ガラ ル ギャロップ 育成 論。 【ポケモン ソード&シールド】ガラルギャロップの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ポケモン剣盾】ヒヒダルマ(ガラル)の育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ガラ ル ギャロップ 育成 論

はじめに どうも。 コンバくんという名前の者でございます。 まあ、名前はどうでもいいです。 初投稿なので、気になったことがあれば気軽にコメントしていただけると幸いです。 以後お見知りおきを。 これまでもポケモン徹底攻略の育成論を参考にしていたのですが、日頃生活しているうえでふと、育成論が頭に浮かんだので投稿してみたいなと思い投稿させていただきました。 ギャロップ ガラル について ポケモン剣盾から登場したギャロップのガラルver. ですね。 種族値的には通常ギャロップと変わりはないのでどっちのギャロップを使うかは自由ですね。 といっても、それぞれに長所があるので使い分けてもロマンがありますね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー• サーナイトと同様に、弱点のタイプがゴースト・はがね・どく、と少なく、生存確率が高いです。 技的にも、不便なものもなく安定しています。 まあ、何と言ってもその容姿の美しさにあります。 あの、ピンク色のぽむぽむとした 見た目には気高さを感じます。 時に美しさは武器になります。 それを信じて戦うべきですね。 ギャロップ 通常 の長所 第三世代の頃からいる、なかなかにカッコいいポケモンですね。 長所は、広い技範囲です。 命中安定の技が少しだけガラルより勝っています。 環境にじめん技を持っているポケモンが比較的多いので、使う際は少し注意が必要です。 入手には少し手間がかかるので、限られた方のみが使えそうですね。 タイプ相性をとるか、技範囲をとるかでどっちを使うかは決まりますね。 技の場合、どうせ一つしか選べませんが、、、なので、タイプ相性を選ぶのが得策化と思われます。 このような部分が差別点ですね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 話を戻して、ガラルギャロップについてで、S105というとても微妙な種族値でなどのS100族以下が抜けるっていうのはいいところですね。 ほかは、大体大したことないので残念。 Hはもうすこしたかくしてほしかったですね。 ゲンガーでいいではないかとのご指摘があったので、応えさせていただきます。 ゲンガーは現環境からすると、タイプが弱い!! かも 正直いって、ギャロップよりSも高いしスペックもいいです、、、 だが!!可愛さが足りない!!ゲンガーを否定するわけではないですが、 ピンクさが足りないですね!! 普通に、ゲンガーでもアイアントが抜けるので相当強いです。 このギャロップに似た型を使っても良いかもですね。 意外性 さすがにこんな型は大体の敵が予測していないので刺さるときは刺さりますね。 上手く交換などをされてしまうと人生終了ですが… 「あまいかおり」について この技事態、認知度が相当少ないと思います。 この技の効果は 場に出ているポケモン 一匹 の回避率をがくっと下げるというものです。 この効果を利用すれば命中60の催眠術も必中になります。 ただし、交換されるともともこもないので、相手の手持ちが一匹になったときに仕掛けると確実性が上がります。 あまいかおりを覚えさせて使えるポケモンは、クサイハナやアブリボンなどがいいですね。 クサイハナは耐久面で優れているため、応用が利く。 アブリボンは、ねばねばネットや、壁展開など優秀な補助技が優れているため、タスキなどを持たせ起点づくりにするというのも汎用性が高いですね。 また、あまいかおりでないといけない理由があります。 例えば、「じゅうりょく」という技がありますよね。 その技の効果は、命中を約1. 67倍にするという効果なんですが、交換されても効果が残るのはいいですが、味方にも技が当たりやすくなってしまうところと、効果に時間制限があるというような欠点から、「あまいかおり」をお勧めします。 性格・努力値について H4 A252 S252 このギャロップは眠らせてからの行動が前提なので性格は ようき。 Sの努力値は最速にしています。 積み型なのにHにふてないのは珍しいかと思います。 Hに振ってない理由としては、そもそもギャロップのHの種族値が低いので調整しようとしても、大多数のポケモンからの攻撃はほぼ耐えません。 よって、Hにはあまり振らずASぶっぱで、一撃で相手を仕留めるのが得策かとおもいますね。 技 選択肢• 確定技 さいみんじゅつ エスパー 命中60 相手を眠らせる まあ、当たればチート技なんでね。 相手が眠ってからさいしょにすべきはこの技です。 たべのこしでHP管理もできるのでそのための食べ残しです。 剣の舞 ノーマル 変化技 攻撃ランクを2段階上昇する。 これを6段階まで積むことでほとんどのポケモンは確1が取れます。 選択技 じごくづき あく 威力80 命中100 相手の音技を2ターン封じる タイプ一致ではないため少し威力が落ちるが命中100と安心して打ポイント。 あと、身代わりを貫通してくる音技を封じれるのでうまく使えば、相手を詰ませることができるので推奨度は高い。 じゃれつく フェアリー 威力90 命中90 10%で相手のこうげきランクを1段階下げる タイプ一致で威力は高いが、命中不安ということもあり心細い。 効果なしのタイプもないので、こちらを採用してもいいかもしれない。 威力は申し分ないが、必中なのは心強い。 フェアリーに強いのはいい点ですね。 戦術 戦い方 1 基本的にはダイマックスをするエースを手持ちに入れておいた方がいいです。 なので、初手ダイマのポケモンを出すか、控えに置いておくという戦術でいきましょう。 2 ここからは、ギャロップを出した時のことについて。 と、その前にあまい香りをだせるポケモンを出して、あまいかおりを打ちます。 その後、敵にやられるなりなんなりして退場してください。 3 退場したら、ギャロップを出して、さいみんじゅつをぶっぱしてください。 ここで気を付けるべきポケモンは、特性が眠らないポケモンだったり、高威力で先制技を打ってくるポケモンですね。 4 相手が眠ったら、• 身代わりをだす• 剣の舞を余裕がある限り、積む。 積めれば、あとは攻撃するだけ。 と、まあこんな感じでした。 「じゅうりょく」などでもほぼ代用できると思います。 また、技範囲を考えれば「スマートホーン」なども十分に候補に入ると思います。 ギャロップは通常でもガラルでもどちらでも自由とのことですが、タイプと特性がこれだけ異なれば、それぞれ特有の長所があるはずです。 その点についてもしっかり考察するべきだと感じました。 また、コンセプトは良いのですが、特にギャロップでやる必要も感じませんでした。 本人が命中補助を打てるわけでもないので、ゲンガーでも何でもいいと言うことになります。 あと、使用感を追記すると使ったときのイメージが湧きやすいです。 また、気になる点がございましたら、ご指摘ください。 その他の、コメントや要望にも随時応えていく予定なので、今後もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】催眠つのドリルが強力!ガラルギャロップの育成論まとめ【ソードシールド攻略】

ガラ ル ギャロップ 育成 論

ガラル地方のギャラップを救いたい!! どうも、シホドラです。 今回は 『(ガラル)』の使い方について紹介していきたいと思います。 レッツーー!! 目次• 3〜94. 7〜119. 『バトンタッチ』で後続を強化できる。 バトンタッチ 技説明 他のと交代する。 かかっていた補助効果は引き継がれる。 『』、持ち物『からぶりほけん』と相性抜群!! つのドリル 技説明 一撃必殺技。 技が外れても、持ち物『からぶりほけん』発動出来るので、今回のコンセプトと相性抜群!! さいみんじゅつ 技説明 相手を2〜4ターンの間、ねむり状態にする。 つのドリルと同様理由で採用。 候補技 じゃれつく 技説明 通常攻撃技。 『つのドリル』と入れ替え候補技。 使い方 『さいみんじゅつ』を外せば、素早さが上昇するのでもう一度『さいみんじゅつ』を行います。 『さいみんじゅつ』を当てた後は、そこから『』や『つのドリル』を行い、後続のに『バトンタッチ』、そこから全抜きを狙う型となっております。 相手が受けを出してきた場合は『つのドリル』を連打でもいい。

次の

ギャロップ(ガラル)育成論 : もこうギャロップ(ガラルの姿)|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ガラ ル ギャロップ 育成 論

進化することでフェアリータイプが追加されエスパーとフェアリーの複合になった。 種族値は原種と全く同じで、数値配分的には物理アタッカー寄りだがやや物足りない印象を受ける。 同タイプの中では一番攻撃が高く物理アタッカーとしての育成であれば差別化は容易。 技範囲はそれなりに広いので道具や技を駆使して上手く立ち回りたい。 物理フェアリーとして見た場合の存在が気がかり。 あちらは優秀なタイプに加えて火力、耐久ともに上回り、と豊富な変化技で器用な動きができる。 タイプ一致超技と素早さの差で差別化はできているが、フェアリーの役割である対ドラゴン性能を重視した際にトップメタのの相手ができないのは痛い。 超技やあちらが覚えない鋼技のアイアンテールが有効な役割対象を設定するなど、採用するならなにかしら明確な理由付けがほしいところである。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 にげあし 対人戦では効果が無い。 対策にはなるが、それしか使い道が無いため候補外。 パステルベール 進化前のポニータを含め固有特性。 どくやもうどくに耐性を持つ。 ダブルでは味方にも効果が及ぶ。 弱点の毒技を食らった際のどく状態発生やどくびしによるタスキ潰しという事態を防げるが、どくびし自体は除去できないので注意。 どくどくが技マシンから削除され習得者が減ったものの、シングル・ダブル双方において優先度は高め。 きあいのタスキを持つならこれで確定。 には貫通されるが即座に治るので問題ない。 きけんよち 隠れ特性。 ギャロップの場合相手の、、、一撃必殺技を察知して反応する。 使い方としては、やなど有利な相手からの奇襲を事前に看破するといったものが主。 発動する機会はそこそこ多いが、察知した後の対処法を用意しておかない限りは活きる場面が少ない。 にされるとはがね技やつのドリルを持っていることがバレるので、相手にいたら一応注意しよう。 たまに外すのが難点。 しねんのずつき 超 80 120 90 怯み20% タイプ一致技。 同じくたまに外す。 怯みは狙いやすい。 サイコカッター 超 70 105 100 急所率+1 タイプ一致技。 命中安定&非接触だが低威力。 10まんばりき 地 95 95 - 対鋼・炎。 妖との相性補完抜群。 急所に当たりやすい。 けたぐり 闘 20~120 100 - 岩や鋼は体重が重いことが多いので刺さりやすいがダイマックス相手には無効。 メガホーン 虫 120 85 - 対超。 高威力のサブウェポンだが半減されやすい。 命中不安。 威力重視なら。 スマートホーン 鋼 70 必中 - 対妖。 威力は低い。 等倍範囲は広いが反動アリ。 じごくづき 悪 80 100 音技封じ 対超・霊。 音技メインの相手にも。 とびはねる 飛 85 85 溜め攻撃 対草虫。 ダイジェット化で加速。 ダイマックス枯らしにも。 からげんき 無 70 100 状態異常で 威力2倍 呼ぶ火傷や麻痺への対策。 パステルベールとの相性は微妙。 苦手な霊には無効。 つのドリル 無 - 30 一撃必殺 持ち技では突破し難い相手への賭けとして。 相手のタイプやの無償降臨に注意。 特殊技 タイプ 威力 命中 効果 解説 アシストパワー 超 20 30 100 - 積みバトン戦術のお供や、能力アップ系のダイマックス終了後に殴る余裕があるなら。 マジカルシャイン 妖 80 120 100 - ダブルバトル用だが、命中安定なのでめいそうを積む前提ならシングルでも。 追加効果も優秀。 役割破壊でやに。 変化技 タイプ 命中 解説 サイコフィールド 超 - 超技の威力強化と先制技封じに。 ふいうち読みでも。 ミストフィールド 妖 - 異常技封じに。 竜への妨害にも。 妖精技の威力強化はないので優先度低め。 さいみんじゅつ 超 60 相手を眠らせる。 命中不安。 からぶりほけんとあわせて。 バトンタッチ 無 - 上げた能力を引き継ぐ。 みがわり 無 - 様子見・交代読みなどで。 あさのひざし 無 - 回復技。 PPが少ない。 また、回復量が天候に左右される。 いやしのねがい 超 - 自身を犠牲に控えの無償降臨&回復を狙う。 速いので使いやすい。 いやしのはどう 超 - ダブル用。 サイドチェンジ 超 - ダブル用。 味方の竜技透かし、自身への毒技霊技透かしに。 ふういん 超 - ダブル用。 まもるやトリックルームを封印する。 速いので使いやすい。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイサイコ しねんのずつき 130 195 場:PF メインウェポン。 ダイフェアリーとはアンチシナジー。 切って妖技一本化も検討。 サイコカッター 120 180 ダイフェアリー じゃれつく 130 195 場:MF メインウェポン。 追加効果で状態異常を防いでくれる。 ダイサイコとはアンチシナジー。 催眠術と相性が悪い。 また火力強化は存在しない。 追加効果で特防強化。 妖技との補完に優れる。 安定した威力を出せるようになる。 4倍狙いや攻撃上昇目的で。 追加効果は優秀、フェアリーミラーを意識するなら。 音技封じの追加効果はなくなるので注意。 威力は高いが撃ちたい相手は少なめ。 先制で疑似特防強化。 ダイサンダー ワイルドボルト 130 場:EF 対・。 ワイルドボルトの反動を嫌う場合に。 一致技や催眠術との相性が悪い。 ダイバーン マジカルフレイム 130 天候:晴 役割破壊。 C無補正無振りで無振りダイマックス確1。 C無補正無振り珠でH振り確1。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスによる猛攻をしのぐ場合に。 今作で追加されたからぶりほけんにより、相手が自分より速い不利なポケモンに交換した際に催眠術が外れてももう一度こちらから行動できる機会が得られた。 からぶりほけんorこうそくいどう一回で、無振りでも最速テッカニンより速くなれる。 ただし最速100族+スカーフと同値なので、S調整をしておくと動き易いか。 ダイマックスには一撃技が効かないという仕様がある為、相手のダイマックスを催促する効果も期待できる。 技は範囲が広く、妖技との相性補完抜群。 出来ればいれておきたいところ。 逆に、技は威力が低いうえ、フェアリー技やじめん技と範囲が被るので必ずしも必要というわけではない。 つのドリルはやなど自身の持つ技ではどうしようもない相手に賭けで使う。 どちらもA特化でない場合は遂行に時間をかけてくることが多いので、試行回数は2回程度稼げる。 いやしのねがいはきあいのタスキと相性がいい。 中盤、2回攻撃して1体倒したあと使用 のみちづれのような使い方 をする。 第8世代では後続にHPの減った味方がいなくても場に効能が残るようになったので使いやすくなった。 主な仕事は高速を活かした妖・超技での縛り、りんしょうの始動役、 サイコフィールドの展開、トリックルームの封印、つのドリルでの強行突破などなど。 しかし、自身は脆いので無理せず守るときは守ることを忘れないように。 相方のまもるも併用すればいやしのねがいも使いやすい。 相性考察 特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。 組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。 特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。 対ポケモン名 注意すべき点 激戦区を一歩抜き出た素早さが特徴の・タイプ。 攻撃力が高く、・・・・など技範囲も広い。 また、エスパータイプらしくサイコフィールドや催眠術、癒しの願いなどの搦め手を使用してくる型も多く存在する。 さらに、相性の良い相手で受けても、つのドリルによる強行突破を狙ってくる場合がある。 対策方法 ギャロップよりさらに速いアタッカーで弱点 ・・ をついて倒すのが一番。 攻撃力はそれほど高いというわけではないので、妖技に強いポケモンで一撃受けての反撃も良し。 つのドリル搭載率はかなり高いためゴーストタイプや持ちでない耐久型のポケモンで持久戦に持ち込むのはやめておこう。 先制技があれば便利に戦えるが、サイコフィールドの存在を忘れないようにしておきたい。 速攻物理アタッカーの例に漏れず、やけどとまひの両方が有効。 ただし、毒は特性で無効化してくる。 覚える技 レベルアップ No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技02 ネコにこばん 40 100 ノーマル 物理 20 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技29 あまえる - 100 フェアリー 変化 20 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技39 からげんき 70 - ノーマル 物理 20 技40 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 技44 ふういん - - エスパー 変化 10 技52 とびはねる 85 85 ひこう 物理 5 技69 サイコカッター 70 100 エスパー 物理 20 技70 トリックルーム - - エスパー 変化 5 技71 ワンダールーム - - エスパー 変化 10 技72 マジックルーム - - エスパー 変化 10 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技89 ミストフィールド - - フェアリー 変化 10 技91 サイコフィールド - - エスパー 変化 10 技92 マジカルフレイム 75 100 ほのお 特殊 10 技96 スマートホーン 70 - はがね 物理 10 タマゴ技 No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技00 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技07 けたぐり - 100 かくとう 物理 20 技11 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技28 メガホーン 120 85 むし 物理 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技31 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 技34 みらいよち 120 100 エスパー 特殊 10 技49 めいそう - - エスパー 変化 20 技69 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 5 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技83 サイドチェンジ - 100 エスパー 変化 15 技86 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15 技87 ドリルライナー 80 95 じめん 物理 10 技90 じゃれつく 90 90 フェアリー 物理 10 技92 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技94 10まんばりき 95 95 じめん 物理 10 技95 じごくづき 80 100 あく 物理 15 遺伝.

次の