羅生門 主題。 kojiん的な見解: 「羅生門」とはどんな小説か 2 -教材としての価値、「主題」を設定する必要性

電影《羅生門》與 小說《竹林中》的敘事改編比較

羅生門 主題

作者 2010. 14 誰是兇手?那並不重要,重要是:那裡有軟弱,那裡就有謊言! 《羅生門》是因為日本名導演黑澤明在1950年拍攝了一部轟動國際的電影《羅生門》而聞名,電影《羅生門》是改編自芥川龍之介的寫於1921年的短篇小說《在竹林中》。 羅生門其實是日文「羅城門」,原來是「京城門」,是第七世紀日本皇都平城京及平安京的城都正門。 至皇室衰落,天災內亂使皇都淪為廢城,城內滿目瘡痍、渺無人跡一如死域,孤立在荒郊野外,成為山狐野狼的棲身處。 不單盜賊出沒,更是屍骸處處,太多沒人認領的屍首被隨意拋棄在城樓中。 每當夜幕低垂,萬籟俱寂,狼嚎鴉啼更顯陰森可怖。 離奇在,竟有三個人爭認兇手。 有三人避雨在羅生門下,他們是樵夫、僧侶和路人。 他們就在這羅生門下,談論這椿離奇兇案:這案情包含了強姦、偷竊和兇殺。 在何種情況下人會不惜性命寧願承認自己是兇手?有什麼比承認自己是兇手來得更重要?為了維護誰保護誰?隱密地不讓人發覺、又或是自己恐懼面對的?有什麼比死更難受? 在《羅生門》兇案中,所有事實都是通過樵夫或僧人轉述,也必然經過過濾,他說那妻子狡猾;兩個男人是無膽匪類、是欺侮女人的懦夫。 在現代人而言,暴行、殺戮、凌辱這些事情無日無之,明顯是道德的嚴重墮落。 而最可悲的,就是人際關係間最重要的基石-「誠信」的瓦解。 強盜說:「人是我殺的!」 強盜多囊丸供述,他是因為一時的喪失理智,搶奪武士妻和殺了武士,他以狂笑的態度刻意表現自己的狂放不羈,來加強自己那梟雄的風範。 他以能征服女人為榮,要令女人戀慕才是硬漢是強者,所以他才是英雄。 武士之妻說:「人是我殺的!」 武士之妻真紗的證詞充滿溫和、平靜但哀怨的情感,她用了淚水控訴強盜逼姦,和事後丈夫無情的鄙視,她強調寧願死也不願被丈夫如此鄙視,出於羞憤,她殺了丈夫。 她以依附男人來生存、對自己命運無法掌控這份無奈,是楚楚可憐的受害者。 「像我這樣一個可憐無助的女人能怎麼辦?」 死人出來說:「是我自殺的!」 武士藉由靈媒作證,他控訴妻子的不貞,使他無地自容,惟有以死雪恥,以匕首自殺告終。 「正是為了她的背叛行為,我現在才在陰府中。 」他充分表現武士的精神和自重;塑造他的清高與頂天立地的剛直的形象。 男子漢、烈女、死人的鬼魂;各執一詞,到底真相如何? 真相是:每個人都努力地扮演屬於自己的角色,與所屬地位的階層有相符的表現,更兼具公認必備的美德。 真紗要表現為一個妻子應有的忠貞,竭盡全力抵抗凌辱;甚至不惜自盡。 丈夫以作為武士所必須有的合乎楷模的高尚的舉止,為妻子帶給他的羞辱,平靜地剖腹自殺。 強盜卻是浪漫而英勇,難得有情有義,他真心愛真紗,肯為所愛不惜與與武士決鬭,他才是真正的英雄。 三個人的證供最大的重點是在於面子,關乎名譽、貞節和義勇的形象。 樵夫說出強盜的確曾想擁有那女人,卻因女人之夫厭棄她那被糟蹋過,強盜因此也遺棄她。 女人羞辱悲憤下為求自保,用言語挑起兩人競爭「誰才是強者」,兩個男人就打鬥,最後強盜殺了武士。 其實樵夫也沒有說出全部事實的真相。 可是,那靈媒最後的話終於使他受不了,當靈媒再開口說話:「……有人似乎在悄悄地走近,抓住匕首並把它拔了出來,那是誰?」 樵夫按捺不住了:「那武士的話是假的,他身上沒有匕首,他是被刀砍死的。 」那樵夫對事件明顯地全知情。 「那麼你為什麼不告訴官差呢?」路人懷疑地問樵夫,「因為我不願被牽扯其中。 」 《羅生門》從不同的角度看人性的優劣,而善惡是非之間的選擇其實只差一線,除非人能誠實的面對自己,不然必因要隱藏自己軟弱,而使自己陷入邪惡甚至萬劫不復不歸路中。 怒氣沖沖咆吼:「我沒有撒謊,我告訴你我沒有撒謊。 」 僧人也說:「如果人與人不能互相信任……」他沒說出結論,但好像也不大信。 正在鬧得不可開交時,外頭的滂沱大雨中,忽然傳來嬰兒的哭聲。 三人循哭聲的來源分頭去找;路人第一個找到,當僧人和樵夫相繼到達時,路人正在脫嬰兒的衣服。 僧人搶著抱過嬰兒,樵夫也走前去推開路人。 但路人卻嬉皮笑臉一派玩世不恭的狡辯:「如果我不做,總會有人做,而且我並不算壞,只是偷衫,相對於這棄嬰的無情父母是良善多了……而且,自私是人要活下去的必需態度。 」 這番話激怒了樵夫,他怒責路人和那強盜武士是一丘之貉,更一躍而起掐著路人的喉嚨扭打到外面雨中。 終於路人大聲喊出樵夫的謊話瞞不過他,樵夫立時像鬬敗公雞被擊垮了;僧人正抱著嬰兒,路人指出樵夫偷了那把匕首:「賊喊捉賊!你還有話可說嗎?」然後大笑地走了。 嬰兒哭了起來。 雨似乎停了﹔樵夫走近僧人,想把那嬰兒抱過來。 僧人強烈地拒絕:「住手!你想剝他的衣服?」樵夫屈辱地默默搖頭說:「我自己有六個孩子,多一個也沒有甚麼嘛,對嗎?」 僧人為對他的誤解道歉,他也承認對其他人的行為是懷疑的,也因此他自覺羞恥。 但此刻他卻心存感恩,因樵夫願意收養那嬰兒,這個無私的行為,使僧人恢復了對人的信心。 當雨過天晴,新一天的陽光開始照耀在羅生門時,樵夫溫柔地抱著嬰兒走遠了。 女人同時被兩個男人拋棄,覺得自己很沒面子,挑撥武士和強盜決鬥,卻說自己是個貞潔烈婦,被強暴後,企圖自殺。 武士和強盜怕死怕得要命,劍法慘不忍睹,後來強盜一時僥倖,殺了武士。 卻說他見義勇為與武士比劍,才贏得美人芳心。 武士也透過靈媒說是因為被妻子背叛,為了武士尊嚴壯烈才切腹自殺。 經歷同樣的一件事,每個人嘴裡說出來的事實卻都不一樣! 於是「羅生門」就變成「各說各話」的代名詞。 這各說各話之中,都會有部份真實、部份謊言。 人說謊,都是為了捍衛某些東西:可能為了面子、為了貪圖利益,而間歇性對自己不利失憶,選擇性的記取對自己有利的,這就是所謂「策略性防衛機制」。 「哪裡有軟弱,哪裡就有謊言!」 盜賊的軟弱是「懦弱」,為了證明自己是「強者」而說謊! 女人的軟弱是「放蕩」,為了證明自己是「貞節」而說謊! 武士的軟弱是「羞恥」,為了維持自己的「名譽」而說謊! 樵夫的軟弱是「貪婪」,為了隱瞞自己的「貪婪」而說謊! 「羅生門」的真相被扭曲、被模糊,但更重要的是,不管是強盜、武士、武士妻或樵夫,都是弱者,各自為掩蓋自己的弱點來編造謊言。 而「羅生門」的內容,就是描述沒有掩飾就活不下去的人;甚至描繪人去世後,還無法放棄掩飾。 這是一部將人類與生俱來的罪惡、也是人類無法克服的天性、利己主義的心理,清楚展現出來的電影。 」 然而,當人透過他人的錯失,如一面鏡子映照中去審視自己的本相,才能看到真正的自己,惟有肯定睛正視自己,面對自己的陰暗面,才是救贖之始。 最後樵夫的良心發現,內心光明戰勝黑暗,終救贖自己走出虛謊,也使信任重建。 作者介紹:張吳國儀女士 Ms. www. infeelministry. com, victoriaky88 hotmail. com about 【延伸閱讀】:.

次の

芥川龍之介『羅生門』:構成および主題

羅生門 主題

『羅生門』は、の作品です。 1915年、大正4年、11月号の「帝国文学」にて発表されました。 なお、『羅城門』ではありません、『羅生門』です。 ちなみに羅城門も羅生門も同じもので、京都の京都府京都市南区唐橋羅城門町に今も碑が残っている、実在の門です。 平城京を貫く朱雀大路の南に位置するメインの門で北方の朱雀門と対になっています。 本作は1915年の作品で、今から実に100年も前に書かれた小説なのですね。 氏が23歳の時にこの小説は発表されました。 おそらくは誰もがタイトルくらいは知っている、芥川龍之介の代表作、出世作……なのですが、同人誌「新思潮」に発表された当時は何ということもない同人誌作品の一つでした。 古典をベースにした作品で、『今昔物語』の巻二十九「羅城門登上層見死人盗人語」を主体とし、挿話として巻三十一「太刀帶陣賣魚嫗語」も盛り込まれております。 国語の教科書に載る純文学の代表的な作品なので、読まれた方もいらっしゃるでしょう。 確か読んだはずだけど、どんな話だったっけ、という方もいらっしゃるでしょう。 ということで、いつものようにあらすじを。 スポンサーリンク 羅生門のあらすじ 朱雀大路の羅生門という門の下で雨宿りしていた、とある下人の話です。 下人というのは、私的な奴隷みたいなもので、まあ小間使いというか手下というか、そういう人のことです。 この2、3年、地震やら台風やら火事やらで京都はエライことになっておりまして、さびれにさびれて、仏像仏具は打ち砕かれてその端切れが売られたりするような無法状態となっておりました。 ついには、泥棒が住みついたり、死体の捨て場として扱われたりと、まあ羅生門はひどいことになっていたのです。 そんな羅生門で下人は雨宿りをしているのですが、下人は数日前に主人から暇を出されており、これといってどこに行くあてもないのです。 それどころか、明日どうやって生き延びるかさえ見ていないのです。 このままだと飢え死にしてしまうので、これはもう盗人になるより他ない、というところまで追いつめられております。 もはやそうするしかないのですが、そうしようという勇気がついぞ出ないのです。 夕暮れの京都は寒さがきつく、とにもかくにも羅生門の楼のところで雨風をしのいで今日は眠ろうかと思うわけです。 誰かいるとしても、まあそこには打ち捨てられた死体くらいしかないわけですから、まあ気味は悪いが安全ではあるわけですね。 しかし、梯子をあがって中を覗き込むと、誰かがひとり火を灯してごそごそ動いているのが見えたのであります。 楼の中には、噂の通り、死体がごろごろ転がっていたのですが、その死骸の中に、背の低いやせた白髪頭の老婆がうずくまっていたのです。 老婆は右手に火のついた松の木切れを持って、死体の髪の毛を一本ずつ抜いているのです。 恐怖していた下人は、はじめ恐怖していましたが、徐々にそれが怒りに変わって行くのです。 先ほどこの先はもう盗人になるしかないと思っていた下人も、盗みを前にして、怒りに打ち震えるのです。 下人は腰の太刀に手を掛け、老婆の元へと、どんと歩み寄ります。 当然驚いた老婆は、逃げようとするのですが、まあ男と老婆ですから、適うはずもありません。 「さあ貴様、何をしていた」と下人は問い詰めます。 老婆はおそれおののき、黙りこくっております。 下人はその姿を見ていると、この老婆の生死を今完全に自分が握っているのだということを思い知ります。 老婆は口を開きます。 「髪を抜いて、かつらにしようと思った」のだと。 その返答を聞くと、下人の心に何やら冷やかな侮蔑が流れ込んできました。 それを察した老婆はさらに続けてこう言います。 死人の髪の毛を抜くことは悪いことかもしれんけど、ここの死体はどいつもこいつもロクなやつらじゃない。 この死体の女は、蛇を切って干したのを魚だというて売っておった。 それが悪いこととはおもわん。 そうしなければ、餓死するしかなかったんやろう。 ワシが今この女の髪を抜くのも、同じ事じゃ。 こうせねば、死ぬしかない。 この女はそれをよくわかってくれるはずで、きっと自分がしたことを大目に見てくれるだろうと。 下人は、ここでひとつの勇気を持ちます。 「ならば、俺が貴様の着物を剥いでも恨まないな。 俺もこうしなければ、餓死してしまうのだからな。 」 老婆の着物をはぎ取り、死骸の上へと下人は老婆を蹴り倒し、梯子を下りて夜の闇へと消えました。 下人の行方は、誰も知りません。 『羅生門』の感想と解説 人間のエゴイズムを描いた傑作 というわけで、『羅生門』という物語は、要は下人が盗人を決意するまでの物語なわけです。 本作『羅生門』、一般的にはエゴイズムをテーマにした作品とされています。 毛を抜く老婆もエゴ。 老婆の着物を剥いだ下人もエゴ。 善悪を越えて、エゴとは何やらドロドロしていて、おもしろいものですね。 で、何故に下人は盗人を決意するのか。 その心情の移り変わりとは、いかなるものだったのでしょうか。 ニキビを巡る、解釈めいたこと そこで、ニキビに着目してみましょう。 『羅生門』では、ニキビの話が全部で4回出てきます。 下人の右のほっぺたにニキビが出来ているのですね。 まずは、夕暮れ雨がやむのを待っていた時です。 下人は七段ある石段の一番上の段に、洗いざらした紺の襖の尻を据えて、右の頬に出来た、おおきな面皰を気にしながら、ぼんやり、雨のふるのを眺めていた。 面皰がニキビです。 難しい漢字ですね。 まあ、ニキビを気にしていると。 その次は、楼へと続く梯子をあがっている最中です。 羅生門の楼の上へ出る、幅の広い梯子の中段に、一人の男が、猫のように身をちぢめて、息を殺しながら、上の容子を窺っていた。 楼の上からさす火の光が、かすかに、その男の右の頬をぬらしている。 短い鬚の中に、赤く膿を持った面皰のある頬である。 ニキビのある顔を火の光にさらしていると。 さらに、老婆の告白を聞いている時のこと。 下人は、太刀を鞘におさめて、その太刀の柄を左の手でおさえながら、冷然として、この話を聞いていた。 勿論、右の手では、赤く頬に膿を持った大きな面皰を気にしながら、聞いているのである。 そして、老婆の着物を奪う瞬間。 一足前へ出ると、不意に右の手を面皰から離して、老婆の襟上をつかみながら、噛みつくようにこう云った。 さて、男のほっぺにニキビがあろうとなかろうとこの物語は成立するはずですが、芥川龍之介はあえてニキビをこの下人に与えています。 そしてこの羅生門はニキビからの精神的脱却に至るまでの小説なのです。 ニキビは、若者の象徴ですね。 下人は若いのでしょう、青いのでしょう。 明日、死ぬという状況に追いこまれているはずなのに、ニキビなんぞを気にしているのです。 彼は、悪たるもの、すなわち盗人の老婆に出会います。 そして、明日死ぬかもしれないというのに悪事を働く老婆に、やいやい、貴様何をしていると出ていくわけです。 そして、老婆から着物を奪い去る時、盗人の勇気を持つ時、ついに面皰から手を離すのです。 悪事を目にし、生き抜くことの正体を下人は知り、彼は悪事を働き、生きることを選びます。 善と悪というのは、案外混沌としているものです。 蛇を売っていた女ですが、彼女の干魚は味が良いと結構評判だったようですし。 善か悪かというのはもはや物事の捉え方に過ぎません。 善か悪か、ではなく、生か死かを問われていたことに下人はようやく至るのですね。 大人になるということ、精神的な成長をしたということかもしれません。 ということで、彼は最後に自分のニキビからついに手を放すのです。 まあ、なかなかわかりやすい仕掛けが本作には施されているわけですね。 とは言うものの、悪事を働いてでも生きることが正しいのか。 とは言え、悪事を働かずに飢え死にすることが正しいのか……。 どうなんでしょうね。 とかく、人の心というのは善やら悪やらをふわふわ漂っているというわけです。 まあ、そのあたりをテーマにしたら、読書感想文もすらすら書けますね。 失恋が書かせた『羅生門』 時期的に直前に書かれた『』や『』とはその迫力、描く視点の冷たさ深さは正直なところ、比ではありません。 この辺りの精神的な変化というのは、この執筆当時に芥川龍之介が幼馴染の吉田弥生さんとの恋が成就しなかったことに影響されていると言われています。 この失恋が芥川龍之介を大きく成長させたのでしょう。 恋とはまさしく人間のエゴとエゴのシーソーゲームでして、当人同士のエゴとエゴのみならず、この恋は両者の御家柄、また新原家に生まれた龍之介が芥川家に移った経緯なんかも絡み合い、親のエゴにも相当翻弄されました。 善でもなく悪でもなく、あれもエゴ、これもエゴ。 その辺の背景を知ると、ますます若さを捨てて生きていく強さなのか弱さなのか諦めなのか、そうした芥川の心情に迫れるかもしれません。 いずれにせよ、このような永遠の命題を芥川龍之介の『羅生門』は与えてくれます。 ぜひご一読あれ。 『羅生門』のラストに関する余談 本作『羅生門』、何回か書き直されておりまして、最終稿の段階で、 短い白髪を倒にして、門の下を覗きこんだ。 外には、ただ、黒洞々たる夜があるばかりである。 下人の行方は、誰も知らない。 というのが加えられております。 最初はただ下人が逃げて終わりだったのですが、下人の行方はだれも知らない、と加えられたのです。 なぜわざわざこの一文を加えたのか。 読む者の感情としては、この下人というのがどうも自分の心根の奥の方へ逃げ込んだ気がしてしまいますし、老婆が覗き込んだのも、どうも自分の心の奥を見られているような気がします(私だけ?)。 というところで非常に効果的なように感じられますが、まあ、人によっては蛇足と思うかもしれませんね。 感想の分かれる難しいところかと思います。 映画化された『羅生門』 最後に。 ご存知かと思いますが『羅生門』は1950年にかの黒澤明監督の手によって映画化されております。 こちらは『羅生門』と『』が混ざったような一作になっており、どうも最初は日本国内では評判が良くなかったらしいですが、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞、アカデミー賞名誉賞受賞と海外で評価され、後に日本でも評価されるようになったそうですよ。

次の

羅生門 (電影)

羅生門 主題

影片以戰亂、天災、疾病連綿不斷的日本平安朝代為背景,僧人,樵夫,乞丐在羅生門下避雨,樵夫講了駭人聽聞的怪事,他在叢林發現死去的武士,公堂上被控謀殺的強盜、借武士亡魂來作證的巫師、真砂(武士的妻子)都以自我利益為中心,美化了供詞。 乞丐也抖出樵夫的供詞也是假,樵夫除了發現死亡的武士,還拿走值錢的匕首。 電影的最後樵夫決定收養羅生門下的棄嬰,雨過天晴後他抱著孩子離開了,彷彿讓人在黑暗中看到了希望和真善美。 電影的場景非常少,一共就羅生門,竹林,官府,河邊。 88分鐘的電影,重複出現的場景,不同人的敘述,在黑澤明精細的安排下,去掉了重複感,賦予每個人不一樣的鏡頭視感。 無論是故事展現、敘述,燈光處理等,《羅生門》都毫不遜色現代大片,帶給我們不一樣的視覺感受的同時帶給我們很多的思考。 竹林中的故事就像羅生門事件般不知真假,電影最後也無法判定誰是殺人兇手,羅生門剛好符合的電影故事語意。 國民情緒低落,生活壓力越來越大,電影成為了人類生存的心靈寄託。 1949年迎來電影新思潮,大量藝術電影湧現,《羅生門》就在這時候誕生,寓意對戰爭的摒棄諷刺,人性自我救贖變化回歸的希望。 在7歲時,在父親的影響下接觸電影。 初中畢業後,以繪畫為生,因收入單薄生活艱難,再加上哥哥自殺,作為家裡頂樑柱的他擔起了養家的責任,進入電影領域,拜山本嘉次郎導演為師,為其第一副導演,自此積累豐富的電影拍攝經驗,1943年開始獨立執導處女作《姿三四郎》,被業界關注,緊接著爆發第一部代表作《羅生門》,開始他的成名路。 黑澤明經歷生命中標誌性的記憶或創傷,1923年大地震和兩次世界大戰接連毀滅的故鄉東京,悲情的生活,工作被影視界壓制的經歷使他大多數電影充滿悲觀的元素,後來成家兒女雙全,電影創作也慢慢得到新的融資,使他的性格更為平和樂觀些,電影《羅生門》最後樵夫收養棄嬰人性的回歸就是作者內心最真實的映射。 02 表現手法:錯綜複雜的蒙太奇手法,展示人們彷徨於心靈之谷的困惑 蒙太奇手法,簡而言之就是電影將畫面聲音剪輯拼貼合成的技巧,每個不同寓意的鏡頭組合連接,形成新的寓意,以推動影片氛圍和情緒,升華影片內涵,製造情節衝突,塑造人物形象等。 黑澤明在《羅生門》中使用蒙太奇技巧幹凈利落,視覺形象十分生動,加強了影片的節奏感,是影片更有藝術渲染力。 黑澤明以此引起懸念,製造緊張氣氛,加強矛盾衝突的尖銳性。 《羅生門》是一部犯罪懸疑片,武士死在了樹林里,我們從在羅生門下樵夫和乞丐所說的故事一點一點的將事件還原。 影片大面積的使用了交叉蒙太奇,製造了故事懸疑感,引發大眾的好奇心。 整個影片,同一件事情,同一個的時間、背景、環境下,樵夫、武士、武士的妻子、強盜陳訴的畫面都不同,影片的最終呈現也自然有鏈接性,更讓人猜不透武士的死因,故事愈發顯得撲朔迷離。 不同角度的敘述,講故事還原,這種拍攝手法在一定程度上,帶給觀眾想像和思考的餘地會更寬泛,真相是什麼也將被掩藏,最終答案由觀眾去評判和定義。 心理蒙太奇通過鏡頭組接或音畫有機結合,直接而生動地展示出人物的心理活動、精神狀態。 表現人物的閃念、回憶、夢境、幻覺、想像、遐想、思索甚至潛意識的活動。 《羅生門》通過人物回憶呈現畫面鏡頭組接或聲畫,形象生動地展示出人物的內心世界,不同人物的回憶畫面在剪接技巧上交叉穿插,節奏的跳躍性比較強,其中聲畫形象帶有劇中人強烈的主觀性。 樵夫的回憶隱藏了自己拿掉死亡武士上的珍珠匕首,掩飾自己的罪行;武士的妻子為保住貞節,聲稱對丈夫的忠貞,要自殺的行徑,並未陳訴她激起丈夫和強盜的決鬥的事;武士對妻子遭遇鄙夷,作為武士秉承精神,不願苟活而非被他殺;強盜更是以戰勝武士和奪走他人妻子為榮,塑造自己英勇有責任感。 不一樣的人物鏡像中,把不同人內心潛意識所在乎的東西展示的一覽無遺,性格鮮明對比強烈,是這部影片的一大重要看點。 《羅生門》中,我們可以看到各種各樣的象徵,殘破的城門、神秘的樹林、連綿不斷的大雨、用來取暖的火堆、游移不定的兇殺。 門代表著講故事的現在,是樵夫、僧人和乞丐在下著大雨的門下討論兇殺案的當下,也是決定將要迎接未來的現在。 樹林代表著過去,是武士、強盜和武士的妻子發生戰鬥的場地,它充滿著暴力,欺騙,虛假。 滂沱大雨象徵著社會的動蕩不安,不可控制的天災。 渲染羅生門下的悲慘生活現狀,人們的生存環境的不得已苦衷。 《羅生門》多層次的蒙太奇敘述,虛實的質感讓電影更有感染力,看的過程中情緒不自覺的跟著電影起伏,情節中矛盾的衝突這也是這部影片被稱為經典的原因。 03 鏡頭語言:人物鏡頭的把控,做到無聲勝有聲 在電影中,黑澤明對鏡頭語言要求非常苛刻的。 拍攝《羅生門》時他利用了很多人物特寫,長鏡頭,光陰明暗表現手法,使影片中幾乎所有的畫面構圖都近乎完美,即使是在運動中,也毫無違和感。 使片中的人物命運撲朔迷離,又極富西方戲劇風格。 除此之外,影片中多處的特寫鏡頭還有很多,在強盜看到武士的妻子容貌時,內心慾望激起的情感衝動充滿眼球;武士的妻子被侵佔及武士嫌棄她時的表情,生不如死的痛苦;樵夫被揭穿謊言時等獃滯猙獰的表情等,畫面感情緒傳達都通過人物特寫表達了出來,反應人心的善惡美醜和七情六慾,自然的強化了人物性格特徵。 長鏡頭並沒有絕對的標準,是相對而言較長的單一鏡頭,通常用來表達導演的特定構想和審美情趣。 在糾察便署審判武士死亡案時,樵夫、僧人、強盜、武士妻子、武士(藉由女巫之口)受審,用的長鏡頭比較頻繁,增添了不少凝重感,在人物內心最激烈的片段基本都是長鏡頭,配上演員到位的表演和誇張的表情, 給人一種震撼和真實感,牢牢地掌控了觀眾的情緒。 另外,在竹林中打鬥的片段中為了迎合全片的整體節奏,在打鬥達到最高潮的時候運用運動長鏡頭收尾, 給人一種強烈的壓抑感,可見本片剪切也是非常到位。 開篇中的羅生門陰暗的天空以及瓢潑的大雨與片尾烏雲散去,雨過天晴羅生門在陽光照射下形成對比,預示著在黑暗之中,總有光明的到來。 森林裡,陽光透過高大的樹冠縫隙映在灌木叢上,忽明忽暗,讓人感受到森林裡的迷幻,對接下來的故事保持時刻的專註和好奇。 在妻子真砂被強盜佔有的那一段中,樹縫間的陽光,被強吻的武士妻子真砂映在陽光下的眼睛,明晃晃的匕首,強盜脖子上的汗珠,這一切都暴露在陽光之下。 這種事情本該是在月黑風高的晚上出現的,在明亮的陽光之下,這一切又多了些許的諷刺。 強盜曾說,只要心裡生出一個惡念頭,就馬上去做,這樣才不會讓自己覺得難受,反映了人性當中自私自利的一面。 黑澤明精心地控制著光線對鏡頭表達,對人物神態的微妙的捕捉,更讓這個影片故事懸念交織叢生。 影片中的敘述者們為什麼會說謊,一個原因是不能承受說出真相的後果。 另一個原因是為了各種各樣的慾望。 樵夫說謊,就是不能讓別人知道他在別人時候,還貪戀他人財物,不能接受自己人品的有問題以及他想通過那把珍珠匕首換的生存資金就是他的慾望一部分。 面對真相時,他通過說謊,來達到逃避和掩飾的目的。 日常生活中,我們常常會看到,有人缺乏自信說謊,缺乏勇氣說謊,缺乏解決問題的能力說謊,但說謊也不能成為我們生存的護身符。 如果缺乏自信,可以通過磨鍊工作技能、提高學習成績、結交更多的朋友、不要太在意別人的眼光等方式,增強自信心。 如果缺乏勇氣,自我心理暗示,踏出改變第一步,是我們實現勇敢面對的前提。 如果缺乏解決問題的能力,可以通過學習去突破,從而獲得解決問題的能力,而不是通過說謊來逃避懦弱。 被戳穿的樵夫啞口無言,乞丐拿著東西消逝在雨中。 雨漸漸停了,沉默許久的樵夫跟僧人說他願意收養這個棄嬰。 行僧聽後,表示因為他,對人類依然有信心。 隨之,樵夫走出了羅生門,一縷陽光吹過他的臉頰。 導演有意將希望之光露出一角,這更能引起觀眾的遐想和思考。 莫泊桑曾說過,生活沒有你想的那麼好,也沒有你想像的那麼糟。 當現實成了我們生活當中的攔路虎,只能選擇做一個真實的自己。 羅生門下是破敗的人性黑暗面,走出羅生門寓意著新的希望,好的壞的都代表著生活的可能性。 或許我們每個人都有著自私自利的一部分,就像電影說的那樣,依然不要放棄對人類的信心,因為身後的陰暗,是因為身前有陽光。

次の