ゼンリー 固まる。 ゼンリー裏技、ゴースト機能とは。位置情報アプリが今女子高生にあつい!

Zenly(ゼンリー)使い方&評判レビュー!位置がバレない対処法も

ゼンリー 固まる

スマホアプリのZenly(ゼンリー)とは? ゼンリーは、 自分や相手の居場所を共有しあえるアプリで、 お互いに友達登録をすれば、いつでもお互いの居場所を確認できます。 常に自分の居場所を知られるとなると、監視されているような気分になりそうですが、プライバシーが守れる設定もあるので、 24時間いつでも丸見えというわけではないようです。 「どうしても今いる場所を知られたくない」という人は ゴーストモードという機能で、一時的に位置情報を隠すこともできるそうです。 またプライベートモードでは、友達申請できる友達の範囲も設定できるので、 不特定多数の人から申請されるという状態を防ぐことも可能なようです。 GPS機能が怖すぎる! このゼンリーのGPS機能が便利だとZIPでは紹介されていたようですが、 ネットの声は真逆のものが多かったです。 今女子校生に、無茶苦茶流行ってると言われるアプリ「ゼンリー」について一言。 ネットの時代、犯罪の種類も多様化しているなかで、自分の居場所が特定されてしまうとなると、場合によっては深刻な問題になりかねないような気もしませんか? スポンサードリンク ゼンリーのメリット・デメリット ゼンリーが紹介されてから、怖い!という声が多かったのですが、アプリ開発者は人々のメリットを考えて開発したわけなので、メリット・デメリットの両面をもっています。 自分の居場所を共有することに対しては、よく メリットと デメリットを考えておこなうべきでしょう。 ゼンリーのデメリット まずはみんなが心配している、ゼンリーのデメリット、危険性についてまとめます。 「 彼氏が家にいるのに連絡がない」、「 〇〇に行くって言ったのに違う場所にいる」など、疑い深くなってしまうのでは?と思います。 こんなアプリを日常的に使用しているカップルは、はっきり言って、信頼関係はありませんよね。 きっと彼氏・彼女が、ゴーストモードにすると不安になったり、電池が切れて居場所が分からなくなっただけで浮気を疑うなど、トラブルしか生まないように思います。 お互いに束縛して、息苦しくなりそう…。 ゼンリーが原因で破局なんてありえますよね。 ラインの既読機能でさえトラブルになるんですから…ゼンリーは必至でしょう。 これは全く顔も知らない、あかの他人に自分のプライバシーをさらす行為で、 とっても危険です。 これが一番怖い使い方だと思っていますが、 悪用されたり、ストーカーされる可能性を分かったうえでおこなっているんでしょうか…。 うっかり自宅を特定されでもしたら、かなり危険ですよね。 新しい友達を作るという面からみると、楽しいのかもしれませんが、こういう使い方は 自ら犯罪被害者になるようなもので、なにかあっても同情の余地もないです…。 ZIP! でラインのテレビ電話やゼンリーの使い方を紹介していた。 女子学生は楽しそうにしていたし、良い交友関係が保てるなら我が子にも反対はしない。 でもGPSアプリは危険もあるから、異性の友達や知らない人とは気軽にフレンド登録しないでほしいな。 デメリットをよく理解してから使用してください。 自分だけ仲間外れにされているとあえてわかるようにしたり…と、可能性は無限にあるような気もします。 たまには友達と距離をおいて、自分の時間が欲しいと思っても、それが原因で拒否されたとかいいがかりをつける人もいそうですよね。 考えただけで、息苦しいです。 ゼンリーとか位置情報わかるアプリ? あえて分かるように自分だけハブられたりするいじめありそう。 「なんかめっちゃ急いで近づいてるけど~うける~!」って。 — ていく take023 ゼンリー怖い。 自由がない。 いじめの対象になったら逃げれないね。 — たげ放牧 lattegoldmoon ゼンリーのメリット デメリットが目立つ一方で、ゼンリーは使い方によっては 便利な面も多くあるようです。 例えば、小さなお子さんを持つ親からすれば「 自分の子どもがどこにいるか」というのは気になるでしょう。 とくに 買い物中や遊園地、スキー場、旅行先など多くの人が集まる場所では、このアプリを子どもに持たせておくと安心です。 また帰りが遅く、携帯にも応答しないというときにもこのアプリがあれば、安心できますよね。 児童を対象とした犯罪が増加しているご時世なので、こういう使い方はたしかに便利といえそうです。 こういう使い方であれば、小さな子どもには使わせたいですが、ある程度大人になったら親子間でもプライバシーは必要ですよね。 笑 そこを履き違えないような使い方をしてほしいです。 正確モードでかなり詳細な位置情報が分かるので、携帯がある場所までたどりつくことができるようです。 人が多い場所で待ち合わせをする際に、LINEなどでやり取りをしなくてもゼンリーを使えばどこにいるか一目瞭然なんです。 ただ監視していないと浮気を防げないのであれば、先は長くないと思います笑。 一時的な抑止力として、便利という見方もできるかもしれませんね。 まとめ ZIPで取り上げられた、居場所共有アプリに「ゼンリー」について、怖い!というネットの意見や、メリット・デメリットについてまとめました。 「ゼンリー」は使い方によっては有効なアプリですが、その使い方には注意喚起が必要だと思います。 現に、不特定多数にプライバシーを自らさらしている若者( 本当は若者でもなければ性別も違うかも?)がいるので、深刻な問題になりつつあるように感じます。 必要なときだけ居場所を知らせるスタンスで、プライバシーはしっかり守るような使い方ができればいいのですが… ゼンリーを使った犯罪やいじめ・ストーカーなど、デメリットの代償はかなり大きいもののように感じます。 彼氏の不倫・浮気防止には役立つアプリかもしれませんが、こんなアプリなしで信頼関係は築けないのかな?と先が心配になったりします笑.

次の

ゼンリーの足跡って知ってる!?あの王冠マークの正体とは?

ゼンリー 固まる

みなさんこんにちは!世界のれんさんです!! 近年、特に女子高生、通称JKを中心に流行りに流行っている 「ゼンリー」ですが、その勢いはまだまだ衰えてません。 ですが、ゼンリーはいろいろなところで、あまり良いようには書かれていませんね。 だから、 「ゼンリーって危険なんじゃないか?」って思ってしまってなかなか入れられない方も多いのではないでしょうか? 本記事は、そんな皆様の不安を解消します! 今回の記事を読んでいただいた方は 1:ゼンリーの概要 2:ゼンリーへの不安の解消 3:ゼンリーを使いこなす方法 が手に入ります!! 目次: みなさんがゼンリーを安心して使うために必要な情報を書いていますので、是非読んでみてください!! 筆者はゼンリーを半年以上使い込んでいるので参考になると思います。 1:ゼンリーは実はかなり便利なサービス ゼンリーは個人情報などの扱いをしっかりすれば、かなり便利なアプリなんです!! ここでは、 ゼンリーの使い方や機能の紹介をしたいと思います!! 1. 1 ゼンリーとは? まず最初は ゼンリーとは何かについて整理しておきましょう! ゼンリーはスマホのGPS機能を使って、友達と互いにいる場所を共有できるアプリです! 位置情報共有 いちじょうほうきょうゆう アプリとも言いますね! 地図上に自分を含め友達の正確な位置情報が表示されるので、友達がリアルタイムでどこにいるかがわかるわけですね!! そのほかには、チャット機能やかわいいアイコンなどを楽しむといった機能もあります。 さて、この記事にたどり着いたということは、 ゼンリーは本当に安全なのか?どのように使えば良いのか?について知りたいと思ったからでしょう。 世の中のゼンリーに対する反応はあまり良いものではないです。 位置情報という控えめに言っても特大な個人情報です笑 だから、それを共有するのが危険だと思うのも仕方のないこと。 せっかく、Mapbankにたどり着いていただいたので、ゼンリーを使うメリットや安全性について深掘りしていきたいと思います。 2 ゼンリーを使うメリット ゼンリーは使ってみると意外と便利なものです。 ではゼンリーを使うとどんなメリットがあるの?という所がみなさんが気になる内容だと思います。 実はゼンリーは使ってみると意外と楽しいです!! ゼンリーが楽しい理由は2つ! 1:デザイン性 2:機能性 まず、ゼンリーのデザイン性はすばらしいです。 例えば、 ・プロフィールの画面のデザイン ・ゼンリーの招待状のデザイン ・絵文字やアイコン ・地図のデザイン 細かいデザイン一つ一つにこだわっていて、使いたくなってしまいます。 そして、機能も色々用意されています。 元々はみんなで集まっているので一緒に集まろう!という意味を込めて作られた機能ですが、実際にはそのような使い方はされていません。 他にも、衛星写真モード(サテライトモード)にすれば3D地図(立体地図)を楽しめたり、popsという機能で友達との繋がりがみれたりとユーザーが楽しめるようになっています!! 「Pops」がよくわからない方は是非以下の記事をご覧ください!! ゼンリーは位置情報を共有するので、危ないのではないか?という議論がありますが、実はかなり安全です。 むしろ、ゼンリーで位置を共有する方が役に立ちます!! 理由は、何か位置がわかれば解決するトラブルに巻き込まれた時に有効だからです。 例えば、タイでこんなことがありました。 ローカルなやすい服屋でお土産をみている時、サイズをチェックしようと友達がスマホを棚におきました。 それから服は買わずに店を出ると、スマホを忘れたことに気づきすぐに戻るともうスマホはなくなっていました。 タイの人は慣れていて、盗んだ携帯は電源を切って、まずsimを抜くんです。 その時も、ゼンリーを見てその店で最後に電源が切られていることがわかり、店の人が犯人だと確信し、しつこく問い詰めて返ってきたこともあります。 他にも、人混みではぐれたりしたときはゼンリーで確認すればすぐに合流できます。 このような自分の馴染みのない場所で行動するときはかなり役立ちます。 ・理解して共有していれば問題ない ゼンリーの話で必ず出てくる議論は「ゼンリー疲れ」です。 人間関係・対人関係はやはりみなさん大変なもので、ゼンリーとググるとなぜか「位置がバレない対処法」という真逆の情報がトップに出てきたりします笑 この点について、まず、 お互いに了承してやっていれば問題ないです。 これは当たり前の話になりますが、尚且つ厳しい意見になりますが、位置情報を知られたくない人とは共有しないことです。 自分が嫌な人とそのように繋がってしまうと息苦しいだけです。 重要なのは場所が分かっても問題ない人と共有することです!! しかし、この御時世、そんなことは言ってられません。 スマホネイティブの時代を生きている高校生、大学生たちは仕方なく付き合いで入れなくちゃダメなんだ!って方もいるでしょう。 そんな、どうしてもゼンリーをやめたいあなたや位置情報を共有したくない人は下の記事をご覧ください!!できるだけ、自然な形でゼンリーから抜ける方法、やめたときにどのように表示されるのかを解説しています!! ゼンリーを入れておくとむしろ安全と言いましたが、安全に使うための設定をしておきましょう。 そう言った小さな悩みを解消できる機能です。 ・「フリーズ」:位置が固定されて動かなくなる設定 「フリーズ」を設定すると、設定した場所で位置が固定され、そのまま動かなくなります。 どれだけ移動しても、位置が固定されるので「フリーズ」の間はどこへ行っても位置は特定されません。 位置が動かなすぎると違和感があり、フリーズに気づかれる可能性がありますが、位置情報を数時間共有したくないときは有効でしょう。 「プライベートモード」をオンにすれば、それができなくなり、知らない人、友達登録したくない人からの友達申請や連絡が来る心配がなくなります!! ・「おすすめユーザーのオプトアウト」:自分の友達以外のアカウントの「知り合いかもしれないユーザー」に表示されなくなる設定 このオプトアウトの設定は最も重要です!!この設定をオンにしておけば、もう友達以外のユーザーに自分のアカウントが表示されなくなるので安心安全です!! プライベートモードと一緒に設定しておきましょう!! これら4つがゼンリーを安全に使うためのセキュリティ設定です。 あいまいやプライベートモードについて詳しく書いてる記事がありますので是非参考にしてください! 1.

次の

「Zenly(ゼンリー)」の位置情報がおかしい!フリーズしてしまう!原因と対処法を徹底解説

ゼンリー 固まる

ゼンリーってどんなアプリ? ゼンリー「zenly]とは友達や知り合いと位置情報を共有できる地図アプリです。 友達が今どこにいるのか、何をしているのかマップを見て知ることができます。 iPhoneのアップルストア内評価は 13万人の評価中、星4. 6となっています。 13万人も使っていて評価も高いですね。 友達と位置情報を共有すると聞くとあまり良いイメージを持ちませんが、個人個人が正しく安全な使い方をすれば超便利なアプリケーションであるということが評価からもわかるかと思います。 ゼンリーを使うメリット・デメリット ここからはゼンリーを使うメリットについて紹介していきます。 僕も約一年前から使っているのでリアルな感想をお伝えできるかと思います。 メリット1:友達を遊びに誘いやすい ゼンリーを使えば友達が今どこにいるのかわかります。 自宅にいれば遊びに誘えるし、外出していれば「今日は用があるんだな」とわざわざメッセージを送らずに分かってしまいます。 またゼンリーにはお互いに友達登録している関係であれば一緒にいる時間に地図上で炎がでます。 なので例えばAさんが家にいてBさんとCさんが遊んでいれば「Aも合流したい!」と気軽に誘えちゃいます。 ちなみに家にいるときはその人のアイコンの横に家のマークが、学校にいればスクエアアカデミックキャップのマーク、バイト中にはパソコンのマークが付きます。 他にも何種類かマークがあります。 バイトのマークが結構使えますね!! 「遊びに誘ってんのに全然連絡付かないじゃん!!」ってときにゼンリーを見れば「あいつバイト中か!」と連絡を取り合わなくてもわかります。 また友達と待ち合わせしているのになかなか待ち合わせ場所に来ないときはゼンリーで今どこにいるか確認できるので安心です。 メリット3:携帯を失くさない! これはおまけメリット感が強いですが 笑 これも先日あったことです。 仲の良い友人数人でドライブに行った際に1人の子が「ヤバい!携帯失くした」と言いました。 でもゼンリーで確認すると一緒にいることが分かる。 てことは車の中にある!ということで車の中で見つかりました 笑 ゼンリーのおかげで携帯がどこにあるか分かり見つけられたのです!! 笑 デメリット1:場所が特定されてしまう 「言わずもがな」って感じですがゼンリーを使用している以上、自分がどこにいるのかは特定されてしまいます。 また先ほども紹介しましたが、家にいるときは家のマークがその人のアイコンに付くので自宅もわかってしまいます。 ただ、一時的に位置情報を固定しておく「ゴーストモード」があるので後ほど紹介しますね! デメリット2:嘘はつけない!! 今どこにいるのかわかってしまうので安易に嘘はつけませんね。 例えば、遊びに誘われたけどめんどくさくて「これからバイト」と嘘をついて断っても後から友達がゼンリーを見ていれば「バイト行ってないじゃん」と嘘がばれてしまいます。 安全な使い方【これが一番重要】 ゼンリーは安全な使い方をすればとても便利なアプリだと書きました。 では安全に楽しく使うためにはどうしたらよいか、具体的に説明していきます。 1.共有するのは信頼している人だけにする これが一番大事です。 あまり自分の居場所を知られたくない人、本当に仲が良く信頼している友達と以外は登録しないようにしましょう。 位置情報の共有はお互いが承認しなければ相手に見られることはないです。 2.ゴーストモードを使おう 先ほども書いたゴーストモードです。 ゴーストモードとは簡単に説明すると 相手に自分の位置情報を教えないための機能です。 ゴーストモードには「 あいまい」と「 フリーズ」の二種類があります。 この2種類のゴーストモードは誰に対してにするか、友達を選択できるので便利です。 ちなみに「 あいまい」は自分が「あいまい」設定していることを相手にわかってしまいます。 対して「 フリーズ」設定は相手にはわかりません。 ゴーストモードの設定方法 それでは肝心なゴーストモードの設定方法を画像付きで説明していきます。 まずはゼンリーを開いたら画面右下の人の形の画面をタップします。 そうすると次の画面が出てきます。 画面上のゴーストの形のボタンをタップします。 そうするとゴーストモードの画面に切り替わります。 この画面に登録している友達のアイコンが出てくるのでゴーストモードの表示にさせたい友達をチェックさせていきます。 チェックを入れていくと上に「 正確度」、「 あいまい」、「 フリーズ」の3つから選べるので選択します。 僕は二人の友達にチェックを入れ、「フリーズ」を選択したのでこのような画面になりました。 以上でゴーストモードの設定方法は終了です。 最初は戸惑うと思いますが慣れてくれば簡単なのでご自身で設定してみてください。 その他にゼンリーでできること ゼンリーは友達との位置情報を共有することが主な使い道ですが他にもゼンリーで楽しめること、便利なツールがあるので紹介していきます。 1.メッセージも送れる! ゼンリーのアプリ内でメッセージ交換もすることができます。 友達の位置情報を確認して何かメッセージを送りたいときにわざわざLINEやメールで送らなくともアプリ内で簡単にメッセージを送れます。 2.友達と会うのが楽しくなる! ゼンリーでは友達といるときに地図上で炎が上がったり、一緒にいた時間が記録されます。 なので一緒にいる時間が楽しくなります。 追加している友達の中で一緒にいた時間が最も長かった友達や連続して会っている友達、最近会ってない友達なども確認できます! また、たまたま会ったときもアプリの通知で教えてくれるので面白いですよ! 3.自分が良く行く場所がわかる 先ほどの地図上の画面で1番右上の 王冠のボタンをタップすると地図上で拡大した地域に自分や追加している友達がどれくらいいるかパーセンテージで確認できます。 「新宿区には俺の方がいることが多いけど横浜にはお前の方がよくいるね!」こんな感じで友だちと楽しむこともできますよ 順位形式でみれるので見ていて楽しいです! まとめ: ゼンリーって危険なの!?使い方次第では超便利! いかがだったでしょうか?ゼンリーとはどんなアプリなのか分かっていただけたでしょうか?またインストールしてみたいと思って頂けたら嬉しいです! ただ何度も言いますが友達追加するのは本当に信頼している友人のみにしましょう。 便利で楽しいアプリの反面、自分が今どこにいるのか、どこに住んでいるのかが完全に分かってしまいます。 悪用されないよう、最小限の友達を追加しておきましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました。 それでは!!.

次の