ペイペイ メリット。 PayPay(ペイペイ)の実際の評判は?口コミから見るメリット・デメリット

PayPay(ペイペイ)とは?使ってわかったメリットと注意点!使い方や評判、セキュリティまで解説!

ペイペイ メリット

2018年からサービスが開始された、キャッシュレス決済アプリのペイペイ。 利用者は年々増え続け、キャッシュレス化の勢いは衰えることがありません。 みなさんは、現金派ですか、キャッシュレス派ですか? 年齢層が下がるにつれて、どんどんキャッシュレス派の人が多くなってくるのではないでしょうか。 そんなペイペイですが、アプリをダウンロードして使えるものということはしっていますが、本当にそれだけなのでしょうか。 うまい話には、何か裏がある世の中です。 いい面だけをみてペイペイを利用して、本当に安全なのでしょうか。 年会費は支払うのでしょうか? どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか? メディアはどうしても、いい面しかいいません。 悪い面もしっかり理解してから、利用するかを検討したいですよね。 大丈夫です。 「ペイペイは、年会費を支払うことはありません。 」 ペイペイは、あくまでもアプリをダウンロードして、必要事項の登録で、誰でも使い始めることができる、キャッシュレス決済です。 CMやインターネットの口コミを見ても、ペイペイのいいことしか目にしませんよね。 しかし、年会費がないというだけでは、まだ不安です。 ペイペイを利用するのに当たり、メリットやデメリットもしっかり知ったうえで、利用を開始したいですよね。 それぞれ紹介します。 ペイペイを利用するメリット ・利用するのにかかる手数料が無料なこと! 先ほど言ったように、ペイペイはアプリをダウンロードして、必要事項を登録すればだれでも利用できるものです。 登録や利用に、一切の手数料はかかりません。 スマホさえあれば、キャッシュレス決済が可能になります。 難しいことなく、スマートに買い物ができるのは、メリットですね。 ・利用出来る店舗が多い! ペイペイの加盟店は、どんどん増え続けています。 2019年10月には、150万か所を突破しています。 大手のコンビニはもちろん、スーパーやレストラン、宿泊施設などでも利用できるようになっています。 ペイペイなら安心して、お財布の中身をキャッシュレス仕様にしても、大丈夫そうですね。 ・キャンペーンを開催している! ペイペイでは、毎月 「いつもどこかでワクワクペイペイ」というキャンペーンを行っています。 毎月キャンペーンの内容は変わるので、お得情報をチェックすれば、よりペイペイを使ってお得に決済することができます。 ・ボーナスを獲得できる! ペイペイでは、頻繁にペイペイボーナスを獲得できるキャンペーンが行われています。 得点やキャンペーンの適用に伴い、ペイペイ残高に進呈される残高のことで、利用することでもらえるボーナスポイントのようなイメージです。 また、ヤフージャパンカードを利用すると、ペイペイボーナスが1. 5%もらえます。 利用するだけでポイントを貰えるので、利用者には大きなメリットといえます。 ペイペイを利用するデメリット ・ヤフージャパンカード以外のカードだとメリットが少ない! ペイペイの支払いにはクレジットカードを登録しますが、ペイペイボーナスを貰えるのは、ペイペイ残高かヤフージャパンカードのみなんです。 ・スマホは必須! ペイペイはスマートフォン対応のアプリです。 ガラケーには対応していないので、スマホの所持が必須となります。 ・アクセスできないトラブルがある! 大型キャンペーンを行っているときは、アクセスが集中してアプリがうまく起動できない場合もあります。 uedaharlowfx. html 消費者にとっての意見しか見る事はありませんが、お店側からしてのペイペイ導入のメリット・デメリットはあるのでしょうか。 メリット ・集客効果がある! 先ほども言ったように、ペイペイは定期的に大型キャンペーンをやります。 消費者の消費意欲も高まります。 そんなときペイペイが導入されていない場所は、おいてけぼりをくらうことになりますからね。 ・初期費用無料! ペイペイ導入にかかる手数料は一切ありません。 全てが無料で始める事ができるのです。 ・お金のトラブルを防げる! ペイペイを導入すると、お金の管理がスムーズになります。 釣銭ミスなどのトラブルを防ぐことができますからね。 効率もあがり、回転も速くなります。 デメリット ・インターネット状況が大事になる! 利用者側のデメリットにもあった通り、ペイペイはインターネット状況に左右されるシステムです。 何かの不都合でインターネットがダウンしてしまったとなると、それだけで全く使えなくなってしまうというリスクはあります。 しかし、様々な角度から見てもメリットの方が勝っているように感じます。

次の

ペイペイのメリット・デメリットを紹介!登録方法・使い方・使えるお店一覧まとめ

ペイペイ メリット

東京オリンピックや消費税増税に伴い、キャッシュレス決済の普及が進んでいます。 スマートフォンひとつで会計ができるQRコード決済が、ここ数年で多く見られるようになりました。 その中でもよく耳にするのが「楽天ペイ」と「PayPay(ペイペイ)」だと思います。 楽天会員と相性がよく、ネットショッピングでも利用機会が多い「楽天ペイ」、一方で初心者でも始めやすく利用できるお店も多い「PayPay」。 今回は「楽天ペイ」と「PayPay」それぞれの特徴を紹介し、ユーザー目線と店舗目線で徹底比較していきます。 利用を検討中の方は是非チェックしてみてください。 楽天ペイとPayPay(ペイペイ) 既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、簡単に楽天ペイとPayPayについて紹介します。 楽天ペイとは 引用:楽天ペイホームページ 「楽天ペイ」は、楽天ペイメント株式会社という、楽天グループが設立した会社が提供している決済サービスです。 楽天ペイメント株式会社では、楽天ペイのほか楽天ポイントカードや楽天Edyなども運営しています。 楽天ペイでは楽天のサービスで貯まったポイントを利用できますし、支払いをすると「楽天スーパーポイント」のポイント還元ががあるのが魅力の一つです。 PayPay(ペイペイ)とは 引用:PayPay公式Twitter 「PayPay」とは、ソフトバンクとヤフーの合弁会社として設立されたPayPay(ペイペイ)株式会社から提供されているQRコード決済サービスです。 「100億円キャンペーン」などで注目を浴び、ご存じの方や利用している方も多いのではないでしょうか。 加盟店が豊富なのが特徴で、日常生活の中でも非常に利用しやすいです。 還元方法は「PayPayボーナス」になります。 PayPayのアプリのダウンロードはこちらより行えます。 他にもお金を出したり、数え得たりする手間がなくなるので時間の短縮にも繋がります。 ここでは、「楽天ペイ」と「PayPay」それぞれの特筆すべきメリットをご紹介します。 楽天ペイのユーザー側メリット 楽天スーパーポイントが貯まる、使える 楽天ペイで支払いをすると0. 5%の楽天スーパーポイントが貯まります。 この貯まったポイントは、次回の楽天ペイの支払いにも使うことができますし、楽天市場や楽天ポイントカード加盟店、フリマアプリの「ラクマ」でも利用することが可能です。 楽天カードを使えばポイントの二重取りが可能 楽天ペイの支払い先を楽天カードにしておくと、楽天ペイの0. 5%のポイント還元に楽天カードの1%のポイント還元が足されるので、合計1. 5%のポイント還元になります。 ポイントの二重取りが可能になるので、楽天ポイントを貯めている、楽天をよく使うユーザーであれば積極的に楽天ペイと楽天カードを活用していくことをおススメします。 楽天ペイSuicaなら、Suicaチャージでポイントを貯められる 2020年5月25日から、Android端末の楽天ペイアプリ上でSuicaが利用できるようになりました。 さらにチャージに楽天カードを利用すると、200円につき1ポイントの楽天ポイントをためることができます。 キャンペーンでiPhoneなどのiOS端末であっても、モバイルSuicaから楽天カードでチャージを行うと楽天ポイントをためることができます。 電車やバスだけでなく買い物などでも利用でき、決済もスマートフォンを専用の端末にかざすだけになりますので、わざわざアプリを開いて決済を行う必要がないのもメリットです。 >>気になるかたはこちらをチェック! PayPayのユーザー側メリット PayPayはキャンペーンが多い PayPayではお得なキャンペーンを多く実施しています。 2018年10月にサービスを開始した際に「100億円キャンペーン」を開催し話題となりました。 その後も多くのキャンペーンを打ち出しています。 「ワクワクペイペイ」のキャンペーンでは、毎月対象の店舗でお買い物をするとお得に還元を受けることができるので、キャンペーンを活用すれば、通常よりも効率よくポイントを貯めることができます。 PayPayのアプリのダウンロードはこちらより行えます。 店舗側のメリット 楽天ペイやPayPayといったQRコード決済を店舗へ導入すると、現金のやり取りする必要がなくなります。 レジ業務にかかる手間が削減できるので、店舗の回転率アップにも繋がり、業務効率の改善にも期待ができます。 ここでは、楽天ペイとPayPayの店舗導入のメリットについても具体的に見ていきましょう。 楽天ペイの店舗側メリット クレジットカード・電子マネーも一度に導入できる 楽天ペイでは専用カードリーダーがありますので、クレジットカードと主要電子マネーの全21ブランドにも対応できます。 QRコード決済だけでなく、クレジットカードやSuicaやWAONなどの電子マネーも一緒に導入できるので、さまざまなお客さんのニーズに応えることができます。 最短翌日自動入金可能 楽天ペイの指定口座を楽天銀行にすることで、決済の翌日に自動入金が可能です。 振込手数料も無料ですので、安心して利用可能です。 また楽天銀行以外の金融機関でも、管理画面より振込申請を行えば、翌営業日に入金が可能です。 この場合は振込手数料が1回につき330円かかりますのでご注意ください。 au PAYと連携しているのでauユーザーにも訴求できる 楽天とKDDIが提携を行ったことにより、au PAYの利用者にも対応することができます。 auユーザーの集客効果も期待できます。 導入店舗には負担がなく利用ができるようになっています。 AliPay対応でインバウンド対策にも PayPayは、中国の大手QRコード決済の「AliPay」に対応しています。 観光地などで訪日外国人の集客を積極的に行いたいのであれば、AliPayに対応しているのは嬉しい機能です。 ユーザー側のデメリット スマホ決済は通信環境が悪かったり、スマートフォンの充電がなくなってしまうと利用できなくなってしまいまうのが最大のデメリットです。 レジに行く前にアプリを開いて準備しておくと慌てずに済みます。 楽天ペイのユーザー側デメリット 登録できるカードは、楽天カード・Visa・MasterCardのみ 楽天ペイに登録できるクレジットカードは、楽天カードのすべてのブランドと、VisaとMasterCardのみになります。 楽天カード以外のクレジットカード(JCB、American Express、Diners Club、Discoverなど)の場合は登録することができません。 楽天カードやVisa,MasterCard以外のカードを所有していた場合は楽天ペイに利用できないので、そういった方にとってはデメリットだと言えるでしょう。 PayPayのユーザー側デメリット クレジット利用の場合、ヤフーカードしかPayPayボーナスが貯まらない PayPayでの決済の支払いは、クレジットカードでも行えます。 利用できるクレジットカードはVISAとMasterCardとなっていますが、「ヤフーカード」を登録した場合のみ、PayPayボーナスが0. ヤフーカード以外のクレジットカードを利用している場合はPayPayボーナスを獲得できません。 また、ヤフーカードでも1. この条件を見ると、楽天カードと紐づけるだけで自動的に1. Yahoo! JAPANカードについては、こちらの記事でも詳しくご紹介しています! 店舗側のデメリット 導入にはあまり問題ないように見えますが、お店によってはデメリットに感じる場合もあるので、導入前に確認しておきましょう。 楽天ペイの店舗側デメリット クレカ・電子マネー導入済みの店舗は導入しづらい 楽天ペイは、QRコード・クレジットカード・電子マネーを一度に導入できる決済サービスです。 つまり、QRコード決済を導入しようと考えた場合でも、クレジットカードと電子マネーも一緒に導入することになるので、すでに導入済みの店舗では申し込みに抵抗を感じるかもしれません。 しかし、すでに利用しているものと決済手数料や入金サイクルなどを比較して納得できれば、楽天ペイに切り替えるといった判断をしても良いかもしれません。 PayPayの決済が定着してしまったお店で、手数料が思ったものよりも高かった場合は簡単に変更できないリスクがあります。 まとめ 今回は楽天ペイとPayPayの違いや、ユーザー目線、店舗目線でメリット・デメリットを紹介していきました。 ユーザー目線で見れば、楽天ペイは楽天ポイントを集めてる方に、PayPayであれば、ヤフーカードを利用している方におすすめです。 店舗目線で見ると、楽天ペイは決済手段を増やしたいお店におすすめでき、PayPayは決済手数料を抑えたい・インバウンド対策を行いたいお店におすすめのQRコード決済です。 今回紹介したメリット・デメリットを参考にし、導入を検討してみてください。

次の

PayPay(ペイペイ)の実際の評判は?口コミから見るメリット・デメリット

ペイペイ メリット

PayPayの評判・口コミまとめ まずはSNSでのPayPayの評判・口コミを見ていきましょう。 皆さんもラッキーな事ありますように? 今日もよろしくお願いします? 早速ガストで外食したんですが、なんと!ペイペイ使えなかった? 使えると思ってたー? LINEさんでカルピス買ったレシート送って先着に入れたので120ポイント頂きました? ありがとうございます? — ぴよ PIYOTTA0131 吉野家もPayPay払いできるようになりましたな。 すばらし! — kanki kankisuzuki PayPayの悪い評判・口コミ 【ご注意頂きたいお知らせ】 本物そっくりな偽PayPayサイトに誘導し、個人情報を入力させようとするメールやSMSが確認されています。 不審なメールやSMSを受信した場合には、開かずに削除をお願いいたします。 判断が難しい場合には、PayPayアプリのリンク等をご確認下さい? 実際にお金で払わないと買い過ぎしそうで怖い? 友達みてると感覚おかしくなってる感あるあるだし お財布の中に入っているお金で用をたすのが一番安心? 便利さを手に入れても失うものも絶対あると思うよ — リカはギャル? PayPayのメリット PayPayのメリットについて紹介していきます。 キャンペーンによく当たる SNSでPayPayの口コミを探してみると、一番目につくのがPayPayのキャッシュバックキャンペーンに当選したという口コミ。 中には何度も当選している方も大勢いました。 PayPayは常に何かしらのキャンペーンを行っており、運がよければ高いポイント還元を受けられます。 他のキャッシュレスサービスに比べてもキャンペーンでの還元が多いので、得をしたい人におすすめです。 使えるシーンが多い サービス開始当初は使える店が少ないことで、悪評もあったPayPayですが、徐々に利用できる店を増やしています。 最近では吉野家がPayPayを導入したことも、SNS上で話題になっていました。 大手企業だけでなく、小さなお店でもPayPayを導入したことを宣伝する投稿がSNSではよく見られました。 田舎の小さなお店でもPayPayを使えて驚いた、という口コミも見られたため、利用できる店は日本全国に広がっていると思っていいでしょう。 還元率が高い 還元率の高さからPayPayを選んだ、もしくはおすすめする口コミも多く見られます。 通常の還元率が高いこともさることながら、キャンペーンによって還元率を上げることもできるため、非常にお得です。 使い方によって還元率は大きく異なるため、これからPayPayを利用する人は、どのように使えば自分にとって一番お得か考えて使いましょう。 Apple Watchに対応 最近のPayPayのニュースで最もホットなのがApple Watchに対応したこと。 Apple Watchユーザーからは喜びの声が投稿されています。 これまでスマホで決済するのが面倒だと思っていた方も、Apple Watchを使えばよりスムーズに決済が可能になります。 Apple WatchユーザーならPayPayをより使いこなせるでしょう。 PayPayのデメリット キャンペーン当選の投稿がほとんどで、悪評についてはほとんど出てこなかったPayPay。 サービス開始当初は不満の投稿もありましたが、サービスの充実により改善されてきたことが分かります。 その中でもPayPayの注意点を紹介していくので参考にしてください。 悪質な偽PayPayに注意 PayPayに人気が出てきた故のことですが、PayPayに似せた詐欺アプリが登場しているようです。 PayPayだと思って個人情報などを登録すると、入力した個人情報を盗まれるという手法です。 それだけPayPayの認知度や人気が上がってきているということでしょう。 PayPayの公式アカウントも注意喚起をしているので、これからPayPayに登録する人は、本当のPayPayなのか注意して確認しましょう。 お金を使っている感覚が薄れる PayPayのみならずキャッシュレスサービス全体に言えることですが、現金を使うのに比べてお金を使っている感覚が薄くなってしまいます。 特にPayPayはApple Watchに対応するなど便利になっているので、より注意が必要です。 PayPayを使うのであれば、それ以上にお金に対して自省する心が大事かもしれません。 また、PayPayに関する口コミの中には、割引が当たってしまい無駄な出費をしていると投稿する人もいました。 キャンペーンがあるとお得だと思ってついつい使ってしまいますが、キャンペーンがなければ買っていなかったものもあるので、結果的に出費が増えている場合もあります。 結論、PayPayは利用すべきなのか? 結論としてはPayPayはおすすめです。 その理由はキャンペーンによる還元率が高いところ。 これだけ魅力的なキャンペーンがいつまで続くかはわかりませんが、現在は少なくとも確実にお得だと言えるでしょう。 今はキャッシュレスサービスの黎明期のため、ユーザー獲得のために各社キャンペーンによる囲い込みに力を入れています。 競合が少なくなれば、キャンペーンも落ち着くかもしれませんが、だからこそお得なうちに使っておきましょう。 PayPayの利用を検討している人は、今こそ使い時といっていいでしょう。 PayPayのキャンペーン最新情報 様々なキャンペーンを行っているPayPay。 現在行われているキャンペーン、実施が決定されているキャンペーンについて見ていきましょう。 はじめての方限定!口座開設で現金1000円プレゼントキャンペーン 2019年11月1日(火)12:00~2019年11月12日(火)12:00の期間中、はじめての方限定で「ジャパンネット銀行」開設とその口座をPayPayに登録すると現金1000円がもらえるキャンペーン。 銀行口座を登録するだけなので、入金する必要はありません。 現金1000円をもらうためには、初期設定と開設したジャパンネット銀行口座のPayPayへの登録を2019年12月17日(火)23:59までに完了させます。 なんとなくPayPayを使うのが怖いという人は、まずは入金しないで付与されたお金で利用してみてはいかがでしょうか。 ノーリスクでPayPayを始められます。 詳細は、をご確認ください。 まちかどペイペイ 第1弾 2019年10月1日(火)0:00~2019年11月30日(土)23:59の期間中、PayPay決済対象店での利用で、PayPay加盟店還元5%相当に、5%相当のPayPayボーナスを上乗せされた合計10%相当のPayPayボーナスが付与されるキャンペーン。 もし、PayPay残高で5,000円の決済をした場合、消費者還元率5%の250円、PayPayから5%の250円で合計500円相当のボーナスポイント還元になります。 詳細は、をご確認ください。 LEAGUE試合終了日」までの期間中、B. LEAGUEの会場内でPayPayを使うと、還元を受けられるキャンペーンです。 日本のバスケットリーグであるB. LEAGUEが行われる会場で、ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーかつ、PayPay残高かYahooマネーで決済すると20%もの還元を受けられます。 それ以外のスマホブランドのユーザーでも10%の還元を受けられるので、十分にお得と言えるでしょう。 詳細は、をご確認ください。

次の