日本酒 真澄。 日本酒 真澄 辛口ゴールド(宮坂醸造:信州の地酒)の評価

純米吟醸 すずみさけ (箱無 720ml)|真澄オンラインショップ

日本酒 真澄

真澄 ますみ 純米 奥伝寒造り720mlの写真 真澄 ますみ 純米を飲んだ感想・評価 最初一口飲んだときはイマイチかなと思ったが、飲み進めるうちにだんだんと良さがわかってくる。 とても美味しい。 飲み疲れない味で悪酔いしない日本酒だと感じた。 そして、飲みやすいだけでなく、旨味もしっかり感じられるようになってくる。 後味も変に残らないのに、しっかりとした風味もある。 すべてにおいてバランスが良い。 最高に良い。 次から次へと飲みたくなる。 気づいたら四合瓶が空いていた。 もっと飲みたい、とても気持ちよく飲めた日本酒。 低価格なのに、このクオリティの高さは素晴らしい。 すごく感動したお酒。 アイリッシュ・ウィスキーで例えると「ボウモア」のような、低価格・高品質で(アイリッシュの中で)ハイレベルスタンダード。 「ボウモア」が「アイラモルトの女王」ならば、「真澄」は「日本酒の女王」…と個人的に言いたいほど感動した。 大げさすぎるかな…。 でも、こんなに期待していなかったので、良い意味で裏切られた。 最初説明を読まずに、冷蔵庫で冷やしていたのだが、そのせいで最初の一口くらいがイマイチだったのかもしれない。 公式でも冷で飲むことは推奨していない。 常温で飲む際に最高のバランスになるように酒造が調整しているのを感じる。 すげぇ。 清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の山ふところ信州諏訪で、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸してきました。 優良な清酒酵母として現在でも全国の酒蔵で使われている「七号酵母」の発祥蔵であることは、私たちの誇りです。 日本酒定期便[saketaku]のレビュー記事。 8Lで2592円となっています。 まずい冷酒は悪酔いするとは思っていたが、こういう理由か。 真澄は常温で飲んだからね。 美味く・楽しく飲めていると悪酔いしないが、不味くて・苦痛な中飲む冷酒は悪酔いする気がするのは俺だけ? よく、「日本酒を冷やで飲んだら悪酔いする」なんてことを言ったりしますが、あれはてっきり、冷やだとツルツル喉ごしよろしくたくさん飲めてしまうからだと思っていたら大違い。 体温より温度の低いお酒は、体の中で体温と同程度に温められてからようやくアルコールが吸収されるんだとか。

次の

純米吟醸 すずみさけ (箱無 720ml)|真澄オンラインショップ

日本酒 真澄

真澄 ますみ 純米 奥伝寒造り720mlの写真 真澄 ますみ 純米を飲んだ感想・評価 最初一口飲んだときはイマイチかなと思ったが、飲み進めるうちにだんだんと良さがわかってくる。 とても美味しい。 飲み疲れない味で悪酔いしない日本酒だと感じた。 そして、飲みやすいだけでなく、旨味もしっかり感じられるようになってくる。 後味も変に残らないのに、しっかりとした風味もある。 すべてにおいてバランスが良い。 最高に良い。 次から次へと飲みたくなる。 気づいたら四合瓶が空いていた。 もっと飲みたい、とても気持ちよく飲めた日本酒。 低価格なのに、このクオリティの高さは素晴らしい。 すごく感動したお酒。 アイリッシュ・ウィスキーで例えると「ボウモア」のような、低価格・高品質で(アイリッシュの中で)ハイレベルスタンダード。 「ボウモア」が「アイラモルトの女王」ならば、「真澄」は「日本酒の女王」…と個人的に言いたいほど感動した。 大げさすぎるかな…。 でも、こんなに期待していなかったので、良い意味で裏切られた。 最初説明を読まずに、冷蔵庫で冷やしていたのだが、そのせいで最初の一口くらいがイマイチだったのかもしれない。 公式でも冷で飲むことは推奨していない。 常温で飲む際に最高のバランスになるように酒造が調整しているのを感じる。 すげぇ。 清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の山ふところ信州諏訪で、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸してきました。 優良な清酒酵母として現在でも全国の酒蔵で使われている「七号酵母」の発祥蔵であることは、私たちの誇りです。 日本酒定期便[saketaku]のレビュー記事。 8Lで2592円となっています。 まずい冷酒は悪酔いするとは思っていたが、こういう理由か。 真澄は常温で飲んだからね。 美味く・楽しく飲めていると悪酔いしないが、不味くて・苦痛な中飲む冷酒は悪酔いする気がするのは俺だけ? よく、「日本酒を冷やで飲んだら悪酔いする」なんてことを言ったりしますが、あれはてっきり、冷やだとツルツル喉ごしよろしくたくさん飲めてしまうからだと思っていたら大違い。 体温より温度の低いお酒は、体の中で体温と同程度に温められてからようやくアルコールが吸収されるんだとか。

次の

真澄 2019 山廃純米吟醸生 1800ml|日本酒,長野)真澄/MIYASAKA|地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店

日本酒 真澄

日本酒は体長5ミクロンの微生物「酵母」が甘酒の糖分をアルコールに変えることで醸されます。 しかし美酒を生み出す力を持った酵母はごく僅かで、酒造りが自然まかせに近かった明治時代までは失敗がつきものでした。 そこで明治37年に設立された国税庁醸造試験所は、優良酵母を捜し出して酒造メーカーへ販売する事業を開始。 この「醸造協会酵母」によって日本酒の品質は飛躍的に向上したのです。 真澄が全国清酒鑑評会で上位を独占した昭和21年、醸造試験所の山田正一博士は、 真澄諏訪蔵で醗酵中のモロミから極めて優れた性質を備えた酵母を発見。 「醸造協会酵母7号」と命名された真澄酵母はまたたく間に全国の酒蔵へ普及しました。 諏訪蔵の奥まった一角、七号酵母採取の仕込タンクが置かれていた場所には、 山田正一博士の書「七号酵母誕生の地」を刻んだ黒御影石の石板が埋められています。 七号酵母はもともと真澄の酒蔵に住み着いていた「蔵つき酵母」で、 宮坂勝や窪田千里が育種したものではありません。 二人が酒蔵や道具類の清掃を徹底させた結果、優良酵母が育つ環境が整ったということはあったと思います。 発見当初の七号酵母は華やかな吟醸香を醸し出す酵母でしたが、 長い間に少しずつ性格が変化し、 現在では「落ち着いた香りとバランスのとれた味わい」の大人びた酒を醸し出す酵母となっています。 七号酵母は発見から60年以上経た今でも全国60%の酒蔵で活躍しています。 中には熱烈な七号酵母ファンの蔵元もいて、 業界の会合の席で「なぜ真澄が七号以外の酵母を使うのか」と食って掛かられることもしばしばです。 よく「真澄は七号酵母の販売で大儲けでしょ」とからかわれますが、 真澄は七号のパテントを持っている訳でも、販売に携わっている訳でもありません。 もしそうであったら当社は今ごろ超優良企業です。 七号酵母がお金に換わることはありませんが、 やはり「七号発祥の蔵元」は名誉であり絶大な宣伝効果です。 その一方で、「決して正道から外れた酒造りをする訳にいかない」というプレッシャーにもなっています。 全国品評会での好成績や7号酵母の発見により、 全国からの需要に諏訪蔵だけでは応じられなくなったことで、 1982年に八ヶ岳の雄大な姿を眼前に臨む高台の土地に建設されたのが富士見蔵(長野県諏訪郡富士見町)。 人里離れ自然環境が汚染される心配のないこと、 豊富な仕込水に恵まれていること、 標高が高く冷涼で酒造りに向いた環境であること、 そして真澄の酒造りを長年担ってきた諏訪杜氏のふるさとであることがこの土地を選ぶ決め手となりました。 外観は近代的ですが、建物の中で行われている酒造りは諏訪で行われるのと同様、完全に手作り。 こだわりである原料米の全量自社精米を可能とするのも、富士見蔵内にある精米機あってのことです。

次の