神奈川 鶴見 こめ 蔵。 ゴールデンカムイの有坂成蔵のモデルは実在した有坂成章?元ネタとなるエピソードについても

『こめ蔵(こめぐら)/鶴見みやげに認定された「おはぎ」』by TOMTOM : こめ蔵

神奈川 鶴見 こめ 蔵

株式会社Globridge(グロブリッジ、本社:東京都港区. 赤坂、代表取締役:大塚 誠)が運営する『蔵よし 有楽町』は、2019年6月30日(日)に「神奈川 銘酒蔵めぐりツアー」を開催いたしました。 日本酒好きが一堂に会する特別イベントを月に1度開催 唎酒師(ききざけし)の女将が常駐する日本酒バー『蔵よし 有楽町』は、「春酒の会」・「日本酒とチーズの会」など、季節替わりの日本酒イベントを月に1度開催いたしております。 2019年6月は「神奈川 銘酒蔵めぐりツアー」(参加費15,800円 税込 を企画し、口コミのみで即日、定員22名を越える応募を頂く反響でした。 神奈川県の銘酒蔵を訪ねる日帰りのバスツアーは、午前9時に東京駅を出発し、『中沢酒造(松美酉)』さん、『熊澤酒造(天青)』さん、『久保田酒造(相模灘)』さんの3箇所を巡りました。 移動中のバスでは早速、乾杯が行われ、気分も盛り上がり酒蔵に到着。 蔵人とのふれあいや見学に加え、現地ならではの、秘蔵のお酒や新酒の試飲もさせて頂きました。 午後6時に無事終了した「銘酒蔵めぐりツアー」は、希望の方のみで二次会も行い、1日中日本酒を楽しめる特別な日となりました。 今後も、もっと日本酒を楽しんでいただけるイベントや、サービスを提供していきたいと考えております。 8月のイベントは、『沖縄フェア』を2019年8月16日(金)に『蔵よし 有楽町』で実施予定です。 沖縄料理と日本酒のペアリングセットを30食限定で提供いたします。 夏らしい料理と相性の良い日本酒を味わえる特別なセットをぜひ、お試しください。 無くなり次第終了とさせて頂きます。 直接店舗にお越し下さいませ。 神奈川県の銘酒 〜相模灘〜 銘酒蔵めぐりツアーで最後に訪れた『久保田酒造』さんが造る神奈川県の銘酒「相模灘」。 創業1844年から変わらぬ自然豊かな環境で酒造りをしています。 冷酒から燗酒まで、料理に合わせて幅広い温度帯でお楽しみ頂けます。 『蔵よし 有楽町』でも、こだわりの料理に合わせてご提供させて頂いたこともあり、多様な料理に合うお酒として好評です。 老若男女問わず、日本酒に詳しくても詳しくなくても、その人それぞれの楽しみ方で自由に日本酒を味わっていただけるお店を目指しています。 限られたスペースであるがゆえ、日本酒のラインアップはあえて銘柄を絞り、 15 種類の枠に、女将が厳選した銘柄を次々と入荷します。 季節酒や流通量の少ないものなど、常に種類が入れ替わるため、何度ご来店いただいても日本酒との新鮮な出会いができます。 様々な嗜好をお持ちの方に対応できるよう、なるべく産地や味わいが偏らないよう考慮した品揃えになっています。 「日本酒3種飲み比べセット」1,000円(税抜)は、店内の日本酒から自由に3つ(一部商品を除く)を組み合わせてお試しいただけます。 以前は、飲食店とは全く畑違いの営業のお仕事をしていました。 当時、「外回りで疲れた日に、仕事帰りにお酒一杯飲むことを息抜きに次の日も頑張れた」という経験から、次は自らがそのような場を提供する側になりたい、と一念発起して現在の『蔵よし 有楽町』の女将に就任しました。 数あるお酒の中でも、佐藤さんが一番好きなのが日本酒。 日々、日本酒の最新情報収集に励んでいます。 資格を持ちながら、お客様とフラットな立場で日本酒について語りたい、との思いからあまり公にはしていません。 ご希望があれば日本酒の説明をさせていただきますので、お気軽にお尋ねください。 様々な種類のお料理をお試しいただけるよう、1~2名様にもちょうどよい量の盛り付けですので、ぜひお試しください。 当店では、お通しの有無をお伺いしてからお出ししておりますので、ドリンクのみでのご利用も可能です。 お通しは500円 税抜 で、通常メニューや日替わりメニューの中から3品の盛り合わせとなっており、とってもお得。 「日本酒3種飲み比べセット」と合わせると、2,000円以下で様々な日本酒とお料理がお楽しみいただけます。 ぜひ気負いせず、自由に日本酒をご堪能ください。 また、月に1度、季節替りの日本酒イベントを開催しております。 8月は、『沖縄フェア』を開催予定です。 今後も、お客様に様々な日本酒の楽しみ方をお届けできるよう企画して参りますので、みなさま連れ立ってご参加ください。 22:30)〔土〕16:00~22:30(L. また、経営理念として「企業家輩出」、事業の目的に「食業維新」を掲げ、安全で安心な食材を美味しく提供することを目指しています。 globridge. jp 投稿ナビゲーション.

次の

こめ蔵|鶴見区本町通【大人気の半殺しのおはぎとは?】

神奈川 鶴見 こめ 蔵

本町通り商店街にある和菓子店。 京急鶴見駅から10分ほど歩いたところにあるお店です。 リトル沖縄を散策後、コチラに立ち寄りました。 並べられた商品は種類こそ多くありませんが、気になるものばかり。 とくに気になった商品を買ってきました。 このおはぎは、つるみみやげ80選に認定された商品なんだそう。 つややかな餅米はたっぷりの餡に包まれていて、ずっしりとした重みがあります。 いただいてみると、餅米とつぶ餡のそれぞれ異なる食感が楽しいです。 餅米は餡に負けない食感としっかりとした風味があって、 もしかしたら使われているお米にもこだわりがあるかも・・・。 (店名からも、そんな気がしました。

次の

『こめ蔵(こめぐら)/鶴見みやげに認定された「おはぎ」』by TOMTOM : こめ蔵

神奈川 鶴見 こめ 蔵

こんにちは!ひろさんかくです。 「おはぎ」が大好きだ。 粒あんと餅米が好物なので、これは最強の組み合わせなのだ。 と言いつつ、市販のおはぎを買ってまで食べるほどではない。 なぜなら、市販はどうしても甘いし、粒あんも上品にこされていて、ひどい時は、こしあんで、もち米をくるんでいたりもする。 そんな中「マツコの知らない世界」でおはぎが取り上げられたと言う情報を得た。 早速、番組をチェックする。 そして、気になるお店に突撃を敢行した。 ただ、今回の突撃は、テレビで取り上げられることの良い面や悪い面など、少し考えさせられることにもなる。 横浜市鶴見の人気おはぎ店「こめ蔵」 おはぎの世界 「マツコの知らない世界」でおはぎを紹介するのは安井友梨さん。 この安井さんという方は、普段は、外資系の金融機関で勤めながら、健康的なプロポーションを競うスポーツ「フィットネスビキニ」で、4年連続で日本一に輝いている経歴の持ち主だそうだ。 「最強の栄養源」と称し、なんと年間1100個ものおはぎを食べるそうだ。 その方のおすすめが私の近所にあると聞いて、いてもたってもいられなくなる。 その名も「こめ蔵」。 京急鶴見駅から歩いて7、8分のところにある。 こめ蔵 京急鶴見駅の東口を出て、駅を背中に、右斜め前方向 時計の針でいうと1時と2時の間くらい に突き進む。 いずれ、鶴見川を渡ることになる。 鶴見川を渡ると本町という商店街に入る。 後は、この通りの右側を進めば「こめ蔵」だ。 なんと、現時点、Googleマップにも「こめ蔵」の表示がある。 おはぎは? 5個入りを購入。 ずっしりと重い。 丁寧にひとつひとつ、しっかり握られた餅米のライスボールに、たっぷりと粒あんが巻かれている。 粒あんは、有名和菓子チェーンにありがちな上品な作りではなく、本当に田舎のお家で作ったあんこそのもの。 正直、市販のおはぎで、これだけ心のこもった手作り感満載のおはぎを見たことがない。 軽々、3つ頂く。 おそらく、いや、確実に一度に5個全部食べられる自信があるが、断腸の思いで自粛した。 これと同じクオリティのおはぎをデパ地下とかで探しても、遭遇する確率は相当低いだろう。 テレビの功罪 事前にネットの口コミで混雑状況を確認。 予約していると、あまり待たなくて済むとも聞いた。 実際に、5個入りを2つ、11時受け取りで予約した。 11時時点で、お店のシャッターは閉じており、おはぎ完売の張り紙があった。 7時開店で、朝のうちに早々、完売してしまうようだ。 私の前のお客さんは、気の毒に、予約をしておらず、店員さんに、不定休だが、開店しているか電話で確認できるのかとか、どうすれば、確実に手に入れられるのかとか、しきりに聞いていた。 私は、5分ほど、そのやりとりを後ろで待ちながら聞くことになる。 お店の人によると、かなり年配のおじいさん、おばあさんが2人で作っているそうだが、体力的にも、生産数量には限界があるそうだ。 事前に予約した私も、テレビ放映後、2週間後くらいに来ているのだから迷惑なお客だと思う。 テレビで取り上げられなかったら、このお店も、ここまでの大忙しにはならなかったのかもしれない。 もちろん、おはぎに人気が出て、商売人冥利に尽きる部分もあるかもしれない。 分からない。 いっそのこと、この間、値段を普段の倍くらい上げれば良いのだろうか。 それとも、お手伝いさんを臨時で雇って増産すれば良いのだろうか。 いつ、ほとぼりが冷めて平常に戻るのだろうか。 いずれにしても、年配の2人が疲労困憊せずに、いつまでも元気に、この美味しいおはぎを提供し続けることを心から祈っている。 私は、ほとぼりが冷めるまで、再訪するのは控えようと思っている。

次の