給料計算ソフト mac。 給与計算ソフトを買うべき?エクセルや社労士に依頼など、給与計算ツール・方法を比較

小規模向け安い給与計算ソフト 使いやすい給与君3 オフィスクリエイト

給料計算ソフト mac

POINT 充実の給与計算機能• わかりやすいインターフェース• 給与体系機能により複雑かつ複数の業種・業務等の給与計算に対応可能• 豊富な計算式項目で面倒な支給・控除項目の計算が自動化• 100におよぶ給与項目を自由に設定可能• 簡単にできる遡及計算処理• パートタイマー等短時間労働者にも対応した有給付与計算機能• POINT 柔軟な連携対応• APIによる他製品とのシームレスな連携• PCAeDOCXでドキュメントと登録データの紐づけが可能• PCA人事管理DXとの連携で昇給・賞与シミュレーションが容易• PCA法定調書DXと連携し、法定調書合計表の作成時間を大幅に短縮!• 柔軟・充実のファイル受入・出力機能• 充実のサポートサービス(電話、リモート、メールなど)• バックアップ・リカバリ機能により入力ミスした場合も安心• 専用ツールでマイナンバーを安全安心に管理• 内部統制機能(ログ管理、アクセス制御、パスワードの桁数・有効期限)• POINT 制度改正に迅速対応• PCAの画面から直接電子申告が可能• 毎月勤労統計調査票資料が簡単に作成可能• 必要な情報を入力することで簡単に年末調整計算が可能• CSV添付方式・API直接連携によるe-Gov電子申請への対応• マイナンバーを電子割符化し、安全・安心に管理が可能。 (オプション)• PCAマイナンバー収集サービス(オプション)で、従業員からのマイナンバー情報を安全・安心に収集可能.

次の

Mac, iPad, タブレットでも、環境を選ばない

給料計算ソフト mac

給与計算ソフトの選び方 給与計算業務は、それ自身では収益に繋がりませんが、従業員の生活を支える非常に重要な仕事。 その給与計算業務に利用するソフトですから、しっかり検討してみてください。 クラウド給与計算ソフトで業務効率化、エクセルやフリーソフトでコスト削減など、求めるものは様々。 給与計算業務のアウトソーシングサービスをやめた方なら、簡単に使えることが条件になるでしょう。 できれば、事前に調べた上で、給与明細に入力・作成するなどして、試しに使ってみてください(賞与計算、社会保険、年末調整の機能の使い勝手も含めて)。 比較して検討する上で、まずは何か使ってみたい方には、「フリーウェイ給与計算」がオススメです。 従業員5人まで0円ですから、安心してお試しを。 有料版 初期費用 無料 月額利用料 1,980円(税抜) バージョンアップ料 無料 利用期間 1年ごとの更新 登録データ数 無制限 登録できる従業員数 無制限 年末調整・支払調書 あります 操作サポート あります(電話、メール)• 対応ブラウザは、Internet Explorer、Google Chrome、Safari、Firefox、Microsoft Edgeです。 スマートフォンではご利用いただけません。 有料版をご検討の際には、まずは無料版をお試しください。 無料版で利用したデータは、そのまま有料版でご利用いただけます。 有料版の月額利用料は、ご契約開始日(弊社から有料版ご利用開始のメールを送信した日)の翌20日までは無料です。 (9月1日がご契約開始日の場合、無料期間は9月20日までとなり、利用料金が発生するのは9月21日~10月20日利用分の10月分からです)• 追加ID 1IDに付き月額1,000円(追加IDが必要になるのは、別の会社データを複数の方で同時に利用される場合のみです。 追加IDを利用しても、同じ会社データを同時に処理はできません。 契約期間は1年単位です。 途中解約によるご返金は承っていません。 初回は年一括のお支払い(銀行振込)のみ、次年度の更新から、月々の口座振替もご利用いただけます。 給与計算とは、会社が役員や従業員に毎月支給する給与を計算する業務です。 毎月の給与計算から、特定の月にのみ処理する業務に至るまで、その業務内容は多岐に渡ります。 毎月の業務• 勤怠を確定 タイムカードや勤怠ソフトなどに記録された情報をもとに、給与計算対象期間の勤怠を集計し、勤務時間や残業時間などを確定します。 勤怠以外の情報を確定 入退社、家族、通勤手当、振込口座、標準報酬月額など、給与計算に影響がある情報のうち、前月の給与計算以降に変更があった情報を確定します。 給与の差引支給額を確定 上記1、2の情報に基づき、基本給、通勤手当、残業代などの支給金額と、給与から控除する所得税、住民税、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などの控除金額を計算し、差引支給額を確定します。 なお、給与計算ソフトに上記1、2を反映すれば、差引支給額を自動計算できます。 給与を支給 上記3で確定した差引支給額を、本人に現金で手渡しするか、本人の銀行口座に振込みます。 振込データを作成できる給与計算ソフトを使用すれば、作成した振込データをインターネットバンキングに送信することで、効率的に処理できます。 給与明細書を配布 給与明細書を作成し、本人に配布します。 給与明細書は、Webやメールなどで配布することもできますが、事前に従業員の同意を得る必要がありますので注意が必要です。 給与計算結果を経理へ提供 会計処理のために、上記3で計算した結果を経理に提供します。 賃金台帳を保管 上記3で計算した結果を印刷し、賃金台帳として保管します。 賃金台帳は、最低3年間保管する義務があります。 所得税及び住民税を納付 上記3で給与から控除した所得税、住民税を、翌月10日までに管轄の税務署及び各市区町村に納付します。 所得税については、「源泉所得税の納期の特例」の承認を受けている場合は、1月から6月までの分を7月10日までに、7月から12月までの分を翌年1月10日までに納付します。 社会保険料を納付 上記3で給与から控除した健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料と、会社が負担する健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料を合わせて、翌月の末日までに管轄の機関に納付します。 口座振替手続きをすれば、納付の手間を省くことができます。 特定の時期の業務• (1月)扶養控除等申告書の反映 当年の扶養控除等申告書において、扶養家族の人数に変更があった場合は、給与から控除する所得税の金額を変更します。 (4月)社会保険、労働保険の料率変更 健康保険料、介護保険料、雇用保険料、労災保険料などの料率が変更された場合、変更後の料率を給与計算に反映します。 給与計算ソフトを使用している場合は、料率を変更するのを忘れないように注意しましょう。 (4月)基本給などの改定 基本給や手当の金額を改定し、改定後の金額を給与計算に反映します。 改定が遅れた場合は、差額の遡及支給が必要になる場合があるので注意が必要です。 なお、改定の時期は会社により異なりますので、ご注意ください。 (5月)住民税の改定 各市区町村から通知された住民税の金額に基づき、6月以降の給与から控除する住民税の金額を改定します。 (9月)標準報酬月額の改定 定時決定に基づき改定された標準報酬月額を、給与計算に反映します。 なお、一定の条件を満たす場合には、随時改定に基づき、標準報酬月額を改定する必要があるので注意が必要です。 (11月~翌年1月)年末調整と源泉徴収票の提出 扶養控除等申告書等に基づき年末調整を行った後、給与計算にその結果を反映し、所得税の年税額を精算します。 その後、当年の給与計算結果に基づき源泉徴収票を作成し本人に交付します。 また、一定の条件を満たす者の源泉徴収票を翌年1月末までに管轄の税務署に提出します。 (翌年1月)給与支払報告書の提出 当年の給与計算結果に基づき給与支払報告書を作成し、翌年1月末までに各市区町村に提出します。

次の

給与計算ソフトが永久無料|給与計算ソフトはフリーウェイ

給料計算ソフト mac

0 多くの企業や個人事業主が事業を行なっていく上で、給与計算の業務はなかなか避けられることができず、煩わしい業務であると思います。 また、給与計算ソフトはたくさんあり、どこのクラウド請求書がいいのかなかなかわからないと思います。 しかし、給与計算ソフトを比較しているメディアは少ないのが、現状です。 そのため、今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの給与計算ソフト4選(人事労務freee・GLOVIA きらら 人事給与・PayBook(ペイブック)・フォーカス給与明細クラウド)。 料金面でおすすめの給与計算ソフトはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの給与計算ソフトを4つ詳しく解説します。 法人(中小企業・零細企業)におすすめの給与計算ソフト4選(人事労務freee・GLOVIA きらら 人事給与・PayBook(ペイブック)・フォーカス給与明細クラウド)。 料金面でおすすめの給与計算ソフトはこれだ! 今回は、法人(中小企業・零細企業)におすすめの給与計算ソフトを4つ(人事労務freee・GLOVIA きらら 人事給与・PayBook(ペイブック)・フォーカス給与明細クラウド)詳しく解説します。 今回、紹介するのは、以下の4つになります。 人事労務freee• GLOVIA きらら 人事給与• PayBook(ペイブック)• フォーカス給与明細クラウド 1つ目は、人事労務freeeになります。 人事労務freeeは会計ソフトなどでおなじみのfreee社が提供するサービスになります。 人事労務関連のサービスの中に給料計算のサービスがあり、多くの中小企業に好まれています。 <人事労務freeeの料金体系> 人事労務freeeの料金体系は、以下の3つがあります。 1か月お試しプラン( まずは試してみたい方向けで、ライトプランの基本機能をお試しいただくことが可能。 ライトプラン(給与計算を中心とした基本的な業務)• ビジネスプラン(より幅広い人事労務の一元化に適している法人向けプラン) お客様サポート• 電話サポート• チャットサポート• メールサポート 2つ目は、 GLOVIA きらら 人事給与になります。 GLOVIA きらら 人事給与は富士通が提供する給料計算ソフトになります。 特徴としては、セキュリティ面に関しては、大手ということもあり、非常に優れていると言えます、 ただ、以下で詳しく説明しますが、料金面に関しては、若干他社と比べると高くなってしまいます。 <GLOVIA きらら 人事給与の料金体系> GLOVIA きらら 人事給与の料金体系はGLOVIA きらら 人事給与(クラウド版)とGLOVIA きらら 人事給与(パッケージ版)とで異なります。 <GLOVIA きらら 人事給与(クラウド版)> GLOVIA きらら 人事給与(クラウド版)の料金は、以下の通りです。 サービス利用価格(月額) 12,000円 以下が、GLOVIA きらら 人事給与(クラウド版)の業務利用環境とそれに関連するオプションの利用料金になります。 カスタマイズ費用は別途、相談。 <GLOVIA きらら 人事給与(パッケージ版)の価格> 以下が、GLOVIA きらら 人事給与(パッケージ版)の価格になります。 基本ライセンス 450,000円【税別】~ 以下が、GLOVIA きらら 人事給与(パッケージ版)を加入した場合の導入支援サービスになります。 操作指導サービス名 料金 GLOVIA きらら 人事給与(パッケージ版)の導入指導 サービスの価格につきましては別途、相談。 GLOVIA きらら 人事給与(パッケージ版)の運用指導 サービスの価格につきましては別途、相談。 3つ目は、PayBook(ペイブック)になります。 PayBook(ペイブック)はPay-book. jp社が開発運営している給与計算ソフトになります。 PayBookは、「みんなにやさしい給与計算」というコンセプトでサービスを提供している給与計算ソフトになります。 また、PayBookは、以下のような特徴を持ち合わせています。 専門知識のいらないても給与計算ができる• 給与明細を印刷する必要性がない• Mac, iPad, タブレットでも、環境を選ばない• 外出先でも、家からでも確認が可能• 時給や日給の計算もらくらくなので、飲食店の給与計算に便利• 時間のないスタートアップ企業の給与計算に使える• 美容院や理髪店のなど、複数店舗で管理できる• 毎月の給与変動が少ないNGOやNPOの給与計算にも向いている• アルバイト、パートの多い職場でも計算しやすい• コンビニエンスストアなど、販売店の給与計算が楽になる• 給与の手取り額が自動計算でわかるので、支給までワンステップでできる• 所得税も自動計算で手間いらずにできる <PayBook(ペイブック)の料金体系> PayBook(ペイブック)の料金体系は、以下の通りです。 フォーカス給与明細クラウドは、給与計算ソフトとしては、老舗であるため、安心して利用できる点が魅力と言えます。 また、フォーカス給与明細クラウドには、以下の特徴があります。 特定の給与計算ソフト(弥生給与、給与奉行)にあわせた仕様であるため、簡単に操作できる• クラウドサービスであるため、いつでもどこでもアクセスできる• セキュリティ面も、多くの基準をクリアしているため、安心して使用できる• クラウドサービスだから、低価格の利用が可能になる フォーカス給与明細クラウドの導入している企業は多く存在します。 以下が、フォーカス給与明細クラウドを導入している法人になります。 株式会社ディア・ライフ• 株式会社データープロセスサービス• 日都産業株式会社• 公益財団法人ニッポンドットコム• 株式会社ネクストビート• 株式会社ジオブレイン• 日之丸塗料株式会社• 株式会社ライズウィル• アドバンスド・ソリューション株式会社• 株式会社ヤマト• 株式会社アキナイ• 社会福祉法人 紡• 株式会社ウエルストーン• 株式会社BestCreation• 株式会社建築資料研究社/日建学院• 株式会社ジャパンリーコム• レン・ファミリークリニック 横山• トキハマエキスプレス株式会社• 医療法人菫甲会 岡本甲状腺クリニック• 株式会社Learning Village• 株式会社ブロードエンタープライズ• 東和印刷株式会社様画像• 株式会社ジャドール• 株式会社ハミングバード・インターナショナル• 株式会社山下商会様• コパル・ヤマダ株式会社 <フォーカス給与明細クラウドの料金体系> フォーカス給与明細クラウドの料金体系は初期導入費用と月額利用料の2つの料金の合計になります。 以下が、フォーカス給与明細クラウドの初期導入費用になります。 今回、紹介した以下の4つの給与計算ソフトは、それぞれ違う特徴があります。 また、料金面も大きく異なるため、導入の際は、再度確認しましょう。 人事労務freee• GLOVIA きらら 人事給与• PayBook(ペイブック)• フォーカス給与明細クラウド まとめ いかがだったでしょうか。 今回は、『法人(中小企業・零細企業)におすすめの給与計算ソフト4選(人事労務freee・GLOVIA きらら 人事給与・PayBook(ペイブック)・フォーカス給与明細クラウド)。 料金面でおすすめの給与計算ソフトはこれだ!』という記事のタイトルで、法人(中小企業・零細企業)におすすめの給与計算ソフトを4つ詳しく解説しました。 今回、説明した4つの給与計算ソフト(人事労務freee、GLOVIA きらら 人事給与、PayBook(ペイブック)、フォーカス給与明細クラウド)は、それぞれの強みを持っているため、料金や機能はそれぞれ異なります。 また、特に、中小企業や個人事業主、SOHOの方は給与計算ソフトに払える予算はそれほどないと思います。 そのため、クラウド給与計算ソフトを利用するときは、まずは無料プランで試しに使用してから、利用することをおすすめします。

次の