ジェフ 千葉 アカデミー。 ジェフユナイテッド市原・千葉の選手一覧

ジェフユナイテッド市原・千葉

ジェフ 千葉 アカデミー

ジェフユナイテッド市原・千葉(ジェフユナイテッドいちはら・ちば、 JEF United Ichihara Chiba)は、のおよびをホームタウンとする、(Jリーグ)に加盟するプロクラブ。 呼称は ジェフユナイテッド千葉。 概要 [ ] 創部のが前身であり、のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ()のひとつである。 ホームタウンはまで、から市原市およびへ変更・広域化された。 ホームスタジアムは、練習場はであり、クラブハウスも同地に立地している (詳細はを参照)。 運営会社は ジェフユナイテッド株式会社(に株式会社東日本ジェイアール古河サッカークラブより商号変更 )。 9億円) している。 なお、までは資本金1億円であったが、クラブハウス(10月竣工)建設費調達などの関係から、に増額された。 クラブ名の「ジェフユナイテッド」(JEF UNITED、ユナイテッド=結束した)はクラブとホームタウンの結びつき、チームの協調・連帯感を表現しており、に公募で決定された。 なお、クラブの呼称は当初 ジェフユナイテッド市原であったが、シーズンより現在の呼称としている。 クラブのおよびにはがモチーフとして用いられている。 マスコットは2の「」(兄)、背番号9の「」(弟)であり 、両マスコットの背番号の和が11となることは1つのチームを示している。 6月に雌のミックス犬(雑種)「」がマスコットに加わった(背番号は12)。 クラブのフィロソフィとして「 WIN BY ALL! 」を掲げており、シーズンより継続して使用している。 歴史 [ ] 前史 [ ] 詳細は「」を参照 1946年創部のが前身。 1965年の(JSL)に発足時から参加。 日本リーグ時代は(現・)や(現・)とともにと言われ、JSL優勝2回、優勝4回、優勝3回の成績を収める。 また、で優勝し日本のクラブとしては初めてとなるアジアタイトルを獲得した。 1991年6月、運営母体がと(JR東日本)が共同出資して設立した「株式会社東日本ジェイアール古河サッカークラブ」となり、チーム名称を「東日本JR古河サッカークラブ」へ変更。 また、同年11月にチームニックネームが「ジェフユナイテッド」に決定した。 ホームタウンについては、古河の拠点としていたとは別の場所を選定することになり、1992年5月に千葉県市原市をホームタウンとすることが決定した。 また、ホームスタジアムとして、(以下「市原臨海」)を改修して使用することになった。 なお、は、()、(神奈川県)、(千葉県)、および()で主催試合を開催した。 1993年 - 2009年 J1 [ ] はと対戦(1-2で敗戦)。 1995年以外、順位は中位から下位、カップ戦もグループリーグ敗退、初戦敗退。 天皇杯は、1995年から2年連続で初戦敗退、1995年は、1996年はと2年連続でJFL勢に敗れ、プロ移行後の初勝利は、1993年の戦であった。 1994年にはが得点王となる。 観客動員は1993年がに次いで2位。 1994年はV川崎とに次ぐ3位で、平均入場者数が2万人を超えていたが、1997年から2005年までの9年間は年間入場者数がJ1最下位であった。 までに運営会社の本社機能を浦安市から市原市へ移転。 同年年間成績で16位となりに回り、に連勝して残留する。 は1stステージ15位、2ndステージは最終節前で勝ち点1差の15位で、最終節でG大阪に勝利し他会場の結果により年間13位となり残留。 2月にへ練習場も移転して、クラブ機能の市原市への移転が完了した。 同年1stステージ11位、2ndステージ最下位、年間14位の成績で、J1残留。 シーズン終了直前の12月7日、サポーターが市原臨海で当時監督のとチーム統括部長のの辞任を求め、クラブ側はサポーターと話し合いの場を設ける事に同意し、後日姉崎公園サッカー場のクラブハウス前でサポーターミーティングが行われ、これが後のサポーター・コミュニケーション・デーの元となる。 [ ]オフには、主力である、が、が、そしてがへそれぞれ移籍した。 に当時のFWとのMFそしてのDFが加入、1stステージ2位、2ndステージは5位で年間順位は3位。 シーズン終了後にベルデニックがへ移籍。 は が監督に就任、1stステージ8位、2ndステージ11位で天皇杯はベスト4。 選手がゴール裏のサポーターに挨拶する 主力であった、が揃ってに移籍した一方、ブルガリア代表のを獲得した。 1シーズン制となったリーグ戦において、序盤は出遅れるも混戦となった中盤から徐々に追い上げ、最終節まで優勝争いに加わり、年間成績は2年連続の4位。 では、初優勝を達成するとともに、Jリーグ加盟後初となるタイトルを獲得した。 また、2003年1stステージ第5節の横浜FM戦以降、市原臨海においてリーグ戦は2005年の第20節(戦)で敗れるまで31試合無敗、カップ戦含めた公式戦はナビスコ杯のGL第2節(戦)に敗れるまで26試合無敗を記録した。 なお、この年の10月からが供用開始。 同月16日の第27節横浜FM戦で、同会場初となる公式戦ホームゲームを開催した。 結局この年は、リーグ戦のホームゲームでは、第25節戦までのうち、開催となった第6節の戦を除く11試合を市原臨海で、第27節横浜FM戦以降の5試合をフクアリで開催した。 この年から、公式戦ホームゲームの全試合をフクアリで開催(市原臨海も2010年まで本拠地登録されていたが、2006年以降開催実績はない)。 がに選出され、W杯に出場した。 W杯終了後の7月、オシムが日本代表監督に就任。 (JFA)に引き抜かれた格好となり、無条件で監督を引き渡したクラブに選手・サポーターなど内外から多くの批判が届いた。 この際「クラブとJFAが取り合うことで、最悪の結果、オシムが日本を去る事だけは避けたい」とした旨がフロント陣から発表された。 後任にはイビチャ・オシムの息子であるがコーチから昇格して就任した。 そして、、、ら、いわゆる「」が日本代表に選ばれた。 ナビスコ杯で鹿島を破り、2連覇を果たした一方、リーグ戦は11位、天皇杯はJ2に初戦で敗退。 クラブ初の国際試合となったは1勝1分1敗の成績(3位)。 10月、祖母井がGMを辞任(その後、フランスののGMに就任)し、後任にが就任した。 キャプテンでありチームの顔であった阿部勇樹が浦和に、選手会長のがへ移籍。 また、巻・佐藤・山岸がチームの今季の方針説明を理由に契約を保留した。 リーグ戦は開幕4戦未勝利(1分3敗)。 第5節の戦で初勝利を挙げたが、第8節から第14節まで7戦未勝利(3分4連敗)。 シーズン途中の6月にはが一部のメディアで監督批判を行い、謹慎処分の後に契約解除された。 後半は第23節から第28節までクラブ史上初となる6連勝を記録。 29節からは2分4敗であったが年間13位でJ1残留を決めた。 なお、ナビスコ杯は、グループリーグ3位で予選敗退。 天皇杯は大分に4回戦(初戦)で敗退。 シーズン終了後、監督のアマル、統括本部長の唐井が解任された。 監督に、GMに昼田宗昭が就任。 また、前年に新潟へ移籍した坂本が復帰した一方、がのへ、羽生直剛がへ、山岸智がへ、佐藤勇人がへ、がガンバ大阪へ移籍しチームの主力が他クラブに引き抜かれ、昨シーズンのレギュラー選手の半数近くが入れ替わる危機的状況になってしまう。 4月、淀川隆博が社長を退任した。 リーグ戦は開幕11戦未勝利で、5節からは15年ぶりの7連敗を喫するなど9敗2分(勝ち点2)で最下位。 5月にクゼを解任して、・元ヘッドコーチのが監督に就任。 ミラーが来日した5月10日の京都戦にホームで1-0で勝利し、開幕12試合目にしてシーズン初勝利を挙げた。 なお、ミラーは登録が間に合わず、指揮はコーチが代行した。 リーグ戦中断期間に広島からMF、鹿島からFWが加入。 第24節(東京V戦)から5連勝し、一時は最下位を脱出したが、第30節から1分3敗と失速。 第32節終了時点で自動降格圏内の17位であった。 ののFC東京戦は、0-2と先行されたが、後半29分からの11分間で4得点を挙げて逆転勝利。 第32節終了時点16位の東京V、同15位のが両方とも敗れ、磐田は16位、東京Vが17位になり、ジェフは年間15位で残留が決定した。 クラブスローガン :「 YELLOW TOP 2009」 ミラーが監督を続投。 深井を鹿島から完全移籍で獲得し、柏からを、清水からを完全移籍で獲得。 鹿島からを、からを期限付き移籍で獲得。 他チームへの移籍も噂された巻も残留したが、登録選手数はJ1最少だった。 2009年10月、クラブ事務所・練習場を千葉市のに移転し、運営会社の商号を「株式会社東日本ジェイアール古河サッカークラブ」から「ジェフユナイテッド株式会社」へ変更した。 リーグ戦は第4節で17位に転落。 第11節で16位なるが、第17節から15戦未勝利(6分9敗)。 その間の第19節終了後の7月27日にミラーを解任して、ジェフOBのが監督に就任。 また、ブラジルのからFW、柏からを獲得したが、第31節(川崎戦)でJ2降格が決定。 なお、第32節(FC東京戦)に勝利したが、第33節・第34節と連敗し、リーグ戦は最下位に終わった。 なお、前身・古河時代を含めて「下位ディビジョンへの降格」は初めてであり、ジェフは「上位ディビジョンへの昇格」を一度も果たせていない。 2010年 - (J2) [ ] クラブスローガン :「 走りきる! そして、その先へ。 」 江尻が監督を続投。 DFが引退、主将だったMF、DFなどが退団した一方、からMFとDF、からFWとMF、2009年6月からに期限付き移籍していたFWの元ジェフ所属の5選手が復帰した。 その他、大分から期限付きで加入したDFと、鹿島から期限付きで加入したMFの2人が完全移籍に移行。 また、からMFの加入とオーストラリア代表主将DFを獲得した。 にFWが・に完全移籍した。 、とパートナーシップに関する包括協定及びジェフユナイテッドアシストスポンサー契約を調印。 の第25節でとの直接対決で敗れて4位へ転落。 の第36節でに敗れて4位以下が確定(最終順位は4位)、1年でのJ1復帰はならなかった。 は4回戦で敗退。 シーズン終了後に江尻が監督を退任した。 クラブスローガン :「 WIN BY ALL! 」 が監督に就任。 がに、がに、がに、が京都に、が福岡に、が鹿島にそれぞれ完全移籍。 、、が退団した。 また、とから期限付き移籍していたがに期限付き移籍した。 一方、から、から、からをそれぞれ完全移籍で、名古屋から、からU-20カナダ代表のをそれぞれ期限付き移籍で獲得、の、特別指定選手として活動していたのが新加入し、が大分への期限付き移籍から復帰した。 、のを特別指定選手に承認。 、オフィシャルサプライヤーのが、2011シーズンよりオフィシャルパートナーに関する契約を締結。 、ジェフU-18のとが、トップチーム登録(2種登録)した。 、新潟からを期限付き移籍で獲得。 、監督のドワイト、ヘッドコーチのを解任。 後任の監督に、コーチにが就任した。 、第36節・湘南-徳島戦の結果を以て昇格の可能性が消滅(最終成績は6位)。 は4回戦でに敗れた。 ベテランのをはじめ、、が退団、に期限付き移籍していたが東京Vに、が大分に、、がに、がに完全移籍、がに、がにそれぞれ期限付き移籍、との期限付き移籍期間が満了、が引退した。 一方、からを、からを、からを、からをいずれも完全移籍で、磐田からを、柏からを、からをいずれも期限付き移籍で獲得、、がユースから昇格、、が新加入した。 6月には柏からが、7月には浦和からが期限付き加入した。 8月にはからが完全移籍で復帰した。 リーグ戦では、第1節、第19節、第24節で首位に立ち、第13節戦での勝利以降、第29、30節で7位に後退した時を除き、昇格争いに加わり、最終的にJ1自動昇格圏内の2位以内には届かなかったが、シーズン成績5位でへ進出。 プレーオフでは4位横浜FCに勝利したが、決勝で6位大分に敗れて、J1昇格はならなかった。 プレーオフ終了後、テクニカルディレクターの神戸および監督の木山がそれぞれ退任した。 は、準々決勝で鹿島に敗れた。 クラブスローガン :「 絶対J1! 」 監督に新潟や元監督のが就任した。 G大阪から期限付き移籍加入していた、柏から期限付き移籍加入していたがともに完全移籍に移行。 清水から、昨季でプレーしていたをそれぞれ完全移籍で獲得した。 なお、Kリーグ・より獲得したは7月26日にUAEのへ期限付き移籍となった。 2013年8月、が完全移籍で加入。 Jリーグへの復帰は7年ぶりとなった。 2013年8月がに期限付き移籍。 第2節で初勝利を挙げ、以後第8節まで7試合連続負けなし(3勝4分)。 第10節から第15節まで4連勝を含む6試合負けなし(4勝2分)で第15節時点で3位に浮上。 第16、17節とシーズン初の連敗を喫して第16節から第20節まで6位に順位を落としたが、第20節から6連勝で第25節終了時には2位に勝点差3の3位に浮上し、第31節まで3位をキープ。 第28節から4試合勝利なし(2分2敗)、第33節から3連敗で第34・35節は6位。 第36節から3連勝で4位に浮上するが、第39から第42節まで2分2敗に留まり、シーズン成績は5位。 プレーオフ準決勝はアウェイで4位と引き分けたが、規定により決勝進出は成らず、2年連続のプレーオフ敗退となった。 は3回戦でFC東京にPK戦で敗れた。 クラブスローガン :「 FUN! 〜勝利のために〜」 鈴木体制2年目。 がG大阪へ完全移籍、が退団、が引退した一方、横浜FMから、山形からを完全移籍で、横浜FMから、柏からを期限付き移籍で獲得した。 しかし開幕から低調で、順位も第6節終了後に9位、第16節、18節終了後に8位になった以外は2桁順位を推移、第19節対北九州戦に敗れ、7勝6分6敗の勝点27で12位となった直後の6月23日に監督の鈴木と契約解除。 テクニカル・ダイレクターのによる代理指揮を挟んで、7月1日に千葉県出身で監督を務めたが同月8日から後任監督として指揮を執ることが発表された。 関塚就任後はチームの成績も上昇、最終節でに勝利して3位に食い込み、3年連続のプレーオフ進出を決めた。 は準決勝まで駒を進めたものの、同じJ2のに敗れ、古河時代以来30年ぶりの決勝進出はならなかった。 また昇格プレーオフも同じく山形に敗れ、3年連続のプレーオフ敗退となった。 クラブスローガン :「 一意専心」 関塚体制2年目。 が引退し、ケンペスが退団。 期限付き加入中だった天野貴史(横浜FM)、山中亮輔(柏)、幸野志有人(FC東京)が、いずれも期限付き移籍満了となった。 また、が清水、が京都、が名古屋、が大分、が北九州へそれぞれ完全移籍、ナム・スンウがベルギーのへ、戸島章が町田へ期限付き移籍した。 一方、新戦力として鳥栖から、甲府から水野晃樹、川崎から、(セルビア)からを、水戸からをそれぞれ完全移籍で、甲府からを期限付き移籍で獲得し、千葉U-18からとが昇格した。 (桐生一高)、(専修大)が新加入した。 また、町田からが復帰した。 夏場には横浜FMからを完全移籍で、名古屋から、川崎からをそれぞれ期限付き移籍で獲得した。 関塚体制を貫いたものの、勝ち切れない試合を重ねて昨年より低迷。 それでも第40節で東京Vに勝利して6位に上がったが、続く第41節と最終節で岡山と讃岐に連敗。 最終順位は9位となり、プレーオフ進出を逃した。 クラブスローガン :「 REVOLUTION -NEXT 25-」 関塚体制3年目。 が引退、(大宮)、(仙台)、(仙台)、(川崎)、(湘南へ期限付き移籍)などの移籍や(名古屋へ復帰)などの期限付き移籍期間満了者を含めて合計24人の選手がチームを去った。 その一方で、甲府から、水戸から、大分から、川崎から、、横浜FMから、仙台から、横浜FCから、柏から、から、からを完全移籍で、から、東京Vから、からを期限付き移籍で獲得。 U-18からが昇格し、新外国人選手として、から移籍してきたをはじめ、、が入団、新加入選手は合計19人に上った。 この選手の大幅入れ替えについて、2015年11月にに就任した(前・神戸チーム統括本部長)は新体制発表会の席上で、過去に移籍加入した選手のが人件費を圧迫していたためこの問題を解消する必要があったこと(新加入選手のうち移籍金が発生したのは川崎から加入した船山のみであったという)、前年までチームとしての一体感に欠ける場面が見られたため、クラブへの愛や強い気持ちを持っている選手を集めた(結果として千葉県出身者や千葉県内の高校出身者が多く集まった)ことを理由に挙げている。 シーズン中に、鳥栖からが期限付き移籍で加入、ブラジル1部のへ期限付き移籍していたが復帰した。 一方で浦田とがへ期限付き移籍した。 しかし、リーグ戦で第8節を最後にチームは自動昇格圏内の2位はおろかプレーオフ圏内である6位以内にも入れず、第25節終了後に関塚を解任、さらに、の両コーチも同時に退任した。 監督の後任は置かずにコーチのが監督代行に昇格した。 同10月30日の長崎戦で引き分けて今季の7位以下が確定し、2年連続の昇格プレーオフ進出と8年連続でJ1復帰を逃すことが確定した。 最終順位はJ2降格後ワーストの11位。 が浦和、がへ完全移籍、、が期限付き移籍期間満了、が期限付き移籍先のへ完全移籍、は愛媛FCへ、はへ、は北九州へ期限付き移籍、が契約満了で退団後へ移籍する一方で、FC東京からが完全移籍で10年ぶりにチームに復帰、その他、鳥栖から、からが完全移籍で、G大阪から、横浜FMからが期限付き移籍で加入、(青森山田高)、(慶應大)が新加入となった。 新外国人選手としてから、からを獲得した。 開幕から2勝1分で第3節終了時には首位に立つが、直後に2連敗し12位に落ちると、前半戦は常に2桁順位から抜け出せず前半戦終了時は8勝6分7敗、勝点30の13位、プレーオフ圏内となる6位とは勝点差4、自動昇格圏の2位とは勝点差13に終わった。 シーズン中に、からが完全移籍で、から、から、からが期限付き移籍で加入。 8月には、(メキシコ)からが加入した。 一方でが甲府、が町田へ期限付き移籍、西野貴治が期限付き移籍契約の解除によりG大阪へ復帰し、がへ期限付き移籍した。 後半戦に入り、第27節には6位と勝点で並ぶ7位まで順位を上げたものの、第28節から5試合連続未勝利となるなど8試合で1勝2分5敗と足踏みしたこともあり、第35節終了時には6位との勝点差を10にまで広げられる。 しかし第36節からクラブ新記録の7連勝、特に最終節対戦では先制を許し、同点には追いついたものの試合最終盤まで膠着状態だったところ、後半アディショナルタイムにキャプテンのゴールで逆転勝利、他会場の結果により逆転で6位となり、進出を決めた。 プレーオフは準決勝で3位に敗戦、J1復帰はならなかった。 は3回戦でに敗れた。 とが現役を引退し、、、()、()、(東京V)、()らが退団。 が、が横浜FC、がに期限付き移籍した。 一方で、昨シーズンから期限付き移籍していた、、が完全移籍で加入。 またから、愛媛から、からを完全移籍で獲得し、から、から、からが期限付き移籍で加入、がへの期限付き移籍から復帰した。 またがU-18からトップ昇格し、()、()、()が新卒加入した。 開幕からは4戦で1分3敗とスタートダッシュに失敗。 3月にはからが完全移籍で、からが期限付き移籍で加入。 吉田眞紀人が愛媛へ期限付き移籍した。 初勝利後も思うように勝ち点は伸ばせず、8勝4分9敗の13位で前半戦を終えた。 特にアウェイでは2勝と低調であった。 夏の移籍期間では、高木利弥が柏へ完全移籍、がへ期限付き移籍した。 一方でから、からが加入した。 後半戦に入っても戦績は上向かず、3連勝を一度も記録しないなど不安定な戦いに終始した。 リーグ2位となる72得点を記録したが、失点もリーグワースト2位の72失点となるなど守備が安定せず、結果的に年間を通して上位に浮上することはできなかった。 最終的には16勝7分19敗・クラブ史上最低順位の14位でシーズンを終えた。 は3回戦でに敗れた。 ()、()、()、()、()、、、らが退団。 、が新たに期限付き移籍した。 一方、から(18年振り復帰加入 )、東京Vから、から、からが完全移籍で、、、、が期限付き移籍で加入した。 また、()が新卒加入した。 開幕後、4試合で未勝利(2分2敗)の21位と低迷し、付で監督のエスナイデルを解任。 後任にはトップチームコーチのが2010年以来9年振りに就任した。 監督交代直後は2勝1分と持ち直すも以後は再び低迷。 4月30日には昨季を退団したが加入した。 前半戦はわずか5勝に留まり、勝ち点23の18位でシーズンを折り返した。 夏の移籍期間ではがに期限付き移籍し、がから復帰加入した。 後半戦も戦績は上向かず、夏場には4連敗を含む6試合未勝利を記録した。 後半戦では1度も連勝を記録しないなど下位に低迷し、第40節東京V戦にてようやくJ2残留が決定。 結果的にクラブ史上最低を更新する17位でシーズンを終えた。 シーズン終了を前に江尻篤彦の今季限りで監督退任が発表された。 また、の現役引退が発表され、最終節後には引退セレモニーが実施された。 は2回戦でに敗れた。 クラブスローガン:「 WIN BY ALL! 」 やで監督を務めたが監督に就任。 期限付き移籍加入していた()()が契約満了により退団。 がに、がに期限付き移籍、期限付き移籍で加入していた()、()、()、()、()が完全移籍加入、更にから、から、からとが完全移籍加入、ユースからが昇格、から、から、からが新卒加入した。 開幕戦は米倉恒貴の得点で1-0でFC琉球に勝利した。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 年度別チーム得点王 [ ]• 年度別チーム得点王の一覧。 リーグ戦以外での得点は含まない。 年度 チーム得点王 得点 備考 16得点 30得点 Jリーグ得点王 21得点 12得点 9得点 13得点 17得点 バロン 13得点 21得点 崔龍洙 16得点 崔龍洙 17得点 12得点 12得点 巻誠一郎 12得点 9得点 巻誠一郎 11得点 6得点 10得点 深井正樹 14得点 15得点 22得点 J2得点王 ケンペス 13得点 14得点 11得点 19得点 19得点 17得点 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• :2回• , 国際タイトル [ ]• なし その他 [ ]• 宮崎ラウンド:2016年 表彰 [ ]• 1994年 -• 2005年 - 、• 2006年 - 阿部勇樹• 2006年 -• 2005年 -• 2005年 - 立石智紀• 2006年 - 水野晃樹• 2005年 - 阿部勇樹• 得点王• 2012年 -• 2013年10月度 - ケンペス• 2014年10月度 -• 2015年3月度 - その他受賞 クラブ記録 [ ] 前にあるジェフのモニュメント 連勝記録 [ ] J1• 6連勝【2007年 第23節 戦(フクアリ)- 第28節 戦(小瀬)】 J2• 7連勝【2017年 第36節 戦(フクアリ)- 第42節 戦(フクアリ)】 ホームスタジアム無敗 [ ] J1• リーグ戦 31試合【2003年 1st第5節 戦 - 2005年 第18節 戦】• 公式戦 26試合【2003年 1st第5節 横浜FM戦 - 2005年 第2節 戦】 J2• 16試合 【2010年 第35節 戦 - 2011年 第29節 北九州戦】 リーグ戦 連敗 [ ] J1• 7連敗 【1993年 N 第12節 戦(宮城陸)- 第18節 戦(瑞穂球)】 【2008年 第5節 戦(カシマ)- 第11節 戦(埼玉)】 J2• 4連敗 【2016年 第34節 戦(正田スタ)- 第37節 戦(鳴門大塚)】 【2019年 第26節 戦 白波スタ - 第29節 戦 フクアリ 】 リーグ戦 未勝利 [ ] J1• 17試合【2007年 第29節 浦和戦(フクアリ)- 2008年 第11節 浦和戦(埼玉)】 J2• 7試合【2016年 第32節 戦(フクアリ)- 第38節 戦(フクアリ)】 リーグ戦 開幕未勝利 [ ] J1• 11節【2008年 第1節 戦(万博)- 第11節 浦和戦(埼玉)】 J2• 5節【2019年 第1節 愛媛戦(ニンスタ)- 第5節 京都戦(フクアリ)】 もっとも遅いシーズン初勝利 [ ] J1• 3月30日 【J2 2019年 第6節 戦(博多陸)】 最多得点試合 [ ] J1• 6得点• 【1995年 第17節 横浜F戦(市原臨海) - 得点者:マスロバル 2 、中西永輔、ルーファー 3 】• 【2007年 第23節 大分戦(フクアリ) - 得点者:佐藤勇人、山岸智、水野晃樹 2 、工藤浩平、青木孝太】 J2• 6得点• 【2012年 第14節 町田戦(町田) - 得点者:藤田祥史 2 、田中佑昌 3 、深井正樹】• 【2013年 第6節 北九州戦(フクアリ) - 得点者:大岩一貴、ケンペス 4 、ジャイール】• 【2013年 第37節 熊本戦(フクアリ) - 得点者:田中佑昌、高橋峻希、ケンペス 3 、森本貴幸】• 【2017年 第20節 岐阜戦(長良川) - 得点者:乾貴哉、指宿洋史、清武功暉、キム・ボムヨン、アランダ、ラリベイ】• 【2018年 第5節 讃岐戦(フクアリ) - 得点者:高木利弥、清武功暉、船山貴之、茶島雄介、ラリベイ、山本真希】 最多失点試合 [ ] J1• 6失点• 【1993年 NICOS 2nd 第18節 名古屋戦(瑞穂球)】• 【2000年 1st第3節 神戸戦(市原)】 J2• 6失点• 【2014年 第7節 湘南戦(フクアリ)】 得点差 [ ] J1• 勝利 - 6点差 6-0 【2007年 第23節 大分戦(フクアリ)】• 敗北 - 6点差 0-6 【1993年 NICOS 2nd 第18節 名古屋戦(瑞穂球)】 J2• 勝利 - 6点差 6-0 【2013年 第37節 熊本戦(フクアリ)】• 敗北 - 6点差 0-6 【2014年 第7節 湘南戦(フクアリ)】 国内トップリーグ所属 [ ]• 通算:43シーズン連続 日本サッカーリーグ:27季連続 前身・古河電気工業時代 Jリーグ ・J1:16季連続 ジェフユナイテッド市原・千葉 個人記録 [ ] 最年少試合出場 [ ] J1リーグ戦• 16歳333日 - 1998年8月5日J1第16節・ガンバ大阪戦 J2リーグ戦• 最年長試合出場 [ ] J1リーグ戦• 37歳71日 - 2002年9月1日J1 2nd第1節・FC東京戦 J2リーグ戦• 公式戦通算最多出場 [ ] 公式戦 日本人選手• 450試合出場 - 外国籍選手• 他クラブでの出場は含まない。 リーグ戦通算出場記録 [ ]• 379試合出場(引退)• 250試合出場• - 293試合(引退)• - 273試合(引退)• - 255試合(引退)• 200試合出場• - 244試合(引退)• - 242試合• - 221試合(引退)• - 220試合(引退)• - 214試合• 2018年12月1日現在。 他クラブでの出場は含まない。 リーグ戦通算最多得点 [ ] 日本人選手• 53得点 - 外国籍選手• 他クラブでの得点は含まない。 最多連続試合出場 [ ]• 68試合 - 2006年1st第1節から2007年1st第34節 リーグ戦シーズン最多得点 [ ] J1リーグ戦 日本人選手• 13得点 - 1998年 J1 外国人選手• 30得点 - 1994年 J1 J2リーグ戦 日本人選手• 19得点 - 2018年 J2 外国人選手• 22得点 - 2013年 J2 最年少得点 [ ] 公式戦• 最年長得点 [ ] 公式戦• ハットトリック [ ] J1リーグ戦• 3得点• 【1993年1st 第12節 6月23日 浦和戦】• 【1994年2nd 第1節 8月10日 G大阪戦】• 【1995年1st 第24節 7月15日 G大阪戦】• 【1995年2nd 第17節 10月18日 横浜F戦】• ルーファー 【1995年2nd 第20節 11月4日 広島戦】• 【2000年1st 第1節 3月11日 京都戦】• 【2003年1st 第5節 4月26日 横浜FM戦】• 崔龍洙 【2003年1st 第6節 4月29日 京都戦】• 【2006年J1 第27節 10月14日 鹿島戦】 J2リーグ戦• 4得点• 【2013年J2 第6節 3月31日 北九州戦】• 3得点• 【2012年J2 第14節 5月13日 町田戦】• ケンペス 【2013年J2 第32節 9月1日 福岡戦】• ケンペス 【2013年J2 第37節 10月20日 熊本戦】• 【2017年J2 第13節 5月13日 長崎戦】• 【2017年J2 第22節 7月8日 讃岐戦】• 【2018年J2 第33説(9月16日)福岡戦】 Jリーグ杯• 3得点• 【1997年3月8日 仙台戦】• 【1997年3月22日 平塚戦】• マスロバル 【1998年7月15日 鹿島戦】• 【2004年4月29日 大分戦】• 【2006年6月4日 C大阪戦】 天皇杯• 3得点• 【2010年 3回戦 10月9日 京都戦】• 【2016年 1回戦 8月27日 北海道教育大学岩見沢校戦】 記念ゴール [ ]• 通算1500ゴール - 【1995年4月5日 サントリー第6節 清水(市原臨海)】• 通算2500ゴール - 【1995年11月15日 NICOS第23節 平塚(市原臨海)】• 通算8000ゴール - 【2002年9月14日 2nd第3節 名古屋(瑞穂陸)】• 通算9000ゴール - 【2004年3月13日 1st第1節 神戸(神戸ウイング)】• 通算13,000ゴール - 【2008年9月14日 第24節 東京V(フクアリ)】• 通算8500ゴール - 【2010年6月6日 第16節 愛媛(フクアリ)】• 通算15,500ゴール - 【2017年3月4日 第2節 山形(フクアリ)】 クラブ記録• 第1ゴール - 【1993年5月16日 サントリー第1節 第1節 広島(広島スタ)】 その他記録 [ ] スタジアム [ ] 市原緑地運動公園臨海競技場 ホームスタジアムは千葉市の内にある(フクアリ、千葉市蘇我球技場)で、2005年10月以降は原則として全てのホームゲームをここで開催している。 なお、市原臨海でのジェフのホームゲームは2007年以降は開催されておらず、Jリーグに提示した本拠地登録も2010年を最後に抹消されている。 なお、過去のホームゲーム開催スタジアムは「」を参照のこと。 練習場・クラブハウス [ ] 練習場とクラブハウスは千葉市蘇我スポーツ公園・フクダ電子アリーナの隣接地にある。 10月にトップチームやユースチームなどの練習場・クラブハウスとして開設し、公園内の施設共々活用されている。 2015年より毎年秋にユナイテッドパークを会場とした「ユナパまつり」も行われ、サポーターや地域住民の交流の場となっている。 Jリーグ発足当初はの所有地に練習場(ジェフユナイテッド市原グラウンド )があったが、に練習場が当時のホームスタジアムに近い市原市のへ移転。 舞浜ではジュニアユースチーム(ジェフユナイテッド・ジュニアユース舞浜)及び舞浜スクールが活動を続けていたが、2005年3月に舞浜スクールが閉鎖され、替わってからはのインテリジェントジャンクション内の天然芝グラウンド(アメリカンフットボールチーム・の元練習場で、現在は所属のが使用)にて習志野スクールが活動している。 レディースの練習場については、「」を参照。 黄、 緑、 赤• 黄および緑はチームカラーであると共に千葉県の県花であるを表している。 ユニフォームに採用している 青は千葉県の象徴である海の色を表している。 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 富士電機 2007年 - 鎖骨 古河電工 2018年 - 1998年1月 - 10月、1999年、2002年、2005年は袖、 1998年 - 2001年、2003年 - 2004年は背中上部、 2001年 - 2002年4月は胸 (1998年1月 - 10月、1999年は「古河」表記) JR東日本 2018年 - 2009年4月 - 2018年は「」表記 1995年、2003年 - 2004年は袖、 1998年 - 2000年は胸 (表記は1995年は「」、 1998年 - 2002年、2005年は「JR東日本」) 背中上部 JRE MALL 2001年 - 2002年 2005年 2009年4月 - 背中下部 新昭和 2016年 - 袖 ZOZO TOWN 2018年5月 - パンツ PeRIe 2009年 -• 鎖骨スポンサーは古河電工が左、JR東日本が右。 背番号の書体(「JEF UNITED」のロゴと同一デザイン)は、Jリーグ加盟以来一度も変更されていない。 ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• 1992年:• 1993年 - 1996年:リーグ戦は、カップ戦はアシックス• 1997年 - 2006年:ミズノ• シニア向けや女性向けのスクールも開校されている。 かつてはや()の他、(NASPA、)と提携してスクールの運営も行っていた(後にNASPA自体が閉鎖)。 これは、ジェフがJリーグ発足当初、市原市を中心とし、JR東日本沿線の、、の各地域を広域的にネットワークする構想を持っていたことの名残りである。 また、スクールのデリバリー版として「サッカーおとどけ隊」が主に市原市、千葉市内の保育園・幼稚園・小学校・中学校などを範囲として訪問しており、等と提携した指導者向けの講習や、千葉市や周辺地域の指導者講習への講師派遣も行っている。 小学生年代 U-12 には前述の普及に主眼を置いたスクールの他にチームは持っていなかったが、より将来的にトップチームや世界の舞台で活躍する選手を育成することを目的とした「ジェフユナイテッド市原・千葉 エリートプログラムU-12 強化スクール」を開校し、セレクションを開始。 2017年10月には、よりジェフユナイテッド千葉U-12を正式に設立し、2018年度のU-10チームより活動を始めることが発表された。 ジュニアユース U-15 は市原市辰巳台地区と地区の2チームが存在したが、より統合されフクダ電子フィールド等を拠点とした1チームで活動している。 ユース U-18 はトップチームらと同様にやフクダ電子スクエア・フクダ電子フィールド等を拠点として活動を行っている。 2017年度より下級生などを中心としたBチームも高校生年代のリーグ戦に参入し、育成機会の増加を図っている。 下部・関連組織として、女子チームのがある。 ジェフLは当初()からジェフの下部組織として運営されており、レディースのU-18・U-15チームも活動している。 なお、セカンドチームとしてが活動していたが、を以て活動を終了した。 出身選手 [ ] 所属選手 メディア [ ]• で放送中の応援番組 -• で放送中の応援番組 - ジェフ1• かつて千葉テレビ放送で放送されていた応援番組 -• で放送中の応援番組 - ジェフユナイテッド市原・千葉Spirits~WIN BY ALL! ()- ジェフユナイテッド千葉が発刊するフリーペーパー。 発刊は不定期。 オフィシャルカメラマン - :第14回入り 決算 [ ] ジェフユナイテッド市原・千葉の決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 2,722 1,279 439 426 576 2,548 2,191 N. 357 174 -128 2006 2,887 1,316 564 366 641 2,652 2,489 1,436 263 135 86 2007 3,112 1,347 568 267 930 2,692 2,412 1,310 280 420 94 2008 3,564 1,324 595 252 1,394 3,173 2,859 1,612 315 391 -11 2009 2,683 1,432 605 219 427 3,036 2,602 1,552 434 -353 -638 2010 2,306 1,373 454 114 365 2,622 2,205 1,349 417 -316 -312 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 金額の単位: 百万円 人件費は事業費に含まれる。 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 2,422 1,622 368 108 44 280 2,200 1,003 162 216 35 36 748 222 46 2012 2,408 1,617 341 110 53 287 2,232 1,038 147 230 53 69 696 176 138 2013 2,330 1,515 353 100 55 307 2,217 994 146 262 73 66 676 113 97 2014 2,300 1,537 315 98 65 285 2,338 1,065 140 279 92 68 694 -38 -89 2015 2,504 1,641 360 93 64 346 2,387 1,045 153 243 85 71 790 117 31 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 、 、 、 、 金額の単位: 百万円 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 物販 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 物販 販売 利益 純利益 2016 2,556 1,659 333 93 64 173 234 2,435 899 157 374 89 76 160 680 121 57 2017 2,593 1,704 337 146 111 153 142 2,597 1,177 156 271 115 70 119 689 -4 -7 2018 2,893 1,994 332 146 114 145 162 2,778 1,272 168 334 115 64 116 709 115 63 2019 2,838 1,954 326 144 125 144 145 2,722 1,153 166 335 143 73 115 737 116 5 資産 [ ] 年度 総資産 総負債 純資産 資本金 2005 646 385 260 100 2006 751 404 347 100 2007 1,041 600 441 100 2008 992 562 430 100 2009 1,519 948 572 490 2010 1,483 1,224 259 490 2011 1,387 1,082 305 490 2012 1,361 919 442 490 2013 1,375 835 540 490 2014 1,313 863 450 490 2015 1,365 885 480 490 2016 1,558 1,020 538 490 2017 1,527 997 530 490 2018 1,836 1,243 593 490 2019 1,662 1,082 579 490• 2018年1月14日閲覧。 ジェフユナイテッド市原・千葉. 2017年6月29日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2020年5月29日閲覧。 ジェフユナイテッド市原・千葉 - より• LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! '04 ファイナルパーフェクトガイド』、2012年9月30日、153頁。 同書籍掲載、Jリーグクラブのプロフィール「ジェフユナイテッド市原」より。 2011年9月5日. 2014年6月1日閲覧。 ジェフユナイテッド市原・千葉. 2013年3月13日閲覧。 他会場での解説をしていたはこの逆転劇を聞いて「『 フクアリの奇跡』と呼んでもいい」と語っている。 ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト. 2014年7月1日. 2014年7月1日閲覧。 ゲキサカ 講談社. 2016年1月18日. 2016年1月19日閲覧。 Jリーグの公式登録上は監督であるが、千葉はあくまでも監督代行という意向を示している。 ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト. 2016年7月28日. (千葉日報)• (ゲキサカ)• ,Ltd, FromOne. サッカーキング. 2020年4月22日閲覧。 プレスリリース , ジェフユナイテッド市原・千葉, 2019年3月17日 , 2019年3月18日閲覧。 2019年3月17日. 2019年3月18日閲覧。 プレスリリース , ジェフユナイテッド千葉, 2004年12月4日 , 2018年1月14日閲覧。 プレスリリース , ジェフユナイテッド千葉, 2005年3月22日 , 2018年1月14日閲覧。 プレスリリース , 公式サイト, 2018年5月11日 , 2018年7月7日閲覧。 ではスポンサーとならなかったため、代わりに「JEF UNITED」のチームロゴを表示。 ジェフユナイテッド市原・千葉 2017年1月24日• ジェフユナイテッド市原・千葉 2017年10月9日• ジェフユナイテッド市原・千葉 2017年4月2日• ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト. 2014年6月24日. 2014年7月5日閲覧。 ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト. 2018年3月20日. 2018年3月21日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル•

次の

【レッスン】千葉バーディクラブ ジェフ山口(千葉)のゴルフ場予約、コースガイド【楽天GORA】

ジェフ 千葉 アカデミー

進路先 [2017年度]• ジェフユナイテッド市原・千葉U-13:1名• ジェフユナイテッド市原・千葉U-10:3名• ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-15:1名• その他 Jクラブジュニア・ジュニアユース:8名 [2018年度]• ジェフユナイテッド市原・千葉U-13:11名• ジェフユナイテッド市原・千葉U-11:1名• ジェフユナイテッド市原・千葉U-10:7名• その他 Jクラブ・ジュニアユース:2名 [2019年度]• ジェフユナイテッド市原・千葉U-13:8名• ジェフユナイテッド市原・千葉U-12:2名• ジェフユナイテッド市原・千葉U-10:5名• その他 Jクラブ・ジュニアユース:3名.

次の

【レッスン】千葉バーディクラブ ジェフ山口(千葉)のゴルフ場予約、コースガイド【楽天GORA】

ジェフ 千葉 アカデミー

レッスン行程 8:00までにチェックインを済ませて下さい。 最初はドライビングレンジで練習、スイングの撮影などしながら修正箇所を明確にします。 パターの練習の後いよいよ前半9ホールのスタートです。 指摘されたポイントに気をつけプレーしてみましょう。 コース内で再びビデオ撮影があります。 前半終了後は教室にて再びコースで撮影したビデオをチェック。 後半の課題をつくります。 後半の9ホールも修正箇所を意識しながらプレーしてみましょう。 コースでのスイング動画は皆様にairdrop iphoneのみ)またはLINEで送信いたします。 予約は1名から4名まで 予約受付は48時間前まで キャンセル料は頂きませんが必ず電話連絡を入れて下さい。 雨天決行ですがあまりひどい状況の時は事前に連絡をします。 緊急連絡先090ー3006ー1540 プロフィール Jeff Yamaguchi 16歳で単身渡米。 25歳でプロ転向しアメリカ各地のミニツアーを転戦。 1997年、デビッド・レッドベターに師事し日本人初の公認ティーチングプロになる。 帰国後はJeff Yamaguchi Golf Academyを開校し多くのトーナメントプレーヤーをコーチした。 数多くのゴルファーが門を叩き全国に1800名以上の生徒を抱えている。 2007年から3年間MLBボストンレッドソックスの通訳を務める。 2007年にはワールドシリーズ優勝も経験した。 2009年12月、全国にゴルフ場を所有する「ユニマット」と契約。 同社が2008年春にオープンした千葉バーディクラブを本拠地とする。 毎年、700名以上のゴルファーがレッスンを受講する。 ティーチング歴20年、数少ないバイリンガルゴルフインストラクターで豊富な知識と経験で高い人気を集めている。 趣味 剣道(五段).

次の