年末 ジャンボ 当選 番号。 第818回 全国自治宝くじ(年末ジャンボ)|当せん番号案内

2020サマージャンボ宝くじ当選番号案内速報

年末 ジャンボ 当選 番号

— 2017年 8月月9日午前1時00分PDT そして7等の300円は、 10枚セットで買うと必ず1枚当選券が入っています。 みなさんこの300円の当選券、忘れずに換金してますか? 次に当選券の引き換え期間などについて詳しくご紹介しますので、ちゃんと換金してくださいね。 【年末ジャンボ2019】引き換えはいつ? 2018年年末ジャンボの売り出し期間はまだ発表されていませんが、だいたい11月後半から12月20日くらいまでです。 さて、それでは抽選日はいつなのでしょうか? 【年末ジャンボ2019】抽選日はいつ? 年末ジャンボは毎年必ず同じ日に抽選が行われます。 それは 大晦日の 12月31日です。 最近はNHK総合で生中継されていて、2017年の会場は東京オペラシティコンサートホールでした。 だいたい毎年お昼前後に抽選が行われています。 宝くじ公式サイトやみずほ銀行のHPにも当選番号が掲載されるので、早く結果を知りたい場合は覗いてみてください。 また、 みずほ銀行のLINE公式アカウントを友達にすると、抽選結果を教えてもらえます。 他にも宝くじ売り場には当選番号が貼り出してあったりします。 ま、宝くじは逃げませんので、そんなに慌てる必要もないですけどね。 果報は寝て待て、というくらいなので、引き換え日までゆっくり寝て待ちましょう。 宝くじ券にきちんと「💮何月何日まで」と記載されているのでご確認ください。 例えば支払開始が1月5日だった場合は、翌年の1月4日までになります。 まだ換金していない当選券をお持ちの方は、この支払期限を確認のうえ速やかに換金してくださいね。 【年末ジャンボ2019】引き換えはどこに行けば良い? 換金場所は、どこでも良いわけではなく当選金額に違いがあるのが面倒です。 まず1万円以下であれば、全国の宝くじ売り場と受託銀行の窓口で換金できます。 受託銀行とは、現在みずほ銀行のみになっているようです。 なので、 宝くじ売り場とみずほ銀行が換金できる場所ということになります。 さて、 5万円を超えた場合は・・・宝くじ売り場では換金できません。 みずほ銀行に行かなければならないので、みずほ銀行が遠い方にとってはかなり面倒なことになってしまいます。 さらに、 50万円以上となると身分証明書が必要になります。 ご本人だという確認ができる運転免許証や健康保険証などを持参してください。 さらにさらに! 100万円を超える当選だと、 身分証明書の他に印鑑も必要で、受取りに1週間程度かかります。 当たったことがないのでわかりませんでしたが、当選金が高額だと受け取るのも結構面倒ですね。 もし当選金額が50万円以上でみずほ銀行が遠い場合は、事前にみずほ銀行に問い合わせをして、持参するものを確認しておいた方がいいかもしれません。 ちなみに宝くじ売り場の営業時間は、場所によって違います。 日曜日が定休日だったり、お昼に休憩時間があったりと結構自由に営業していますが、概ね10時から6時くらいまでの営業のようです。 みずほ銀行の場合は、土日祝以外の9時から3時までの窓口営業時間になります。 午後3時になるとピタッと閉まってしまうので、無駄足にならないようにお気をつけください。 【年末ジャンボ2019】はずれくじはどうする? 「あ〜あ、はずれちゃった」 とポイっと捨ててしまうはずれくじは捨てずに取っておくと、こんなおまけがあるんですよ。 宝くじの日とは 語呂合わせで「くじ=92」、ということで9月2日になります。 ただし、ロト・ナンバーズイベントくじ(博覧会などの会場のみで販売される宝くじ)などは対象外となります。 【宝くじの日】ハズレくじでもらえる商品は何? ではどんな賞品がもらえるのでしょうか。 毎年違うようですので、まずは2018年の賞品をご紹介します。 ものすご〜く欲しいものがあるかというと・・・ま、そうでもありませんが、それなりにもらえば嬉しいものばかり、というのがわたしの感想です。 あなたなら何をもらいますか? 【宝くじの日】引き換えはどうすれば良い? あたりくじを引き換えるには、郵送するしか方法はありません。 一般書留、簡易書留、特定記録郵便のどれかで、あたりくじの裏面に住所、指名、電話番号を記入の上郵送してください。

次の

年末ジャンボミニ当選番号と発売日・抽選日予定

年末 ジャンボ 当選 番号

ヨコ列から見た重複数字は、1個もありません(例:1 33469番など)。 つまり、2013年年末ジャンボの「番号」は、前年から 完全独立した数字だったということです。 垂直タテ方向ではありませんが、「0」、「9」が重複数字です。 つまり、この2年間は、「4」と「7」が出現していません。 「4」は、その前年の第614回(2011年)に出現済み。 「7」は直近で、「3」と同列の異常な出現率を誇っていましたので、2013年には「確率の収束」により出現しませんでした。 この「確率の収束」の観点から見ると、2014年以降は「6」が出現筆頭株、次いで「4」、「5」が複数出現する可能性があります。 直近10年間のスパンで「番号」を切る 次に、「数字選択式宝くじナンバーズ」仕様の視点から、過去10年間の数字を眺めていきましょう。 本来、「年末ジャンボ宝くじ」は「ナンバーズ」でいうところの「ボックス当せん」(各ケタの配列がバラバラでも当せんとする)などは存在しませんが、違った視点から見ることができます。 1位「3」・「7」、2位「9」の異様な引っ張り率。 つまり、奇数の引っ張り率が異常に高い。 逆に、「4」、「6」の出現率の低さが目立つ。 連続数字が発生していない(例:122247など)年は、2008年と2010年。 連続数字は、時をさかのぼれば高数字(「5」以上)で発生。 ただし、上記は10年スパンで切った場合のデータです。 「4」と「6」の出現率は低いのですが、2003年以前まではコンスタントに出現していました。 長期スパンで見れば、数字は「0」~「9」まで平均して出現しています。 奇数・偶数の対比 今度は、「数字選択式宝くじナンバーズ」でいう、「ストレート当せん」(各ケタが抽せん数字と完全に一致)で、奇数・偶数を見ていきましょう。 偶数20個に対して、 奇数35個と圧倒的大差で「奇数」の出現率が高い。 下3ケタ、下2ケタの奇数率が異様に高い。 全体的な奇数率を上げているのは、この2ケタ。 前年と同じ奇数・偶数の組み合わせは避ける。 「確率の収束」と同じく、2009年まで奇数率が高く、その後に拮抗して、今度は偶数率が高くなっている。 ポイントは、やはり「確率の収束」です。 確かに、10年スパンで切ると奇数の出現率が高くなりますが、第614回(2011年)より偶数対比が多くなっているように、同じ状況は未来永劫は続きません。 前年と同じ奇数・偶数の組み合わせは避けるとは、例えば、以下の「番号」です。 組 : 偶数 奇数 番号 : 奇数 偶数 奇数 奇数 偶数 のように、「組」までもが前年と同じ組み合わせの抽せん券は、当たる確率がほぼゼロに等しいです。 一例として、上記のような同一組み合わせは避けるようにしましょう。 この奇数・偶数分析は、1等が3本以上になる前の第401回(1999年)まで、もう少し掘り下げてみましょう。 のように、 「下4ケタ」から前年(偶数)とは真逆の 奇数になる可能性が高いでしょう。 やはり「年末ジャンボ宝くじ」は、2014年以降も「奇数」に軍配が上がるか? 「確率の収束」の法則通り、2014年以降は「偶数」が台頭するか? 6等300円に該当する下1ケタが、最も顕著な動きをしています。 第484回(2004年)~第596回(2010年)は、完全に奇数のみです。 第614回(2011年)から3年間は、今度は真逆の完全に偶数のみです。 ちなみに下1ケタは、第466回(2003年)からさかのぼって過去10年間も、偶数4個に対して、奇数9個です。 「下5ケタ」~「下1ケタ」の出現間隔 次は、「下5ケタ」~「下1ケタ」の出現間隔を見ていきましょう。 数字選びの基本は、「完全確率」なのはいうまでもありません。 「完全確率」とは、サイコロを振って「6」が出たとします。 確率は、6分の1です。 もう一度サイコロを振って、「前に6が出たから6を除外。 確率は、5分の1に減った」ということは無いということです。 長期スパンで数字を切った場合、「0」~「9」までの数字が満遍なく分散して出現しています。 短期スパンの10年単位で数字を切ると、必ず各ケタで数字のどれかが偏って出現しています。 下記一覧では、過去10年間の出現間隔を表しています。 もし毎年、「0」~「9」までの数字が均一に出現するならば、各ケタの出現間隔は全ケタ「10回前」になります。 しかしながら、実際の出現間隔を調べると、各ケタの数字にに大きな多寡があります。 出現間隔には、3種類あると考えています。 1.前回の出現から3回以内の出現間隔しか空いていない 「過剰出現ゾーン」 2.前回の出現から8回以上の出現間隔が空いている 「空白ゾーン」 3.前回の出現から4回以上、7回以内の出現間隔が空いている 「ハビタブル・ゾーン」 「数字の平均化」を考えて、出現間隔が長い 「空白ゾーン」だけ。 或いは、「良く出る数字は何度も繰り返して出る」に則って、 「過剰出現ゾーン」だけで構成された出目を予想するのなら、これほど7億円獲得が楽勝なことはありません。 「空白ゾーン」だけが5ケタ出現してくれるのなら、第669回(2014年)から見て、最も出現間隔の離れた数字だけを選択し、組み合わせれば良いからです。 しかし実際には、下記一覧をご覧のように、「下5ケタ」~「下1ケタ」の間では、前回からやたら出現間隔が空いている 「空白ゾーン」がある一方で、前年にも出現した 「過剰出現ゾーン」もあります。 そして、最も厄介なのは、 「ハビタブル・ゾーン」でしょう。 とは、 宇宙における太陽から惑星までの距離を示す専門用語です。 太陽から最も近い「水星」や「金星」(= 「過剰出現ゾーン」)は、灼熱の地獄です。 一方で、太陽からの距離が遠すぎる「火星」、「木星」(= 「空白ゾーン」)は、極寒の地です。 太陽からの距離が近すぎず、遠すぎない奇跡の星・「地球」(= 「ハビタブル・ゾーン」) を「ハビタブル・ゾーン」といいます。 以上を踏まえて、下記一覧をご覧ください。 「過剰出現ゾーン」は毎年100%含まれるが、「空白ゾーン」と「ハビタブル・ゾーン」の含有率はまちまちである。 過去10年スパンで最も含有率が多かった順位は、1位:「過剰出現ゾーン」、2位:「空白ゾーン」、3位:「ハビタブル・ゾーン」。 奇数率が高かった下3ケタと下2ケタの「空白ゾーン」の含有率が低い。 下4ケタと下1ケタの「空白ゾーン」の含有率が高い。 毎年、全く同じ「過剰出現ゾーン」+「空白ゾーン」+「ハビタブル・ゾーン」の組み合わせは無い。 「過剰出現ゾーン」がしばらく続けば、「空白ゾーン」がしばらく続くパターン。 こちらも、各ゾーンが平均化をしようとしている。 これらも引っ張り数字表と同じく、長期スパン(過去33年間)で見れば、ぼぼ均一に各々のゾーンが分散しています。 あくまでも、10年スパンで切った場合のデータです。 ただし、第387回(1998年)以前のデータでは、1等本数が3本以上と多いので、このデータに重ね合せるのは得策ではありません。 1等本数が多いということは、同年に複数の数字が出現する確率が高まり、前年以前から数字が引っ張るのは自然なことだからです。 毎年、全く同じ「過剰出現ゾーン」+「空白ゾーン」+「ハビタブル・ゾーン」の組み合わせは無いとは、例えば以下の組み合わせのようなことです。

次の

必見!【宝くじの日】2020年9月2日 ハズレ券当選番号 お楽しみ抽選

年末 ジャンボ 当選 番号

ジャンボ宝くじは1等賞金が前後賞合せて総額3億円が10本用意されています。 ジャンボミニは1等前後賞合せて3000万円で20本用意されています。 凄い金額じゃないけど、3億円当たったら一生遊んで暮らせるから、発売枚数を考えたら非常にお勧めです。 100万円当りはゴロゴロ出そうな感じがします。 番号発表は3月6日で茨城県 ザ・ヒロサワ・シティ会館が抽選会場です。 2等の賞金も1000万円がビックに69本となっております。 3等100万円は2300本も有りますよ。 年末ジャンボミニは1等前後賞合せて5000万円が72本も用意されています。 2等の100万円は1800本も用意されています。 何となく100万円当りはゴロゴロ出そうな感じがしますね。 番号発表は12月31日大晦日で東京オペラシティコンサートホールが抽選会場です。 2等の賞金も年末ジャンボらしく1000万円がビックに72本となっております。 年末ジャンボミニは、1等前後賞合わせて5000万円75本で、2等1000万円も150本という高額当選宝くじとなります。 年末ジャンボプチ1等1000万は1000本もありリッチ生活への選択肢も大きく広がります。 まさに冬の到来を告げる、夢のクリスマストリプルチャンス! 番号発表は12月31日大晦日で東京オペラシティコンサートホールが抽選会場です。 2等の賞金も1000万円が27本となっております。 ハロウィンジャンボミニは1等賞金が3000万円で、前後賞を合わせて5000万円となり、20本も用意されております。 2等の賞金は100万円で800本という夢のような本数が用意されています。 秋の夜長に億万長者への夢想を楽しむオータムダブルチャンス! 10月30日に東京都豊洲PITで抽選会です。 2等の賞金も1000万円が42本となっております。 サマージャンボミニは1等賞金が5000万円で、前後賞を合わせて7000万円となり、50本も用意されております。 2等の賞金も1000万円で、ジャンボより多い100本となっております。 2等の賞金も年末ジャンボらしく1000万円がビックに500本となっております。 ジャンボミニは、1等前後賞合わせて7000万円105本という高額宝くじとなっています。 ジャンボプチ1等700万は1000本もあり、リッチ生活への選択肢も大きく広がりました。 まさに冬の到来を告げる、夢のクリスマストリプルチャンス! 番号発表は12月31日大晦日で東京オペラシティコンサートホールが抽選会場です。 2等の賞金も1000万円が60本となっております。 サマージャンボミニは1等賞金1億円で45本も用意されていて、サマージャンボの5倍の確率で大当たりです。 2等の賞金も1000万円で、ジャンボより多い270本となっております。 サマージャンボプチは1等100万円で、5000本も用意されているので良いお小遣いになりそうですね。 ドリームジャンボ宝くじは、1等の賞金が5億円で前後賞は1億で総額7億円という高額当選金額となります。 2等の賞金も1000万円が170本となっております。 年末ジャンボに続いて、ついにドリームミニでも、1等賞金1億円というビックな金額の宝くじとなりました。 まさに春の到来を告げるビッグドリームスプリングダブルチャンス! 抽選日は6月8日で東京宝塚劇場が抽選会場ですが高額当選は出ましたでしょうか!.

次の