モガディシュ の 戦闘。 ブラックホークダウン:モガディシュの戦いから26年

モガディシュの戦闘とは

モガディシュ の 戦闘

【5月6日 AFP】ソマリアで4日に行われた夜襲作戦で米兵1人が戦死した。 同国で米軍に戦死者が出たのは映画『ブラックホーク・ダウン()』の題材となった1993年の「モガディシオの戦闘()」以来とみられる。 米アフリカ軍()は声明で、「(ソマリアの首都)モガディシオ()から西に約65キロに位置するバリイ()付近で国際テロ組織アルカイダ()系のイスラム過激派組織アルシャバーブ()掃討作戦を行っていた際に米兵1人が死亡した」と発表した。 AFRICOMのロビン・マック()報道官はAFPに対し、同作戦中に他に米兵2人が負傷したことも明らかにした。 AFRICOMによると、同作戦に参加した米部隊はソマリア軍に助言や支援を行う任務に就いていたという。 現場近くの住民によると、夜襲に参加していたヘリコプター2機がミサイルを発射して着陸し、ヘリから兵士らが降りてくると激しい銃撃戦が始まったという。 ソマリア軍高官のアブディリサク・ファラー()氏がAFPに語ったところによると、死傷者は双方に出ており、アルシャバーブの戦闘員6人も死亡したという。 米国防総省の報道官を務めるジェフ・デービス()海軍大佐は、今回の夜襲はソマリア軍と米軍への攻撃に関与した者をかくまっているアルシャバーブの施設を狙った作戦だと説明した。 AFRICOMのマック報道官によると、ソマリアで米軍に戦死者が出たのは1993年のモガディシオの戦闘で18人の米兵が死亡して以来だという。 モガディシオの戦闘は、米軍がモガディシオで武装勢力のリーダーらを捕らえようとした際に大きな犠牲を出した作戦。 米軍のヘリコプター、ブラックホーク2機が撃墜されたことによって激しい銃火の中で米兵の救出活動は混乱を極め、市民と米兵を含む数百人が死亡した。 2002年には『ブラックホーク・ダウン』として映画化もされた。

次の

ソマリア内戦

モガディシュ の 戦闘

ブラックホークダウン モガディシュの戦いから26年 ミリタリーファンや近代装備好きのサバゲーマーでは金字塔とも言える映画「ブラックホークダウン」。 1993年にアメリカ軍のソマリア内戦介入で行われたモガディシュでの激しい戦闘を描いた同映画だが、本日10月3日はまさにその作戦決行日にあたる日だ。 アメリカ軍にとってはたった15時間で甚大な損害を被ってしまった苦い日でもある。 アメリカ陸軍にとっては忘れられない日であり、毎年周年記念として現役部隊や退役軍人、遺族らによって式典などが行われている。 モガディシュの戦いとは? 当時、泥沼化していたソマリア内戦は難民の飢餓など国際的に重要な問題となっており国連も軍事介入をしていたが、モガディシュの戦いが行われた本作戦は民兵組織の将軍と副官2名を捕えるためアメリカ軍が単独で開始したものであった。 作戦の目的である民兵の指導者の捕縛には成功するものの、30分程度で終了させるはずであった作戦は民兵の予想外の反撃を受け、2機のブラックホークが墜落しアメリカ軍兵士18名死亡73名負傷という近代戦でも稀にみる大きな犠牲を出した。 アメリカ軍の山岳師団や国連部隊が救援に来る翌10月4日の明朝まで、レンジャーやデルタフォースは長時間の戦闘にさらされた。 悲劇的な市街戦となったモガディシュの戦いはアメリカ軍のソマリアからの撤退のきっかけともなり、その後アメリカ軍は地上への歩兵部隊派遣よりも航空機やミサイルなどを使用するハイテク戦闘へと舵をきっていくこととなる。 映画:ブラックホークダウン 2001年に公開された映画「ブラックホークダウン」はモガディシュの戦いを克明に描いた同名の小説を映像化したもので、当時のブラックホーク墜落時の愕然とした様子や民兵に囲まれ窮地に陥った状況、デルタ隊員の英雄的な行動など凄惨さやリアリティを追求した映像づくりがなされている名作だ。 アメリカ軍の各部隊の火器類や装備もかなりリアルな描写がされているため、ミリタリーファンやサバゲーマーにとって資料的な意味合いでも人気があり、幾度となく鑑賞した方も多いのではないだろうか。 モガディシュの戦いは近代戦闘の移り変わりを知る上では外せない史実でもあり、「ブラックホークダウン」まだ観ていないという方は今日10月3日という日を機に是非鑑賞してみてはいかがだろうか。

次の

ソマリアの現在と現地で感じた治安。リアル北斗の拳は過去のものに。

モガディシュ の 戦闘

H Down ブラックホーク・ダウン とは、• ブラックホーク・ダウン事件…にで発生したとの武装集団との間に発生した。 「モガディシュの」とも。 を題材にした書籍の化。 ではにとのが使用されている。 の概要 では内戦で万人ものがしていた。 この内戦と飢餓から住民を救うためにに軍が駐屯、軍をするためにがされた。 ところが、内の武装集団が維持軍の兵24名を殺した。 はこの武装集団ののを試みたが何回も失敗し、がを実施することとなった。 、ャー隊員を乗せた2機のが標地で撃墜される。 19名がし、者1名が捕虜となった。 で人ものを殺されたの武装集団は怒り狂い、兵のを町中で引きずり回した。 切り裂かれたの死体のが新聞に載り、でもが流れた。 議員たちは即時撤退をめ、民の過半数もへの介入を非難したため、はからの撤退を発表した。 の概要 は。 演は・。 凄惨なから「の冒頭が分延々と続く」とも。 迫あるからとして高い評価を受けている。 一方で、人の描かれ方は作品の性質上という位置づけながらも、「意思のい」「まるでのよう」との点もある。 またーズマンがにいる妻にをかけるで時差を考慮していないという摘も。 さらに要人物の一人、・グズのとなった・ステビンズは6歳の実のをした罪で役 懲役年。 名前が変わっているのはが者に圧をかけたためである。 やなどのはこのこと自体を知らなかった、と言われている。 関連動画 関連商品 関連項目• 「それでもできない」 民 思社 3. -38.

次の