コロナ禍 ビジネスメール。 今、注目の3つのビジネスと注目の銘柄について【コロナ禍で伸びる企業紹介】

コロナ禍でも「集客6倍」になった酒屋のDMに書いてあったこと 「売ろう」という気持ちはなかった

コロナ禍 ビジネスメール

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は土井田みきさん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。 「緊急事態宣言が解除され、6月1日からうちの会社も出社が基本となりました。 とはいえ、順次ということなり、社内でも誰がどのように働いているのかが把握しきれていません。 社外の人はなおさらで、コロナ前に比べると、締め切りなどのバッファも広めにとっていて、業務の進みが遅く感じています。 それは仕方がないと思っていますが、困るのはメールのやりとりです。 相手の状況がわからないだけに、急かしてもいけないし、とはいえのんびりしすぎても仕事になりません。 どのように書けばよいでしょうか」 感染者が少なくなってきて、緊急事態宣言も解除され、ひとつの区切りがついたかに思われたコロナ禍。 ですが、第2波の警戒が広がり、仕事だけに集中できないという社会になっています。 しかしながら、働いている限り、業務は進めなければいけません。 ビジネスのやりとりのベースにもなっているメールにも、新しいマナーが必要です。 冒頭の挨拶文や文末の締めには、どのような言葉が適切なのでしょうか。 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。 文頭は通常通りでOK ビジネスにメールが使われるようになって以降、「ビジネスメールは手紙と同様の扱いであるから、慇懃なマナーがあってしかるべき」という初期から、「ていねいでありつつも、簡潔にわかりやすく」という中期を経て、働き方改革の後押しもあって「できるだけ時間をかけずにシンプルに」という流れができています。 件名は本文の具体的な内容がひと目でわかるように、本文は箇条書きやインラインを用いて、過去のメールを掘り返さずとも、そのメールだけ読めば解決できるように作成するといった、効率に特化したメール作成は、コロナ禍でも基本です。 冒頭の挨拶文も、すぐに本題に入ったほうがビジネスメールとしての機能を果たしますので、社外には「お世話になっております」、社内では「お疲れ様でございます」「おはようございます」といった、いつも通りのもので問題ないでしょう。 相手からの問い合わせや、自分が出したメールの返信にさらに連絡事項をメールする場合には、いつもの「ご連絡ありがとうございます」といった、感謝の言葉に加え、「おかわりありませんか?」といった相手の状況を気遣う言葉を添えられるといいですね。

次の

コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ禍 ビジネスメール

新型コロナウイルスがマーケティングに与える影響とは? MarkeZineの調査プロジェクト「MarkeZine RESEARCH」では、2020年4月22日から5月6日にかけてアンケート調査「新型コロナウイルス感染拡大がマーケティングに与える影響」を実施し、597件の回答を得ました。 その集計結果を以下ご紹介します。 勤務先の業種 回答者の勤務先としては「事業会社」が48%で最多となり、「広告会社」13%、「マーケティング支援会社」11%、「ソリューションベンダー」9%、「フリーランス」6%が続いています。 勤務先の業態 回答者の勤務先の業態としては「BtoB」が71%で最も多く、「BtoC」24%、「CtoC」1%となっています。 現在の勤務状況(環境) 現在どのような環境で業務を行っているのかについては、「在宅勤務(リモートワーク、テレワーク」が64%で最多となり、「在宅と出社の組み合わせ」22%、「オフィスへ出社」9%が続いています。 新型コロナウイルスの感染拡大で「売上減少」77% 新型コロナウイルスの感染拡大が自社の売上にどのような影響を与えるかについては、「売上が減少」が77%で最多となりました。 一方で「売上への影響はない」9%、「売上が増加」5%といった回答も見られました。 売上については、自由回答で以下のような声が寄せられましたた。 「プラス、マイナスで、影響は少ない」 「リアル店舗は全店休業、ECは在庫前年比200%オーバーで推移」 「一時的に下がっているが、落ち着いたあとは増加しそう」 また、以下のように先行きの変化に不安を抱えるコメントも見られました。 「仮に売上水準を維持できたとしても、その売上を維持するために支出する新型コロナウイルス対策関連費用に売上が食いつぶされるおそれがある」 「今は大した落ち込みはないが、今後、案件のクロージングが長期化すると予測している」 「新規受注もあるため売上は担保できるが、既存案件の停滞により利益が大きくマイナス」 その一方で「売れるアイテムを切り替えて、特需に対応」という声もあり、多くの企業で現状の売上の変化と今後の見通しを踏まえて対策に動いている様子がうかがえます。 新型コロナで「新たなビジネスチャンスが生まれた」30% 新型コロナウイルスの影響によってどのような変化が起きているか、また対応を迫られているものは何かをたずねたところ、「顧客との商談・打ち合わせをオンラインに移行」が70. 3%で最多となりました。 続いて「予定していたプロジェクトや施策の中止・変更」64. 5%、「顧客とのコミュニケーションやメッセージの見直し」59. 0%となっています。 自由回答では「運転資金の新たな調達」「賃金の見直し」といった厳しい内容も見られました。 しかし、その一方で「新たな需要・ビジネスチャンスが生まれた」という回答は30. 0%に達しています。 広告予算の「変更なし」36%、「減額」は29% 広告予算の変更を検討しているかについては、「予算に変更はない」が36%で最多となった一方、「広告予算を減らすことを検討している」29%、「広告予算の配分変更を検討している」19%となったほか、「広告予算を増やすことを検討している」という回答も4%見られました。 新たに導入・活用を検討しているツールやサービス 新たに導入や活用を検討しているツール・サービスについては、「特にない」が39. 0%で最多となりました。 一方、具体的なツール・サービスを見ると「オンライン会議サービス」が33. 7%で最も多く、「動画配信サービス」が20. 1%で続いています。 自由回答では「対顧客よりも社内の対応が優先となっている」という声もあり、「VPNの増強」や「契約書類の電子化サービス」「電子印章」なども挙がっています。 今後、取り組みたいのは「オンラインでの営業・商談」 続いて、今後取り組みたいものについてたずねたところ、多い順に「オンラインでの営業・商談」38. 3%、「オンラインセミナー」37. 5%、「動画配信」28. 9%、「SNSでの情報発信」27. 7%、「オウンドメディアでの情報発信」23. 7%、「メールマーケティング」22. 2%が続いています。 今後重要なのは「デジタルでの顧客コミュニケーション」 最後に、新型コロナウイルスの影響が長期化する中で、今後のビジネスにおいて重要なことをたずねると、最も多かったのは「デジタルにおける顧客とのコミュニケーション」58. 9%で、これに「状況の変化への素早い対応」56. 2%、「顧客との関係性強化」50. 1%、「デジタルでの営業・クロージングの強化」46. 4%が続いています。 さらに「ブランド戦略の見直し」「経営者層のITリテラシーの向上。 セキュリティに関する正しい知識と判断力」などの回答も見られました。 これからは、日本国内においても次第に経済活動が再開される見通しが出ていますが、事態がどう変化するかは今後も予断を許さない状況です。 MarkeZine RESEARCHでは、これからもその変化を追っていきたいと思います。 【MarkeZine RESEARCHとは】 MarkeZineの調査プロジェクト「MarkeZine RESEARCH」では、マーケティングに携わる多くの方々の声を集めて、現在の課題や今後のマーケティングの方向性などを明らかにするレポートを発表しています。

次の

ビジネスメールの結びで、「コロナウイルスが流行っているので気をつけてくださ...

コロナ禍 ビジネスメール

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説• 2020年6月30日• , , , , , , ,• この記事では「コロナ禍」の読み方や意味について解説いたします。 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。 その報道の中で、「コロナ禍」という言葉が使われるようになりました。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。 そこで今回は「コロナ禍」の読み方や意味、使い方や報じられ方などをピックアップしてまとめました。 この記事の内容が、コロナ関連のニュースを見聞きする上での参考になれば幸いです。 ・コロナ禍は学生の就職活動にも大きな悪影響を与えている。 新型コロナウイルスによる売上減などを理由に、内定取り消しや会社説明会の中止などが現実として起こっています。 この例の通り、「コロナ禍」は学生の就職活動に大きな悪影響を与えているといえるでしょう。 「禍」と「災」の違い 「禍」と似た意味を持つ言葉として「災」を思い浮かべる人も多いかもしれません。 どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 ・「災」は防ぎようのない天災 ・「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄 上記を踏まえて考えると、新型コロナウイルスは防ぎようのない天災ではなく、政府や医療などの連携や協力によって防ぐことができるものだと解釈できます。 また早期対策を適切に打ち出すことができていれば、これ程まで拡散するものではなかったという見方もできるかもしれません。 なお「口は災いの元」という言葉があるのように、人為的に防ぐことができるものであっても「災」を使うケースが少なからずあります。 したがって言葉の意味や使い分けに対して過度に神経質になる必要もないでしょう。 「コロナ禍」の影響を受けた業界 「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界といっても過言ではありません。 この項目では、その一例として4業界を取り上げました。 飲食業界 新型コロナウイルスは飛沫感染することが確認されているので、近距離で話したり他の人と飲食物を共有したりする飲食店では客足が遠のいている店舗が多く見られます。 中には前月の売上の半分以下になってしまったり、閉店に追い込まれたりした店舗もあるほどです。 採算度外視で破格のキャンペーンを企画したチェーン店もありますが、以前の水準まで客足を戻すまでには至っていないといえます。 特に所帯持ちのサラリーマンは、自身を経由して家族に感染させてしまうというリスクを恐れてまっすぐ帰路に着くという人が多いかもしれません。 宿泊業界 旅館やホテルといった宿泊業界では、海外観光客が大幅に減ったこともあり売上を落とした店舗が多いといえるでしょう。 特に海外観光客の依存度が高かった店舗では、廃業の憂き目にあったというケースも少なくありません。 またイベントやライブなどの自粛もあり、キャンセルが相次いだというケースも見られました。 イベント業界 人が密集したり近距離で接触したりすることから、中止を余儀なくされたイベントは多いでしょう。 チケットの返金対応やイベントに携わる人々の人件費など、関連する問題は山積みです。 そんな中でオンラインでイベントやライブを公開して収益を上げているアーティストやパフォーマーも現れるなど、業界のマネタイズ手段が多様化する一因にはなっているかもしれません。 小売業界 マスクや消毒用のアルコールなどを買い求め、ドラッグストアには毎日のように早朝から長蛇の列ができました。 スーパーでも生産停止による品薄を危惧してトイレットペーパーや食料を買い占めるというケースが多く見られます。 政府や店舗では注意喚起の情報を積極的に発信していますが、冷静さを取り戻させるには至っていないといえるかもしれません。 「コロナ禍」の影響による働き方の変化 「コロナ禍」をきっかけとして、働き方に変化があった例が少なからずあります。 この項目では、その事例として3つピックアップしました。 時差出勤 満員電車による従業員の新型コロナウイルス感染を防ぐことを意図して、出勤時間を前後にずらす「時差出勤」を導入した企業が多く見られました。 特に大都市圏では電車通勤がメインということもあり、より効果を発揮するとされています。 したがって満員電車の解消に一石を投じるきっかけになったといえるでしょう。 リモートワーク・テレワーク・在宅勤務 似た言葉ではありますが、それぞれ少しずつ意味が異なります。 まず「リモートワーク」は「働き方にかかわらず、オフィス外で働くこと」です。 場所は自宅やカフェなど、オフィス外である以外は特に限定されていません。 続いて「テレワーク」とは「離れたところで働くこと」を意味する造語です。 通勤したり会社で人と接したりすることなく、仕事を進めることができます。 そして「在宅勤務」は「自宅で働くこと」で、「テレワーク」の一つです。 インターネットを使ったオンライン会議やメールなどを使ったやり取りなどで仕事をすることで、家にいながら仕事をすることを指します。 オンライン配信 学習塾や英会話教室のように対面して行なっていた授業を、オンライン上で公開したり授業したりするようにしたケースが散見されます。 そうすることによって生徒は他の生徒や講師と近距離で接することなく授業を受けられるというわけです。 また先述のように、ライブやイベントをオンラインで公開することによって広告収入を得るというアーティストやイベンターも出現しました。 「コロナ禍」が収束しても、オンラインでの活動をメインにするという人もいるかもしれません。 まとめ この記事のおさらい ・「コロナ禍」は「ころなか」と読み、「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味がある ・「災」は防ぎようのない天災なのに対し、「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄であるという違いがある ・「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界 ・「コロナ禍」は働き方を変化させるきっかけになったという一面があり、その例として「時差出勤」や「リモートワーク」、「テレワーク」や「在宅勤務」などが挙げられる.

次の