小僧 寿し 株価。 小僧寿しで上場廃止の猶予期間の大ピンチ!3つの苦戦している理由とは?

小僧寿し(9973)株価急騰!債務超過解消、黒字転換でテンバガー?

小僧 寿し 株価

小僧寿し 9973 、株価急騰の理由は債務超過解消&黒字転換&コロナ特需か 長年低迷が続いていた 小僧寿し 9973 の株価が急騰しています。 新型コロナの影響で飲食店の深刻な状況が連日報道される中、小僧寿しに一体なにが起こっているのでしょうか? 小僧寿しの株価は今年の最安値からすでに3倍近くも上昇。 この調子ならテンバガーもあるのでしょうか… 小僧寿しの株価急騰の背景には、黒字転換と債務超過解消という大きな理由とともに、コロナ特需が起こっている可能性もあるところにあります。 この勢いのまま小僧寿しの快進撃は続くのでしょうか。 株価の今後の可能性に迫っていきます。 その最も重要な要因に、 債務超過解消と黒字転換があると筆者は考えています。 小僧寿しは1980年代~1990年代には業績好調でテレビCMなども放送していました。 アラフォー世代より上の人ならドラえもん寿司のCMを懐かしく思う人もいることでしょう。 しかし、近年は業績低迷が続き最終損益も赤字続き。 債務超過に陥り、継続前提に疑義注記がされる銘柄となってしまっています。 赤字続きで上場廃止のリスクも高いことから、株価も低迷つづき。 2020年3月13日には、株価が16円の安値を付けました。 コロナショックによる、相場全体の暴落があったとはいえ、かつて勢いがあった企業としては寂しい限りですね。 しかし、世間がコロナ禍で大変な時に、小僧寿しを取り巻く環境にはやや改善の兆しが出ていました… 大きなきっかけとなったのは、前期末に介護子会社の全株式を売却して債務超過を解消したことです。 これで負債よりも資産の方が多くなり、財務が健全化しました。 財務が健全化することは、投資家にとっては安心感につながります。 さらに、 5月20日の引け後に発表した20年12月期第一四半期決算では、経常損益が500万円に黒字転換しました。 前年同期は500万円の赤字 黒字転換は一般的には株価上昇の材料となります。 多くの飲食店が苦しむ中、最初からテイクアウト専門で営業している小僧寿しにはイートインをメインにする飲食店よりもアドバンテージがあったように思います。 なぜならビジネスモデルがテイクアウトで稼ぐようになっており、店内飲食の方が売り上げも利益も大きい飲食店よりも影響を受けにくいからです。 小僧寿しはデリズというブランドでデリバリー事業を育成している途中で、デリズにとってもデリバリー需要が増えたのは大きかったと思います。 自粛疲れや自宅待機・勤務などが増えて、一日三食の食事を作る主婦が激増しているらしく、テイクアウトやデリバリー需要の増加はしばらく続くことでしょう。 テイクアウトなどを専門にしている小僧寿しにとっては、追い風に働いた可能性がありそうです。

次の

モーニングスター [ PTS価格 株式会社小僧寿し ]

小僧 寿し 株価

小僧寿し 9973 、株価急騰の理由は債務超過解消&黒字転換&コロナ特需か 長年低迷が続いていた 小僧寿し 9973 の株価が急騰しています。 新型コロナの影響で飲食店の深刻な状況が連日報道される中、小僧寿しに一体なにが起こっているのでしょうか? 小僧寿しの株価は今年の最安値からすでに3倍近くも上昇。 この調子ならテンバガーもあるのでしょうか… 小僧寿しの株価急騰の背景には、黒字転換と債務超過解消という大きな理由とともに、コロナ特需が起こっている可能性もあるところにあります。 この勢いのまま小僧寿しの快進撃は続くのでしょうか。 株価の今後の可能性に迫っていきます。 その最も重要な要因に、 債務超過解消と黒字転換があると筆者は考えています。 小僧寿しは1980年代~1990年代には業績好調でテレビCMなども放送していました。 アラフォー世代より上の人ならドラえもん寿司のCMを懐かしく思う人もいることでしょう。 しかし、近年は業績低迷が続き最終損益も赤字続き。 債務超過に陥り、継続前提に疑義注記がされる銘柄となってしまっています。 赤字続きで上場廃止のリスクも高いことから、株価も低迷つづき。 2020年3月13日には、株価が16円の安値を付けました。 コロナショックによる、相場全体の暴落があったとはいえ、かつて勢いがあった企業としては寂しい限りですね。 しかし、世間がコロナ禍で大変な時に、小僧寿しを取り巻く環境にはやや改善の兆しが出ていました… 大きなきっかけとなったのは、前期末に介護子会社の全株式を売却して債務超過を解消したことです。 これで負債よりも資産の方が多くなり、財務が健全化しました。 財務が健全化することは、投資家にとっては安心感につながります。 さらに、 5月20日の引け後に発表した20年12月期第一四半期決算では、経常損益が500万円に黒字転換しました。 前年同期は500万円の赤字 黒字転換は一般的には株価上昇の材料となります。 多くの飲食店が苦しむ中、最初からテイクアウト専門で営業している小僧寿しにはイートインをメインにする飲食店よりもアドバンテージがあったように思います。 なぜならビジネスモデルがテイクアウトで稼ぐようになっており、店内飲食の方が売り上げも利益も大きい飲食店よりも影響を受けにくいからです。 小僧寿しはデリズというブランドでデリバリー事業を育成している途中で、デリズにとってもデリバリー需要が増えたのは大きかったと思います。 自粛疲れや自宅待機・勤務などが増えて、一日三食の食事を作る主婦が激増しているらしく、テイクアウトやデリバリー需要の増加はしばらく続くことでしょう。 テイクアウトなどを専門にしている小僧寿しにとっては、追い風に働いた可能性がありそうです。

次の

小僧寿し(9973)の株価 買いサイン分析

小僧 寿し 株価

小僧寿し苦戦の理由!株価恐るべし下落で倒産? 小僧寿しの苦戦の理由について知る上で 小僧寿しの株価を見てみると恐ろしいほどの下落で 倒産するのではと誰もが思うと思います。 下記の小僧寿しの株価を見ると分かりやすいでしょう! 回転ずしの影響もあり下落して底値で 2012年頃に反発して上がったものの 株価が上がる要因がないので、 また徐々に下がってしまっています。 赤い線より下に株価が下がった場合は、 さらに下落する可能性があると言えるでしょう。 小僧寿しの恐るべし株価下落の理由を考えると 回転ずしの四天王「かっぱ寿司」「スシロー」 「くら寿司」「はま寿司」が原因と言えるでしょう。 2000年代に入ってからフランチャイズチェーンの 「かっぱ寿司」「スシロー」「くら寿司」「はま寿司」は 回転ずしと言う選択を取り、 「小僧寿し」は持ち帰り寿司と言う選択をした結果 小僧寿しは外食と言う体験を提供することも出来ません。 持ち帰り寿司なら 「かっぱ寿司」「スシロー」「くら寿司」「はま寿司」でも 出来るので、小僧寿しの付加価値がなくなり、 さらに持ち帰り寿司なのに待つ時間がかかり、 電話注文をしても取りに行くという手間がかかるので 株価が上がる要素が何もないという状況が今の現状でしょう。 小僧寿し苦戦から起死回生の株価が上がる方法 苦戦をしている小僧寿しが起死回生をして 株価が上がる方法があるのか?について見ていってみましょう! 小僧寿しが今後起死回生する可能性があるのかを考えると 十分あり得るでしょう。 なぜなら小僧寿しは現代に適応できていないだけですので、 現代に適応すればよいのです。 どのようなことをすると適応できるのかを考えてみると まず、 デリバリーサービスが挙げられます。 今から回転ずしの四天王「かっぱ寿司」「スシロー」「くら寿司」「はま寿司」に対抗しようとしても店舗が小さいので、まず無理です。 となると小僧寿しのような持ち帰り寿司と言うのは、 お客さんとしては出向く手間がかかりますので ピザのようにデリバリーサービスを始める以外ないでしょう。 そもそも小僧寿しは、お持ち帰り専門にしてしまった以上、 家族や友人と外食でワイワイする体験を提供できませんし そういうお客の層を自ら手放してしまったので、 お客の満足度を上げるには、 いちいち取りに行くという手間を省くと言うのは必要不可欠でしょう。 他にも色々ありますが、 こんな当たり前のことすら経営陣が呼吸するように 出来ない以上、今後も苦戦をするでしょう。

次の