頭 が ぼーっと する めまい。 うつ病で「頭がぼーっとする」症状の対処法と付き合い方:その症状には終わりがある

頭がぼーっとする原因は?めまいや吐き気、病気の可能性も

頭 が ぼーっと する めまい

「めまい」とは、自分や周囲の物が動いていないのに、動いているように感じる、錯覚ないしは異常感覚を指します。 めまいの原因は、耳や脳、心臓の病気、頸椎(首の骨)の変形、動脈硬化など全身にわたります。 また、ストレス、寝不足、毛染め、化学物質など、現代人の生活環境の中に、めまいの引き金となる要因もあります。 めまいの大半は、大きな心配がいらないものです。 しかし、なかには脳出血や脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)など、生命にかかわる重篤な病気が隠れている、危険なめまいもあります。 その場合は、ただちに専門医を受診し、治療を行う必要があります。 ある日、突然やってくるめまいに、落ち着いて対処するには、ふだんからめまいの知識を身に付けておくことが大切です。 めまいが起こったとき、それが危険なめまいなのか、危険でないのか。 それは、めまいの現れ方で、ある程度は推し量ることができます。 そこでまず、めまいのタイプからお話ししましょう。 めまいは大きく分けて、次の二つのタイプがあります。 激しい症状のため、立つ、歩くなどの動作が困難になったり、吐き気や耳鳴りが起こったりします。 いきなり目がグルグルと回り吐き気がすれば、不安になるでしょう。 しかし、回転性のめまいのほとんどは、内耳に原因があって起こるもので、生命の危険はない、安心なめまいです。 両側の内耳の異常のほか、脳の病気でも起こります。 めまいに加え、激しい頭痛、手足のしびれやマヒ、ろれつが回らないなどの症状をともなう場合、脳の病気が疑われます。 生命に関わる危険なめまいなので、脳神経外科や神経内科を至急受診してください。 回転性のめまいでも、同様の合併症状があれば、迷わず病院を受診しましょう。 次に、めまいの原因は、大きく二つに分けられます。 1.耳からくるめまい めまいの原因で、圧倒的に多いのは耳からくるものです。 耳は聴覚をつかさどる感覚器ですが、もう一つ、体の平衡感覚(体のバランスを保つ機能)を保つという、大切な役割があります(6ページの内耳の図を参照)。 耳の奥の内耳には、蝸牛、前庭、耳石器、三半規管があります。 蝸牛は鼓膜から伝わった音の振動を電気信号に変えて脳に伝える働きをしています。 前庭にある耳石器は、体の傾きや直線運動を感知する器官です。 耳石器の中には、砂のような小さな結晶(耳石)が入っており、その動き方を感覚細胞がとらえて、体の傾きや直線的な動きを認識します。 三半規管は、頭や体の回転や、そのスピードを感知する器官です。 三半規管の内部はリンパ液で満たされており、リンパ液の流れ方から、頭がどのような速さで、どの方向に動いたかという情報をとらえます。 三半規管と前庭がとらえた体の動きや傾きなどの情報は、前庭神経を介して小脳に集められます。 大脳は小脳の情報を整理し、全身に体のバランスを保つよう指令を出します。 これら内耳の器官のどこかに障害が起こると、平衡感覚が乱され、めまいが起こります。 代表的なものに、回転性のめまいが起こるメニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎などがあります。 2.脳からくるめまい 脳梗塞、脳出血、椎骨脳底動脈循環不全など、脳の障害が原因でめまいが起こります。 回転性のめまいや、フワフワするめまいが主です。 また、首からくるめまいも見逃せません。 首の骨である頸椎の変形や老化が原因で、めまいが起こることがあります。 脳に血液を送っている内頸動脈と椎骨動脈のうち、椎骨動脈は頸椎の中を通っています。 今、スマートフォンを長時間見るなどして、うつむき姿勢が続き、頸椎のカーブが失われた「ストレートネック」になっている人が増えています。 すると、頸椎内部の椎骨動脈が圧迫され、平衡感覚を保っている脳幹や小脳への血流が減少し、椎骨脳底動脈循環不全と呼ばれる、フワフワするめまいが起こるのです。 加齢などにより、椎骨動脈の動脈硬化が進行した場合も、同様のめまいを引き起こします。 めまいの発症には、耳や脳の病気のほか、生活習慣病やストレス、睡眠不足なども密接にかかわっています。 そのため、生活習慣や食事を見直し、リスクファクターを減らして、めまいを改善することが大切です。 もし、急にめまいが起こったら、次のように対処します。 その場合、総合病院を受診すると、症状から適切な診療科がわかります。 脳神経外科では、MRI(磁気共鳴画像)やCT(コンピュータ断層撮影)などの機器で脳の病気の有無を、内科では血圧や心電図などで心臓病の有無をみます。 これらの検査で脳などに異常がなければ、耳鼻咽喉科を受診することになりますが、耳鼻科医だからといって、めまいのエキスパートとはかぎりません。 めまいの専門医がいる「めまい外来」か、日本めまい平衡医学会が認定した、「めまい相談医」のいる耳鼻咽喉科を受診するとよいでしょう(リストは日本めまい平衡医学会を参照)。 良医を選ぶ最大のポイントは、「問診を大事にしているかどうか」です。 めまいの発症には、生活環境や社会的な要因、過去の病気、ケガなどが複雑にからんでいます。 めまいの原因を突き止めるために、丁寧な問診を行う医師を選びましょう。 診察の際、症状について詳しく伝えると、診断と治療に役立ちます。 上の表の項目を参考に、メモを用意して行くことをお勧めします。

次の

めまい ふわふわする感じ|この何とも言えない症状の原因は何!?

頭 が ぼーっと する めまい

ですが私はある方法に取り組み、このめまいを治すことができました。 その体験談を含め、その方法も後に紹介します。 上記は以前に私が経験した症状です。 私は、36歳の男性です。 パチンコ店で一応社員として働いており、自分で言うのもなんですが、かなりストレスが溜まっているよう感じていました。 このめまいのような症状が出始めたのはやはり仕事がうまくいっていなかった時に始まったように思えていましてストレスが溜まってきたからと自分では思っています。 上司やお客さんとのやり取りなどがうまくいかず 悩みがピークに達していたであろう時に 「フッと軽いめまいがしたのです」。 最初は疲れだなと気にはしていなかったのですが その症状が頻繁に起こるようになったのです。 上記に書いている通り、 めまいといっても倒れるほどではないのです。 とにかく浮いた感じでふわふわ 小さなめまいが連続して続いているような感覚。 このふわふわ感がとにかく不快で 仕事にも集中できず気分も落ち込み気味でした。 ま、でもいずれ治るだろうと思っていましたが そうはいかなかったのです。 かなり気になり始めて、 この症状は一体何なのかを調べてみました。 同じような症状がある方は参考にしてみてください。 同時に私が当時、抱えていた別の症状の事柄も書いていきます。 何か関係があるかもしれませんし、あなたと共通の部分があるかもしれませんのでね。 次のページ>>.

次の

ふわふわするめまい。頭がぼーっとする。記憶力低下。自律神経失調症でしょうか...

頭 が ぼーっと する めまい

「頭がぼーっとする」「頭が回らない」「頭がふわふわする感じがする」という状況に悩まされる方は多いでしょう。 睡眠時間が多く取れたのにも関わらずなかなか集中できなかったり、返事や思考にいつもより時間がかかったり…「私…今頭働いてないな…」と感じることがあります。 頭が働かず集中できないときは、自分の身体を無理に起こそうとするのではなく、原因を突き止め対処法を試していくことが最も大切です。 また、それでも改善しない場合には病院に行く必要があるケースもあるので、注意が必要です。 今回は、その 「頭がぼーっとする状態になる原因」「ぼーっとしている状態から抜け出す方法」をご紹介していきます。 仕事のパフォーマンス最大化のためにぜひ実践してみましょう! Contens• こんな症状がある人は要チェック!「頭が働かない状態」 「頭がぼーっとしている」と感じる人は、下記のような状態に当てはまるのではないでしょうか? 今回の記事では、下記のような状態になっている人向けに対処法をご紹介しています。 それぞれの状態について見ていきましょう。 また、場合によっては病気である可能性があります。 病気のケースは記事後半でご紹介していますので、この記事でご紹介していることを実践しても改善しない場合は、ほかの原因を疑いましょう。 1 目が覚めるまでに時間がかかる 朝に早く起きる習慣は仕事の都合上身についてはいるものの、起きてから頭がはっきりするまでに時間がかかる方は多いでしょう。 朝起きてからはっきりと意識が持てるときよりも、通勤時間から午前中まで、 なんだか起きた心地がしないという感覚に襲われると「頭がぼーっとしている」と感じますよね。 2 頭が冴えず仕事のやる気が出ない 作業的なことはある程度できるけど、考えながら取り組まなければ行けない作業や、人と会話をするときに頭が冴えず、いつもどおりの自分らしく行動できない…と感じるパターンがあります。 頭が冴えずいつものパフォーマンスを発揮できないために、「今日の自分はダメだな…」と感じてしまい、やる気やモチベーションも下がってしまうという結果になってしまいます。 単純に睡眠不足である可能性もありますが、精神的に疲れていたり、脳が疲労状態にあることが考えられます。 3 頭がぼーっとして作業や仕事に集中できない 何をしていてもとにかく頭がぼーっとしていて、まったく仕事が手に付かないというケースもあります。 また、午前中だけではなく午後までその状態が続くなど、頭が働かない状態がずっと続くパターンも多いです。 いつもなら1時間で終わることが2時間かかったり、同じ時間でこなせるもののなぜか集中できていない気がする…というときは、 精神的・身体的に疲労状態にあると考えられます。 4 めまいや目が重い、「頭がふわふわした感覚」に襲われることがある 頭がただぼーっとしていて集中できないだけではなく、頭がふわふわしている状態になったり、めまいの症状がひどくなっているというケースもあります。 1〜3に比べて、 めまいやふわふわした感覚になっているときは危険な場合があります。 特に、下記に当てはまるめまいやふわふわ感を感じている方は、「仕事を休む」「病院に行く」ことを最優先にしましょう。 身体がフラフラしておりまともに歩けない• 立ちくらみのような状態が続いている/いつもより頻繁に起こる• 気が遠くなり倒れそうになる• 勝手に身体が揺れたり、フラつく• 周囲がぐるぐると回る感覚に襲われる めまいと言っても、その種類は様々です。 また、 頭がふわふわしている感覚に陥っているときは、熱中症や意識障害を疑う必要があります。 めまいや意識が遠のく症状があるが仕事に行かなければいけない…という方でも、最低限友達や家族、同僚にもしものことがあったらすぐに救急車を呼んでもらえるようにするなどの対策が必要です。 5 頭が回らず仕事ができない 物事を考えられる体力はあるはずなのに、複雑な物事を考えることができない感覚に陥ってしまうことがあります。 計算ができない、言葉がなかなか出てこないなど、正常な思考力がないことを自覚できているのにも関わらずどうしようもないという状況です。 では、下記では病気ではなく生活習慣や慢性的な睡眠不足・疲労によって起きる「頭が働かない状態」の原因と解決策を解説していきます。 まずは、原因から探っていきましょう。 「頭が働かない/回らない状態」の原因とは何か? 「頭が働かない状態」は、健康状態やストレス、その他の生活習慣に大きく影響されて起きることであることが分かります。 頭が働かない理由は、下記の原因に分けることができます。 もしあなたに当てはまっている部分があれば、対処法をもとに改善するべきです。 1 眠りが浅く二度寝するタイプである/寝不足・睡眠不足である 「二度寝」は代表的ですが、「脳が覚醒していない状態」が起きやすい生活をしていると、何事に関してもまともに取り組むことができません。 二度寝する人は、休日に「寝すぎてしまう」ということもあるでしょう。 睡眠や起床時間のリズムなどでバランスが悪い生活を続けていると、 本来出すことのできる一定のパフォーマンスを発揮することができなくなります。 「7時間半」はおおよその人に必要な睡眠時間と言われていますが、時間に対して深い眠りに落ちている時間自体が少ない可能性があります。 睡眠の質が悪い結果、睡眠時間は問題がなくても 「ぐっすり眠れていない」ということもあるのです。 睡眠不足が慢性化していると、下記のような症状に陥ります。 8時間以上眠っても前日の疲れが取れないと感じる• 朝の目覚めが極端に悪い• 睡眠時間は足りているのに日中に眠くなる• 「よく寝た」と感じることがない 休日に寝だめしているから大丈夫…という方がいますが、睡眠はまとめて取ることはできず、毎日質の高い睡眠を維持することが大切です。 人は、自分が意識しているよりも睡眠不足によって大きなダメージを負います。 自分でも分かるほどに睡眠不足の症状が分かる状態であるということは、それほど大きなダメージをあなたが負っていることと同じなのです。 2 脳のエネルギー不足 私たちの「脳」は 「大食いの臓器」と呼ばれます。 具体的には、 ブドウ糖を1日に120g消費しています。 「脳に栄養を与えよう!」と意識している人はほぼいないと思います。 普段はそんなことは考えませんよね。 しかし、きっちりと寝起きをしているのにもかかわらず「ぼーっとする」ことが多い方は、脳のエネルギー、つまり糖質(ブドウ糖など)が足りないことも考えられます。 糖分という言葉には明確な定義がなく、甘いものやごはんなどの、糖質食品を指す曖昧な言葉です。 対して「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものという定義があり、私たちが日々の活動で消費する「エネルギーの元」となっています。 引用: 糖質を上手に摂ることによって、頭に使うエネルギー源を確保することができます。 3 ストレスにより「脳疲労」が起き、前うつ状態に近くなっている 「悩み」「考えごと」…これらは決して感情的につらいだけではなく、脳の機能にも影響を与えています。 具体的には、脳の「大脳皮質」「大脳旧皮質」が、 外部から受け取った情報(悩みや考えごと)の過剰に受け取ることによって、その機能を低下させるのです。 現代は「情報社会」。 よって、仕事に限らずプライベートや趣味でも、受け取る情報はたくさんあるでしょう。 現代人共通の悩みかもしれませんね。 そういった、悩みや考えごとによる脳の機能低下を「脳疲労」と呼びます。 「根性が足りない」「メンタルが弱い」と感情論で否定されがちなメンタル面の悩みや考えごとですが、実は運動した後身体が疲れるように、脳も疲れを起こすことが分かっています。 また、よくいわれる「うつ」「前うつ」というのも脳疲労と関係しています。 脳疲労状態が蓄積すると、「脳不調」という状態に陥ることがあり、これを「前うつ病状態」と呼ぶのです。 そのため、定期的に脳の疲れを癒やすことを考えなければなりません。 脳もメンテナンスが必要なのです。 4 低血圧によるめまい・高血圧による頭痛 低血圧の体質が原因でめまいを引き起こし「頭がぼーっとする状態」を作っていることがあります。 一方、高血圧の場合には頭痛を引き起こす可能性があります。 低血圧・高血圧の場合それぞれについて見ていきましょう。 低血圧のめまい 低血圧の場合、 血圧がもともと低いために身体が疲れやすく、ふらついたり意識が遠のいたり…といった心身の不調をきたしてしまうことが多いです。 これは、何となくイメージがつく話ですよね。 特に、夏の暑い日に外回りをしているときや、室内に熱がこもり暑いときは、低血圧の人にとって「頭がぼーっとする状態」を引き起こす原因になります。 また、低血圧の方の中にも個人差によって様々な症状が出てきます。 具体的には、下記のような症状です。 肩こり・頭痛• 耳鳴り• 冷え・むくみ• 立ちくらみ• めまい• 動悸が激しくなる• 目の前が暗くなる• 身体が全体的にだるい• お昼ごはんを食べたあとや運動したあとに血の気がひく このような症状が続いていると、頭がぼーっとしているのと同じ感覚になります。 高血圧の頭痛 高血圧の場合、低血圧のケースよりもはっきりと症状が分かります。 頭がぼーっとするだけではなく、頭痛が伴う場合には、血圧が高いことによる頭が働かない状態になりがちです。 すでに高血圧であると診断されている方であれば、風邪を引いていたり、身体的な疲労が溜まっているときに、頭痛が引き起こされる場合があります。 このように、低血圧・高血圧と身体的な特徴・性質がもとになって頭が働かなくなることもあるため、注意が必要です。 5 運動不足による頭痛・肩こりなどの身体の不調 低血圧や高血圧とは関係のない頭痛や肩こりなど首周辺の不調が原因で頭が働かなくなるときもあります。 人の頭は体重の10分の1の重さがあり、デスクワークが多い人や長時間同じ姿勢で作業する仕事についている方は、こういった首・頭の重さに耐えられなくなり、 筋肉に痛みを感じてしまうことがあります。 また、「頭がふわふわする」というケースでも同様です。 長時間スマホゲームをしているなど、長時間肩周りに疲労が溜まっていく状態をキープしていると、当日や翌日に肩こりとなって現れます。 その結果、 肩周りの筋肉にある欠陥が収縮してしまい、脳が酸欠を起こすのです。 6 風邪 血圧や生活習慣などに起因する「頭がぼーっとする」以外にも、シンプルな原因としては「風邪」が考えられます。 風に関しては頭が働かない状況から抜け出すまでに、療養が必要になります。 また、症状によっては医師の診察を受けることが望ましいでしょう。 下記では頭がぼーっとする状況に対して対処法をご紹介していますが、倦怠感がひどい場合など体調不良が著しい場合は無理をせず、体を早く休ませることに専念しましょう。 さて、「脳が働かない原因」についてみてきました。 (1)~(3)のどれかに当てはまっていれば、「頭が働かなくなる条件」がそろっていることになります。 では次に、 頭が働かない状態を改善する方法をご紹介します。

次の