コロナ禍の意味は。 コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ禍の覚えておきたい基礎知識と日本における現状

コロナ禍の意味は

読み方:か・・まが 禍とは、禍の意味 禍とは、していなかったや不幸、厄などを意味する語。 では「か」、では「」「まが」と読む。 禍の、は「福」である。 禍の語を用いた語 禍の語を用いた語には、「」「」などが挙げられる。 は、によるの意味で、「を被る」「を」のように用いる。 は、によるを意味し、「によるに」「のから」といったをする。 にしたによるは「禍」といる。 「禍でが変わっる」「禍のするがてきた」のように用いる。 に禍を用いた語には、の神を意味する「」や、を意味する「」などがある。 禍の語を使った四字熟語 禍の語を使ったには「転禍為福」(ふく)、「倚伏」(かふくいふく)などが挙げられる。 転禍為福は、と読むことができる。 にをして有利に働くようにするという意味である。 倚伏は、と幸福はにるもいう意味で、の「禍は福の所、福は禍いの所」をとするである。

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

コロナ禍の意味は

コロナ禍(ころなか)の意味と使い方 なかなか普段は禍という言葉は使用しませんね。 だからコロナ鍋(なべ)?のような間違いのようなこともでてきてしまうんでしょうね。 コロナ禍の意味 「 禍」とは訓読みで 「わざわい」と読みます。 そのことから直訳してみると 新型コロナウイスルの災い・災害 ということになりますね。 新聞やマスコミでは「 コロナショック」という言葉が使われていましたが、政治家や一部のマスコミで日本語名での総称として 「コロナショック」の代わりに「コロナ禍」を使用し始めたのが始まりです。 それを一般の人がTwitterなどで拡散する時に読みが分からなく当て字で禍を鍋と見誤って間違えて打ってしまったのでしょう。 コロナ禍の言葉の使い方 使い方としては、 カタカナで表記。 中国の発音を元にした読み方。 意味がわからない場合が多い。 熟語で使用)例えば、美人(ビジン)の美(ビ)など 訓読みで使われる熟語としては、 「戦禍(センカ)」や 「禍福(カフク)」などは漢字変換でも出てきます。 戦禍(センカ)戦争によるわざわい・被害• 禍福(カフク)ざわいとしあわせ• 禍根(カコン)災いの起こる大本・原因• 輪禍(リンカ)車などの交通災害による災難• 大禍(タイカ)大きな災いのこと• 水禍(スイカ)洪水など水による災害• 災禍(サイカ)天災や事故によって受けるわざわい• 奇禍(キカ)思いもよらない災難• 惨禍(サンカ)悲惨な災難• 筆禍(ヒッカ)自分が書いことが原因で災難をこうむること• 舌禍(ゼッカ)自分が発した言葉が元で生じる災い。 禍の訓読み(くんよみ) 読み方としては2つ• わざわい• 日本語の意味を含んだ読み方。 意味がわかる。 漢字の後に「ひらがな」が続く 「送り仮名」で多く使われる。 例えば、美しい(うつくしい) 使用される例としては• 禍を招いた( わざわいをまねいた)不幸な出来事を自らがよびこんだこと• 禍々しいできごと( まがまがしいできごと)不吉でおぞましいさま のように使用されますが、あまり一般的ではないですね。 同じ読み方として使われる単語としては「 災いを招いた。 」で使われる「災害」の「災」ですね。 コロナ鍋の間違いの原因は現代人の文化の変化 現代人は 鉛筆やシャーペンで文章を書くという文化が無くなってしまいました。 文章は書く漢字は、いまやスマホやパソコンで漢字変換という作業に成り代わってしまいました。 ノートに文を書いていた時代には書く字や漢字をよく見て観察して書いていたものです。 しかし、現代で は見た目でスマホやパソコンで簡単に変換してしまうので 「禍」を「鍋」と勘違いして漢字変換して意味も分からずにTwitterなどで拡散していまい。 そして、その間違いを指摘されたのが話題になっていたのですね。 中には「禍」を「渦」(うず)と勘違いして 「コロナ渦」(ころなうず)と変換していた人もいたようです。 「コロナ禍」は 必ず収束(しゅうそく)して終息(しゅうそく)します。 信じて頑張ってみんなで拡散防止に努めていきましょう。

次の

コロナ禍なんて読む?意味と使い方をシェア

コロナ禍の意味は

コロナ禍の意味とは 「コロナ禍」の「禍」は「か」と読みます。 「禍」は不幸をひきおこす原因や喜ばしくない出来事を指す言葉となります。 よって「コロナ禍」とは新型コロナウイルスの影響で大変な不幸や大変な出来事になっている事を意味します。 コロナ禍の由来 現在、世界的に影響を与えている新型コロナウイルス。 その影響力はすごく、経済や交通など、全国でが発令される異例の出来事もあり、私達の生活全般に影響を及ぼしているのではないでしょうか。 そのような中で生まれた言葉が「コロナ禍 ころなか 」です。 「禍=災難・災い・不幸」の意味があり、新型コロナウイルスがなければ使わなかった言葉であると言えるかもしれません。 コロナ禍の文章・例文 例文1. 世界は今、としておりコロナ禍にある。 例文2. もっとコロナウイルスが拡大すると、コロナ禍が深刻化してしまう。 例文3. 三密を避け、コロナ禍から抜け出すことが先決だ。 例文4. コロナ禍でも、マスクをせず平気な人もいる。 例文5. 世界がコロナ禍でも、そのような状況に負けないように元気でいることが大切。 世界では今でも感染拡大しており、まさに今の状況がコロナ禍と言えますね。

次の