年末調整 世帯主 実家。 年末調整の住所欄に実家の住所と世帯主には母の名前を書いても問題ないでしょ...

年末調整、扶養控除申告書記入例4つ(独身者用)正しい書き方を解説

年末調整 世帯主 実家

世帯主とは 「世帯主」について解説する前に、そもそも「世帯」とは何を指すのかを説明します。 世帯とは 「世帯」とは「居住と生計をともにする社会生活上の単位」のことをいいます。 噛みくだいていうと、同じ家で暮らして家計を一緒にしている人たちということです。 では、同じ家に住んでいる人はみな同じ世帯になるのかというとそうではありません。 二世帯住宅では夫婦とその両親が同じ住所で暮らしていますが、家計が別であればそれぞれ別の世帯となります。 子供が社会人になって両親と家計を別にしている場合やルームシェア、同棲なども、同じ住所でも世帯は別になります。 世帯主とは 「世帯主」とは世帯の中心となって物事をとりはかる人です。 1つの世帯には「世帯主」を一人立てる必要があります。 世帯主は自由に決められる 「世帯主」は居住している市区町村に届出ることによって決まりますが、世帯の中の誰を世帯主にするかは、法律で決められた条件があるわけではありません。 中心となる人物ということで、家族や夫婦の世帯の場合には一般的に夫を「世帯主」とするケースが多くなっています。 しかし妻を世帯主にすることも全く問題なくできます。 さまざまなパターンでの世帯主 夫婦の世帯、夫婦と子供の世帯では、一般的に夫を世帯主としている世帯が多くなっています。 では、その他の形の世帯ではどのように世帯主が決まるのかを見ていきます。 「一人暮らし」の世帯主 一人暮しの場合は世帯に含まれる人が自分一人ですから、自然と本人が世帯主になります。 実家暮らしだった人が一人暮しを始めて住民票を移動したら、本人が世帯主の単身世帯となります。 「実家暮らし」の世帯主 実家に住んでいる場合は、世帯を家族と一緒にすることも、自分だけで別の世帯を作ることもできます。 世帯とは同一住所に住んでいて生計を共にしている人たちなので、社会人になっても特に家計を分けていないのであれば、世帯をそのままにしておくことに問題はありません。 例えば両親と自分の3人家族で世帯を組み世帯主を夫にしている場合、もし会社に提出する書類に世帯主を書く必要があれば、父の名前を書いて続柄を「父」と書きます。 実家で暮らしているけれど、家計を別にしているから世帯を分けたいということであれば、それも可能です。 同じ住所に複数の世帯を存在させることもできますので、世帯分離の手続きをすれば自分が世帯主になって単身世帯を作ることができます。 「同棲カップル」の世帯主 同棲をはじめたカップルは世帯や世帯主をどう決めたらよいか迷うことがあるでしょう。 同棲カップルの場合の世帯主は大きく2つのパターンが考えられます。 ・世帯を1つにする場合 世帯を1つにする場合は、どちらかが世帯主となります。 同棲の場合は二人の姓が違いますが、姓が違っても世帯を同じにすることができます。 どちらかを世帯主とした場合は、もう一方の人は「同居人」の扱いとなります。 世帯を1つにした場合には住民票に同棲相手の名前が記載されます。 年末調整書類の世帯主にも名前を書かなくてはなりません。 そのため会社に同棲がバレてしまうことが考えられます。 同棲をオープンにしているカップルなら問題はないかも知れませんんが、会社には内緒にしたい人は世帯を分けたほうがよいでしょう。 世帯を一緒にした場合、世帯主ではない方の人は「同居人」となりますが、「未届けの妻」「未届けの夫」として届け出ることもできます。 いわゆる内縁の妻 夫)という立場ですが、こうしておくことで事実婚として認められ、社会保険の扶養に入ることができるケースや、生命保険の受取人として認められるケースもあります。 ・世帯を2つにする場合 同じ住所に住んでいても世帯を2つにしてそれぞれが世帯主になることもできます。 この形をとれば、住民票から同棲が会社にバレることはなくなります。 また選挙の投票ハガキは世帯主の名前で届きますが、これもそれぞれの名前で配達されます。 小さいことですが、日常生活でのややこしさが減るといえるでしょう。 世帯主の確認方法 続いては世帯主の確認方法についてです。 世帯主は住民票に記載されている 年末調整の書類など、世帯主とその続柄を記載する必要がある場面がありますが、年に数回のことなので、世帯主が誰だったか覚えていないこともあるでしょう。 世帯主がわからなくなってしまったときは、住民票の写しを取得すれば確認ができます。 世帯主との続柄の書き方 住民票には世帯主とその他の人の続柄が記載されています。 これは世帯主から見た続柄なので、親子3人の世帯なら次のようになります。 山田太郎(世帯主 山田花子(妻) 山田一郎(子) 年末調整の書類には続柄を書く欄がありますが、このときに気をつけなければならないのは「あなたとの続柄」であることです。 上記の例では、世帯主の山田太郎は花子から見て夫にあたります。 ですので、花子の分の年末調整書類の「あなたとの続柄」の欄には「夫」と記載します。 住民票の記載とは異なるので注意しましょう。 世帯主を変更する場合 世帯主の変更についても説明します。 変更するタイミング 世帯主を変更するタイミングとしては、一人暮しを始めたなどで住所が変わった場合があります。 また、世帯主が亡くなった場合は世帯主を変更する必要があります。 その他にも、世帯分離や世帯合併をしたときに世帯主を変える必要があります。 世帯分離は、同じ世帯の世帯員の1部が、世帯を離れて新しく世帯を作ることです。 就職して家族とは生計を共にしなくなったけれど、実家に住み続けている場合などが考えられます。 世帯分離は世帯合併と逆で、2つの世帯を1つに合併することです。 親が高齢化して子世代が引き取ることになった場合などが、世帯合併をするケースにあたります。 変更するメリット 就職したのをきっかけに家族の世帯から離れて世帯主になることによるメリットには、会社の福利厚生を受けられることが考えられます。 住宅手当の受給は本人が世帯主であることを条件とする、としている会社もあります。 家族と世帯を共にしてしる場合は、このような手当てがもらえない可能性があります。 世帯分離によるもう1つのメリットとしては、介護費用を抑えられることがあります。 介護サービスの自己負担額は世帯の所得によって決まってきます。 世帯分離をすることにより、介護される人の属する世帯の所得が低くなれば、負担が軽くなる場合があります。 変更方法 世帯主は、世帯主または世帯員が市区町村役場に届け出ることで変更できます。 詳細は市区町村によって変わる場合がありますので、居住地の役所に確認をしてください。

次の

一人暮らしの世帯主 扶養控除や年末調整には誰を書く?

年末調整 世帯主 実家

年末調整項目にある世帯主とはなにか あなたが会社勤めであれば、毎年年末に年末調整の用紙を記入しているでしょう。 そして、年末調整の用紙には必ず、世帯主を記入しなければなりません。 しかし、あまり日常で使用することのない「世帯主」どのように書けばいいのか分からないという方も多く確認できます。 一体、この世帯主というものは何を指しているのでしょうか? また、どういう風に書けばいいのかなど、今回は年末調整の世帯主について解説していきます。 年末調整項目にある世帯主とはなにか 年末調整の用紙には必ずと言っていいほど、世帯主を記入する項目があります。 しかし、世帯主とは何なのかと疑問に思う方もいらっしゃると思います。 自分の世帯主が分からければ、世帯主や続柄の欄に書くすべがありません。 ですからここで、世帯の定義や世帯主を記入しなければならない理由について見ていきましょう。 そもそも世帯の定義とはどのようなものか 世帯とは「住居及び生計を共にする者の集まり又は独立して生計を営む単身者をいう」とあります。 これを分かりやすく言うと、一緒に住んでおり生活費などが一緒の場合は、もちろん一つの世帯です。 次に、一緒に住んでいなくても、休みの日は必ず家に帰ってくる、生活費などは家族に援助してもらっている、などの場合も同じ世帯になります。 しかし、同居していても生活費などはそれぞれが払っているというケースは「生計が一緒」に非該当のため、別世帯なのです。 なぜ世帯主に関する記述が年末調整で必要か 世帯主とは「世帯の中心となる者」を指します。 特別な条件はありませんが、一般的に父親が世帯主になるといったケースが多いです。 年末調整の世帯主により年末調整金額に影響があるかと言われれば、特に影響はありません。 それではなぜ年末調整に世帯主が必要なのか。 この年末調整の用紙に記入した情報は、国または地方自治体に提出されます。 そして、その情報に基づき、税金の請求先などを判断するのです。 そういった請求業務などで使用されている可能性が高いと言われています。 関連相談• 一人暮らしの場合の世帯主と続柄の書き方 家族で一つの世帯であれば世帯主はどう書くのか分かりましたが、一人暮らしの場合は誰が世帯主として書けばいいのか、また続柄はどういう風に書けばいいのかが気になりますね。 一人暮らしあっても、その状況によっては世帯主も変わってきますので見ていきましょう。 独身で一人暮らしをしている会社員の場合 独身で一人暮らしをしているということは、住民票の住所も現在一人暮らしをしている住所に変わっているでしょう。 この場合には、世帯主は一人暮らしをしている本人自身になります。 世帯主には自分の名前を記入し、続柄には本人と記入するようにしましょう。 単身赴任で家族と離れて生活している会社員の場合 続いては、もともと世帯主として家族と同居しており、単身赴任になったことにより、住居が別になったケースです。 このケースでは、住民票はもとの住所のままであることが考えられます。 あくまで単身赴任は「移住」ではなく「長期出張」という一時的な扱いになります。 そのため、世帯主は基本的に変わらないのです。 親の扶養に入って一人暮らしをしている学生の場合 親の扶養に入って一人暮らしをしている学生の場合、住民票の住所によって世帯主は変わってきます。 住民票の住所が実家である場合は、世帯主は実家の世帯主です 住民票が一人暮らしをしている住所になっている場合は、世帯主は学生本人になります。 関連相談• 同居をしている場合の世帯主と続柄の書き方 結婚して妻、または夫と同居している、実家で家族と同居している、などさまざまなパターンの同居があると思います。 家族と同居しているというケースでは、世帯主は一体誰になるのでしょうか? これらも当てはまるパターンによって世帯主は変わってきますので、一度自分の環境を振り返り確認してみてください。 実家で生活している独身の会社員の場合 実家暮らしかつ独身の会社員というケースでは、世帯主は実家の世帯主になります。 一般的に、父親が世帯主の場合が多いですが、年末調整の用紙に記入する際には、実家の世帯主を書く必要があるのです。 父親が世帯主であれば、続柄は「父」と記入するようにしましょう。 独身でも同棲をしている会社員の場合 次は、現在は結婚していないも同棲をしている会社員のカップルというパターンです。 このケースでは、世帯主は経済面で支える立場の人が多く、彼氏がなるという傾向にあります。 また、年末調整の用紙に続柄を書く際には「同居人」と記入する必要があります。 夫婦で同居している共働きの会社員の場合 夫婦で同居しており共働き。 この場合は、生計をどうしているかによって変わってきます。 生活費などをそれぞれで払っているといったケースでは、同居していても、世帯主を別々にする「世帯分離」が可能です。 しかし、これはあくまで例外的な扱いのため、基本的には夫婦は同一世帯に入ることを推奨されており、主に夫が世帯主になるケースが多いです。 世帯主が住民票と違う場合はどうすればよいか 実家を出て新しい住所に住民票も移している。 世帯主とはあくまで住民票を基準として決まっているため、このケースでは世帯主が変わり必要があります。 世帯主が変わることなどについて、どのような影響があるのか見ていきましょう。 世帯主が住民票と違っても還付金額には影響がない 世帯主のよって、年末調整の還付金の金額が変わるということはありません。 年末調整とは「所得税を源泉徴収する金額を扶養している家族によって控除額を決定する」という意義になっています。 そして、還付金とは払い過ぎが認められた分だけ返ってくるという仕組みになっているため、世帯主が誰であっても払い過ぎには変わりはないからです。 しかし、記入を間違えてしまうと還付金には影響がありませんが、手続きが遅くなる、正しい処理ができなくなるなどの場合があります。 そのため、世帯主の記入は正確に行いましょう。 公的な書類なので事前に会社に確認する しかし、年末調整の申請用紙は公的な書類になりますので、自分の判断だけで記入するのではなく、不明な点があれば会社の担当者にしっかりと確認しましょう。 間違いがあれば自分自身も書き直しなどの負担を強いられ、担当者にも負担がかかってきます。 直接、確認するということが、やはり最も確実な手段なのです。 まとめ 今回の記事では、年末調整における世帯主についてまとめてみました。 現在、自分がどこに住んでいるか、または生計をどうしているのか、などさまざまな要因により世帯主は変わってきます。 しかし、世帯主によって還付金が変わるわけではないので安心してください。 毎年、いざ年末調整の書類を書こうとしたら、世帯主や続柄の欄には何を書いたらいいのかが分からないこともありますよね。 自分自身の環境を振り返って、今回の記事を参考にしてみてください。 本記事の初回公開日は2019年07月22日です。

次の

年末調整で独身が得をする?手間がない書類の書き方【世帯主など】

年末調整 世帯主 実家

年末調整や確定申告・転居の届けなど、書類を書く機会がたまにありますよね。 そこで戸惑ってしまうのが 「世帯主」の欄。 自分が子供だった頃は、世帯主は大体が親だったので考える必要もあまりなかったと思うのですが、社会人になって、親と同居して、どっちかっていうと自分のほうが稼いでいるかも、なんて方は「世帯主って誰?」と迷ってしまうと思います。 自分のほうが家計を支えているし、自分でいいや!なんて、勝手に世帯主を自分にしてしまうと、あとでやり直さなければならなくなります。 いったいなぜなのでしょう? 今回は、そんな迷える「世帯主」について、 親と同居の場合や、世帯主を変更したい場合などを詳しくご紹介していきたいと思います。 まずは、「世帯主」って一体誰のことなのでしょう?早速見ていきましょう。 世帯主とは?親と同居の場合は誰になる? 「世帯主」とは、ちゃんと お役所に届け出がしてあります。 まず、「世帯」の定義からご説明すると、「 住居及び生計を共にする者の集まり」です。 簡単に言うと、一緒に暮らす家族のことですね。 「世帯主」の定義は「年齢や所得に関わらず世帯の中心となって物事を取りはかるものとして世帯側から申告されたもの」となっています。 記憶がなくてもちゃんと申告がしてあるのですね。 よって世帯主はお役所側に「登録」されています。 誰でも言い訳ではないようですね。 誰か知りたい場合は「住民票記載の世帯主」を調べる必要があります。 完全に親から独立して一人暮らしを始めた際に転居届などお役所で書く際に、世帯主欄を自分の名前で記入していると思います。 親と同居であればもう親が自分を世帯主として届け出ているので、必然的に世帯主は親の名前になっているはずです。 世帯主は「その家の代表」という訳なのです。 世帯主が高齢で役割を果たせない、なんらかの理由で家族の誰かと世帯主を代わりたい、となった際はどうするのでしょうか? 変更はできるのでしょうか?次で見ていきましょう! 世帯主の変更の方法とは?変更するとどうなる?メリット・デメリットは 世帯主の変更の方法としては転出、転居の際に一緒に手続きをする方法もありますが、 もし死亡などで世帯主を変える場合は 死亡されてから14日以内の世帯主変更の届け出が必要です。 これは死亡届と同じ時に手続きをしてしまえば大丈夫です。 特に用意する書類もなく、窓口で家族の方が手続きする場合は認印と免許書、またパスポート等本人確認できるものだけあれば手続きはできます。 また最近ではマイナンバーカードも提出を求められたりもしますので、持って行ったほうが安心です。 もし家族以外の方が手続きされる場合は委任状が必要になりますので、市区町村で決められたフォーマットの委任状を入手して書いていく必要があります。 世帯変更届を窓口で記入して提出して、世帯主の変更手続きは終了です。 また、世帯主変更のメリットとして世帯主の勤務先からその会社の規定により従業員が世帯主だった場合の手当てなどが出てきます。 住宅手当、世帯主手当、家族手当などが代表的なものです。 もし、世帯主でないほうにその手当てがつくのであれば、変更したほうが収入は上がるでしょう。 ですが、注意が必要で会社の規定で配偶者の収入の限度額が設定されていたりしますので、会社に確認してみましょう。 デメリットは特にありませんが、なにかあった際一番に責任を取らなくてはならないのは 世帯主です。 公的な書類も世帯主の名前で届きますし、世帯で一番しっかりとした人が世帯主をしていないと、世帯主としての役割を果たすことはできません。 しっかりと考えたうえで手続きをすることが必要です。 世帯主の変更は、いつでも簡単にコロコロ変えられるものではありません。 世帯のことをしっかり考えて、しかるべき場合に手続きを行うようにしましょう。

次の