秋 の 七草 の 名前 覚え 方。 秋の七草の名前の覚え方!簡単に覚える方法とは?

秋の七草の覚え方の決定版!歌と語呂合わせと和歌を覚えれば完璧! • 生活情報発信ブログ

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

永遠の愛、清楚、気品、誠実、従順、変わらぬ愛、優しい温かさ 花期:6月~9月 分布:日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリア 特徴:外形は根が太く黄白色をしており、高さ40~100cm程度にもなる。 秋の七草に入っているが実は6月中旬~9月頃が開花時期である。 星型の花を咲かせ、雄花期と雌花期がある。 秋の七草の覚え方 秋の七草の覚え方をご紹介致します。 「5・7・5・7」で覚える 次の言葉を繰り返して唱えていくと、頭に残ります。 お好きな服は?」で覚える。 【おすきなふくは?】 おみなえし すすき ききょう なでしこ ふじばかま くす はぎ 「ハスキーなお袋」で覚える。 【はすきーなおふくろ】 はぎ すすき ききょう なでしこ おみなえし ふじばかま くす 秋の七草の時期はいつ? 秋の七草はすでにお話したように、食べる草ではなく見て鑑賞をする草花です。 これらの花の開花時期は、現在の歴では 9月中旬~末ぐらいの間になります。 万葉集で詠われていた時代は、旧暦 太陰暦 だったので7月~9月の間ででした。 旧暦と新暦では1~2ヶ月の開きが生まれるので、この違いがあるのです。 秋の七草はまだ暑さの残る初秋の時期に咲く、花たちになるのです。 ただし、花言葉の項で花ごとに開花時期を記載した通り、花によっては4月から開花しているもの、11月ごろまで咲いている花もあります。 まとめ 秋の七草は、秋の紅葉のより前の時期になります。 これを鑑賞できる場所は「静岡の萩の寺 蓮華寺」「東京都の向島百花園」「京都府の谷性寺 ききょうの里」などを筆頭に国内に有名どころが色々とありますので、紅葉の前にもう一回季節の風景を楽しむ機会を持つことができますね。 山上憶良が奈良時代に詠んだ「秋の七草」へ、一度ぜひ行ってみることをおすすめします。

次の

秋の七草の覚え方の決定版!歌と語呂合わせと和歌を覚えれば完璧! • 生活情報発信ブログ

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

秋の七草 萩(はぎ) 薄(すすき)(尾花) 葛(くず) 撫子(なでしこ) 女郎花(おみなえし) 藤袴(ふじばかま) 桔梗(ききょう) 葛(くず)は食用にもなり、 桔梗(ききょう) と 女郎花(おみなえし)は生薬としても 有名ですが、秋の七草は基本食べません。 画像:女郎花(おみなえし) 春の七草と秋の七草の違い、といえば 春の七草は「節句」行事ですが、秋の七草は 特別な行事ではない、ということも違いです。 春の七草を食べる1月7日は 五節句のひとつである 人日の節句(別名:七草の節句)でもあります。 * 五節句についてはで詳しく解説しています。 平安時代から1月7日に汁、粥を食べる習慣があり、 米と雑穀7種類の七種粥(ななくさがゆ)が 「若草摘み」の習慣と結びついて若菜の 七草粥(ななくさがゆ)になったようです。 室町時代(南北朝時代)に 「 せりなずな 五形はこべら仏の座 すゞなすゞしろ これぞ七草」 という春の七草を詠んだ歌があります。 秋の七草には、節句のような特別な日 はありませんが、奈良時代の歌人 山上憶良(やまのうえのおくら)の 「 秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」 「 萩の花 尾花葛花 なでしこの花 女郎花 また藤袴朝がほの花」 という万葉集の2首が秋の七草の由来と 言われているので、春の七草より歴史自体は 古いのかもしれませんね。 (最後の「朝がほの花」は現在の朝顔ではありません。 「かほの花」はカキツバタであると言われていますが、 この歌の「朝がほ」はキキョウとされています。 ) 春の七草と秋の七草の覚え方は? 春の七草の覚え方 春の七草の短歌は、覚えやすい歌です。 「 せりなずな 五形はこべら仏の座 すゞなすゞしろ これぞ七草」 せりなずな、は七草粥を作るときの 「七草ナズナ、唐土の鳥が〜」の七草ばやしの歌 と合わせると忘れにくいですし、 最後の「 すずな、すずしろ」も語呂が良いうえに 蕪と大根の別名、というインパクトもあり忘れにくい。 後は真ん中の「 ごぎょーはこべらほとけのざ」 を呪文のように暗記してしまえばOKです。 「ごぎょう」はこの黄色い花。 母子草という別名があります。 「はこべら」はこの小さな白い花です。 スポンサーリンク 「ほとけのざ」はこの紫の花だと思っている人が多いですが、 春の七草の仏の座は、上の花ではなく「田平子(たびらこ)」です。 下の 黄色い花が、春の七草の「仏の座(田平子)」になります。 田平子(たびらこ)は、葉が仏様の円座に似ている ことから「仏の座」という別名があるのです。 仏の座、という名前で有名なのは上の紫の花なので、 この紫の花が春の七草だと誤解されがちなんですね。 ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、 は身近な草花です。 写真を見れば「ああ、これか!」 とすんなり覚えられるのではないでしょうか。 覚えにくい場合は『NHKにほんごであそぼ 春の七草』 を聞いて暗記する、という方法もあります。 「寿限無」や「数の名前」のほか、雨ニモマケズなどの 名文も収録されていて、大人が聞いても勉強になるCDです。 秋の七草の覚え方 秋の七草は、頭文字の語呂合わせで 暗記する方法が色々あります。 草の名前そのものを暗記する短歌と違い、 頭文字だけで草花の名前が出てくる必要が ありますが、短い言葉なので覚えやすいです。 語呂合わせの暗記文を 3つご紹介します。 お好きな服は?(オ、ス、キ、ナ、フ、ク、ハ) オミナエシ、 ススキ(オバナ)、 キキョウ、 ナデシコ、 フジバカマ、 クズ、 ハギ ススキの別名オバナを覚えておくことと、 最後の「わ」の発音を「ハギ」に繋げるのがポイントですね。 大きなハカマはく(オ、オ、キ、ナ、バカマ、ハ、ク) オミナエシ、 オバナ(ススキ)、 キキョウ、 ナデシコ、フジ バカマ、 ハギ、 クズ 2回出てくる「オ」はオミナエシとオバナ。 バカマという言葉でフジバカマを連想するのがポイントです。 写真:藤袴(ふじばかま)の花 ハスキーなおふくろ(ハ、ス、キー、ナ、オ、フ、ク) ハギ、 ススキ(オバナ)、 キキョウ、 ナデシコ、 オミナエシ、 フジバカマ、 クズ これもススキの別名オバナを覚えておく必要がありますね。 また、おふくろの最後の「ろ」は不要なので混乱しないように! ・お好きな服は? ・大きなハカマ履く ・ハスキーなおふくろ この中から自分は一番暗記しやすい文を選んで、 秋の七草を覚えてみてください。 春と秋の七草が中学受験にでる?! 春の七草、秋の七草は忘れてしまっても ネットで調べればすぐにわかるのですが、 中学受験でたまに出題されることがあります。 最近はあまり出題されない、とのことですが 中学入試で出題される「季節と生き物」は 身近なものが多いこと、一般教養としても 役立つことから、余裕があれば暗記したい ところです。 「春の七草」は理科4年生に掲載されていますし 中学入試では、植物の名前から春夏秋冬、 どの季節のものがわかる、ということが 大切ですので、完全に覚えられなくても さらっと知っておくと良いと思います。 まとめ 春の七草と秋の七草は、食べられるか食べられないか、 節句か節句ではないか、という違いがあります。 春秋、どちらも生活に馴染んだ身近な草花が 七草として選ばれていますが、仏の座など同名の 違う植物があり混乱しやすいので、覚えるときは 間違えないよう注意してくださいね。 七草の名前を暗記するときは、 「春の七草」は せりなずな 五形はこべら仏の座 すゞなすゞしろ これぞ七草 という短歌そのものを暗記し、 「秋の七草」は ・お好きな服は? ・大きなハカマ履く ・ハスキーなおふくろ という語呂合わせ文で覚えるのが簡単です。 小学校の理科4年生でも取り上げられている 「春の七草」は人日の節句という伝統行事とも 関連があり、中学受験に出題されたことも。 親子で競争しながら、楽しく覚えてくださいね。

次の

秋の七草の意味とわかりやすい覚え方は?名前と種類について

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

Contents• 秋の七草とは? 秋の七草とは? 秋の七草は、万葉集の山上憶良が詠んだ歌に以下の2首の歌があり、 それが由来になったと言われています。 ただ、これが秋の七草なのです。 【秋の七草】 萩(ハギ)の花 尾花(オバナ:ススキのこと) 葛花(クズ) 撫子(ナデシコ)の花 女郎花(オミナエシ) 藤袴(フジバカマ) 桔梗(キキョウ) これらが 秋の七草です。 あまり見たことがない花が多いですね。 それもそのはず、藤袴や桔梗は、 絶滅危惧のリストにもアップされているほど、 絶滅に瀕しているそうです。 とても残念ですね。 秋の七草とは言いますが、実際には夏の花が多いそうです。 これらの花は冒頭でも書いたように、粥に入れるものではありません。 観賞用となるのです。 そのため、あまり印象に残らず、忘れてしまう人がほとんどですね。 これらを記憶しておくために効果的な覚え方があるそうです。 秋の七草!覚え方! 秋の七草の覚え方とは、 その1:【五・七・五・七・七のリズムに合わせる】 どういうことかと言いますと 、五・七・五・七・七のリズムに合わせて、 歯切れよく口ずさむことだそう。 ん〜 ほぼ自力な感じがしますね。 その2:【語呂合わせで覚える】 語呂合わせで覚えてみましょう。 例えば、 「ハスキーなおふくろ」です! は:萩 す:薄 き:桔梗 | な:撫子 お:女郎花 ふ:藤袴 く:葛 ろ だそうです。 これは 面白いし、覚えやすいですね! もう一つは、 「お好きな服は?」 お:女郎花 す:薄 き:桔梗 な:撫子 ふ:藤袴 く:葛 は:萩 これも なかなか良いですね! 語呂合わせを使って バッチリ覚えられそうですね! まとめ 意外と知られていない 「秋の七草」についてまとめてみました。 こんなの知ってても何にもならないよとお思いの人もいるでしょうが、こういった雑学を知っておくと、 「この人常識あるひとだ」なんて思われること間違い無し。

次の