ビタミン c コロナ ウイルス。 中国でのビタミンC点滴の臨床試験が行われた後に、「新型コロナウイルス制圧」のメドが立った

ビタミンCが新型コロナウィルスに効くというのはデマ?

ビタミン c コロナ ウイルス

この記事の目次• 1、免疫力を高める(書くこと) コロナウイルスの感染対策として、 まず大切なことは「免疫力」をあげるということ。 方法はいくらでもありますので、 各自、グーグル検索で調べて下さい。 何故なら、サヨナラ・モンスターの取り組みは、 免疫力を高めることにも繋げられるからです。 その理由は、「書くこと」で 「免疫機能を高めることが出来る」という研究結果があるから、 そして、僕自身、本当に、、、 「書き続けること免疫機能が高まった」と実感したからです。 書くことが癒しになることについて、 最前線の研究者である次の2名の方、 ・テキサス大学オースティンの 心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士 ・シラキュース大学の ジョシュア・スミス博士 こちらの博士の研究でわかったことが、 「感情」と「ストレス」について書くことで、 免疫機能を高め「精神を強化」することができるとのこと。 これは僕自身、確かにその通りだった…。 そう確信しています。 極度のストレスから、免疫が弱り、 色々と症状が出ていた時期があります。 あと、 自己免疫疾患(自己診断)による円形脱毛症 (免疫機能の異常で起こる) 頭のあちこちに(後頭部に集中)、 小さな円形脱毛が起こっていた時期があります。 これも、書き続けているうちに、 完全に治りました。 因果関係は不明ですが、 博士の研究で、「感情」と「ストレス」について書くことが、 免疫機能を高め「精神を強化」すると言っているよう、 免疫機能の高まりが、免疫機能の異常を修正したのではないか? そう、思いました。 結果として、 「感情」と「ストレス」について書くことが、 色々なプラスな変化をもたらしてくれました。 まさに、サヨナラ・モンスターのやり方で、 書き出していくことで、 免疫機能を高め、精神の強化に繋がりました。 以前は、トラウマを抱えていて、それを刺激されると、 色々と症状が出ていたのですが、 今は、効かなくなりました。 過去よりも、精神が強くなりました。 これは全て「サヨナラ・モンスター」によってです。 それで、この凄さを調べているうちに、、 前記した、博士の研究結果などに辿り着き、 「なるほど…、だからプラスになったのか」と、 更に、納得が起きて、腑に落ちました。 つまり、、、言いたいことは、 「サヨナラ・モンスター」などの方法で、 「感情」と「ストレス」について書くことでも、 コロナウイルス感染対策に繋げられるということです。 ここで1つ誤解しないでいただきたいのは、 感情とストレスについて書くことで、 「すぐに免疫強化につながるわけではない」ということ。 博士の研究結果で詳しいことがまだ不明ですが、 僕の場合は、数か月で、強化されていった、そんな感じです。 「書くこと」で「カタルシス」を起こして、 免疫機能、精神の強化に繋げていきつつ、 他の免疫力を高める方法(栄養・睡眠等)で自分を守って下さい。 2、睡眠不足にならない 睡眠不足だと、免疫低下に繋がるので、 しっかりと睡眠を取りましょう。 3、栄養(ビタミンC) 国際オーソモレキュラー医学会の緊急速報で、 ビタミンCが、コロナウイルスから体を守ると発表されました。 ビタミンCには、抗ウイルス効果、 とくにコロナウイルスに対する効果的だということ。 詳しいことは「」を読んで下さい。 ビタミンCが不足すると免疫力も低下します。 ビタミンCを、意識して、忘れずしっかり摂って下さい。 あとは、よく笑うことで、免疫力を高めることが出来ます。 免疫の大敵であるストレスを溜めないことも大事です。 ストレスが溜まるとビタミンCがどんどん消費されます。 他の影響もそうですが、ビタミンCをしっかり摂って下さい。 以上、今、僕が大事だと思っていることを 3つお伝えしました。 1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!) 僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、 「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。 「問題解決」を全くせず、、 心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。 そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、 無意識のうちに、誤魔化し続けていました。 そこから、自分の心を自分で救うために、 1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。 その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。 心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、 気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。 一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。 しかし、心が大きく変わり、 親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。 他にも、自分の心が、大きく変わりました。 6年間の間に起こった「心が解放される体験」、 これを、1つの教材としてまめとめました。 「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。 この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、 教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、 AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。 似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、 この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。 自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、 潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。 本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。 この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。 6年間の間に起こった「心が解放される体験」、 この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。 90日全額返金保証付き.

次の

新型コロナウイルス予防に口腔ケア報道!ビタミンCサプリ需要大か? | 今!読みましょう

ビタミン c コロナ ウイルス

竹下雅敏氏からの情報です。 転載元にはより分かり易いグラフがあり、それを見ると中国では2月の中旬から「新たな感染者」の数が激減しているのです。 「中国政府の統計が実態を示しているかどうか」は、はなはだ疑問ですがビタミンC点滴の臨床試験が行われた後に、「新型コロナウイルス制圧」のメドが立ったように見えます。 ようです。 韓国では「時間の経過とともに感染率は大幅に下がり、致死率も世界平均から見れば異例と言っていいほど低い」のです。 これは、で紹介された「酸素療法の成功」が大きいのではないかと思っています。 し、人工呼吸器を十分確保するよう各国に呼び掛けました。 記事をご覧になると、高用量のビタミンCは「がん治療」にも効果があることが分かります。 「米国政府の国立がん研究所は最近、がん治療における高用量ビタミンCの静脈内投与に関する長い記事を発表」したとのことです。 「新型コロナウイルス」はグローバリズムを破壊しそうな勢いなのですが、その過程で注目を浴びた「ビタミンC」は製薬業界の陰謀を破壊しそうです。 医療チームは、重病患者や重症新生児肺炎の患者には、入院後できるだけ早くビタミンC治療を開始することを推奨しています。 (中略) 医療チームは、過去の経験から、 高用量のビタミンCは抗ウイルスレベルを改善するだけでなく、 より重要なことに、急性肺損傷および急性呼吸圧迫を予防および治療できることを示していると述べています。 重症で重篤な患者には、1日あたり体重1キログラムあたり最大200 mgを静脈内注射することをお勧めします。 (中略) 米国政府の国立がん研究所は最近、がん治療における 高用量ビタミンCの静脈内投与に関する長い記事を発表しました。 (中略)… 「この治療パラダイムの実施は、多くのがん患者に利益をもたらす可能性がある 」と彼らの見解で付け加えた。 感冒 ビタミンCは長い間風邪の一般的な治療薬とされてきましたが、ビタミンCサプリメントは、ほとんどの人の風邪の発症リスクを低下させないことが研究で示されています。 しかし、日常的にビタミンCサプリメントを摂取している人は、風邪にかかった場合に、その期間がやや短いか、若干症状が軽くなる可能性があります。 風邪の症状が出た後にビタミンCサプリメントを使用しても、効果はないようです。 マイコメント ビタミンCというのはある意味万能かもしれません。 私も若いころ勤務してた病院で風邪を引くと、看護師さんがビタミン剤の静注をして くれました。 おそらく、大量のビタミンC、B1、B12とブドウ糖の点滴液だと思います。 そうすると、翌日には39度近くあった熱も下がり、風邪の症状は消え、翌々日には 普段と変わらない状態で仕事に就けました。 このことは以前にも書いたと思いますが、当時の医療と言うのは今ほど厳しくなく 点数稼ぎのために、外来患者にこうした点滴を体力回復のための栄養剤として点滴する という行為は普通のように行われていました。 そのため、診察が終わった外来患者の中で必要と思われる人に点滴をしていたので 通路が数十人並び点滴をしているという光景が当たり前でした。 その後、こうした点滴は治療上意味がないと社会的にも批判され、禁止されました。 だから、今では風邪を引いても解熱剤や抗炎症剤、抗生剤、必要があればビタミン剤 などが処方され点滴は入院患者でなければありません。 そのため、当時から風邪にはビタミンの点滴がもっとも有効であることは身を持って 知っていました。 しかし、最近は前述した投薬しかしないので、自力で治す方が賢明と判断して私は 風邪で病院には行きません。 と言うのは、解熱剤や抗炎症剤をもらってもなかなか治らないからです。 ひとつには解熱剤で体温を下げてしまうと身体の免疫反応が低下するのでウイルスを やっつけることが出来なくなり治癒まで時間がかかるからです。 風邪を早く治したければ、十分な栄養を取り、身体を温かくして布団に入って寝て しまうのがいちばんです。 あまり体温が上がるようなら解熱剤が必要ですが、多少の 上昇なら頭を冷やす方が良いだろうと思います。 そういう点で中国がビタミンC点滴療法を行い始めたのは大変懸命なやり方だと思います。 一般的にビタミンCと言うと眉唾扱いされますが、それは摂取量が少ないからです。 大量に飲むこともできますが、ものすごく酸っぱくて飲めたものではありません。 大塚製薬からビタミンC製剤(天然型ビタミンc)が販売されています。 必要な人はそれを利用すると良いと思います。 また、日本でも同じようにビタミンC治療を始めて欲しいものと思います。 注目を浴びているアビガンは良く調べてみると副作用が多く、効果を上げるには相当 たくさん使わないといけないようなので、医療費を圧迫するでしょう。 ビタミンCは安いうえ、点滴してもすぐに分解され人体にも安全なのでこれほど 効果的な方法はないものと思われます。

次の

新型コロナウイルス感染予防にはビタミンC 1グラム2回が効くらしい

ビタミン c コロナ ウイルス

新型コロナウイルス予防!自宅でやっておくべきこと 中国で発生した新型コロナウイルスは、感染が拡大し世界中を巻き込んで日本にも多大な影響を与えています。 このウイルスは 飛沫感染と 接触感染の2つが感染の大きな原因とされ、人が密集する場所は避けるよう注意喚起がなされ、学校は休校となり、イベントが中止、観光施設も休館など、一向に収まる気配がありません。 そこで、この新型コロナウイルスを予防する方法を多方面から調べてみました。 コロナウイルスって? この人に感染する 「コロナウイルス」は、 7種類見つかっています。 その中の一つが問題の 「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 残りの4種類のウイルスは、 一般的に風邪と呼ばれているもので多くは軽症です。 残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した 「重症急性呼吸器症候群(SARS)」、2012年以降発生の 「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。 また、 アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。 新型コロナウイルスはどうやって感染する? 新型コロナウイルスの感染に関しては、現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられています。 飛沫感染について この飛沫感染(ひまつかんせん)とは、ウイルスを持っている者の くしゃみ、 咳によって、ウイルスが放出され、その ウイルスを口や鼻から吸い込んでしまった場合の感染のこと。 その対策としては、屋内などの 密閉空間を避け、 距離を十分に確保すること、また マスクを装着しておくことです。 ただ、マスクが手に入りませんね…。 接触感染について この接触感染に関しては、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その 手で周りの物に触れるとウイルスが付いてしまいます。 人間の手は ウイルスの運び屋とも呼ばれるほど、簡単にウイルスは拡散されますので注意が必要です。 特に 電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチは出来るだけ触らないようにしましょう。 また、 スマホや 現金などもウイルスが付きやすいので注意です。 この接触感染の対策として、アルコール除菌スプレーが効果的ですが、アルコール除菌も手に入りません…。 一般的には、アルコール除菌が知られていますが、実はの方がウイルス対策には効果的と言われています。 アルコール除菌は店頭で見かけなくなりましたが、二酸化塩素は時々見かけますので、必要な方は買っておきましょう。 2020-03-18 17:50 新型コロナウイルスの予防策は? この新型コロナウイルスの感染を予防する方法は、以下の3点が最も重視されています。 外出からの帰宅時や食事の前は特に徹底する事です。 これで免疫力を高めておくと感染も予防出来ます。 ビタミンCがコロナウイルスの感染を防ぐ! 国際オーソモレキューラー医学会が1月26日に 「ビタミンCがコロナウイルス感染を防ぐ」と声明を発表しました。 ここでは 1日3gのビタミンC摂取で ウイルス性呼吸感染の予防・ 症状軽減効果が報告されているとのこと。 また、 ビタミンD3、亜鉛、マグネシウム、セレンも同様の効果が期待できると解説されています。 規則正しい食生活も、これらの栄養素を毎日摂取するのは難しいので、市販のサプリメントで摂取してみては如何でしょうか。 価格: 2,382円 価格: 679円 では、自宅での予防として 適度な湿度を保つについて見てみましょう。 空気の乾燥はウイルス感染に要注意 不要不急の外出を控えるようにとニュースで流れ、各地が閉鎖となり、学校も休校となった今、感染しないか心配でなりません。 このウイルスが目に見えないだけに、どこにいるのか?自分の周囲に来ているのか?全て全く未知であり、それが余計に不安を高めています。 この 新型コロナウイルスの感染を恐れ、家族全員が自宅で何週間も籠るのは難しい。 買い物は必要だし、仕事もあります。 その外出した時に、 一緒にウイルスを持って帰る可能性もあるワケです。 マスクは手に入らない、 アルコール除菌も入手が困難な状況。 やはり出来るだけ外出は控え、 免疫力を高め、自宅も感染しにくい環境をつくりあげて行く事を真剣に考えるべきなのでしょう。 まず、出来ることは頻繁な 空気の入れ替え、そして 適度な湿度を保つことです。 ウイルスを除去する加湿器!? 適度な湿度を保つ為に 「加湿器」は絶対に用意した方が良いでしょう。 安易なモノであれば3千円ほどで売っていますので、せめて、それを購入する事をお勧めします。 価格: 12,990円 価格: 3,380円 ただ、私たち人類にとって未知のウイルスでもある新型コロナウイルス。 出来れば 除菌効果のある加湿をしておきたい。 特に 高齢者、小さな子供が自宅にいれば尚更です。 そこでおすすめなのが「」です。 これは 次亜塩素酸水溶液を使う加湿器。 ただ、浮遊ウイルスを99%以上除去するデータを見ると期待は出来ますね。 このジアコ(ZiACO)は、 次亜塩素酸水溶液と噴霧器をセットの無料お試しもありますので、興味のある方は試してみては如何でしょうか。 【まとめ】新型コロナウイルス対策 感染が拡大し世界中を巻き込んでいる新型コロナウイルスは 飛沫感染と 接触感染の2つが感染の大きな原因とされています。 一般的には 不要不急の外出を控える、 睡眠をとる、 免疫を高める、 手洗いをする、 マスクをする、 アルコール除菌をするですね。 でも実際にはマスクは手に入らず、アルコール除菌も同様です。 そこで今できる対策としては、 二酸化塩素がウイルス対策に効果的、 ビタミンCも効果的。 これらを常用する事で、感染リスクが緩和する可能性があります。 また自宅では、 空気の入れ替え、 加湿器の使用が予防につながります。 その中でも、 次亜塩素酸水溶液を使う加湿器ジアコは今、注目を集めています。 自分の身を守るため、大切な人の命を守るため、出来るだけの対策をしましょう。 より詳しい情報に関しては、政府が発表する情報をご確認下さい。 以上、参考になれば幸いです。

次の