 時間は飛んでいく=時間が過ぎるのは早いという意味で、通常楽しい時間を過ごした後や、数年ぶりに誰かと会った時に使います。 例文: もうあっという間に10年も経つのね! Time flies. (誰かがくしゃみをした時に)お大事に Bless you. 大抵は短いバージョンの Bless you. を使います。 古い迷信で、くしゃみと一緒に魂が飛び出すことで病気になる、もしくは悪魔や邪気が体に入ってくると信じられていました。 そこで飛び出した魂を戻すため、もしくは体に入り込もうとする悪魔や邪気を払うために 神のご加護がありますようにと周りの人が声をかけるようになったそうです。 体を気遣っての言葉ですので、もし誰かが言ってくれた場合には、 Thank you. と返しましょう。 特にアメリカ人の若者がよく使うスラングのひとつです。 相手の言動や行動ことに対して無関心であることを表現する時に使います。 と近いニュアンスですが、場合によっては結構失礼な表現になるので注意が必要です。 カッコよく使うには、面白可笑しい場面で使った方がいいですね。 例文: 見て、変顔したよ! Look at me! I made a silly face! どうでもいいよぉ。 Whatever! 仲のいい友達や仕事仲間などに対してのカジュアルな挨拶です。 使い方は How are you? と同様、人に会ったときに使います。 で返したり、 Hi! や Doing good. で返したりと身構える必要もありません。 たった2語で覚えやすい表現なので是非使ってみたいですね。 どういたしまして You bet. Thank you. ですが、ちょっとカッコよく言ってみたい時に使いましょう。 他にも、 Anytime. や My pleasure. と、かっこいい表現もあるのでまとめて覚えましょう。 こちらの記事も読まれています!.

次の

【かっこいい】英語の短いことわざ集!※人生・恋愛・受験に悩むすべての人へ。

かっこいい英語

「かっこいい」は英語だと色んな表現がたくさんあります。 日本語だと「かっこいい」は色んな場面で使えてとても便利な言葉ですね。 見た目のかっこいいだと good lookingを使います。 coolは見た目じゃなくてもっと広い意味が含まれ、例えば機能や雰囲気などが「かっこいい」場合に使います。 「かっこいい(イケメン)俳優」a good looking actor Harrison Ford is good looking, and he is a great actor. (ハリソンフォードはかっこよくて素晴らしい俳優) 「かっこいい車」 I saw a very cool car the other day. (この前すごいかっこいい車見た) 昨日とかスタイルが奇抜だったり普通と違う印象になります。 どんな車だったのかを説明するといいですね。 All of these answers can replace the word 'Kakkoii'. 'Cool' is when someone is relaxed, or looks good. For example "Hey, that guy is so cool. " 'Good looking' and 'handsome' are very similar. They both refer to someone being attractive. Handsome is usually associated with 'good looking' men. If a women is attractive then she is considered 'pretty' or 'beautiful'. カッコいいを英語にしてみると"cool"という言葉が一番ピンと来るのかなと言う気がします。 He is a cool guy! 彼、カッコいい!) He is a cool actor! 彼はカッコいい俳優) ですが、カッコいいは単に"hansom"(ハンサム)でもいいような気もします。 He is hansom guy! That's a cool car! カッコいい車!) また、ちょっとスラングで、俗っぽい言い方ですけど"hot"なんて言い方も出来ると思います。 He is hot! (彼、カッコいい!) 'cool'は日本語の「かっこいい」と同じように、人にも物にも使える表現です。 'Are are your shoes new? So cool! ' 「新しい靴?めっちゃかっこいいね!」 'cute'は可愛いの意味ですが、男の人に対して使われるときは「かっこかわいい」といったニュアンスで使われています。 'Have you seen the new IT guy? He is really cute! 'Your jacket is so classy! ' 「しゃれたジャケットきてるね!」 「cool」は人や物に関係なく、広い意味で「かっこいい」と述べたいときに使えます。 例文:He is so cool. 彼はめっちゃかっこいい 例文:My father's new car is cool. 父の新車はかっこいい 「good-looking」は性別問わず、「 見た目が かっこいい」と表現したいときに使われます。 例文:He is good-looking. 彼は 見た目が かっこいい、イケメン 「handsome」は男性に対して「かっこいい」と表現したいときに主に使われます。 女性に対しての「beautiful, hot」と似たような役割をしているように感じます。 例文:He is handsome. 彼はハンサムだ、かっこいい Did you see that new movie? The main character is very good looking! You should go see it! 新しいあの映画観た?主役がすごくかっこいいよ!観に行くべき! good looking は 顔立ちが良い、ルックスが良い と表現したい時に使います。 男女問わず用いることができる表現です。 男性にはhandsome、女性にはbeautifulを使って顔立ちの良さを褒めることができます。 He is so handsome! 彼ってすごくかっこいい! She is so beautiful! 彼女はとても綺麗だ! Coolは、かっこいい、面白い、すごい、良いね、などの感情を表すのに便利です。 You have a cool car! 君の車かっこいいね! His action scenes are cool, he is a great actor. 彼のアクション演技ってかっこいいだよね、すごく良い俳優だと思う。 This word is used to indicate that the appearance of something is pleasing to the speaker. この語が、何かの様子が話者にとって快いことを示すために使われます。 かっこmeans shape, form and appearance. いいmeans good, excellent, etc. いいcan be changed to よいso that the adjective can be used as an adverb. かっこは形です。 いいはそのままです。 いいは良いに変更すると、副詞形も使えます。 He looks so cool in that outfit! 彼はその服を着てとてもかっこいいよ! After losing all that weight, he became so attractive. 痩せた後で、彼はかっこよくなった。 The design of the car is so cool. It should sell very well. 車のデザインがとてもかっこいい。 よく売りますよ。 Papa, Papa, its the Shinkansen Bullet Train! It is so cool! パパ!パパ!新幹線だ。 かっこいいよね。 If you wanted to say that someone seems cool or a nice person to hangout around we could just use the words, "cool," or my favorite, "chill. " Both of these can refer to someone that is fun, or fun to be around and even nice! If you wanted to specify that they were handsome or beautiful we could use the word, "good looking. " Cool has many synonyms. If you are looking for other words to mean cool you could say "Wow, you look amazing. " or " You look fantastic. " If you want to describe something that is cool you could use the word unique. "That is such a unique sound. " "That is such a unique idea. I have never heard of it before. If you're describing a male that is good looking you can say: he is really handsome. If you're describing a female that is attractive you can say: she is really pretty. "cool"(形容詞)は「かっこいい」を意味します。 これは一番使いやすくて相応しい表現だと思います。 とはいえ、英語の"cool"な男はイケメンに決まっていません。 不細工の男でも、服や性格や仕草や活躍などが格好良ければ"cool"と呼びます。 "nice"(形容詞)も「かっこいい」を意味します。 これは「優しい」の"nice"とは違って、"cool"に近いけど「おしゃれ」の意味合いもあります。 人の服・車・演奏などを褒める時に私はよく"nice"と言います。 日本語のカタカナの「ナイス」に似てると思います。 "attractive"(形容詞)も「かっこいい」を意味します。 ロマンチック・性的な印象が強いので、普通に「かっこういいな」と言う感じで褒めたいなら"attractive"と言わない方が良いです。 例えば、自分の同僚に対して"You are attractive. "と言えば、セクハラの苦情が出て来る恐れが高いです。 例文一: That is a cool jacket. Where did you get it? それは格好いいジャケットだね。 どこで買ったの? 例文二: That is a nice jacket. Where did you get it? それは格好いいジャケットだね。 どこで買ったの? 例文三: That actor is attractive, so many women go to see his movies. その俳優は格好いいので、たくさんの女性たちが彼が出演する映画を見に行く。 'hot' - informal - usually when describing a sexy man or woman. 'class' - informal - especially someone's actions when they are effective or outstanding. " "John is a class act - he always arrives on time and completes his work without complaint. " "The school secretary is so hot! I think I'll ask her for a date.

次の