時候の挨拶 12月。 時候の挨拶(12月・師走)

結婚式の招待状「挨拶文」まとめ!春夏秋冬「時候の挨拶」文例集

時候の挨拶 12月

師走の候/歳末の候/年末の候/歳晩の候/初冬の候/寒冷の候/初雪の候/新雪の候/孟冬の候/寒気の候/霜寒の候/季冬の候/ 12月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 師走の候は「しわすのこう」。 以下、歳末(さいまつ)年末(ねんまつ)歳晩(さいばん)初冬(しよとう)寒冷(かんれい)初雪(はつゆき)孟冬(もうとう)寒気(かんき)霜寒(そうかん)季冬(きとう) 季語を使った12月の時候の挨拶は、プライベートな文書では「師走の候、いかがお過ごしでしょうか」「年の瀬も迫ってまいりました」、ビジネス文書の場合は「初冬の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」などとします。 ・ 師走の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ なにかとあわただしい年の暮れになりました。 ・ 寒さが身にしみる季節になりました。 ・ 年内余白少なくなりました。 ・ 今年もいよいよ押し迫ってまいりました。 ・ 年の瀬も押し迫り、お忙しい毎日をお過ごしのことと思います。 ・ 街路樹がクリスマスイルミネーションで美しく輝いています。 ・ 早いもので今年も締めくくりの時節となりました。 ・ 今年は暖冬の年の瀬となっています。 いかがお過ごしでしょうか。 12月の手紙の書き出しは、季節感を表わす挨拶文を文頭に持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「年の瀬を迎え、いかがお過ごしですか」「今年も残すところあとわずか。 お変わりありませんか」など。 ビジネス文書の場合は、拝啓・謹啓・拝復などの頭語(とうご)から入り、時候の挨拶(の候)を続けたら、そのまま用件(主文)に入ります。 「拝啓 初冬の候、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 さて、さっそくですが~」など。 時候のあいさつは省いて「謹啓 時下ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは~」としてもマナーに反することはありません。 ・ 師走の候、お元気でお過ごしください。 ・ 初冬のおりから、くれぐれもご自愛ください。 ・ 寒さが身にしみる時節。 お風邪などひかれませんように。 ・ 新年に向けて、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 ・ 空気が乾燥しております。 どうぞご自愛ご専一に。 ・ 今年は雪の当たり年と聞きます。 お体を大切にお過ごしください。 ・ 来年もどうかよろしくお願い申しあげます。 12月の手紙の結びは、季節の挨拶を入れたあと「くれぐれもご自愛ください。 」「健康にはご留意ください。 」などの言葉を添えます。 「初冬のみぎり、ご自愛専一に。 」「慌ただしい年の暮れ。 何かと気ぜわしい日が続きます。 健康にはくれぐれもご留意ください。 」といった言葉で結びます。 ビジネス文書の場合は文末の時候の挨拶は省きます。 用件を書いたあと「まずは書面にてお知らせませで。 」「とり急ぎご返事まて。 」「まずは書中にて、お願い申しあげます。 」などの言葉でまとめます。 12月の手紙の挨拶文(上・中旬・下旬) 時候の挨拶は、上旬・中旬・下旬、月の前半・月の後半など、表現を変えなくても大丈夫です。 12月なら「歳晩の候ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」と、冒頭に、12月の季語を使った「の候」を入れておけば問題ありません。 上旬・中旬・下旬と使い分けるのであれば、クリスマス・忘年会・冬休みなど12月の行事や風物詩などを時候の挨拶に入れると、12月らしい季節感のある挨拶文になります。 12月の代表的な和風月名は「師走」。 読み方は「しわす」。 師走の語源や由来については諸説ありますが、一年の終わりに物事をなし終える月、「為果つ月」(しはつづき)という説のほかに、四季の果てる月を意味する「四極」(しはつ)からきているという説などがあります。 12月の別名には次のような呼び名があります。 乙月(おとづき)小歳(しょうさい)晩冬(ばんとう)弟月(おとづき)抄冬(しょうとう)氷月(ひょうげつ)親子月(おやこづき)十二月(しわす)暮歳(ぼさい)限月(かぎりのつき)師走(しわす)暮節(ぼせつ)嘉平(かへい)師走月(しわす)暮冬(ぼとう)師馳(しわす)三冬月(みふゆつき)季冬(きとう)窮紀(きゅうき)師趨(しわす)梅初月(むめはつづき)窮冬(きゅうとう)除(しわす)蠟(ろう)窮稔(きゅうねん)除月(しわす)暮来月(くれこつき)大呂(しわす)暮古月(くれこづき)季冬(しわす)厳月(げんげつ)黄月(こうげつ)極月(ごくげつ)冬索(とうさく)茶月(さげつ)年積月(としつみつき)残冬(ざんとう)年代積月(としよつむつき)三余(さんよ)四極(しきょく)春待月(はるまちつき) 12月:外国語の呼び方 12月は英語では「November」(ノベンバー)。 Novem は nini(ナイン=9)の意味で、ローマ歴では九番目の月に当たりますが、シーサーの名をとって七月を July(ジュライ)とし、アウグスツスが八月を August(オーガスト)としたので、二か月ずれて十一月になったと言われています。 今日はカレンダーの日。 早いもので来年のカレンダーを準備する季節になりました。 いかがお過ごしでしょうか。 今日はブリの日。 寒ブリの美味しい季節になりました。 お変わりありませんか。 今年は母の看病のために知人が届けてくれる動画での見物となっております。 浅草寺境内は師走のにぎわい。 年の瀬のムードを盛り上げていました。 お知らせはがき例文<12月>忘年会の案内状 12月に毎年、仲間内で行なっている忘年会の案内はがきを作りました(上記の写真)構成は、季節の挨拶から入って、安否を尋ね、本題で用件を伝えたあと、相手を誘う言葉を添えて、返事の連絡先を入れで、文末に「まずは忘年会のご案内まで」と書いて結びました。 忘年会の案内はがきの文面は以下のとおり。 実際は縦書きです。

次の

【時候の挨拶】12月 ビジネス文例と結び!お礼状や季語の例文も

時候の挨拶 12月

もくじ• 12月中旬で使う漢語調の時候の挨拶 漢語調の時候の挨拶を使うことで、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 手紙を送る相手が年配の方やビジネスの場面などで使いやすい言葉です。 12月中旬の暦は大雪の時期 師走の候、大雪の候、極月の候、霜寒の候 大雪(12月7日頃):12月7日頃~12月22日頃の前日まで *「~のみぎり」「~の折」という表現を用いることも可能 12月中旬は年始の挨拶である年賀状や、お歳暮の添え状などで手紙を書く機会も増えると思います。 年賀状の場合は頭語や結語は使いませんが、お歳暮の添え状や一年を振り返って手紙を送る時など時候の挨拶も使う時があります。 拝啓 師走の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 おかげさまで学校の成績も伸び、机に向かう時間も増えております。 つきましては、お礼の印にささやかなお歳暮の品をお送りいたしました。 お納めいただければ幸いです。 幸多き新年を迎えられますよう、お祈り申し上げます。 敬具 お歳暮の添え状という形で例文を作ってみました。 年末でお歳暮を贈る場合には、こういったお手紙を添えると気持ちが伝わり良いと思います。 「拝啓ー敬具」といった「頭語と結語の組合せ」について、個人間のやり取りやビジネス、女性特有の言い回しなど、シーンに合った使い方やマナーがあります。 詳しくはこちらの 頭語と結語の関係についてまとめた記事を用意してますので、ぜひ参考にしてください。 12月中旬で使う和文調の時候の挨拶 和文調の時候の挨拶では、気軽な感じでお手紙を出す相手に使われることも多いです。 ですので、改まった手紙と親しい相手への手紙で書き出しや結びの言葉にも違いがあるので、手紙の種類によってアレンジしてください。 時候の挨拶12月中旬の書き出しの言葉• あわただしい年末ですが、年賀状のご準備などはお済でしょうか。 年末ご多忙の折、皆様お元気でお過ごしでしょうか。 クリスマスのイルミネーションで、街が鮮やかに彩られる頃となりました。 年の瀬も迫ってまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 12月も半ばを過ぎ、来年のカレンダーの準備もしております。 木枯らしの冷たさが身に染みる季節となりました。 皆様お変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。 厳しい寒さの続く師走です。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 例年にない暖かな師走となっております。 お変わりございませんか。 暦の上では大雪ですが、今年は暖冬の影響かすごしやすい日が続いております。 年の瀬もいよいよ迫ってまいりましたが、お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。 師走も半ばを過ぎ何かと心せわしい日が続いております。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 12月の寒さはさすがに厳しいですが、そちらはお変わりありませんか。 師走に入りますますご活躍のことと存じます。 忘年会シーズンで飲む機会も増えてくる時期です。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 クリスマスをひかえ街がきらめいております。 穏やかなお暮らしが続いているものと存じます。 街もすっかりクリスマスムードです。 今年もどこかにお出かけの予定でしょうか。 スポンサードリンク 時候の挨拶12月中旬の結びの言葉• 何かとあわただしくなる年末です。 くれぐれもご自愛ください。 寒さ厳しき折から、風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 冬になって空気が乾燥しております。 インフルエンザなど十分ご注意ください。 来る新年が素晴らしいものであるようにお祈りいたします。 師走の段、ご家族そろって穏やかな新年をお迎えください。 忘年会シーズンですが、お互い飲みすぎないよう注意しましょう。 今年一年の心からの感謝を込めて、一筆申し上げました。 風邪などひかずお元気で良い新年をお迎えください。 何かとご多用な年末につき、どうかお身体にお気をつけくださいませ。 気ぜわしい毎日ですが、体調を崩されませんようお気をつけください。 時候の挨拶12月中旬の例文「和文調」 スポンサードリンク 12月の風物詩 12月の動植物などの様子や風物詩を冒頭や結び、本文中に盛り込むことで季節感が生まれます。 冬至、ゆず湯、冬将軍、師走、初冬、初氷、歳末、南天、ふぐ、寒ブリ、おでん、鍋物、大根、白菜、冬至かぼちゃ、かずのこ、みかん、りんご、新海苔、お歳暮、すす払い、大掃除、暖房、こたつ、インフルエンザ、冬休み、クリスマス、サンタクロース、トナカイ、ソリ、靴下、イルミネーション、クリスマスツリー、プレゼント、年賀状、大晦日、しめ飾り、おせち料理、年越しそば、除夜の鐘、餅つき、忘年会、年末ジャンボ宝くじ、紅白歌合戦、シクラメン、福寿草、葉牡丹、ひいらぎ、ビオラ、うさぎ、キタキツネ、白鳥 これらの言葉を使って、12月の季節が現れるような手紙を作ってみましょう! 時候の挨拶を含めた手紙の作り方については、こちらを参考にしてください。

次の

【一覧】時候の挨拶・季節の挨拶が分かる例文と結びの言葉

時候の挨拶 12月

時候の挨拶8月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文を見ていきます。 8月は暑い夏、真っ盛りの時期ですね。 お盆や花火大会、海や夏休みなど楽しいイベントもたくさんある時期です。 でも、その一方で猛暑となったり、熱中症や夏バテで体調を崩しやすいなど、注意しないといけない季節でもありますよね。 そんな8月には、 「暑中見舞い」や 「残暑見舞い」といった相手の健康などを気遣うお手紙の形もあります。 では、相手とのやり取りをするお手紙の中で、その 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬にどういった言葉が使われるのか? 今回は、その 8月の時候の挨拶で使われる 書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩について。 また、暑中見舞いや残暑見舞いの手紙についても触れてまとめました。 時候の挨拶 8月下旬 秋暑の候、早涼の候、処暑の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「立春」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶8月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の8月の上旬~中旬にあたる 立秋の時期には 初候(8月7日頃) 涼風至(すずかぜいたる) 涼しい風が吹き始める頃を言います。 次候(8月12日頃) 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 蝉のひぐらしが鳴き始める頃を言います。 末候(8月17日頃) 蒙霧升降(ふかききりまとう) まとうように深い霧が立ち込める頃を言います。 時候の挨拶8月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の8月の中旬~下旬にあたる 処暑の時期の七十二候には、 初候(8月23日頃) 綿柎開(わたのはなしべひらく) 綿を包む萼 ガク が開き始める頃になります。 *柎 はなしべ とは、花の萼 ガク のことで、綿を包む萼が開き始めることをいいます。 次候(8月28日頃) 天地始粛(てんちはじめてさむし) 空と大地の暑さがようやくおさまり始める頃になります。 末候(9月2日頃) 禾乃登(こくものすなわちみのる) いよいよ稲が実り、穂を垂らす頃を言います。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 納涼の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 【和文調】 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いておりますが、皆様、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして8月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶8月上旬の書き出し例文• 厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 酷暑の候、皆様、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。 暑さますます厳しき折から、お見舞い申し上げます。 猛暑の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 蝉の鳴き声も勢いよく聞こえる毎日です。 ご壮健でお過ごしのことと存じます。 時候の挨拶8月中旬の書き出し例文• 暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ暑い日が続きます。 そちらはお変わりありませんか。 立秋の候、お変わりなくご活躍のこと、お喜び申し上げます。 連日の熱帯夜ですが、お元気でいらっしゃいますか。 晩夏の候、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 盆踊りの季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 時候の挨拶8月下旬の書き出し例文• 残暑いまだ去らぬ毎日が続きますが、ますますご活躍のことと存じます。 早涼の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 ようやく暑さの峠も過ぎ、すごしやすい気候を取り戻しつつあります。 処暑の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 お盆は帰省されたと伺いましたが、故郷はいかがでしたか。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【8月上旬】 連日の暑さで体調を崩されぬよう、お体には十分お気をつけ下さい。 【8月中旬】 残暑厳しい日が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 【8月下旬】 すごしやすい季節ももうすぐです。 どうかお身体にお気をつけくださいませ。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶8月上旬の結び例文• 残暑厳しい毎日ですが、くれぐれも健康にはご留意ください。 寝苦しい夜が続きますが、お体に気を付けて。 お盆の帰省の際には、混雑と暑さでお疲れにならぬようご注意下さい。 今年も冷えたスイカなど用意しておりますので、帰省された際には、ぜひお立ち寄り下さい。 まだまだ暑い日が続きますが、お体を大切にお過ごしください。 時候の挨拶8月中旬の結び例文• 残暑厳しき折、くれぐれもご自愛ください。 今年の暑さは例年以上に長く残るようでございます。 ご自愛専一にお過ごしください。 忙しい日が続くと思いますが、お体には十分気をつけて下さい。 連日の猛暑で夏バテなどなさらないよう、どうかお身体にお気をつけくださいませ。 今年は冷夏で例年になく涼しいですが、風邪など引かれませんようお気をつけ下さい。 時候の挨拶8月下旬の結び例文• 涼しい秋の気配を感じます。 お元気でご活躍下さいませ。 夏の疲れが出る時節です。 体調を崩されませんようお気をつけください。 秋風が吹き、いくぶん暑さも和らいできました。 このまま無事に夏を乗り切りましょう。 夏季休暇も終わりリフレッシュできたと思います。 お互い気を引き締めてがんばりましょう。 朝夕はしのぎやすくなりましたが、油断されずどうかお体を大切になさって下さい。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 8月の時候の挨拶に入れる季語 8月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは8月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に8月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に8月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな8月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 夏休み、夏の甲子園、帰省、お盆、盆踊り、花火大会、お墓参り、残暑見舞い、海、プール、日焼け、熱中症、日傘、エアコン、扇風機、きもだめし、終戦、ねぶた祭り、五山の送り火、ビール、そうめん、とうもろこし、かき氷、冷やし中華、アイスクリーム、すいか 【気候】 夕立、入道雲、台風、残暑、処暑、立秋、真夏日、猛暑日 【自然】 カブトムシ、クワガタ、蚊、ひぐらし、セミ、とんぼ、カンナ、やまゆり、りんどう、鳳仙花、ひまわり、朝顔 これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 暑中見舞いと残暑見舞いについて 暑中見舞いとは、暑さが厳しい季節に相手の体調を気遣って出す季節のお便りです。 今では、お中元などと一緒に出すケースも多くあります。 そんな 暑中見舞いの時期ですが、8月7日頃に立秋を迎えるので、 参考ページ 残暑見舞いは、相手から来た暑中見舞いの返事にも使えるので便利です。 ぜひ、活用してくださいね。 あとがき 時候の挨拶で8月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。 そして8月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。 また、暑中見舞いや残暑見舞いの手紙についても触れてまとめましたがいかがでしたか。 漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。 うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、8月の時候の挨拶の参考にしてください。 その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の