アルギニン マイプロテイン。 ブラックフライデー日替わり4日目「シトルリン

ピープロテインとソイプロテインの成分を比較!どっちを選ぶべき?

アルギニン マイプロテイン

日本では、長年「医薬品」として扱われていましたが、厚生労働省の食薬区分改正により、2007年からは「非医薬品」となり、サプリメントにも使用できるようになりました。 元医薬品ということで、 摂取後のパンプアップ、筋力向上は、アルギニンを上回る著しい効果が期待できます。 もちろん筋トレだけでなく、滋養強壮としての使い方も可能です。 しかし、割と新しいサプリメントだからか、外国と比較すると、日本ではそれほど人気がありません。 そこで今回は、そんなシトルリンの効果について紹介していきます。 混同されがちな、アルギニンとの違いも併せて説明していきます。 アミノ酸ではありますが、たんぱく質の合成に使われることがなく、遊離した状態で、血液や細胞の中に存在します。 そのため、 「必須アミノ酸」「非必須アミノ酸」のどちらにも分類されません。 シトルリンが豊富な食べ物 シトルリンは、1930年に和田光徳という日本人によって、スイカから発見されました。 シトルリンという名前も実は、スイカの学名「Citrullus vulgaris」から名づけられています。 食べ物では、 スイカ、メロン、キュウリ、ゴーヤなど、ウリ科の植物に豊富に含まれています。 しかし、シトルリン100mgを摂取するためには、キュウリ約10本を食べる必要があります。 そのため、摂取はサプリメントからが基本です。 シトルリンの効果 photo credit: TerryGeorge. via パンプアップ作用 最も注目すべき効果が、パンプアップ作用です。 パンプアップとは、トレーニング後に、筋肉の体積が通常よりも増えている状態のことで、筋肥大をするためには、欠かせない重要な現象だといわれています。 パンプアップの要因はいくつかありますが、その一つが、 シトルリンの摂取で発生する「一酸化窒素(NO)」です。 血管内で一酸化窒素の生成量が増えると、血管が拡張され、血圧を上げることなく血流を増やすことができます。 その結果として、筋肉がパンプアップするというわけです。 ちなみに、シトルリンによる男性器のサイズアップ効果も同じ原理です。 最大筋力の向上 一酸化窒素(NO)による血管の拡張は、運動パフォーマンスも向上させます。 筋トレでいえば、 レップ数や最大重量の増加が期待できます。 サプリメントの効果は、比較的わかりづらいものが多いですが、シトルリンは即効性があるため、摂取したその日から効果を実感できます。 気になる方は、摂取前後のレップ数を比較するといいでしょう。 成長ホルモンの分泌 シトルリンには、ヒト成長ホルモン(hGH)の分泌を低下させる「ソマトスタチン」の働きを阻害する効果があります。 これにより、脳下垂体前葉という部分から、 ヒト成長ホルモン(hGH)の分泌が促進されます。 ヒト成長ホルモン(hGH)には、トレーニングで傷ついた筋繊維の修復を促進する作用があるため、筋肉痛を抑制する効果も認められています。 また、成長期の子どもへの摂取で身長が伸びるという原理もこれです。 私たちの体内では、たんぱく質やアミノ酸を分解する過程で、「アンモニア」という、疲労の原因物質の一つとされる有毒な無機化合物が生成されます。 このアンモニアを、無毒な尿素に変換するのが、「尿素回路(オルニチンサイクル)」です。 この回路では、次の順に変換が起こります。 そのため、シトルリン、アルギニン、オルニチンの3つは、基本的に同じ効果があります。 なぜ、この部分だけが特別にピックアップされているかというと、実はこの段階で、一酸化窒素(NO)が生成されるからです。 一酸化窒素(NO)は、先に説明した通り、血管を拡張し、血流を増加させる効果があります。 これにより、運動のパフォーマンスを著しく向上させる効果が期待できます。 実は、アルギニンとシトルリンでは、シトルリンの方が吸収率が約20%も高く、血中のアルギニン濃度を効率よく高めることができます。 そのため、サプリメント先進国のアメリカでは、シトルリンは 「スーパーアルギニン」と呼ばれることもあります。 性質の違い アルギニンはアルカリ性の性質を持っていますが、 シトルリンは中性です。 そのため、アルギニンを飲むと、胃腸の調子が悪い日は、お腹を下してしまうことがあるため、クエン酸などで中和させて飲む方法も存在します。 シトルリンは、最初から中性なので、そのような心配はありません。 ,Ltd. 何でどうやって飲むか シトルリンは中性の性質を持つため、アルギニンのように中和する必要はありません。 そのため、ジュースやお茶など、何で飲んでも構いませんが、吸収率を高めるためには、 基本的に水で飲むのが無難です。 また、同じオルニチン回路である、アルギニン、オルニチンと同時摂取することで、吸収率を著しく向上させることができます。 そのため、可能な限りこれらと一緒に飲むことがおすすめです。 1日の摂取基準 シトルリンはアルギニンと同じく、過剰摂取によって肝機能や腎機能に悪影響があります。 個人差はあるものの、成人では、1日20g以上の摂取を継続することで、肌荒れなど、過剰摂取の兆候が出始めるといわれています。 サプリメントとして摂取する場合、 1日の摂取基準は、5g~9gの間に収めるのが一般的です。 ただし、アレルギー、気管炎症、ぜんそく、肝硬変、ヘルペスを患っている人や、すでに何らかの薬を服用している人は、医師と相談しながら摂取する必要があります。 飲むタイミング シトルリンは、摂取した約30分後にアルギニンの血中濃度が最大になり、そこから4時間ほどかけて、緩やかにもとのレベルまで戻ります。 そのため、トレーニング中に効果のピークを迎えるためには、 トレーニングの約60分前に摂取するといいでしょう。 トレーニング前に摂取することで、ワークアウトの質を上げるこのようなサプリは、プレワークアウトサプリと呼ばれています。 おすすめのシトルリンサプリ シトルリンの吸収率は約60%ですが、アルギニンと同時に摂取することで、身体への吸収率が約90%まで跳ね上がります。 そのため、シトルリン単品ではなく、アルギニン同時配合のサプリメントがおすすめです。 元プロボクサーの長谷川 穂積 選手も愛用している人気サプリ「マッスルプレスHMB」の姉妹商品にあたります。 シトルリンはアルギニンよりも原価が高いため、多くのサプリでは、アルギニンのオマケ程度しか配合されていません。 しかし、 マッスルプレスには1,000mgと豊富に配合されています。 そのため、飲んだ初日から、強烈なパンプアップを実感できるでしょう。 もちろん、筋トレサプリとしてだけでなく、男性不妊やEDの改善にも効果が期待できます。 おすすめの購入方法 マッスルプレスは、楽天市場、amazon. comからも購入が可能ですが、公式サイトではお得な定期購入を選択することができます。 その場合、1本あたり約2,000円安いため、購入は公式サイトからの定期がおすすめです。 実際、ボディビルダーは、クレアチン、BCAA、グルタミン、HMBなど数種類、多い人では数十種類のサプリを併用しています。 しかし、複数サプリの摂取は、過剰摂取や拮抗作用の心配、経済的な負担があるため、一般人では、中々難しいです。 そこでおすすめなのが、HMBを主成分に、クレアチン、BCAA、グルタミンなどを詰め込んだ 「筋トレサプリ」です。 筋トレサプリには、筋肉の成長に必要な栄養素が、まるごと配合されているため、 摂取するだけでスポーツ管理栄養士が組んだような、理想的な栄養バランスをキープできます。 クレアチン、BCAA、HMBなどを個別に摂取している人は、一度検討してみるといいでしょう。 avex beauty method キレマッスルHMB 基本情報 メーカー:エイベックス・グループ(avex Group) 定期価格:6,980円 返金保証期間:30日間 配合成分数:24種類 HMB配合量:1,800mg 注目のポイント 日本最大手の音楽プロダクション「avex(エイベックス)」が開発したサプリです。 もともと、所属タレントの健康美容のために開発された商品のため、他メーカーのHMBとは異なり、 コラーゲンペプチドなどの美容サポート成分が配合されています。 HMBの配合量も1,800mgと豊富で、シトルリン、アルギニン、オルニチンという、尿素回路を活性化する3つの成分が配合されています。 キレマッスルHMBは、楽天市場やamazonでも販売されていますが、初回500円のキャンペーンは公式サイトだけです。 初購入の方は、公式キャンペーンサイトからの購入がおすすめです。 関連記事 全15社の筋トレサプリを比較したランキング - ,.

次の

【マイプロテインのアルギニン】トレ中の疲労回復、パンプアップに効果あり!とりあえず飲んだ方がいいサプリNo.1

アルギニン マイプロテイン

この記事の目次• マイプロテインBCAAのフレーバーはビターレモン味がオススメ! まず最初に、多くの人が気になるであろう味の感想から書いていきます。 マイプロのBCAAにはたくさんのフレーバーがありますが、 結論から言うとビターレモンが圧倒的にオススメです。 BCAAにありがちな ケミカルな甘さが無く、酸味があってスッキリ爽やかで飲みやすいです。 海外商品にありがちな 派手な着色料も使われていないので(ポカリの様な見た目です)、見た目で気持ち悪くなってしまう人も安心して飲めます。 以上の理由でビターレモン味が文句無しのNo. 1です。 マイプロテインBCAAおすすめ味ランキングTOP5 マイプロのBCAAのフレーバーをオススメ順にランキング形式でまとめました。 参考にしてみてくださいね。 ポカリとかアクエリが嫌いじゃなければコレをチョイスしましょう。 レギュラー入りを切望します。 甘さが強めなので飽きやすいですが味は美味しいです。 甘さ控えめで飲みやすいですね。 個人的にはピーチティー自体があまり好きではないのでマイナス1点しましたが、好きな人なら10点満点のクオリティです。 ザクロ自体がマイナーな果物なので最初は抵抗感があるかも知れませんが、個人的には酸味と爽やか風味が良い感じです。 ・・・ 1位~5位まではハズレ無しです。 好みで選びましょう!• Impactホエイプロテインの味ランキングもあります なお、マイプロテインと言えばImpactホエイプロテインのフレーバーの多さも圧倒的ですよね。 というわけで、 55種類のフレーバーを一つずつ飲み比べレビューしました。 美味しい順ランキングも載せているので是非参考にしてみてください。 激マズ!地雷フレーバーに注意! ランキングTOP5を紹介しましたが、これ以外のフレーバーはあまりオススメしません。 上位5つは普通に美味しいんですが、それ以外は急激に不味くなります… 笑 特に キウイとベリー系は地雷です。 かなりケミカルで気分が悪くなります。 ・・・ 以降、新しく追加された4種のカクテルフレーバーや期間限定フレーバーのレビューも書いているので参考にしてみてください。 4種のカクテルフレーバー(キウイ、モヒート、アイスティー、グレナデン)新発売! 2018年の8月にBCAAに新フレーバーが登場しました。 今回のフレーバーはカクテル風味という事でキウイ(Kiwi)、モヒート(Mojito)、アイスティー(Ice tea)、グレナデン(Grenadine)の4種類がラインナップ。 これらのフレーバーの感想も述べたいと思います。 味の感想 4種のカクテルフレーバーで最も美味しかったのがアイスティーですね。 アイスティーというよりピーチティーですが。 至って普通のピーチティーといった感じなのでピーチティーが好きな人であれば普通に美味しく飲めると思います。 次がグレナデン。 グレナデンとはザクロのシロップの事です。 爽やかな風味で甘さと酸味のバランスが丁度良いです。 お好みでやを加えればよりスッキリ美味しく飲めるのでオススメです。 次はモヒート。 ライムとミントのカクテルです。 本来はラム酒が入っていますがBCAAなのでノンアルコールです。 柑橘系なのでスッキリ飲みやすいですが後味にほんのりミントを感じるので好みが分かれる味です。 個人的には有りだと思いました。 最後はキウイ。 正直マズイです。 一番期待していたのですが、キウイなのか何なのか分からない味です。 一般的にキウイ風味のドリンクって市販されていませんが、おそらく開発が難しいんでしょうね。 期間限定グレープ味&プロセッコ(スパークリングワイン)味をレビュー 2018年の11月に発売された期間限定商品のグレープ味とプロセッコ味をレビューします。 グレープ味のレビュー グレープ味(ぶどう)はレギュラー化しても良いレベルですね。 ファンタグレープほど濃厚なグレープ風味は感じませんが、クセがなくあっさりしていて飲みやすいです。 今まで発売しなかったのが不思議です。 プロセッコ味のレビュー プロセッコはイタリアのスパークリングワインのことです。 パッケージが黒とゴールドで高級感がありますね。 味は予想の斜め上でビックリしました! 思った以上にワインです。 甘くなくて酸味が強くワインの風味を感じます。 アルコールフリーと書いてありますが、プラシーボ効果で酔っ払いそうです 笑 ノンアルコールビールでも酔っ払う人が多いみたいですからね。 結構特徴的なので好みは分かれますが個人的には好きです。 リピ買いしたいです。 両方合わせた方が美味しい! グレープ味とプロセッコ味は混ぜて飲んだ方が美味しくオススメです。 両方とも同じブドウ系なので合わないわけが無いですし、互いの弱点を上手く補っているので良いバランスになるんですよね。 割合はお好みですが個人的には1:1が丁度良いと思います。 BCAAとは? ここからはBCAAの効果をあまり知らない初心者に向けた内容となります。 BCAAの正体 BCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシンという3つの必須アミノ酸の総称です。 この3つの必須アミノ酸は、枝分かれするような分子構造を持っているため『分岐鎖アミノ酸』と呼ばれていて、その英語表記の頭文字を取ったのがBCAA(Branched Chain Amino Acid)なんです。 BCAAの効果 BCAAには次の効果があります。 筋トレ時のエネルギー源になる• 筋肉の分解を抑制する• 筋肉の成長に作用する• 筋トレ時の疲労軽減に効果的 というような効果があるわけですが、これらについてもう少し掘り下げて説明します。 筋トレ時のエネルギー源になる BCAAと聞くとサプリメントを想像してしまいがちですが、元々は 筋肉中に多く含まれるアミノ酸の一種です。 通常は体内にある糖分を分解しエネルギー源として利用するのですが、ダイエット・減量中はエネルギー源である糖分が不足しがちなので 筋肉を分解してBCAAを取り出しエネルギー源として利用するのです。 つまり、筋肉を分解するという事は 苦労して筋トレで増やした筋肉を自ら捨ててるようなものなんです…。 この深刻な問題を解決するのがサプリメントとしてのBCAAなんです。 筋肉の分解を抑制する BCAAを摂取すると 血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉の分解が抑制されるという研究結果が出ています。 つまり、サプリメントとして摂取したBCAAが優先的に使用されていると考える事が出来るわけです。 筋肉の成長に作用する BCAAを構成するアミノ酸の一つであるロイシンは、インスリンの分泌を促進させる働きがあります。 インスリンは糖質制限ダイエットでお馴染みですね。 インスリンの分泌量が多いと脂質の吸収を促進してしまい太りやすくなってしまうのです。 しかし、それは同時にタンパク質の吸収を促進し筋肥大の手助けにもなるという事を意味するのです。 筋トレ時の疲労軽減に効果的 必須アミノ酸の一つであるトリプトファンは脳内で セロトニンという物質を分泌するのですが、強度の高い運動をするとそれが 過剰に分泌しそれが疲労感を感じる原因になると言われています。 トリプトファンとBCAAは同じ経路を通る為(1人用の通路を2人でシェアしているような状態)、 BCAAの流通量が増えれば必然的にトリプトファンの流通量が減り、セロトニンの過剰分泌が抑制されるので、結果的に疲労軽減につながるという事なのです。 ・・・ と言うようにBCAAは筋トレをする人にとっては欠かせないアイテムなのです。 【価格比較】BCAAは激安・高品質のマイプロテインがオススメ! コスパ抜群の価格! マイプロテインのBCAAはとにかく安いです!これほどコスパに優れたBCAAは他にないと思います。 パッケージは1kg、500g、250gの3種類ありますが、サイズが大きいほど割安です。 BCAAは利用頻度が特に多いサプリなので、特別な理由がない限りは1kgサイズがオススメです。 価格は定価1kg7,700円で1回分当たり38. 5円、 半額セールで買える機会が多いので上手く利用すれば 1kg3,850円で1回分当たり19円程度で購入できてしまうんですよね。 他のメーカーと比較すると、国産のは500gで7,180円(1kg 14,360円)ですからおよそ2倍もしますし、ホエイプロテインが異様なぐらい旨いで有名なも500gで5,520円(1kg 11,040円)もします。 外国産は日本ではが有名ですね。 愛用しているトレーニーも多いです。 1kg当たり4,240円なので定価であればマイプロテインよりも安いですが、セール時の価格には及びません。 マイプロテインBCAAはどこが購入するのが最安値? マイプロのBCAAを一番安くサイトを知りたい人もいると思うので調べました。 価格は最もコスパの良い1kgサイズで比較しています。 「30%OFFとか50%OFFってフェアじゃなくない?」って思うかも知れませんが、 基本的にマイプロテインのBCAAはクーポンを使えば30%OFFが適用されるので、この価格が標準なんです。 『アミノ酸セール』の時は更に安い50%OFFになったりします。 なお、使用可能なクーポンはで確認できます。 第三者機関も認める品質 マイプロテインのBCAAは品質においても優秀です。 独立検査機関では、品質・価値ともに最高のAランクを獲得しています。 安いだけで品質が悪くては話になりませんが、安いのに高品質というのは企業努力の賜物でしょう。 BCAA(分岐鎖アミノ酸)の栄養成分 1食分当たり L-ロイシン 2g L-イソロイシン 1g L-バリン 1g 今回紹介しているBCAAは ロイシン、イソロイシン、バリンが2:1:1の割合で配合されているオーソドックスなタイプです。 マイプロテインでは他にもも販売されているので知識がある人はこちらを利用すると良いかも知れません。 まとめ それではまとめます。 マイプロテインのBCAAのおすすめのフレーバーは以下の通りです。 初めて利用する人はビターレモンが無難だと思います。 ビターレモン• トロピカル• アイスティー• グレナデン BCAAは吸収が速く即効性があるので、運動中の筋肉の分解を防ぐ為にこまめに摂取することが推奨されます。 そして、 運動中以外の日常でもBCAAはこまめに摂った方が良いとされています。 特にダイエット・減量中は糖分が不足するので、常に筋肉の分解のリスクにさらされているので、その必要性はさらに高まります。 セールを利用すれば1回分当たりたったの19円ですから、スポーツドリンクを飲むよりも安価で済みます。 積極的に常用していきましょう。 【番外】状況や用途に合わせて様々なBCAAを使い分けよう マイプロテインにはコスパに優れたオーソドックスなBCAAの他にも様々な商品があります。 状況や用途に応じて利用するとより良い効果が得られるかも知れません。 手軽に摂取出来て炭酸入りで旨い!『BCAAエナジー』 BCAAエナジーは缶入りの炭酸飲料なので、 手軽に摂取出来て美味しいのが特徴です。 事前に冷蔵庫でキンキンに冷やしておくことをオススメします。 成分はBCAA以外にも、集中力を高めるカフェインやチロシン、疲労軽減に効果を発揮するビタミンB6、B12が配合されています。 というわけで番外商品の紹介でした。 色々試してみて自分に合ったものを探しましょう。 当サイトではこの他にも様々なマイプロテイン商品のレビューを行っています。 興味がある方は是非ご覧ください! マイプロテイン - 会社情報 この記事で紹介した商品・サービスの製造・開発・販売を行っているマイプロテインは、The Hut Group(THG)を親会社に持つ2004年に設立したイギリスの会社です。 今ではヨーロッパNo. 1ブランドになり世界70ヶ国以上で人気を博しています。 マイプロテイン - 所在地 Myprotein Customer Service Department Meridian House, Gadbrook Park, Gadbrook Way, Rudheath, Northwich, Cheshire, United Kingdom, CW9 7RA マイプロテインの商品について質問・クレームがある場合は下記から連絡が出来るので活用してみてください。 - , , , , ,.

次の

グルタミンで運動による筋肉の分解を防ぐ

アルギニン マイプロテイン

ちなみに「大豆」はマメ目マメ科ダイズ属の一年草で、未成熟のうちに収穫すると「枝豆」と呼ばれます。 「えんどう豆」はマメ目マメ科エンドウ属の一・二年草で、未成熟のうちに収穫すると「グリーンピース」と呼ばれます。 そして大豆からタンパク質を抽出する技術も歴史があるため、ソイプロテインは非常に多く流通しています。 流通量が多いから、どこでも買えるし値段も安い。 何だかんだ言って、ソイプロテイン最大のメリットは 「買いやすさ」でしょう。 ピープロテインの方が地球に優しい ソイプロテインが植物性タンパク質の主流となって久しいですが、ココ数年でえんどう豆を原材料とする 「ピープロテイン」も急激に広まっています。 その理由は 「生産のしやすさ」で、えんどう豆は寒冷地や乾燥に強く、世界のどこでも栽培できます。 大豆1kgを生産するのに必要な水の量は、約2,500リットル。 それに対して、えんどう豆1kgを生産するのに必要な水は わずが50リットル!えんどう豆は保水性が非常に高く水を必要としないため、地球環境にも優しい植物です。 を参照し筆者作成 今日では、あらゆる産業が「サステイナブル(持続可能)」を合言葉としており、環境に優しい食料を生産することは人類共通の課題。 ピープロテインは 「サステイナブル・プロテイン」とも呼ばれ、環境にも配慮した聡明なマッチョたちに支持されています。 ちなみに、牛肉1kを生産するのに必要な水の量は15,977リットルで、酪農業の環境負荷の高さがよく分かりますね。 ピープロテインの方が吸収が早い えんどう豆のタンパク質は保水性が非常に高いだけでなく、溶解性も高いことがわかっています。 つまり溶けやすいので 消化しやすい、吸収されやすいのです。 もちろんホエイプロテインとは比べるべくもありませんが、「吸収が遅い」と言われる植物性プロテインの中でも、ピープロテインは速やかに吸収されて筋肉の材料となります。 エンドウ豆タンパク質は大豆タンパク質に比べて消化が易しく、リジンやアルギニンなど多くの必須アミノ酸が含まれているため、スポーツ愛好者の間で人気のプロテインサプリメントでもある。 引用: 植物性タンパク質の方が健康に良い? ソイプロテインもピープロテインも、肉や乳製品とは違う 「植物性プロテイン」です。 普段食べている動物性タンパク質の量を減らし、植物性タンパク質の量を増やすと死亡リスクが下がるという研究が、国立がん研究センターより発表されています。 赤肉を植物性たんぱく質に置き換えた場合は、総死亡リスクが34%、がん死亡リスクが39%、循環器死亡リスクが42%下がることがわかりました。 加工肉を植物性たんぱく質に置き換えた場合は、総死亡が46%、がん死亡リスクが50%下がることがわかりました。 引用: これは赤肉や加工肉と置き換えた場合ですので、ホエイプロテインなどとの違いはわかりません。 しかしプロテインで便秘や下痢になるのは良くあることで、植物性プロテインに変えると治るケースがほとんどです。 ホエイプロテインの健康リスクが気になるなら、ソイやピーなどの植物性プロテインに変えてみるのも一手でしょう。 を参照し筆者作成 生食なら大豆圧勝・プロテインならどっこいか? 表を見れば分かる通り、大豆やえんどう豆をそのまま調理して食べる場合、アミノ酸の量は大豆の圧勝となります。 単純に「タンパク質の多い豆」であれば大豆一択ですが、タンパク質を抽出してプロテインにした場合は、どちらも大差ない事がわかりますね。 ピープロテインとソイプロテインの選び方のポイント ピープロテインとソイプロテインの違いを見てきた所で、両者の選び方のポイントを解説しましょう。 最初に言っておきますが、 味はどっちも大して変わりません。 プロテインの味は、素材そのものよりフレーバーの付け方の影響の方が遥かに大きいです。 マイプロテインであればどっちも「超うまい!」という訳には行かないですが、そこそこ飲める味ですね。 これは試してみるしかないと思います。 大豆アレルギーはないか? ソイプロテインとピープロテインを分かつポイントは、アレルゲンです。 大豆アレルギーがある方はまずソイプロテインは選べませんよね。 えんどう豆にはアレルゲンが無いため、アレルギー体質の方でも比較的安全に食べられると言われています。 軽度の場合アレルギーに気づいていない方も多いので、ソイプロテインを飲んでお腹を下しやすかったり、「なんか調子悪い」実感がある方は、ピープロテインに変えてみても良いでしょう。 リジン・アルギニンはピープロテインが有利 ピープロテインは「リジン」の含有量が多く、リジンは米や小麦などには少ないアミノ酸のため、プロテインでリジンも補給しておけば米のタンパク質も効率よく利用できます。 普段から米食が多い方は、ピープロテインのメリットも大きいですね。 また血管を拡張するアミノ酸である「アルギニン」も、ピープロテインの方が多く含んでいます。 血流を良くする事で運動の効果を高め、さらにアルギニンは男性ホルモンの分泌にも関わっているので、サプリで飲む人も多いですよね。 サファリ 買いやすさならソイプロテイン 繰り返しになりますが、価格、流通量を含めた「買いやすさ」なら圧倒的にソイプロテインです。 ピープロテインは実質ネット通販しか選択肢がありませんが、ソイプロテインならスポーツショップやドラッグストアでも売っています。 が、マイプロテインであればピープロテインもソイプロテインも対して値段が変わらないんですよね。 セール中であれば 「1kg1,790」と、日本では考えられない安さです。 さすが世界のマイプロテイン。 なお、ピープロテイン100%だとメチオニン含有量が足りずアミノ酸スコアが100出ないので、 ピープロテインとライスプロテインのブレンドの方を強くオススメしますよ。 プロテインのアミノ酸組成は大差なし• ピープロテインは地球に優しくアレルゲンもない• マイプロテインだと値段はあまり変わらない ピープロテインとソイプロテインの違いについてまとめてきました。 結論としては、どっちも対して変わらないので好きな方を選べばいいと思います。 ソイプロテインは圧倒的に流通量が多く買いやすいですが、地球環境の事を考えるとピープロテインを流行らせていくのも大事だと思いますね。 どちらも植物性プロテインで身体には優しいので、ホエイプロテインばかりだった方は一時的に変えてみると色々な変化を感じられるかも知れませんよ。 私はピープロテインに変えてから、お腹の調子が良くて助かっています。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ブログランキング参加中。 よかったらポチッとお願いします。

次の