カボチャ の 育て 方。 かぼちゃの育て方・受粉・摘心と病気/畑の南瓜(カボチャ)と花の画像

カボチャの栽培・育て方手順|地植え・畑編

カボチャ の 育て 方

栽培の特徴 種類 科目 適正土壌pH 連作障害 栽培難易度 ミニカボチャ ウリ科 5. 5~6. 科名属名:ウリ科カボチャ属• 原産地:アメリカ大陸• 草丈樹高:低 30cm以上• 日照条件:日なた• 水やり:乾かし気味に育てる• 種まき期:3月下旬から4月• 植えつけ期:4月下旬から5月中旬• 収穫期 7月~9月• 植えつけから収穫までの期間 90日前後• 開花から収穫までの期間 40~50日くらい 豆知識 日本で栽培されているカボチャ カボチャは、北アメリカ大陸から南アメリカ大陸にかけての広い地域が原産のウリ科野菜です。 日本には、西洋カボチャ、日本カボチャ、そしてペポカボチャの3種類のカボチャがあります。 最初に日本伝わったカボチャは、日本カボチャです。 日本カボチャは1542年、漂着したポルトガル船によってもたらされました。 西洋カボチャは1863年に初めて、アメリカより渡来し、明治に入り、多くの品種が輸入されるようになりました。 カボチャの代表的な品種 日本カボチャ 日本カボチャといいますが実際はアメリカ原産であることには変わりありません、日本に伝わってきたのが、西洋カボチャより古く、日本で独自の発展をみせた品種です。 西洋カボチャ スーパーでよく見かけるのがこのタイプです。 最も多く流通してい品種のカボチャです。 現在の主流は西洋カボチャで、西洋カボチャは果肉が粉質のため、ホクホクとしてクリのように甘味が強く「栗カボチャ」とも呼ばれています。 「栗カボチャ」「ほっこりえびす」などがあります。 ミニかぼちゃ あまり大きくならない小ぶりに品種改良して育てやすかぼちゃです。 「ほっこり姫」「利休」「坊ちゃんかぼちゃ」のどがあります。 へポカボチャ ズッキーニなどもかぼちゃの仲間になります。 栽培のコツ 栽培期間や適正気温 ミニカボチャの栽培期間は長く 120日から150日前後です。 連作障害 一般的にスイカやメロンなどを除いて、ウリ科の植物は連作障害に強い野菜です。 カボチャは連作可能なようですが、カボチャの後に同じウリ科のスイカなどは植えることはできません 栽培スケジュール 畑の準備 土つくり• 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕します。 適正土壌pHは5. 5~6. 0です。 さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。 元肥の目安は1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。 同時に化成肥料を施肥しておくといいでしょう。 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。 畝立て• 水はけを良くするために、幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。 マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。 栽培管理 種まき、植え付けと株間• 種から育てる場合は、ポットなどに3粒から5粒播き、1cmほど盛り土して上から軽く押し固めておきます。 たっぷり水をやり、本葉1枚~2枚のころから段階的に間引き、最終的に1本立ちにします。 植え付けの株間は、 30cm(親づるのみ伸ばす場合)~120cm(子づる4本育てる)ぐらい確保して、マルチに穴をあけて植えつけます。 子づる2本の場合約60cmあける。 植え付け後は害虫対策や風で倒れないように育苗のビニールキャップをかぶせてやります。 仕立て方 摘芯 摘芯は人工授粉とともに、カボチャの栽培では大変重要な作業になります。 親づるは摘芯せずに伸ばしていきましょう。 勢いのいい子づるを 2本から3本ほど残して、ほかは摘み取ります。 そのほかの実は摘果します。 うまくやれば、 1本の苗から5個収穫することができます。 だいたい 15枚の葉っぱに対して1個の実を残すと、大きくおいしいかぼちゃが育てられます。 支柱による立体栽培 ミニカボチャは、立体さ売すると省スペースで効率よく栽培ができます。 合掌式や垂直式などで支柱を立てて立体栽培することができます。 空中栽培することで日当たりもよくなり、病気にも強くなります。 支柱の立て方はこちらを参考にしてください。 追肥 根が浅く広がるように成長しますので、肥料や焼けや掘り返して根を痛めないように育てましょう。 1回目の追肥 一回目の追肥は5節目か6節目くらいまで育って、子づるがそろい始めたころに行います。 一回の追肥量は、1平米当たり化成肥料で60gから70gぐらいを目安に株元にパラパラまくように与え軽く土をかぶせておきます。 2回目の追肥 果実が直径5㎝くらいになったころ、2回目の追肥をします。 株マのところで頃にパラパラと化成肥料などをまきます。 以後成長を見ながら約2週間おきに同じように追肥を行います。 受粉 カボチャは雄花(おばな)と雌花(めばな)がそれそれ独立して咲きます。 雌花(めばな)の付け根には小さな実がついていて、雄花と受粉することによって身を大きくさせます。 受粉できずに枯れた雌花についている実は大きくはなりません。 自然に受粉するのを待っていると効率が悪いので、カボチャは人工授粉するのが常です。 花の付け根の部分が膨れているのが雌花(めばな) 花だけしかないのが雄花(おばな)です。 これが雄花です。 花びらの下が膨らんでいません。 そしてこちらが雌花です。 花のが丸く膨らんだ茎から咲いています。 雄花を摘み取って黄色い花びらをきれいに取り除きます。 中の花粉を落とさないように優しく取り除くといいでしょう。 これで受粉完了です。 優しく雌花に雄花の花粉をつけてやります。 雌花はあっても、雄花がなかったり、雄花ばっかり咲いて雌花がなかったりして、せっかく花が咲いても実をならせられない時があります。 できれば複数の苗を植えて一度にたくさんの雌花と雄花を咲かせたいところです。 また、 受粉作業は早朝から午前10時ぐらいまでに行うといいとされています。 玉直し カボチャを地面を這わして育てていると、できた実が地面に接している部分に日光が当たらす緑色にならない、グランドマークと呼ばれる変色したように見える部分ができます。 玉直しで裏面にも日光が当たるように、ひっくり返します。 へたが取れてしまわないように気を付けてゆっくり動かしましょう。 収穫 長さや大きさは品種によって異なりますが、実が成長してある程度の大きさになったら収穫します。 収穫のサインは、果実の付け根の 首の部分が茶色くコルク上になった時が収穫適期です。 開花から35日から40日で収穫期を迎えます。 、また爪を軽く実にあててみて、爪が食い込まないくらい硬くなったら収穫可能になります。 収穫後10日ほど風に当てて乾燥させると甘みが増すといわれています。 コンパニオンプランツ 〇 混植に適している植物 good 野菜類• ネギ類 長ネギ ハネギ(ウリハムシを遠ざける)• 玉ねぎ(つる割れ病などの病気を抑える)• ニンニク(つる割れ病を抑える)• らっきょ(つる割れ病を抑える)• トウモロコシ(互いに成長を助ける)• カブ(互いに成長を助ける) 花類 ハーブ類• パセリ(根元の乾燥を抑える)• チャービル(虫よけ 野菜を元気にする)• ミツバ(根元の乾燥を抑える) 〇 前作に植えるとよい植物 good• トウモロコシ• カリフラワー• ニンジン• ウリ科全般(根こぶ線虫を増やす)• セージ(ハーブ)• オクラ(センチュウを増やす)• ニンジン(根こぶセンチュウを増やす).

次の

ミニカボチャ・カボチャの育て方 [家庭菜園] All About

カボチャ の 育て 方

ミニカボチャ・カボチャの育て方!カボチャの栽培スケジュール 中南米が原産といわれているカボチャは、乾燥した荒れ地を好み、「干ばつ時の方がおいしくできる」といわれているほど。 手間があまりかからず、自然農などの放任栽培にも向いています。 地面をはって、大きな葉がどんどん広がっていくので、家庭菜園や市民農園なら、比較的コンパクトで立体的に仕立てることもできるミニカボチャが向いています。 ところで、カボチャが日本に伝来したのは17世紀。 大分に漂着したポルトガル船が、当時の大名にカンボジア産のカボチャを贈ったのが最初と言われています。 この時、「カンボジア」がなまって「カボチャ」と呼ばれるようになったそうです。 カボチャは、種を直接地面に蒔く「直播き」でもOK。 ハロウィンに合わせて栽培スケジュールを立ててみるのも楽しいです。 苗から育てる場合は、4月下旬から5月下旬までが植え付け時期ですが、カボチャは種を直まきにすることもでき、その場合、5月以降の播種でも大丈夫です。 8月下旬から9月上旬頃が収穫期となります。 準備するもの もともと荒れ地を好む植物ですので、初期に肥料が効き過ぎると、「つるボケ」といってつるばかりがどんどん伸びてしまい、かえって実のつきが悪くなってしまいます。 そこで、ある程度生育してから根に肥料が届くよう、植えつける前に深さ30cmほどの穴を掘り、完熟たい肥やボカシ肥などの有機質肥料を入れ、土を戻し、そこに、苗や種を植えつけるようにします。 株間はミニカボチャなら70cmくらい、通常の大きさのカボチャなら1. 5mくらいあけるようにします。 地面を這って生長していくものなので、植えつけの際に、敷わらやビニールマルチをしておくと雑草防止や泥はね防止になり、後の管理がラクになります。 育て方:生育初期をクリアーすれば、あとは放っておいてもOK! カボチャを棚で仕立てる。 冒頭で書いたとおり、通常のカボチャは、一枚の葉の大きさが直径30cm程になり、つる植物でどんどん地面を這っていくため、広いスペースが必要となりますが、「栗坊」「プッチィーニ」といったミニカボチャなら、立体的に仕立てることも可能です。 棚型やドーム型に支柱を仕立て、そこにネットをかけて固定し、つるが絡みやすいようにしてあげると、写真のように立体的に仕立てることができます。 葉が大きく風を受けやすいため、台風などの被害を受けないよう、しっかりとした躯体を作っておくことが必要ですが、地面に這わせない分、雑草や泥はね対策の心配がなくなります。 オレンジの縦線が入る「プッチィーニ」や、レモン型で皮ごと食べられる「コリンキー」、オレンジ色でヒョウタン型の「バターナッツ」など、変わり種のミニカボチャを立体的に仕立てれば、夏のキッチンガーデンのポイントになり、見て、食べて、2倍楽しむことができそうですね。 寝かせた方がおいしくなるカボチャ カボチャは収穫してからしばらく寝かせて、でんぷん質と糖質が等量になる頃が最もおいしくなるといわれています。 京野菜として有名な鹿ヶ谷南瓜 カボチャの品種は、大きく、「日本カボチャ」「西洋カボチャ」「ペポカボチャ」の3タイプに分けることができます。 縦に深い切りこみが入った「菊座」や、京野菜で有名なひょうたん型の「鹿ヶ谷」などがある日本カボチャは、水分が多くねっとりとしていて、出汁でじっくりと煮込む日本料理に向いています。 収穫後1ヵ月ほど置くとおいしくなり、品種によっては「冬至のカボチャ」といわれるとおり、冬まで保存することも可能です。 西洋カボチャは別名「栗カボチャ」ともいわれ、「えびす」「黒皮栗」「赤皮栗」といった品種があります。 日本カボチャは栽培に手間がかかることや、西洋カボチャの方が、ほくほくとして甘みが強く人気が高いことなどから、現在は、これらの品種が主流になっています。 西洋カボチャは大体、収穫後1週間くらいで食べるのがおいしいといわれています。 熟すると水分が減って内部が空洞になってくるので、手にとったときにずっしりと重く、軽くたたいてみると太鼓のような響きがするものを選ぶことが、おいしいカボチャ選びのポイントです。 【関連記事】•

次の

ハロウィンカボチャの育て方は?種から植える方法と栽培日記

カボチャ の 育て 方

種からでも簡単に育てる事が出来ます。 カボチャに含まれる栄養価はカロチン、ビタミンB群・ビタミンC、食物繊維、カリウムが豊富に含まれています。 栄養価は日本カボチャより西洋カボチャの方が高く人気です。 カボチャ種まき・植え付け・収穫カレンダー カボチャの植付時期は4月上旬~6月下旬 収穫時期は6月中旬~9月下旬までです。 カボチャを育てる時に気を付けるポイント!• カボチャは 連作が可能 な野菜です。• つるボケしないように元肥の化成肥料は 窒素が少ないもの を利用しましょう。• 親弦の1番果をならせる ことで養分が果実に取られて弦ボケを防げます。• あんどん仕立ての場合は果実全体に日光を当てる為に定期的にプランター(鉢)を回してやりましょう。• 昆虫の飛来が少ないマンション上階のベランダ等で栽培する時は 人工授粉をして 実を付けてやりましょう。• 実付きが悪い時は カリ肥料を追肥 すると実付きがよくなります。 カボチャ栽培に適したプランターサイズと土づくり カボチャを栽培するときのプランターサイズは標準タイプ(60㎝程度)以上のものを使用しましょう。 大型品種のカボチャの場合は、1株ごとに1つの植木鉢を利用して育てるようにしましょう。 1つの鉢に苗をたくさん植えると収穫量が減ってしまいます。 植え付けの2週間前には土作りを済ませておきましょう。 プランターに入れる用土の量は、ウォータースペースを残して、鉢の8分目程度(淵から2~3㎝)にしておきます。 カボチャは定植又は種を植える約2週間前には土づくりを完了させておきましょう。 カボチャを種から育てる(種植え) 市販の種蒔き用用土を用いて3~5号のポリポットに種をへそ(尖った方)を下向きにして2~3粒蒔いて1~2㎝程度覆土してやりましょう。 その後に水をたっぷりと与え、発芽するまでは暖かい場所で土が乾かないように細目に水やりをします。 発芽して本葉が出始めた頃に元気の良い苗を1本に間引き、本葉が3~4枚になるまでポットで育苗します。 カボチャを畑に直播きする時は、畝に4粒種を蒔きホットキャップを被せて保温してやりましょう。 本葉1枚の時に3本に本葉2本の時に2本に本葉3枚で1本に間引きを行いましょう。 カボチャの苗の植え付け カボチャは種を蒔いてから約30日ほどで本葉が3枚まで成長します。 植え付けする時は、表面の根が見える程度(根鉢の表面と用土が同じ高さ)になるように植えて、植え付け後は株元を軽く押さえて根の活着をよくしてやります。 遅霜が発生する地域は霜の発生がなくなってから畑に植え付けましょう。 カボチャの苗は霜に当たると枯れてしまうので注意が必要です。 カボチャは日あたりがよく土づくりが完了いる排水のよい「ほ場」を選んで植えることが上手く育てるポイントです。 定植の10日前までにマルチや敷き藁をかけておいて地温を上げておくようにしましょう。 低温だと苗の発育が悪くなってしまうので注意が必要です。 カボチャの整枝 西洋カボチャは親弦に実がよくなるのでそのまま伸ばし、子弦は2~3本勢いのある弦を残して後はすべて摘み取ってください。 日本カボチャは本葉5枚になった時に親弦の先端を摘み取り、子弦のみを3~4本伸ばして子弦に実を付けさせましょう。 カボチャの支柱を立てる ミニ種の場合は弦が伸びてきたら、支柱を立てて弦を誘引してやりましょう。 伸ばす弦は親弦のみで途中で出来る子弦は全て切り取ります。 ミニ種は果実が思ったよりも重いので、支柱はしっかりした「あんどん型」の支柱かオベリスクを立てるようにします。 カボチャの人工授粉 カボチャは確実に着果させるために、人工的に受粉を行ってやりましょう。 カボチャの雄花と雌花の見分け方ですが、雌花の花弁(花びら)の下部はぷっくりと膨らんでいるのに対して、雄花の下部は全く膨らんでいないので、見てすぐに雄花と雌花の違いは見分けられるはずです。 カボチャを確実に人工受粉させるために、同じ株同士ではなく別の株の雄花と雌花で受粉させるようにしましょう。 ただし、マンションのベランダなどのプランターや鉢で1株だけ育てている時は同じ株で構いません。 人工授粉のやり方ですが、雄花の花弁(花びら)を全て取り除き、花粉を雌花の柱頭にこすり付けるように受粉させましょう。 受粉させた後は、受粉日を記入したラベルなどをつるしておくと収穫までの日数管理がしやすくなります。 カボチャは特に親弦の1番花は確実に受粉させるようにしましょう。 1番果を実らせると弦や葉の茂りすぎを防止することが出来るため後の収穫量が増えます。 人工受粉は開花した日の朝9時までに行う事も受粉を成功させるコツです。 カボチャの人工授粉は朝9時を過ぎてから行っても風などで花粉が飛んでしまうことが多く結実しないことがあります。 追肥の頻度と与える量(タイミング) カボチャの追肥は追肥の1回目は1番果の着果後で果実が子供の握りこぶし大程度の大きさになった時、2回目は2~3番果の着果後に与えます。 追肥は化成肥料30g~40gほどを株元から離れた位置に施します。 注意することは1番果の着果を確認しても果実が大きくなり始めるまでは肥料を与えないようにする事です。 また、葉の色が濃く茂りすぎている時も同様に肥料を控えましょう。 カボチャの追肥は苗の生育状態によって適宜与えるのがポイントです。 カボチャの玉直し カボチャの生育管理には他の野菜にはない玉直しという作業があります。 玉直しと言うのは果実が大きくなる途中で、カボチャの形を整える為に向きを変える作業のことです。 カボチャの玉直しの方法とタイミングですが、果実が握りこぶしほどの大きくなった時に花弁が付いていた方を下に向け果実の下側にプラスチックトレーなどを敷きます。 その後の玉直しですが、収穫の1週間~10日前に果実の向きを反対にして果実全体に日光が当たるようにしましょう。 ミニ種をプランターで栽培している場合は、時々、プランターを回して果実全体にバランスよく日光が当たるようにしてやりましょう。 カボチャの収穫時期 見た目の目安は「果こう」と言われる果実と実を繋いでいるいわゆる「へた」の部分が白くなり亀裂が入ってコルク状になった時が収穫適期です。 また、果実の表面がつるっとして滑らかなものは未成熟な果実なので、深い溝があり表面の艶が消えたものを選んで収穫しましょう。 収穫する時はハサミで果こう(へた)を切り取ります。 収穫後は日陰に1週間ほど置いて切り口を乾燥させましょう。 収穫までの目安日数は、西洋カボチャが受粉後約40日~50日、日本カボチャが約30日~35日が収穫適期となります。 カボチャ栽培のコツとカボチャの病気対策 カボチャは乾燥に強く丈夫な野菜ですが、加湿には弱いので排水対策はしっかりと行いましょう。 プランターで栽培する時は鉢底石を敷き詰めるなどしてやりましょう。 弦ボケしないように元肥は窒素分が少ないものを利用しましょう。 カボチャにはうどんこ病や疫病が発生します。 病気を予防するには、土壌の過湿と葉が繁茂しないようにして、つるの伸長にあわせて十分敷き藁を施すようにしましょう。 周囲の雑草を取り除き風通しを良くすることも、病気発生の予防になります。 カボチャを栽培する時に発生しやすい害虫はウリハムシ ウリバエ です。 周囲の雑草防除と定期的な殺虫剤散布に努めましょう。 害虫対策は早期発見が大切です。 虫食いによる食い跡がないかなど葉の状態をよく観察して、害虫の発生を確認したら早めに除去するようにしましょう。 また、害虫が大量に発生してしまった時は被害が拡大しないように薬剤の使用も検討しましょう。

次の