レクサス nx フル モデル チェンジ。 【レクサス新型NX】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、NX300h/NX300、サイズ、価格、発売日は?

新型 レクサスNX フルモデルチェンジ時期、デザイン画像、価格、サイズ、スペック、発売日など、最新情報!

レクサス nx フル モデル チェンジ

次期レクサスNXにGA-Kプラットフォーム採用 次期レクサスNXには、TNGAプラットフォームの中の 「GA-Kプラットフォーム」の採用が有力です。 そう考える理由は、GA-Kプラットフォームは、新型RAV4で採用されているから。 ちなみにレクサスESも同じようにベースとなるカムリと同じ「GA-Kプラットフォーム」を採用しています。 次期レクサスNXにダイナミックフォースエンジン採用を予想 レクサスNXがフルモデルチェンジで搭載するエンジンとしては、ダイナミックフォースエンジン(Dynamic Force Engine)の2. 5リッターモデル。 新型RAV4でも採用されるこの2. 5リッター直列4気筒エンジンは、次期レクサスNX向けに最適化されると予想。 ハイブリッドモデルには、Dynamic Force Engine(2. LEXUS NXのモデルサイクル• 現行レクサスNXは、RAV4発売(2013年)の一年後(2014年)にデビューしている これらの条件を当てはめると、次期レクサスNXデビューのタイミングは、大型改良された2014年から3年後でかつ、新型RAV4発売となる2019年の一年後となる2020年となります。 しかしながら、2019年に現行型を第2世代Lexus Safety System +を搭載する改良を行うことから、少なくとも一年はフルモデルチェンジしないと予想できます。 また、2020年には新型ハリアーのデビューも有力視される状況。 ハリアーと競合しないために、2020年を避けて、翌年の2021年にNXの次期モデルを発売と予想します。 以上が、次期レクサスNXのフルモデルチェンジ予想内容となります。 次期レクサスNXの最新情報が入れば、更新します。 >> また、 次期レクサスNXのヒントを得るためにも、新型RAV4の情報も合わせてご覧になることをオススメします。 実はトヨタ自動車は、この「Lexus Safety System +」を2017年末までにレクサス車の全車に設定する予定であることを発表していました。 2015年に導入し、2017年までに日本、北米、欧州の全車に設定を予定している。 【出典:】 マイナーチェンジ後のレクサスNXの「Lexus Safety System +」には、• プリクラッシュセーフティシステム 歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ• レーンディパーチャーアラート[LDA] ステアリング振動機能付• アダプティブハイビームシステム[AHS]• レーダークルーズコントロール という機能が備わっています。 レーダークルーズコントロールについては、車種によって「全車速タイプ」と「対応速度の制限ありタイプ」が分かれますが、レクサスNXは全車速タイプが採用されます。 0ターボモデルは、NX300の名称へ変更に これまで、レクサスNXが2017年のマイナーチェンジで3. 5LのV6エンジンを搭載した「NX300」がラインナップされるのではと噂がされていました。 ちなみに現行レクサスNXには、• 直列4気筒DOHC 2L直噴ターボ搭載のレクサスNX200t• 直列4気筒DOHC2. 5Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデルのレクサスNX300h がラインナップされています。 ちなみにレクサスISには、2L直噴ターボのIS200t、ハイブリッドモデルの2. 5LハイブリッドモデルのIS300h、V6 3. 5Lエンジン搭載のIS350の3つのモデルがラインナップしているため、ISと同クラスになるレクサスNXにも3. 5LのV6エンジンモデルが投入されても不思議ではありません。 しかしながら、実際には、レクサスNX200tがレクサスNX300に名称が変更されるというのが事実でした。 それは、• ダウンサイジングターボの知名度が上がり、わざわざ名称に200tというように、ターボの「t」をつけてアピールする必要性がなくなってきた• NX300にすることで3リッター並みの動力性能があるということをアピールできるため といった理由と見られています。 エンジンのスペックに関しては、マイナーチェンジ前と同じく変更部分はありません。 新型レクサスNXのエンジンスペックは、次の通りです。 ・最大トルク[NET]350N・m(35. ハリアー、CX-5が追い上げてくる現状 レクサスNXは、新型レクサスRXの存在や、この後に取り上げるレクサスUXがデビューすることによって、レクサスの中でも厳しい立場になることは否めません。 それどころか、なんと、 2017年6月にビッグマイナーチェンジしたハリアーの内容が超豪華になったことから、新型ハリアーがレクサスNX層を奪う可能性すら出てきました。

次の

『レクサスNXがフルモデルチェンジするとしたらいつ頃です...』 レクサス NX のみんなの質問

レクサス nx フル モデル チェンジ

(ベストカー6月10日号 講談社) そこで今回カーギークでは レクサス新型NXのフルモデルチェンジ最新情報を徹底的に解説してみたいと思います。 どうやら次期NXの足音が近付いてる様子。 発売日は2022年以降 まずは発売日の最新情報を解説。 次期NXのフルモデルチェンジ時期はいつ頃なのか? レクサス新型NXの「発売日は2022年」と報じるのはベストカーの最新情報。 前述のように現行NXが登場したのが2014年7月ですから。 「2022年7月前後」と更に具体的な発売時期が予想できそう。 だから、レクサス新型NXは「約8年程度」で初めてのフルモデルチェンジを行う模様。 やはりレクサスは高級車ブランドだけあってモデル周期は長め。 レクサスでも売れ筋モデルなので大掛かりなフルモデルチェンジが不要だったことも影響か。 新型NXのパワートレインはどうなる? 続いてはレクサス新型NXのパワートレインや主要諸元を解説。 レクサス新型NXの次期プラットフォームは TNGA-Kプラットフォームに一新されます。 このGA-Kプラットフォームはやにも採用されてるシャシーと同じものが共用されます。 ホイールベースも同様に2690mmと同じ。 次期NXも同様にハリアーベースと言えそう。 全長はほぼ同じですが、全幅が少し広がって存在感や走りの安定感は増しそう。 次期NXも引き続きおおむねRAV4とハリアーの中間ぐらいのサイズ感が維持されます。 一方、レクサス新型NXのパワートレインは 「2. 5L直4ハイブリッドエンジン」が用意される予定。 やはりRAV4やハリアーと同じ搭載エンジンが流用されます。 またトヨタが新開発した 「2. 4L直4ターボエンジン」も次期NXに搭載予定。 他にも2020年に発売されるRAV4の 「プラグインハイブリッドシステム」も次期NXに設定されそう。 ただし、RAV4よりもバッテリー容量やモータートルクも強化されて、次期NX PHVのシステム出力は300馬力を超えそう。 でもその分だけ、NX PHVの価格はとんでもないことになりそうですが…。 新型NXの次期デザインはキープコンセプト? 続いては次期デザインの最新情報を解説しようと思います。 (ベストカー6月10日号 講談社) 結論から書くと、レクサス新型NXの 次期デザインは「キープコンセプト」になりそう。 ベストカー情報ではあくまでデザイン案の一つとされますが、UXの延長線上のデザインというより、現行NXの正常進化といった面立ち。 それでもフロントグリルはレクサス・LCやLSのように立体的な格子状に成形されており、フルモデルチェンジ後のゴリゴリ感やイケイケ感は更に増しそう。 確かにのフロントグリルも格子状でしたから、そこは追随するのでしょう。 だからレクサス新型NXのリア周りも、UXのように横一文字のコンビネーションランプが採用されそう。 一方、フルモデルチェンジ後は全高が下げられるなどクーペスタイルのフォルム感が強まることから、新型NXはUXのようにスクエア型のフェンダーアーチモールは採用しないはず。 UXとRAV4、NXとハリアーといった関係性で考えると分かりやすいかも。

次の

レクサスNX新型モデルチェンジ情報2022年発売|予想価格450万~650万円ハイブリッド&2.4Lターボ&PHV搭載?

レクサス nx フル モデル チェンジ

下取りを高く売るには一括査定サイト 「このグレードが良いけど予算オーバー…」 「値引きで安く買いたい…」 「ディーラーをいくつも回るのは面倒だなぁ…」 「新車をとにかく最安値で手に入れたい…」 「査定した後のディーラーの売り込みが…」 「ドレスアップしたいけど予算が…」 などなど、 レクサスの購入を検討してみると 悩みが尽きない… という方、 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したけど 「聞かれてもわからない」 「ディーラーに行けばいいんじゃない」 と一蹴される始末。 また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届くわけではないし。 そんな方に オススメの裏ワザを ご紹介します。 2014年に販売が開始されから、圧倒的人気を誇るレクサスNX! 2017年にマイナーチェンジがされ、現在に至ります。 レクサスNXオーナーの話によるとマイナーチェンジで静寂性はかなり増したようです。 それでは、フルモデルチェンジの時期はいつなのか、他車種のモデルチェンジ情報と比較して、レクサスNXのモデルチェンジの時期を予想していきたいと思います。 jp 2014年に販売が開始され、2017年にマイナーチェンジが行われたレクサスNXについて、まずは前回のマイナーチェンジで何が変わったかを探ってみました。 jp レクサスNX過去のマイナーチェンジ情報 レクサスNX過去のマイナーチェンジ情報 マイナーチェンジで変わったこと ・「NX200t」という車名が「NX300」に変更された。 ・レクサスセイフティシステム(LSS+)が全車両標準装備 ・アダプティブハイビーム採用 ・フロントグリルの変更 ・ナビが7インチから10. jp ・ ナビが7インチから10. jp かなり変更点はありますね。 パッと見はエクステリアのフロントグリルの変更が見た目の変化が大きいように思います。 時期は、今回販売から3年後にマイナーチェンジが行われています。 この3年後というのがポイントです。 レクサスNXの1つ上のモデルのRXはデビューから3年ごとにマイナーチェンジを行い、6年ごとにフルモデルチェンジを行っています。 jp モデルチェンジ情報として、レクサスNXのマイナーチェンジが2017年ですから、その3年後にあたる2020年にフルモデルチェンジされる可能性は高いと予想します。 販売からちょうど6年経過する年でもあります。 lexus. com. まず、サイズについてはUXがあるので、差別化のために小さくなることはないでしょう。 むしろ少しだけ大きくなる可能性もありますね。 jp その方が小さな車を求める客をUXにながせるので、若干広くなることが予想されます。 また、安全性能については現行のUXに準じたものになるはずなので、かなり改善されるはずです。 jp 以上の装備がUXに搭載されている機能なので、フルモデルチェンジしたNXにも標準装備として追加されることは間違いないと個人的には思います。 その代り、車両本体価格は20万~30万円は高くなることは覚悟しておいた方が良いですね。 パワートレインはさすがに変わらないと思いますが、2. 0Lターボと2. 5Lハイブリットの二本立てのままですが、2. 5Lハイブリットの方はダイナミックフォースエンジンが採用されて、出力と燃費は改善されるはずです。 jp エクステリアに関しては、三角眼(現行UX)の面構えは踏襲するでしょう。 そして流れるウィンカーになることも容易にモデルチェンジ予想の一つとされます。 そうなると、オプション設定にも変化がありそうです。 jp となっていますが、三眼LED+アダプティブハイビームシステムあたりが標準装備になるだけでも金額はかなり上がりますね。 現在オプション設定で追加するものがいくつか標準装備で含まれてくるので、その分ベースの車体本体価格は間違いなく高くなります。 jp 個人的にモデルチェンジ予想ではNXとRXのエクステリアがかなり似ているので、ここは個性を出してガラッと変えてほしいですけどね。 前から見ると一見して何の車種かわからない車が増えているので、デザイナーには、ガツンと印象を大幅に変えて、差別化を図ってほしいと思います。 jp マイナーチェンジとモデルチェンジは大体3年間周期で行われています。 レクサスNXは2017年にマイナーチェンジが行われたので、2020年にフルモデルチェンジ時期と予想してきました。 現時点でまだ情報はありませんが、UXが発売された今、現状のNXだとUXと比較して安全性能などで負けてしまっている点があるので、2020年フルモデルチェンジ説はかなり有力だと思います。 となるとマイナーチェンジ時期は無さそうです。 UXとNXの比較がカギになりそうですね。 jp レクサスUXは直列4気筒2. 0Lエンジンを搭載した「UX200」と、ハイブリットシステムを追加した「UX250h」の2グレード。 「UX200」が3,900,000円~で、「UX250h」が4,250,000円~と、レクサスSUVの中では一番リーズナブルです。 対してレクサスNXは直列4気筒2. 0Lターボエンジン「8AR-FTS」型を搭載した「NX300」が4,411,000円~、直列4気筒2. 5Lエンジン「2AR-FXE」型に、高トルクモーターを内蔵したハイブリッドトランスミッションを組み合わせた「NX300h」が5,051,000円~と新型レクサスUXに比べると1ランク上位の価格になっています。 jp レクサスNXは「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備えた「レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV」として開発が行われ、新型レクサスUXは「女性にも乗り降りしやすく小回りが利く車」をコンセプトにレクサスSUVの中では最小サイズで都会の立体駐車場にも駐車可能な設計になっています。 jp 単純な価格比較では新型レクサスUXの方がリーズナブルなので、安い上に装備が上ならレクサスNXを購入する方が減ってしまいます。 そうならないように、価格以上の差をつけるためにもフルモデルチェンジは必須だと感じます。 もし、レクサスNXのフルモデルチェンジ時期が来年であれば、今年中には発表されるはずなので、最新の情報は常に要チェックですね。 jp フルモデルチェンジを見越して、つなぎでUXを買う方もいるようです。 レクサスのクロスオーバーはリセールが高く、その中でもレクサスUXのコンパクトクロスオーバーはリセール率が高いと予想され、レクサスNXのモデルチェンジと同時に買い替えてもあまり損はない気がしますね。 かしこい買い方だと思います。 レクサスの値引から更に50万円安くする方法 「このグレードが良いけど予算オーバー…」 「値引きで安く買いたい…」 「ディーラーをいくつも回るのは面倒だなぁ…」 「新車をとにかく最安値で手に入れたい…」 「査定した後のディーラーの売り込みが…」 「ドレスアップしたいけど予算が…」 などなど、 レクサスの購入を検討してみると 悩みが尽きない… という方、 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したけど 「聞かれてもわからない」 「ディーラーに行けばいいんじゃない」 と一蹴される始末。 また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届くわけではないし。 そんな方に オススメの裏ワザを ご紹介します。 数社というと何社くらいが良いのか というと、最低でも3~5社! 3~5社回ることで、 相場が見えてくるので 交渉もしやすくなり、 一番高値で提示してくれた 業者に決めることもできます。 ですが!! 3~5社回るとなると、 結構な重労働になりますよね。 しかも、 査定時間は30分くらいかかります。 そして、 当然その後は営業マンからの 営業が始まります。 スタートは買取り限度額より、 50万くらい安く始まります。 またそのやりとりには、 時間もかかり、押しに弱い人は 断ることもできず、しぶしぶ 売却することにもなりかねません。 ではどうしたら!? 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取り車をどこよりも高く売る方法、 その裏ワザというのが、 一括査定サイトを利用するという事なんです。 先ほども お伝えしましたが、 愛車を高く売るには 買取り業者を数社まわる必要があると おつたえしました。 これをネット上でできるのが、 一括査定サイトなんです。 しかも、数社という数ではなく 十数社以上! そして、査定してくれる 会社が多いだけではないんです。 一括査定サイトのメリット! ディーラーで30万円しかつかなかった 下取りが、買取業者では 60万円や70万円になることは 多々あります。 過去には 50万UPの査定額が ついたなんてことも… 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社が あなたの愛車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るんです。 元大手ディーラー営業をしていた宇堂と申します。 車が好きなのと元ディーラーで勤務していたのもあり皆さんの参考になるようこのサイトを立ち上げました。 ディーラー時代は年間で180台前後の新車を販売販売してきました。 そこで感じたのは大半のお客様が、お車を購入する上で損をしていることが多いという事です。 原因は「情報不足」です。 情報が無いがために、失敗しているお客様が多いのが現状です。 そうならない為に、是非このサイトを参考にして頂きカーライフを満喫して頂ければ幸いです。 現在、私は大手自動車メーカーを退職し、当時、副業でやっていたネットビジネスで生計を立てています。 何故、大手自動車メーカーを退職したか?疑問を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、理由は「そこには自由というものが無い」からです。 稼げても、自由がない、家族との時間がない、気疲れが半端ない、これではもちません。 そんな時に、友人から時間を自由に使えるネットビジネスというのがあると聞き、やり始めたのがきっかけです。 そんなきっかけのおかげで、満喫する毎日を送っています。 に興味がある方は.

次の