ワンピース ネタバレ 978。 【※ネタバレ】ワンピース第978話「飛び六胞登場」最新話考察!!

ワンピースネタバレ978話最新話考察確定!カイドウの息子と飛び六胞

ワンピース ネタバレ 978

ワンピースネタバレ977話• 10人揃う• 真の作戦とは• 鳥居の門番• 宴はやめだ• カイドウの息子 ワンピースネタバレ確定977話:10人揃う ジンベイの登場に喜ぶ麦わらの一味。 ビック・マムとの戦い後、「タイヨウの海賊団」の負傷者と手当と送別会で合流後が遅れたみたいです。 ナミが「ジンベエの操舵技術ホントにすごいのよ!」とフランキーに伝えると、フランキーも「やっと"夢の船"の本領を引き出す男が現れたか」と大喜び。 ジンベイは改めて麦わらの一味に「どうかひとつよろしく頼む!」と伝えます。 ワンピースネタバレ確定977話:作戦 麦わらの一味が喜んでいる中、錦えもんが「島内での行動を確認したい」と作戦を伝えようとします。 ミンク族はイヌアラシ銃士隊体調の「全力のシシリアン」が、ワノ国の侍達は「花のヒョウ五郎」親分が仕切ることに。 そして、作戦とは 鬼ヶ島は山に囲まれた島。 山と城は一体化しており、城の裏側に「裏口」が一つあることがわかった。 兵を二手に分け山道を通り「裏口」より場内へ侵入。 宴で酔ったカイドウに奇襲をかける この作戦を聞いた傳ジローが それがカン十郎にも聞かせた奴を欺く作戦か・・・・ で、本当の作戦は? と、ツッコミみます。 まさかの、ツッコミに驚く錦えもん・・・ ワンピースネタバレ確定977話:真の作戦とは と、その時、すかさずローがフォーを入れます。 どんな作戦をたてようとも正面から乗り込むであろうバカが約2名現れる。 予定通り全員左右の山道を進む、だが、その兵達も囮だ! 赤鞘たちはローの潜水艇に乗り、裏から島内へ侵入することに。 傳ジローは「さすがわ錦さん周到だ!」と納得の様子。 その時、ローが麦わらの船が無いことに気付きます。 ワンピースネタバレ確定977話:鳥居の門番 すでにルフィーたちは先に進み、門番と好戦中。 傳ジローは「鳥居の門番」の話を忘れていました。 鳥居は小さな要塞。 火祭りの夜は大勢の兵士がそこで宴に興じているんだ。 そのことを聞いた、錦えもんは焦りますが・・・ ルフィー率いる麦わらの一味は次々と敵を倒していきます。 唖然とするワノ国の侍達・・・ 兵器があることも敵を倒した後に気付きます。 ワンピースネタバレ確定977話:宴はやめだ 鳥居の敵達を倒した麦わらの一味。 ゾロが見つけてきた酒で、ジンベイの加入を祝福しようとしますが、やめてしまいます。 ルフィーから この戦いに勝って!今までで一番でっけぇ宴をやろう! 全員が、その言葉に乗り再び船へ。 その時、キッドの船が先に島内に侵入し、ルフィーたちも後を追います。 ワンピースネタバレ確定977話:カイドウの息子 場面は変わって、鬼ヶ島宴の会場。 オロチは存分に楽しんでる様子。 カイドウもすでに酔っ払っている様子ですが あいつはどうした。 ウチの息子だよ! 顔ぐれぇ見せろ! と部下に指示します。 その時、別の部下から カイドウ様「飛び六胞」の6人が勢揃いされていますので!お目通りを・・・・ と連絡が入ります。 「飛び六胞」のメンバーの足元が見え、次回に続きます。 ワンピースネタバレ確定977-978話考察!カイドウの息子は?まとめ ついに鬼ヶ島へ上陸したワノ国の侍たち。 カイドウの部下も新たな「飛び六胞」が登場し、戦いになるのは必至! 「飛び六胞」の存在も気になりますが、カイドウの息子が誰なのか気になりますね。

次の

ワンピースネタバレ978話最新話考察確定!カイドウの息子と飛び六胞

ワンピース ネタバレ 978

「飛び六胞登場」 扉絵ではベッジのオーマイファミリー ローの潜水艇は鬼ヶ島を回り込んで裏口の方から侵入することに。 しかしそこで、謎の船が登場…。 カイドウの前に集結する飛び六胞。 なんとこの前に飛び六胞が全員揃ったのはもう数年前になるとのことで、いつも何をしているのだろう…。 ブラックマリアはキングに何か会う用事がある様子。 ドレークとウルティは、侍たちの同盟が本当に無くなったのかと疑問を感じていた。 そしてウルティとページワンは兄妹!カラーリングが似ているし角もお互い生えている。 ウルティはページワンにもう一度確認するように言うも、おそばマスク=サンジとの対戦経験があるページワンはやや不安な表情…ややウルティの方が立場がページワンより上なのか。 ゴンジューは大看板クイーンがいなくなったらついにおれたちの誰かが格上げになる、とニヤニヤ。 ブラックマリアはドレークにも話を振るも、興味がない、とドレーク。 ササキは興味があるようで、ドレークが戦線を引くなら残りは5人だなとわくわくしている。 ゴンジューはジャックを斬った侍=アシュラ童子がどれほどの強さなのかを楽しみにしている。 ササキはカイドウから手配書を渡される、敵側の誰かと関わりがあるよう そして鬼ヶ島の城では、百獣海賊団の兵士たちが必死にカイドウの息子を探し回っていた…。 カイドウの前にビッグマムが現れると、おい!俺の息子はどこにいる?と聞きました。 あぁ…あいつなら今船内で寝て休んでるよと答えると、一体どういうことだとカイドウは叫びます。 あいつはやられたのさ…麦わらになというと、カイドウは怒り狂い部下を棍棒で殴りました。 小僧が…!とカイドウが怒る中、ビッグマムの船内でカタクリが目を覚まします。 ここは?と聞くカタクリに、ペロスペローはお前のもう一つの故郷だよと答えました。 カタクリはビッグマムとカイドウとの子どもだったのです。 完全復活した四皇同士の子どもは鬼ヶ島の城内へ向かいました。 ルフィとキッドの船頭により、正面から鬼ヶ島へと上陸しました。 敵は数多く待ち構えており、ルフィ達は早速大暴れをするのです。 その隙に錦えもんと傳ジローが山道から侍を引き連れて、囮となります。 ローは赤鞘を連れて裏口に回ると、予想通り誰もいませんでした。 無事に侵入し、各団体は鬼ヶ島に侵入することが出来たのです。

次の

ワンピース979話ネタバレ確定!ヤマト捜索依頼と大看板へのチャンス

ワンピース ネタバレ 978

引用元 ワンピース977話より 喜ぶルフィたちの横で、錦えもんはこれからの作戦をたてようと声をかけます。 しかしもちろんルフィたちは聞く耳をもっていません。 そこにイヌアラシ銃士隊長のシシリアンが錦えもんのもとにやってきました。 裏切り者のカン十郎も知る作戦は、鬼ヶ島は山に囲まれた島の唯一の入り口は正面の門のみという事。 しかし手に入れた屋敷図によってもう一つの裏口があることが判明しました。 そこで兵を二手にわけて左右の山道を通り、裏口より城内に侵入、そして宴でよったカイドウに奇襲をかける事です。 しかしこの作戦はもちろん、カン十郎によって敵に伝わっているはずなので、作戦を変更することになるのですが、言葉に詰まる錦えもん。 引用元 ワンピース977話より しかしローの発言により どんな作戦でも正面から乗り込むバカ二人、もちろんこれはルフィとキッドの事。 それを囮に全員で左右の山道を進むということ。 そしてその間にカイドウの本命ともいえる赤鞘たちは潜水艇で周りこみ、ローの能力であるROOMによって島内に送るというものです。 さすがは 錦えもん と称されますが、ローに助けられました。 作戦会議が無事終わったその時 騒がしい音がしました。 そして 傅ジローが鳥居の門番がいることを話します。 ジンベエ加入を喜びたいルフィ達が 酒のにおいを嗅ぎつけ、あっさりと鳥居の門番たちを倒してしまうのでした。 その様子を船から傍観するナミ、チョッパー、ウソップはいつも通り?です。 引用元 ワンピース977話より 一方で鬼ヶ島では宴の最中。 ビッグ・マムの姿は見えません。 しかしこちらにも新たな敵飛び六胞が登場することに。 そしてまだ姿は見えないカイドウの話す息子の正体とは一体誰なのか!? 個人的978話考察と感想 ローの予想通り第一関門を突破した麦わら一味。 ジンベエも加入したので勢いがついた麦わら海賊団。 鬼ヶ島の宴会の場ではまだルフィ達のことは届いて様子 このまま作戦はうまくいくのでしょうか? しかし敵も負けず劣らず 飛び六胞が到着しています。 そろそろその全貌と能力が判明してきそうです。 カイドウとの戦いの前にまずはこの 飛び六胞 と戦う事になりそうですが、戦う相手は麦わら海賊団か、 赤鞘たちか?それ以外の頼もしい麦わらの仲間が登場してきそうな気が個人的にはしています。 しかし一番気になるのがカイドウの息子。 リンリンことビッグ・マムとの子供か!?今まで登場してきた人物でしょうか。 カン十郎にさらわれた モモの助 は大丈夫なのでしょうか? カン十郎 と モモの助 もやり取りも描かれるのではないでしょうか。 app. goo. 大看板のジャックの懸賞金が10億ベリーですので、飛び六胞の大半は5億ベリー以上ではないでしょうか? この飛び六胞の名前の由来は歌舞伎などで使用されている「飛び六法(飛び六方)」のこと。 【飛び六胞】X・ドレークとページワンは市民も恐れる強キャラです。 ワノ国の市民たちも「真打ちの中の最強の6人…そのうち2人も来た」と恐れおののいて逃げ惑ったほど。 既にドレークは編笠村を破壊し尽くしており、よほど飛び六胞たちはワノ国の住民を苦しめてきたのでしょう。 ただドレーク自体は1年前に百獣海賊団に参加していることから、まさにトントン拍子で飛び六胞にまで昇格したことが伺えます。 当初は影の薄かった最悪の世代でしたが、ドレークは想像以上に強そうですね。 残りのメンバーも出そろいそうですね。

次の