アルファベット の 株価。 【GOOGL】アルファベット:株価・銘柄分析・決算・業績と配当

【GOOGL】アルファベットの株価・配当金の推移と銘柄分析

アルファベット の 株価

グーグルを傘下に持つアルファベットが米東部時間2月1日午後4時過ぎ(日本時間2日午前6時過ぎ)に2017年10~12月期決算を発表する。 QUICK FactSet Workstationによると1月29日時点の市場の予想EPS(1株利益)は10. 00ドル。 売上高は前年同期比22%増の317億ドルを上回ると予想されている。 【アルファベットの17年10~12月期決算に対する市場予想】 ・売上高 :317億7900万ドル 22%増) ・広告売上高 :218億8500万ドル(22%増) ・EPS 特別項目除く :11. 97ドル ・EPS GAAPベース :10. 00ドル QUICK FactSet Workstationより 米株式相場の上昇を追い風にアルファベットの株価も上値を切り上げている。 分割考慮ベースで過去最高値を更新中だ。 予想PER(株価収益率)も28倍を上回り、2006年6月以来およそ9年半ぶりの高水準。 表現を変えればリーマンショック前の水準を回復したことになる。 ここまで来ると割高感も意識されるがアナリストの評価は違う。 今年に入って顕著なのが目標株価の引き上げ。 QUICK FactSet Workstationで確認できただけでも16社もあった。 平均すると1216. 50ドルで26日終値に比べ2. 4%ほど高い。 AI(人工知能)や自動運転など様々な事業へ進出している印象が強いアルファベットも収益の主軸はインターネットの広告事業であることに変わりはない。 事業が成長したにもかかわらず、四半期ベースで2割の増収ペースを維持している。 今回の決算でも変わりがないようだ。 むしろゴールドマン・サックスなどはコンセンサスを上回る増収を想定している。 今年も成長ペースが維持されるとの見方が大勢を占めている。 17年7~9月期まで警戒されていたのがコスト。 他社サイトでグーグルを検索サイトとして採用してもらうための各種手数料(TAC)は前年同期比で32%増だった。 1年前の伸び率(17%)と比べても加速度的に増えてきた様子が分かる。 しかし、同年10~12月期を境に増加率が一転して鈍化すると想定するアナリストが多い。 QUICK FactSet Workstationによると29%へ低下した後も基調が継続するようだ。 「株価の潜在的な好材料は増収ペースの加速とTACの伸び率鈍化」(米系証券アナリスト)との指摘もある。 今回の決算でも期待通りにコストコントロールが達成できたのか。 アナリストの注目を集めそうだ。 アルファベットは特に減税の恩恵は乏しいとされる反面、海外留保利益の本国還流の際の軽減税率が同社にとっては重要なようだ。 605億ドル(約6兆5000億円)ともいわれる現金を米国に戻しやすくなることで自社株買いや増配といった株主還元、積極的な設備投資、M&Aの活発化などが意識されつつある。 好業績が確認できれば、色々と興味を抱ける投資シナリオも描けそうだ。 QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。 また、米国株については決算結果の速報ニュースのほか、FANGプラスの銘柄を中心に業績の着地点や注目ポイントをまとめた「米決算プレビュー」を決算発表前に配信しています。 投資に役立つ独自コンテンツをまとめたQUICK端末の「ナレッジ特設サイト」では、米決算プレビューに加えて決算発表の日程も公表しています。

次の

アルファベット(グーグル)の株価・見通し・決算情報|米国株なら投資パンダ!

アルファベット の 株価

この記事の目次• アルファベット(GOOGL)の概要 アルファベットとは? アルファベットは、グーグルを中心とする企業群を傘下に持つ、持株会社です。 アルファベット傘下で最も大きな企業は、もちろんグーグルであり、検索エンジンやYouTubeなどを展開しています。 その他にも、自動運転やドローンによる配達など、様々な企業を抱えています。 アルファベットの事業内容 アルファベットの事業は、財務的にはグーグルがほぼ全てです。 2019年3Qの数値では、以下のような売上になっています。 これがグーグルの売上の大部分ですね。 グーグルは様々なサイトを運営していますが、検索エンジンとYouTube上の広告が大きな割合を占めています。 ネットワークは、 AdsenseやAdMobといったアドネットワークです。 グーグル自身のウェブサイトではなく、他のウェブサイトやアプリの運営者が自分のサイトやアプリ内にグーグルの広告を配信して、広告収益をそのサイトやアプリの運用者とグーグルで分けるというものです。 グーグル(その他)は、Google Cloud(AWSのようなクラウドサービス)とGoogle Playからの収益が大部分です。 非グーグルは、アルファベット全体からすると大した金額ではありません。 ブロードバンドサービスのFiberとライフサイエンス部門のVerilyがその大部分を占めています。

次の

【必読】グーグル(アルファベット)の株価がどう推移するかを分析

アルファベット の 株価

73 1. 43 -0. 10 -6. 27 1. 49 -0. 02 -1. 35 6. 08 -0. 13 -2. 50 1. 15 -0. 05 -4. 85 18. 03 -0. 31 -1. 22 13. 99 -0. 40 -2. 54 1. 71 -0. 05 -2. 85 37. 63 -1. 19 -3. 86 22. 44 1. 71 9. 27 -0. 19 -2. 90 9. 51 -0. 53 -5. 72 25. 17 -0. 60 -2. 64 9. 22 -0. 19 -2. 36 1. 06 3. 26 2. 34 -0. 45 -16. 15 4. 73 -0. 15 -3. 09 2. 91 -0. 07 -2. 88 29. 08 -0. 64 -2. 82 25. 60 -0. 21 -0. 70 5. 84 -0. 06 -1. 32 9. 53 15. 42 10. 42 10. 30 14. 61 9. 82 12. 42 13. 59 4. 28 13. 33 上振れ Alphabet Inc. Class A アナリスト株価予想.

次の