パソコン オンライン 飲み 会。 Skype飲み会|Skype飲み会でプチ同窓会をやってみた!

【オンライン飲み会のやり方】アプリ不要の「たくのむ」がおすすめ 使い方は簡単 登録もログインも必要なし!

パソコン オンライン 飲み 会

では飲み会は絶対にできないのでしょうか。 そんなことはありません!「オンライン飲み会」という言葉はご存知でしょうか?パソコンやスマホでビデオチャットをして、自宅でお酒を飲みながら、飲み会ができるという試みです。 この記事では、話題のオンライン飲み会を楽しむコツとおすすめツール7選を解説いたします。 オンライン飲み会おすすめツール比較 それでは早速オンライン飲み会のおすすめツールを比較していきます。 仲間内で飲み会をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。 たくのむ たくのむは2020年にサービスが開始したビデオ通話サービスです。 アカウント登録は一切不要で、作成した飲み会ルームにアクセスして一緒に飲みたい人と共有するだけで、オンラインで飲み会を行うことができます。 サイトにアクセスして、画面に出てくる「飲み会ルームを作成する」をタップします。 次に、飲み会時間の設定画面に移るので好きな時間を指定してルームの作成完了です。 ルームが作成完了するとURLとQRコードが生成されるので、一緒に飲みたい人に送信しします。 後は一緒に飲む人数が集まり、時間が来たら飲み会開始するだけです。 Zoom ビジネスでオンラインミーティングをするときに活用されるツール「Zoom」。 使い方も非常に簡単で主催者のみがアカウントを造り、ルームのURLを共有すれば利用することができます。 公式ホームページを開くとビジネス使用になっているので、難しいのでは?と不安になるかもしれません。 実際は簡単に登録から利用までできるので、オンライン飲み会をするなら抑えておきたいツールです。 LINE スマホを持っている人のほとんどが利用しているのがLINEアプリです。 このLINEを使って、オンライン飲み会を楽しんでいる人が多いです。 LINEでオンライン飲み会をする方法は、グループビデオ通話を利用します。 このグループビデオ通話を利用してオンライン飲み会をする場合は、メンバー全員がグループトーク・複数人トークに参加する必要があります。 Skype Skypeはマイクロソフト社が提供しているネット通話サービスです。 ネット環境さえあれば、音声通話、ビデオ通話、グループ通話などさまざまな通話に対応しています。 Skypeアカウントを作成する方法はとても簡単です。 Skypeアプリをインストールしてアカウント作成をします。 Skype名、パスワード、姓名、メールアドレスを入力して簡単に登録できます。 登録が完了した後は、ビデオ通話で電話を掛けるだけでオンライン飲み会ができます。 巷ではSkypeでオンライン飲み会をすることをSkype飲みと言われているそうです。 (Facebook)Messenger 人気の高いSNSのFacebookには、ユーザー同士でメッセージのやりとりができるMessengerがあります。 Messengerでもオンライン飲み会に使えるツールです。 方法としては手持ちのスマホでメッセンジャーアプリをダウンロードします。 アプリを起動して、チャットでビデオチャットする相手とのスレッドを開きビデオボタンをタップします。 Facebook上で仲の良い人とも繋がることができるので、新たな人間関係を築けるチャンスになるかもしれませんね。 Facetime Face TimeはAPPLEユーザーだけが利用できる通話ツールです。 このFace Timeを使いオンライン飲み会をすることが可能です。 利用するにはiPhoneやipadの設定画面でFace Timeをオンにします。 後は通話したい相手を連絡先アプリで表示して、名前の下にあるFace Timeのビデオ通話を選択するだけです。 宛先に相手の名前を複数入力してビデオボタンをタップすればOKです。 Google meet Google meetとはGoogleが、提供するオンラインビデオ会議サービスのことです。 Google meetはもともとハングアウトmeetという名称でした。 Google meetを使うにはG Suiteを登録する必要があります。 Google meetは基本有料であるため、法人で使うことが多いサービスです。 しかしGoogleは一般ユーザー向けにGoogle meetを無料で提供する予定です。 5月上旬以降、Googleアカウントがあれば誰でも利用ができるようになります。 Gmailを利用している方は、Googleアカウントを持っているので登録も簡単にできるでしょう。 無料提供後の登録方法は、公開されていないので今後の展開に期待です。 オンライン飲み会を楽しむコツ オンライン飲み会は、ビデオ通話機能を使って離れた場所にいる人と飲み会を楽しめるというものです。 オンライン飲み会を楽しむためには、必ずビデオ通話を利用する必要があります。 数あるビデオ通話サービスの中で、何を選べば良いか分からない方のために表にいたしました。 各ツールの特徴を分かりやすく解説します。 一部有料の機能もありましたが、ほとんどのツールが無料で利用できます。 ご自身の環境に合わせて、オンライン通話サービスを選びましょう。

次の

オンライン飲み会に最適なチャットツールはどれ? 実際に飲みながら試してみた

パソコン オンライン 飲み 会

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が深刻化するなか、とうとう東京都など7都府県に緊急事態宣言が発令されました。 以前からもリモートワークやオンライン会議に取り組む会社・学校はあったと思いますが、今後はますますその需要が高まっていくのではないでしょうか。 そこで今回、窓の杜でもビデオ会議をやってみようということになりました。 窓の杜はすでに7年以上リモートワークに取り組んでおり、環境はすでに整っています。 とはいえ、日頃はテキストベースでのやり取りで完結しており、よく考えたらこの7年間、アプリのレビューや動作確認以外にビデオ会議というものをやったことがなかったのです。 太っ腹なことに編集長のポケットマネーから一人2,000円の軍資金をいただいたので、さっそく酒とアテを購入。 会議という名の飲み会が開催されました。 スマホやタブレットは使わないことにしました。 フリーライターT(文責):愛媛県松山市から参戦。 リビングにSurface Book 2を広げ、最近買ったマランツのちょっと高いマイクを接続してドヤ顔をしている• 編集長Y:自宅のデスクトップPCから参戦。 おっさんばかりでは面白くなかろうと、美少女アバターを受肉<纏う>。 ただし、声はおっさんのまま• 軍資金でコンビニの生ハムを買おうとするも失敗 手軽に始められる「Skype Meet Now」。 会議のためのユニークリンクを取得し、それを共有するだけでビデオ会議を始められるサービスです。 機能自体はようですが、今回のコロナ騒動で注目を集めた格好ですね。 このサービスの最大の長所は、「Skype」アプリがデバイスにインストールされていなくても、Web版「Skype」で気軽に参加できるのところ。 事前にアカウントを教えあいっこしたり、相互登録しておく必要もありません。 そういう面倒な手間を省けるに越したことはありません。 しかし、実際に始めてみるとデスクHの環境でトラブルが頻発。 Web版「Skype」だとマイクが機能しません。 アプリ版「Skype」に切り替えると少し聞こえるようになったのですが、それでも音量が異常に小さく、他のメンバーからはかなり聞き取りづらい。 背景をぼかす機能があるのは、部屋がちょっと散らかっているデスクHにとって大きなアドバンテージでしたし、デスクトップや特定のウィンドウを共有できるのも便利ですが、マイクが機能しないのは致命的……フリーライターTの環境でもUWP版「Skype」がときどきクラッシュする問題があり、どうも安定性に欠けるという印象でした。 どのサービスを使うか決め、クライアントアプリを入れ、アカウント登録などのセットアップをし……という手間は思った以上に面倒です。 その点、「Skype Meet Now」や「Google Hungout」といったサービスはリンク1つで集まれて大変便利でした。 とはいえ、Webアプリだけでは非力だと感じるところもありました。 とくに「Skype」アプリの背景をぼかす機能はなかなか優秀で、一度使うと手放せないと感じさせます。 今回は試していませんが、「Zoom」で大変人気の機能だというのもうなずけますね。 しかし、何より大事なのはどんな環境でもスムーズに使えることでしょう。 その点、「Skype」や「Messenger」でトラブルがあったのは残念でした。 今後の改善に期待したいところです。

次の

Zoomって何? 参加するには、どうすればいいの?

パソコン オンライン 飲み 会

ですが、 パソコン本体のスピーカーとマイクを同時に使うと、スピーカーの音をマイクが拾ってハウリングを起こす場合があります。 またキーを打つタイピング音などが耳障りになることも。 スピーカーから相手の声が流れ、 家族や周囲の人に聞こえてしまうのも気になりますよね。 こちらはイヤフォンで解消できますが、前述のようにパソコン内蔵のマイクを使うと、操作音が伝わってしまいます。 クリアで高品質な会話をするなら、ぜひヘッドセットの使用を強くおすすめします。 さらに、ノイズキャンセラーやエコーキャンセラーといった、音声の品質を上げてくれる機能を備えたヘッドセットを選べば、より快適になるでしょう。 パソコン用ヘッドセット:重装備は必要? パソコン用ヘッドセットにはさまざまなタイプがあります。 両耳で音声を聞くことができるステレオタイプ、片耳用のモノラルタイプ、耳の穴にフィットするカナル型、遮音性が高く音漏れに強い密閉型など、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。 ロジクールの7. 1ch対応ゲーミングヘッドセット「G933」 密閉型のステレオタイプで主流になりつつあるのが、オンラインゲーム向けのゲーミングヘッドセットです。 ネット対戦時にゲーム内の音も聞き分けつつ、チームに声で指示を出すという使い方のため、聞く/話すための性能が本格的で集中してプレイできます。 ただ、Web会議やオンライン飲み会で重装備だと付け外しも手間で、かえって不都合となるかもしれません。 その場合は手軽に付け外しできるものがいいでしょう。 パソコン用ヘッドセット:接続方法も多種多様 ヘッドセットには有線接続タイプとワイヤレスタイプがあります。 接続方法もヘッドセット選びの大きなポイントとなります。 有線接続にはUSBとオーディオ端子のものがあります。 オーディオ端子を使用する場合は、パソコンにオーディオ端子があるかどうかを確認しておく必要があります。 USBは端子が空いているかどうか、また従来からあるType-A、新しめのType-Cなど、USBの規格も確認しておきましょう。 ワイヤレスタイプはスマホ用としてもおなじみの製品です。 ケーブルが邪魔にならないのが利点ですが、ヘッドセット本体をどこかに置き忘れて紛失……といったトラブルも発生しやすいので注意が必要かもしれません。 ワイヤレスはBluetooth接続が主流で、スマホ向け製品も流用可能です。 ただし、デスクトップパソコンなどBluetoothに対応していなければ、別途Bluetoothレシーバーなどが必要になるケースもあります。 「Sennheiser VoIP PC3. 2 CHAT」 マイクはノイズキャンセリング機能付きでクリアな音質が期待できます。 シンプルなデザインで軽量なため着け心地も自然。 マイクを使用しないときは折りたたんでヘッドバンドに収納しヘッドフォンとして利用できます。 パソコンとはマイク端子/イヤフォン端子(3極接続 3. 薄型デザインのノートパソコンなどではマイク端子やイヤフォン端子が無い場合もあるので注意が必要です。 バリエーションモデルには、マイクとスピーカーを1つのアナログ端子(4極接続 3. 2 CHAT EPOS」、USB接続で手元にマイクのオン/オフスイッチがある「VoIP PC8. 2 USB」があります.

次の