遺伝子 組み換え 食品。 遺伝子組換え食品

遺伝子組み換え食品とは?その危険性とデメリットに迫れ!

遺伝子 組み換え 食品

遺伝子組み換えではありません」という表示を見て、「これは安心!」と買い物をしていませんか?実は、その表示があっても遺伝子組み換え原料を使用した商品があるのです。 というのも、日本の現在の法律では、表示する必要のないもの(油や醤油など)や、含まれる量が5%未満であれば「遺伝子組み換えではありません」と表示することできるからなのです。 今まで安心だと思っていた食品にも、知らず知らずのうちに遺伝子組み換え原料が使われていた可能性が大きいのです。 一方、欧州連合(EU)ではすべての食品や飼料、さらに添加物までを対象に、遺伝子組み換えの表示基準を0. 9%と厳しくしています。 このため、日本で「遺伝子組み換えではありません」と表示された商品が、EU諸国に輸出され「遺伝子組み換えです」のシールを貼られて販売されていることがあります。 このような節穴だらけの表示基準では、遺伝子組み換え食品を避けたくても避けられないことから、遺伝子組み換え作物が混入しているかどうか、一般の消費者からの問い合わせが年々増えているそうです。 もちろんそんなことはマスコミなどは取り上げませんが・・・・・・ そんな中、遺伝子組み換え食品はどんなものに潜んでいるのか・・・・ご存知ですか?? 例えば、 トウモロコシ 海外産のトウモロコシはほぼCMO。 異性化糖 果糖ブドウ糖液糖 など書いているものはGMOトウモロコシで出来ています。 大豆 納豆も国産を謳いながらGMOが多い。 醤油も味噌も表示義務が無いので安心できる生産者から購入すべき 甜菜大根 砂糖、アステルパームなど さらには外国産小麦、綿、稲、じゃがいも・・・・・ 上記を餌として食べる、牛、豚、鶏などの家畜もしかり・・・・ また、GMO成長ホルモンを注入された酪農製品。 加工食品になればなるほどGMOのような安い食品が入りやすい。 日本で売られているスナック菓子はほぼGMO入りです。 多く含まれている可能性が高い食品 1、お弁当、お惣菜、出来合いのみそ汁、漬物、スナック菓子等。 2、ハンバーグ、ハムなどの食肉加工製品、かまぼこなどの魚肉ねり製品、プロテインパウダーなど。 3、脱脂大豆を主な原材料とするもの。 4、ミックス粉 ケーキミックス、天ぷら粉など。 6、コーンミールを主な原材料とするもの パンやケーキなど。 7、コーンフレークは、遺伝子組み換え義務表示の対象外。 8、とうもろこしをカットし、盛り合わせ野菜として販売されるもの、とうもろこしを乾燥して販売しているもの。 9、スナック菓子の詰め合わせ、菓子 ビスケットなど。 10、冷凍フレンチフライドポテト、冷凍マッシュポテト、乾燥マッシュポテトの素等。 11、乾燥マッシュポテトを使用したベビーフード、ばれいしょでん粉を使用した食品、弁当、惣菜等。 12、ポテトサラダとして販売されるもの、真空パックの焼きいも。 13、アルファルファスプラウト もやし のほか、アルファルファを乾燥させて茶にしたもの。 14、てん菜を調理した、てんぷら、チップス等。 てん菜を原材料として製造される砂糖については、遺伝子組み換え義務表示の対象外。 15、パパイヤ類 パパイヤ缶詰、漬物、乾燥パパイヤ、ジャム、ピューレ、ジュース、シャーベット、パパイヤ茶 葉を含む など。 16、マヨネーズ、マーガリン、揚げ油、ショートニング ケーキ類、お菓子等。 遺伝子組み換えトウモロコシを使用した油についても、遺伝子組み換え義務表示の対象外。 まだまだ挙げればきりがありませんが、こうしてみてみると、外食のものや工場で作られて売られているものは遺伝子組み換えのものを使われている可能性がとても高いです。 遺伝子組み換え作物が商業的に栽培されてから、まだ10年。 この技術が私たちの健康に長期的にどのような影響を与えるのかは、科学的にわかっていません。 最近のアスベスト被害のように、数10年経ってから被害が明らかになったのでは遅すぎます。 ヨーロッパで一般的な「疑わしいものは許可しない」という『予防原則』の考え方が日本でも求められています。 みなさんもこの「遺伝子組み換え食品」から波及するものは「経済」や「飢餓」「テロ」「戦争」「災害」「自然破壊」にも繋がると認識して、食の裏に潜む大きな流れを把握できるようにしておきましょう。 大豆 納豆も国産を謳いながらGMOが多い。 醤油も味噌も表示義務が無いので安心できる生産者から購入すべき 甜菜大根 砂糖、アステルパームなど さらには外国産小麦、綿、稲、じゃがいも・・・・・ 上記を餌として食べる、牛、豚、鶏などの家畜もしかり・・・・ また、GMO成長ホルモンを注入された酪農製品。 加工食品になればなるほどGMOのような安い食品が入りやすい。 日本で売られているスナック菓子はほぼGMO入りです。 多く含まれている可能性が高い食品 1、お弁当、お惣菜、出来合いのみそ汁、漬物、スナック菓子等。 2、ハンバーグ、ハムなどの食肉加工製品、かまぼこなどの魚肉ねり製品、プロテインパウダーなど。 3、脱脂大豆を主な原材料とするもの。 4、ミックス粉 ケーキミックス、天ぷら粉など。 6、コーンミールを主な原材料とするもの パンやケーキなど。 7、コーンフレークは、遺伝子組み換え義務表示の対象外。 8、とうもろこしをカットし、盛り合わせ野菜として販売されるもの、とうもろこしを乾燥して販売しているもの。 9、スナック菓子の詰め合わせ、菓子 ビスケットなど。 10、冷凍フレンチフライドポテト、冷凍マッシュポテト、乾燥マッシュポテトの素等。 11、乾燥マッシュポテトを使用したベビーフード、ばれいしょでん粉を使用した食品、弁当、惣菜等。 12、ポテトサラダとして販売されるもの、真空パックの焼きいも。 13、アルファルファスプラウト もやし のほか、アルファルファを乾燥させて茶にしたもの。 14、てん菜を調理した、てんぷら、チップス等。 てん菜を原材料として製造される砂糖については、遺伝子組み換え義務表示の対象外。 15、パパイヤ類 パパイヤ缶詰、漬物、乾燥パパイヤ、ジャム、ピューレ、ジュース、シャーベット、パパイヤ茶 葉を含む など。 16、マヨネーズ、マーガリン、揚げ油、ショートニング ケーキ類、お菓子等。 遺伝子組み換えトウモロコシを使用した油についても、遺伝子組み換え義務表示の対象外。 まだまだ挙げればきりがありませんが、こうしてみてみると、外食のものや工場で作られて売られているものは遺伝子組み換えのものを使われている可能性がとても高いです。 遺伝子組み換え作物が商業的に栽培されてから、まだ10年。 この技術が私たちの健康に長期的にどのような影響を与えるのかは、科学的にわかっていません。 最近のアスベスト被害のように、数10年経ってから被害が明らかになったのでは遅すぎます。 ヨーロッパで一般的な「疑わしいものは許可しない」という『予防原則』の考え方が日本でも求められています。 みなさんもこの「遺伝子組み換え食品」から波及するものは「経済」や「飢餓」「テロ」「戦争」「災害」「自然破壊」にも繋がると認識して、食の裏に潜む大きな流れを把握できるようにしておきましょう。

次の

遺伝子組換え食品に関する事項|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

遺伝子 組み換え 食品

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 例えば病気にかかりやいサケがいたとして病気に強い生物の遺伝子を配合して注入すると 病気に強いサケができるわけなのです。 オスのマウスでは皮膚に巨大な腫瘍が発生し、肝臓や消化管に異常が発生しています。 そして、メスでは2年後に 50%〜80%の確率で癌が発生していたとのことです。 この実験を行ったのはフランスのカーン大学であり、フランスの専門誌に論文として発表され、 フランス政府はこれを受けて保健衛生当局に調査を要請しています。 さらに実験結果では、遺伝子組み換え作物を食べ続けたマウスは 早死にすることが多いことも確認されています。 つまり遺伝子組み換えの食物は遺伝子に支障をきたす恐れがあるのです。 さらにその作物を他の生物が食べていることもあり間接的に他の生物や私が 遺伝子組み換え食物を食べていることにいます。 体長が従来の2倍、重さは8倍もあります。 米国マサチューセッツ州に本社があるバイオテクノロジー企業、アクアバウンティ・テクノロジーズ(AquaBounty Technologies)が開発したもの。 制作者側は一日でも早く市場で出したいみたいだがアメリカ政府 FDA は販売を慎重に検討しているようです。 遺伝子組み換え食物は許可されているが遺伝子組み換え動物は許可されていません。 通常のものと明らかに成長過程が違うので食べたらどんな悪影響を及ぼすかわかりません。 サケの需要の高まりに対応できる• 天然サケの乱獲の防止に繋がる• そうすると、巨大怪物サケの第二世代が生まれます。 確実に生態系に悪影響を及ぼし、 奇形や疾病などに現れてくるでしょう。 もし認可されたら表示義務なし スーパーに巨大なサケがもし大きくいたら消費者は驚いてしまいますが、 切り身になっていたらお手上げです。 しかも作り手側は成分は天然のサケと一緒だと主張しているので もしスーパーに出ても遺伝仕組み変えと表示する義務はありません。 2013年11月に米国ではすでに市場に出た模様。 恐ろしいことです。 3.羽がないにわとり 出典: 首に羽が生えていない鶏との品種改良の結果、生み出されたこの鶏。 鶏の成育に向かない熱い国での飼育と、 加工の際に羽の除去にかかるコストを予めカットするということにコンセプトとした結果、このような姿になりました。 羽が無いことで「羽ばたいて体のバランスをとることができない」「交尾に影響する」 「寄生虫、皮膚病、蚊、温度変化、日焼けなどに対処できない」と主張しています。 食べたくないです。 遺伝子組み換え乳牛が出すミルクは人間の母乳よりも味が強く、甘いといいます。 北京郊外の試験農場には現在、そうした遺伝子組み換え乳牛が300頭おり、毎週子牛も生まれています。 3年以内には商品化をすると進められています。 作っている会社は安全と述べています。 私的にはとても飲みたくないです。 また、その品種改良された牛を食べてなにか 変なことがおきないか心配です。 とても正気とは思えません。 農薬の使用を抑制するため、このキャベツをイモムシが一口でも食べようものなら 即座に死に至るという世にも恐ろしいキャベツ。 そんなものを人用に出していいわけがないはずですが、 開発者いわく遺伝子組み込みの課程で人間には無害となるよう工夫されているとのこと。 販売されず永遠の闇にしてほしいものです。 7.見習うべきヨーロッパ ヨーロッパは基本的に遺伝子組み換えに全面的に反対しています。 国民の健康と農業と平和を守る。 日本は遺伝子組み換えを正当化しているのでほんとうに辛いことです。 以下リンク参照 出典: 日本もこの姿勢を見習ってほしいものです。

次の

「遺伝子組み換え」の安全性とは? なぜ賛否両論を巻き起こしているのか

遺伝子 組み換え 食品

結論からいうと、安全性に関して 白黒はっきりしていません。 遺伝子組み換え技術は開発されてからまだ20年ほどの新しい技術で、いろいろな意見があります。 そこで、日本だけでなく世界にも目を向けてみました。 遺伝子組み換え作物 世界の歴史 1994年 アメリカではじめて遺伝子組み換えのトマトが栽培される。 1996年 日本に遺伝子組み換え作物が初めて輸入される。 2005~ 2009年 アルゼンチン 遺伝子組み換え作物が栽培されている地域で、癌性の腫瘍が全体平均の2倍に。 アルゼンチンの3万人以上の医師、医療専門家がラウンドアップの禁止を政府に求める。 2015年 世界保健機関(WHO)の専門組織の国際がん研究機関(IARC)がラウンドアップの主成分である「グリホサート」に発がん性の懸念があると発表。 2015年 19か国が遺伝子組み換え品種の流通を禁止。 2016年 ロシアで遺伝子組み換え食品の輸入と栽培を禁止。 2018年 米国サンフランシスコ州の裁判所がモンサント社に2億8900万ドル(約320億円)の賠償命令。 (除草剤ラウンドアップによって喉に悪性リンパ種を患った男性がモンサントに対して損害賠償を請求していた。 ) 2019年 遺伝子組み換え食品の第2世といわれる「ゲノム編集食品」が解禁される。 2023年 日本で「遺伝子組み換えでない」の表示基準が変わる予定。 米国環境医学会(AAEM)は遺伝子組み換え食品についての警告を発表しています。 人間の身体では実験がされてないため、安全なのか、食べ続けたらどのような影響があるのかは分かりません。 わたしたち日本人が遺伝子組み換え食品を食べて続けていることが、人体実験だともいえます。 まとめ 遺伝子組み換え食品は安全なのか、まだ分かっていません。 現代の科学技術では未解明な部分も多いです。 そのため、遺伝子組み換え食品については賛否両論あります。 ただ、個人的には、これからどうなるのか分からないもの、もしかしたら数年後、数十年後にはとても危険なものであったことが判明してもおかしくないものを、自分を含め大切な人には食べてほしくないと思っています。 参考文献 ・サステナブル・ブランド・ジャパン ・イタリアの有機農産物の現状調査 ・イタリアの有機農業、そして地域社会農業 ・ハンギョレ新聞 ・「オーガニック後進国」日本の残念すぎる事実 東洋経済オンライン 参考書籍 ・UNSTOPPABLE あきらめない 愛する子どもの「健康」を取り戻し、アメリカの「食」を動かした母親たちの軌跡 著:ゼン・ハニーカット 訳:松田紗奈 ・安全な食材は自分でえらぶ 今すぐできるかしこい見分けかた 著:野本健司.

次の