アイナナ ブロードウェイ。 アイナナ リセマラ

アイナナ2期セカンドビートの放送再開はいつから?いつまで延期?

アイナナ ブロードウェイ

爆破事件に巻き込まれた !? 東京ソライロタワー 4. 陸が中学生 5年前の事だから正確には13歳 の頃、芸能界とつながるでかい企業に買収される。 その上天を連れて行く。 5〜6. 2年後理だけが中小企業 何の会社? の社長の元へ引き取られる。 が、倒産 何故かは不明。 夜逃げしてその後の足取りは不明。 宗介「またあの女の店に行くのか!…結」 8. あなたの魔法をもう一度かけてください…」 8. 局で宗介と紡遭遇!「顔を見せろ……結…!」「結って、お母さんの名前…」 8. トリガーの完璧なステージに打ちのめされる 8. ノースメイア。 ノースメイアの言葉は語に似ている。 ナギは英、独、仏、伊、中、語が話せる。 母が日本人。 映画俳優。 如月あると、都築博巳主演。 監督は木下正巳。 大和は彼を知っているらしい。 天無視 11. 楽と話す ? 11. グループ元からアイナナNGそのグループ元が。 父は逢坂壮志。 グループ会長。 事情で音楽活動は止められており、壮五自身会社を継ぐつもりだった。 その時に音晴に声かけられる。 両親は猛反対。 反対をおしきり、大学を辞める。 勘当される。 音楽活動を志したのは叔父の影響。 でも、親族から反対され疎遠。 最期は身体を壊して亡くなった。 音楽なんかやるから、と言われ、そんなことはないという証明もあり芸能の世界へ 14. お前の母親は残念がるだろうな 15. 自分の女房も早死にさせた男が」「結は生きて娘という宝を残してくれた」 「私ならもっと幸せにできた」「息子がいるだろう、迷惑をかけないようにね」 16. 楽母 たぶん 「宗介には他に愛している女がいる」 16. なぐりかかり、巻き込みで暴力沙汰に 17. なぜいなくなったの? 歌うことが夢でなくなったの?」 17. 話し合って、前を向いていく 18. 年上の友人。 ある人のために曲を作っていた。 ある人は突然いなくなり、友人はその人を探してノースメイアに来た。 その人こそ桜春樹。 ゼロの曲を作っていた人。 春樹は病気になり、手紙と曲を残して消える。 その曲を日本のアイドルに歌ってほしいと考えたナギ。 しかし相応しい者はいなかった。 だから、春樹が褒めていた音晴に曲を送る。 その後、反応を見たくてナギ来日。 そしてスカウト。 曲を送ってから7人が揃うまでの期間は不明だけど…。 下岡、如月あると、クララ、トリガーから花。 差出人不明の豪華なも。

次の

アイナナ リセマラ

アイナナ ブロードウェイ

ナギの離脱からアイナナへ復活するまで• ZOOLと月雲了の決別あるいは変容• 陸モンスター疑惑のふくらみ• 桜春樹の死亡(しないでほしいけど)• 壮五の作曲• 壮五実家との絡み• ブラホワでアイナナ vs ZOOL ひとつひとつ見ていきたいと思います。 ナギの離脱からアイナナへ復活するまで sakura messageの「暗号」については、3部終了時にすぐに答えにたどり着いた方がいらっしゃいました。 すごすぎ。 もうこれが正解でしかない… これによると、暗号の内容は『さくらはるきをひとじちにしたからいうこときけ』 3部の終盤に巳波に暗号のことを知らされ、ナギはやっと出会えたアイドリッシュセブンの仲間と別れて祖国にいる兄弟 =脅迫者 のもとへ行くことを決めます。 ただ、国が絡むということ、そもそもかなり距離があることなどからアイドリッシュセブンの面々ができることはほとんどなさそうですよね。 (もとい妄想しています。 ) ZOOLと月雲了の決別あるいは変容 4部で満を持して登場した「ヒール」のZOOLですが、今のところあまり活躍がありません。 3部終了後の特別ストーリーでメンバーがそれぞれ抱えていたものが描かれ、月雲了の思惑とは別に俺たちは俺たちだぜ! みたいなかんじが少し出てきました。 ただ、そもそも賞味期限つきの売られ方をしているZOOL。 もともと賞味期限は1年と言われているので、これから人気に陰りが見えてきて、でもそこを覚醒した4人がどう頑張るのか…みたいなかんじになるのかな。 と考えています。 (もとい妄想しています。 ) 陸モンスター疑惑のふくらみ 陸モンスターはゼロ失踪の理由とからめて丁寧に布石が打たれていますね。 なので、一織の心配がふくらむようなことが(コントロールの効かないようなことが)描写されるんだと思います。 すごい人気になるような。 ナギ復活アイドリッシュセブンの人気を絡めていくなら、「陸さんのモンスター疑惑」は使ってはいけない禁断の回復アイテムみたいな扱いになるのかなと。 陸のモンスター疑惑の終着• ゼロの正体• 壮五実家との和解• トリガーのメジャー復帰• ZOOLとの完全和解(良い意味でのライバルポジ含む) ここら辺に関しては『進む』ことはあっても決着することはないんじゃないかなーと思っています。 残っている伏線や布石の数からいっても、今あるものだけでストーリー的には5部以上はできそうですよね。 もとナギ推しとしても胸が痛みます。。。 あーどうなるんだろう。 大人の事情から言ってもナギが完璧に離脱することはないと思うのですが(むしろあったら伝説)、いつ戻るかは分からないですもんね。 やっぱり4部のラストかなー? その他、了さんの絡み(ZOOL周辺や陸好き問題)はこれから本格化してくるでしょうから、まだまだドキドキハラハラさせてくれるんでしょうね… あー予想が当たろうが外れようが、4部本編の更新が楽しみです!!! 合わせて読みたい.

次の

[詐欺?]超あやしいドローンXDrone HDを知っていますか?

アイナナ ブロードウェイ

虎於は「俺は裕福な家にいるから自分のせいにして3人で続 けろ」と一人で背負おうとしますが、悠は「嘘をつくな!」と怒ります。 トウマは今まで事務所と共にTRIGGERにしてきた悪事を世間に公表し、一からアイドルを始めようと提案し4人は決心します。 悠は以前した同じ質問「 俺たちのどこが好き?」と問いかけました。 ファンの女性は「うるせえんだよ、オレはオレいんだっていうのが好き。 悠はふいに求めていた言葉を聞いて涙します。 ずっと誰かに認められたくて投げやりになって一生懸命に頑張ってきたわけでもない4人なのに、元気づけられて好きだと素直に言ってもらえてやっと聞きたい言葉が聞けて力が抜けたような、報われたような…何とも言えないたくさんの感情が込み上げている場面でした。 TRIGGERの心配事 元所属事務所で楽の父親が経営している八乙女事務所の経営状態が芳しくないことを伝えました。 八乙女事務所は窮地に立たされたTRIGGERを追い出した薄情な事務所で以前からファンより所属タレントを大事にする方針ゆえに「ファンに冷たい」と風向きが悪くなっていました。 毎年恒例のYAOTOME. Fesも今回はTRIGGER不在で悪い評判が目立つため参加者が集まらない様子でした。 楽は「親父は親父。 俺たちは三日月狼に専念しようぜ」と言いつつも心配している様子。 帰国後は多忙のIDOLISH7 ナギがノースメイアの王子だと明かしてやっと7人で活動できるようになったものの、その話題性や陸の人気が爆発してIDOLISH7はなかなか7人でゆっくり過ごす時間もないほど多忙になりました。 7人それぞれがソロやユニットで活躍するようになりましたが、多忙ゆえに少しずつ心にの距離が離れていくような、寂しいような様子が全員に現われ始めました。 小鳥遊事務所の社長はIDOLISH7ひとりひとりにマネージャーをつけることを提案します。 上を目指すかほどほどに頑張るか、どちらかの方向に向かってIDOLISH7を支えるべきだと話をします。 7人が住む寮の近所はファンでトラブルになっていました。 住む場所や考え方が今後を左右しそうな不安定な状況でした。 頑張った結果みんながみんならしくなくなっていくのも嫌だし、頑張らなくていいよって水を差したくもない…そんなマネージャー達の苦悩が吐露します。 その話はブラホワが終わったらしようと決意しますが、未来がとても怖い、という感じがひしひしと伝わります。 一方、一織はIDOLISH7の仕事が順調でにんまりしながら分析している場面が。 影ながらプロデューサーとしてIDOLISH7を支えている彼ですが、何となく次に闇堕ちしそうなフラグが立っています。 九条鷹匡おじさんみたいな。 Re:valeの2人の思い出 百は『 未完成な僕ら』を万里と千ではなく、千と2人で歌いたいとアレンジを千に依頼していましたが、いまいちしっくりこなかった理由に気づき千に打ち明けます。 百は万里と千の2人のRe:valeの大好きな曲を歌いたかったけど、百にとっても、千にとっても、万里にとっても大事な思い出で百が歌うことで思い出を上書きしたくないと明かしました。 千に「 一緒に歌ってもいいよ」って言って相方として認めてもらうことで十分だったと気づいたのでした。 本当に欲しいものがわからないまま、『 未完成な僕ら』を歌いたいと言ってごめんと謝ります。 百は千と2人だけの未来の歌いたいと千に歌詞を渡しました。 気合の入ったブラホワの曲になりそうです! 陸の影響力 IDOLISH7の中でも飛びぬけて陸の人気が出てきて、来ている服や一言一句が世間に影響するようになってきました。 とある番組収録ではしつこい司会に 嫌いな人はいるか?と聞かれ、うまく返答することができずになぜか一織と不仲なのではとSNSなどで噂されるようになりました。 Re:valeは陰で反ツクモ勢力を作り、JIMAとブラホワで不正のないフェアな戦いになるよう水面下で動いていました。 天はYAOTOME. Fesにシークレットゲストとして参加しようと提案します。 世間にTRIGGERは八乙女事務所とわだかまりがないことを示して借りを返そうと考えます。 記事はJIMAの日に出るため、そこが最後のライブになるかもしれないとレッスンに励みました。 そして、JIMAに出る直前にTRIGGERに謝罪しに行きました。 楽は記者が話の裏を取りにこっちに来ているから話は知っていると切り出します。 巳波が楽に記者になんと言ったのか聞くと、「 何も知らないと言った」と淡々と告げます。 一生許さないから肝に銘じておけ。 そして、天は「 正直、今のボクたちは君たちのことを見てない。 ボクたちの視界に入りたいなら、ブラホワでIDOLISH7に勝ってみなよ。 できないことはないでしょ?じゃあね。 」と稽古のために颯爽と切り上げました。 次のブラホワもみんなで勝とう!と意気投合し、気が引き締まったり場が和んだりえIDOLISH7らしいほっこりした軽快なトークもあったり…久々の癒し場面がやっと来ました。 IDOLISH7はやっぱり7人一緒じゃないと…!!というのを再確認。 一方、八乙女事務所はTRIGGERが抜けた後の違約金や売り上げの減少、さらにはYAOTOME. Fesのチケットが売れず倒産の危機にありました。 楽の父親である八乙女社長は出演してくれるアーティストとファンのためにもFesの中止はできないと頑なに踏む留まろうとします。 TRIGGERはYAOTOME. Fesに出演しようとするも、楽は父親のプライドや意地のためにも出る必要はないと言い張りますが、天はきっぱりと「 ボクは行きます。 」と言い、龍之介も同意します。 ここで楽は折れて、姉鷺は「 ビジネスチャンスのためよ!」と出演を売り込みに行きました。 客席は驚きと喜びの歓声で賑やかな光景になりました。 TRIGGERの出演はSNSで広まり、八乙女事務所との不仲説を打ち消すこととなりました。 以上、4部18~19章のネタバレです。 本当にストーリーがすごくて、細かいニュアンスまで堪能してほしいので、ぜひゲームの方で泣いてください。

次の