ドラパルトようき。 ドラパルトとは (ドラパルトとは) [単語記事]

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ソードシールド】

ドラパルトようき

はじめに はじめまして、 にゃーくん()です。 ポケモン日本一決定戦2020予選にて、 31勝9敗、最終レート1802、45位を記録し、予選を抜けることができたので、そのときに使った構築を紹介します。 少しでもパーティ構築の参考に役立てていただければ幸いです。 構築経緯 まず、勝つためにはしっかりと結果を出している強い構築を使おうと思い、5月2、3日に行われたVictory Road主催のオンライン大会 『Victory Road May Challenge 2020』で優勝した Viper 選手の構築をレンタルして使っていました。 そして、削りきれなかった相手は後続のミミッキュなどで処理するという流れでした。 ところが、イエッサン&ブリムオンや、サマヨール&バンギラスorアシレーヌといった、先発でドラパルトが不利な対面が多く、とても動かしづらく感じました。 そこで、 ドラパルトを後発にし、相手のダイマックスターンが切れた後に反撃する、打開ダイマックスの形をとることにしました。 これにより、初手の出し負けによる遅れをとることが減りました。 すると今度は、 ミミッキュの必要性に少し疑問を感じ始めました。 この枠は正直何でもいいと思ったのですが、若干重いと感じていたドリュウズにおにびを打てたり、かげうちで味方のドラパルトの弱点保険を発動させたりなどができる ヤミラミに変更しました。 持ち物は、唯一の弱点であるフェアリー技のダメージを半減できるロゼルの実でもいいのですが、おにび外しが目立ったので、こうかくレンズを持たせていました。 その時に使っていたパーティがこちらです。 それぞれの個体、調整等は、以下で詳しく述べます。 ひとまず、ここまで読んでくださったことに感謝します。 絶対選出のダイマックスエースです。 基本的に後発に控えており、相手のダイマックスターンが切れてから、打開していくことを目的とした型になっています。 特性クリアボティにより、威嚇や、ダイマックス技の追加効果など、能力ダウンの効果が効かないのが強いです。 攻撃、素早さともにトップクラスなので、それらを最大限に活かした命の玉ASぶっぱにしました。 てだすけ+ダイホロウorダイドラグーンで、ほとんどの非ダイマックスポケモンは倒せます。 調整 H:ぶっぱ。 B:ぶっぱ。 D:余り。 残りをCに振るか、Dに振るか、Sに振るかで考えたところ、優先度のある変化技を打つことが多く、マジカルシャインを打つこともあまりなかったため。 完全にサポートに徹する型なので、なるべく居座るために物理耐久に全振りしました。 スカーフウオノラゴンのエラがみをこのゆびとまれをすれば2耐えすることができます。 アイアンヘッドや10万ボルトといった抜群技も1回は耐えてくれるので強かったです。 2回で倒せない相手に対して、まもるをさせずに、あまり読まれないてだすけをすることで、落とせるといったことが多かったです。 ラムのみのおかげで、フシギバナのねむりごなや、最近多いあくびに怯えなくて済みました。 調整 H:いかく1回でようき玉エースバーンのてだすけダイジェット耐え(85. 持ち物がマゴのみということで、仮におみとおしによって見られたとしても、特殊か物理かバレないという点で優れています。 いかくだけして裏に下げてもよし、バークアウトやおにびでさらにデバフをかけても強かったです。 初手オーロンゲと並べて出すことにより場作りが安定し、相手のダイマックスターンを難なく凌ぐことができました。 狙われやすいポケモンであるため、まもるがとてもささります。 また後発に置いて、トゲキッスに飛んでくる鋼技や、バンギラス、ロトムに飛んでくる草技を受け出しすることも多かったです。 先発でトゲキッスと並べて出すことにより、ゴリランダーに臆すことなくわるだくみを積むことができます。 また、1回わるだくみを積んで相手が狙って来ることに対してもまもるがささります。 後発に置いてウインディに飛んでくる水技や地面技だったり、トゲキッスに飛んでくる鋼技だったりを受け出しすることも多く、弱点が草技しかないという点が強力でした。 ただ、トリトドンに対しては、何もできないためトリトドンが入ったパーティに対しては選出しませんでした。 ふいうち…タイプ一致先制技。 でんじは…永遠の勝ち筋を狙える。 おいかぜされてもトントンになる。 リフレクター…物理ダメージ軽減 ひかりのかべ…特殊ダメージ軽減 選出と立ち回り 基本選出 先発:ドラパルト以外から2体 後発:ドラパルト+オーロンゲ以外から1体 相手のパーティを見て、刺さっているポケモンを選択します。 こちらが相手に有効打がある場合 ・素直に抜群技を打つ ・変化技を打つ(悪巧み、鬼火、電磁波、壁) ・交代先を予測して打つ(威嚇持ちはよく出てきます) ドラパルトは絶対、死に出しします。 トゲキッスに対して有効打がある場合はほぼ飛んでくるので、初手まもるで防ぎながらバンギラスで攻撃します。 相手が物理アタッカーかつトゲキッスに有効打(鋼技)がある場合は、初手でウインディに交代することもあります。 相性補完が取れているので、サイクルを回したり、守ったりしているだけでターンを稼げます。 相手のダイマックスターンや、トリックルームを凌いだらドラパルトを死に出しし、ダイマックスを切って反撃します。 ドラパルトを出し、まもるを使ってターン稼ぐこともあります。 壁を貼ったり、デバフをかけたりして、ドラパルトを出すための準備を目的とします。 ウインディに飛んでくる水技や地面技に合わせて守ったり、キッスやロトムに引いたりすることも可能です。 オーロンゲが倒されたらドラパルトを出し、ダイマックスを切って反撃します。 ウインディはてだすけギガインパクト(ダイアタック)以外は耐えるので、ほぼ確実におにびを打つことができます。 バンギラスは、いわなだれを選択し、エースバーンがダイジェットを打って飛行タイプになったときの打点になります。 おにびを入れたら、あとはまもるをしたり、バンギラスをトゲキッスに引いたりして、ターンを稼ぎます。 頃合いを見てドラパルトを死に出しし、ダイマックスして反撃開始です。 トゲキッスとドラパルトさえ残っていれば、相手が仮に4体残っていたとしても、もうダイマックスは切れているので、トゲキッスをうまく使って全抜きが可能だと思います!トゲキッスの動きとしては、基本的には相手がドラパルトに対して打点があるときは、このゆびとまれ、打点がなければ、まもるかてだすけでいいと思います。 さいごに タイプの相性補完がよく、相手から飛んでくる抜群技に合わせて交代したり、6体中5体が汎用性の高いまもるを覚えていたりということで、難なくトリックルームターンや、相手のダイマックスターンを凌ぐことができます。 凌いだ後は、後発のドラパルトでダイマックスを切り、さあ反撃開始です。 また、 基本選出に捉われず、戦略の幅が広いところがこの構築の強いところだと思いますので、ぜひ色々な選出で使ってみてください。 今回はドラパルトを後発に置いた反撃していく形を紹介しましたが、新シーズンでは、一気に200種類ものポケモンが増えるので、従来のドラパルト先発ダイマックスの形をとってもいいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうござました!!! レンタルチームID: 0000 0003 0K87 3J パーティ作成者 にゃーくん YouTubeをやっております! キャプチャーボードを買い次第、ポケモン対戦動画の投稿や、対戦の様子を配信しますので、チャンネル登録よろしくお願いします! ツイッターもやっています。 フォローよろしくお願いします!• 世界に行きたい男。 WCS 世界大会 に3年連続で観戦に行ったり、海外大会に出場したり。 現在お仕事募集中。 ポケモンカードのほうが得意だが、本人はゲーム部門で世界大会に出場したいらしい。 <主な実績> Anaheim Open 2017 海外大会 ゲーム部門 優勝 、 Oceania International Championships 2018 海外大会 ゲーム部門 73位、 ウェルカムフェスタ ほんきをだすバトル 3位、 ポケモンカード2017全国大会 41位、 ポケモンカード シティリーグ シーズン3 大阪 優勝、 PJCS2019 全国大会 カードゲーム部門 ベスト32 関連する記事• 2020. 21 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. ミミッキュ3. ミロカロス3. ナット […][…]• 2019. 01 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. 上位ラ […][…]• 2020. 02 目次 1. はじめに2. 寄稿される方へ3. 上位リスト3. カ・エール3. たなか3. […][…]• 2020. 10 目次 1. はじめに2. 構築紹介2. ラプラス(キョダイマックス)2. エルフーン2. […][…]• 2020. 24 レンタルチームID:0000 0000 7N54 P8 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…].

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ソードシールド】

ドラパルトようき

きあいのタスキでダイマックス対策 もちものは行動保障のきあいのタスキと相性がよく、 不意のダイマックスに対して強いのが魅力です。 相手のダイマックスポケモンを1確できなかった場合でも、タスキから2確にできればこちらがダイマックスを切らずに対処することができます。 ダイマックスの殴り合いに強くなる「クリアボディ」 現環境で汎用性を取るなら、ダイマックス技の殴り合いになった時に有利がとれる「クリアボディ」がおすすめです。 ただし、パーティ構築上で壁構築や、みがわりが重いのであれば、「すりぬけ」を優先しましょう。 単体でギャラナット対策ができたり、C振りを調整すれば 見れるポケモンが更に増えるのが魅力です。 AにもCにも下降補正を入れないで最速にするためです。 環境にあわせて対策が可能 環境に増えているナットレイ対策に有用な型で、ダイマックス後のダイバーンでH振りナットレイを確1できます。 また、今後増えるであろうコオリッポ対策としても有効です。 パーティでギャラが重ければ Cに228以上振ってHD無振りのギャラドスを10万ボルトで確1にできます。 基本構成は両刀型とあまり変わりません。 ダイマックスとのシナジーが抜群 ダイマックスでHPが2倍になるのを利用し、 ダイマックスで効果抜群を受けつつ、火力を底上げする構成です。 技構成 H220... 16n-1 B180... A特化珠ミミッキュのじゃれつく確定耐え S28... 最速サザンドラ抜き C82... 最速100族抜き リザードンなど ドラパルトの強みである、 スカーフ以外のサザンドラの上を取れる素早さは最低限確保し、残りを耐久と火力に振った調整になります。 物理アタッカーに負担をかけるドラパルト アタッカーと思わせて、おにびで敵の物理アタッカーとの打ち合いを強化したドラパルトです。 Sを削って防御に振っている分、最速では抜けていたスカーフポケモンを抜けなくなる点には注意が必要です。 スカーフウオノラゴン、マンムーなど 足が速いおにび持ちというだけで、役割遂行能力が高く、ドラパルドを止めに来たパルシェンや、オーロンゲといった物理アタッカーの機能停止を狙うのが主な役割になります。 特性は一長一短 火傷ミミッキュのダイホロウを、 オボン込みで確定2耐えする調整のため、クリアボディにしていますが、攻撃が特殊型のため「いかく」耐性を持つ必要がなく、相手のみがわりに対して強く出れる「すりぬけ」、起点を作れる「のろわれボディ」も身代わりを持たせる場合にうまく機能することがあるので、どれも一長一短です。 特に素早さが 142と圧倒的に高いのが大きな特徴です。 環境にいるどのポケモンよりも元の素早さが高いため、 スカーフを持ちか、積み技、特性などでSが上がっていない限り抜かれず、確実に仕事をすることができます。 3つの特性がどれも優秀 いかく対策や、ダイマックスの打ち合いに強くなる「クリアボディ」や、アタッカーを阻害する みがわり、壁を貫通できる「すりぬけ」、こだわり系のロック、ドラパルトに関しては スカーフキラーにもなる「のろわれボディ」と、3つある特性のどれもが優秀です。 覚える技の範囲がとにかく広い 覚える技の範囲が非常に広いのも強力な部分です。 全18タイプの内、ドラパルトが打点にできるのは 10。 さらに、 A120、 C100の両刀もできる種族値を持つため、 物理、特殊技問わず火力を出すことが可能です。 今作は ダイマックスで威力を上げたり、攻撃に2ターンかかる技を即時攻撃にすることもできるため、あらゆる場面で有利タイプで上から殴れるのが大きな強みです。 主な覚える技 ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、とんぼがえり、はがねのつばさ、だいもんじ、ハイドロポンプ、10まんボルト りゅうのまい、おにび、ひかりのかべ、などなど... 上記理由から型が読まれにくい ドラパルトの一番の強みといってもいいのは、その豊富な技範囲、特性から 異常に型が多い事です。 高いAを生かした 物理アタッカー型から、 大文字、10万などの打点を増やした 両刀アタッカー型、 ゴースト、ドラゴンのダイマックス技と弱点保険の能力上昇を生かした 弱点保険型、物理アタッカー抑止にもなる 鬼火祟り目型、起点作りの壁貼り型などなど.... ポケモン対戦では、 型が多い=読まれ辛い ため、それだけで大きな強みとなります。 ダイマックスをされなければ耐久は低いので、弱点技などで突破しましょう。 ただし、ダイマックス弱点保険型の可能性を考慮して立ち回る必要があります。

次の

【ポケモン剣盾】マスターボール級1位!ドラパルト入りポケソルパの使い方

ドラパルトようき

HP: 88• 攻撃: 120• 防御: 75• 特攻: 100• 特防: 75• 素早さ: 142 現環境最強 今環境の怪物。 A120、S142とかヤバすぎ。 ダイマックスで上から強力な攻撃を叩きつけることが可能。 とりあえず出来ることが多すぎる。 物理型が主流で、見たことないけど特殊型もいるっぽい。 現環境では採用率はミミッキュと同じぐらいいるので、対策は必須。 ドラパルトの主な持ち物は? 最近の流行はスカーフ。 次点でタスキ。 他には鉢巻や命の玉など。 ただし、命の玉はパーティ採用率トップのミミッキュがほぼ確定で持っているため、ミミッキュとドラパルト両採用されている場合、ドラパルトが命の玉を持っていることが少ないため、玉持ちドラパルトは少なめといえる。 ドラパルトの主な性格は? 正直多すぎて困る。 いじっぱり、やんちゃ、ようき、むじゃき、せっかちなどなど。 スカーフ持ちなら火力がほしいので、いじっぱり、やんちゃで良さそう。 ドラパルトの対策は? 有名なところで言うなら ミミッキュ、オーロンゲあたりで簡単に処理できる。 ナットレイではきつい。 スカーフドラパルトの育成論 今回は流行りのスカーフ型の育成論。 性格:いじっぱり 持ち物: こだわりスカーフ 努力値: A228 B28 S252 特性:クリアボディ 技:とんぼがえり ドラゴンアロー かえんほうしゃ シャドーダイブ 調整について• A:余り• B:いじっぱりナットレイA252振りジャイロボール確定耐え 83. S:最速 ドラパルトを上から攻撃することが可能。 ただし、最近スカーフドラパルトが流行っているため、ミラーになることが少なくない。 よって、sを落とすわけにはいかない。 Aを少し落としてBに少し回し、環境に多いナットレイの対面に強くなるような調整した。 かえんほうしゃでH252d4ナットレイ確2 66. 2〜79. ただ、耐久性が少し落ちる上に、通常の大文字の命中が不安定で、対ナットレイでダイマックスがきれない場合、2回連続で当てなければならないのがやだったのでこちらの案は不採用。 特性について すりぬけの強みが生かせる場面にほとんど対面したことないのでクリアボディを選択。 ギャラやウィンディの威嚇、ダイマックス技の能力値ダウンも無効。 持ち物について こだわりスカーフを持たせることで 素早さが291となり、どんな相手でもほぼ先に行動できる。 からを破られた後のパルシェンよりも早い。 技構成 ドラゴンアロー、シャドーダイブ これは確定。 抜く理由ないです。 とんぼがえり ミミッキュの皮剥がせる。 オーロンゲ相手には先制電磁波が嫌なので、とんぼでダメージを入れるよりも交代した方がよいかも。 ちなみに電磁波で麻痺すると素早さが145 最速80族と同じ まで落ちる。 かえんほうしゃ 主にナットレイ対策。 かえんほうしゃでもだいもんじでも確定2発なので命中安定のかえんほうしゃでよい。 後は上に書いた。 ダメージ計算 与ダメ ドラゴンアロー HC252、B4ロトム確2 53.

次の