ダウンタウン マネージャー。 ダウンタウンのマネージャー歴代一覧!元マネの出世や現在を画像でまとめて紹介!|RealVoice

ダウンタウン歴代マネージャー一覧と現在の役職

ダウンタウン マネージャー

岡本昭彦社長の経歴やプロフィールは?ダウンタウンの元マネジャー!• 名前 岡本 昭彦(おかもと あきひこ)• 生年月日 1966年• 最終学歴 天理大学外国語学部インドネシア学科• 職業 吉本興業株式会社代表取締役社長 株式会社MCIPホールディングス代表取締役会長• 通称 おかもっちゃん 経歴 岡本さんは天理大学時代、アメリカンフットボール部に所属。 その後、天理大学を卒業し、吉本興業入社されます。 そして 、吉本入社の2年後にダウンタウンのマネージャーとなります。 そのため、 マネージャーや番組制作の仕事歴が長いです。 その後、吉本興業の東京制作部でチーフプロデューサーや、吉本興業所属の若手お笑い芸人のDVDを独占的に製作・発売する株式会社「アール・アンド・シー(R and C Ltd. )」の取締役に就任されています。 そして、吉本興業代表取締役副社長、共同代表取締役社長COOを経て、 現在の吉本興業代表取締役社長、YDクリエイション代表取締役社長を務めておられます! 本社:大阪 資本金:1億円 株式上場:非上場 創業:1912年 社員数:760名(男性:416名/女性:344名) 売上高:非公表 2018年:純利益7. 1億円 会社としてホールディングス化されており、傘下の会社が多くの売り上げをあげています。 そのため、会社としてはかなり優秀で、銀行からの借金はほとんどないようです。 また、劇場などの不動産も豊富に所有しており、自社の資金で様々なイベントや建物の増改築を行なっているようです。 さらに、売上高も完全に公表されていませんが700億ほどとのこと。 芸能事務所としては超一流の会社であることが分かります。 そんな吉本興業の社長である岡本昭彦さんの年収は正確には公表されていませんが、ネット上には「 7億円」との声もあります。 しかし、• 社員から社長になっているのであり得ない• 純利益7億円に対して、社長への報酬が7億円は高すぎる などの理由から、間違いだと思われます。 なので、岡本昭彦社長の年収は、.

次の

藤原寛は吉本の社長?嫁や子供に年収は?元ダウンタウンマネージャー

ダウンタウン マネージャー

松本人志 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮は20日、都内で開いた会見で一連の闇営業騒動を謝罪。 一方で、吉本興業の岡本社長から、「全員連帯責任でクビにするからな。 それでもええんやったら記者会見やれ。 俺にはお前ら全員クビにする力がある」など圧力があったことを告発した。 同番組は通常収録放送で、21日の放送分は吉本興業が宮迫との契約解消を発表した19日に収録していたが、会見で状況が大きく変わったことから、急きょ生放送に変更。 松本と東野幸治の2人は、前日に岡本昭彦社長、大崎洋会長と会談したという。 岡本社長の圧力発言疑惑について、東野は「にわかに信じがたい発言」「吉本側の反論もまだ聞いていないので何とも言えないですけど、印象としては、そんなに驕り高ぶった言い方で、いつからそんなに偉そうになったのか」と憤りをあらわにした。 松本も、「そうです。 いつからあいつらが偉そうになったのかという思いは僕もあって」と同調し、「昨日も会社に行って言ったんですけど、とにかく芸人ファーストじゃないと何の意味もない。 『芸人いてのあんたたちでしょ』ということだけは絶対に言わないといけない」と主張。 一方で、「大崎会長と岡本社長と4人で結構長いことしゃべりましたけど、やっぱり真摯に話を聞いてくれるし、僕の意見はほとんど可能なところまでやってくれているので、絶対に悪い会社ではないはず」と擁護しつつ、「ただね」と続ける松本。 「岡本」と呼び捨てにし、「僕のマネージャーでもあったんですけど、彼が20年ぐらい前から気にはなってて大崎さんにも『たまに言葉づかいが横暴であったり、そういうところが気になります』と言ったことがあって」と相談していたことを告白。 「やっぱりそういう部分が出てしまう時がある。 今回も悪いところが出たんだろうなと思うんです」とその不安が的中したようだが、「この時代、それは絶対にありえないし、絶対にそれはやめろということを、彼にも昨日散々言いましたし、分かってくれたと思います。 明日の会見に期待したいと思います」と岡本社長が明日行う予定の会見に期待を寄せていた。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【画像】吉本興業大崎洋会長の経歴・学歴や年収がすごい!ダウンタウンとの関係は?|RealVoice

ダウンタウン マネージャー

吉本の社長になったのではと噂が広まっている藤原寛ですが、正しくは株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーという会社の代表取締役社長です。 よしもとクリエイティブ・エージェンシーは吉本興業が100%出資している子会社で、所属する芸人などのマネジメントを行う、いわゆる芸能プロダクションです。 吉本興業が持株会社制に移行したことに伴って2007年に立ち上げられた会社で、当時吉本興業に所属していた芸人などタレント全員がよしもとクリエイティブ・エージェンシーに移管されました。 所属タレントが全て移管したことで、吉本興業からよしもとクリエイティブ・エージェンシーに社名が変わっただけと思われている方も多いですが、吉本興業はグループの統括会社として残っており、よしもとクリエイティブ・エージェンシーはあくまでも子会社です。 元ダウンタウンのマネージャーで現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーの副社長となった藤原寛ですが、テレビプロデューサーを務めていた時期もあります。 テレビプロデューサーというとテレビ局で働いている人がなるイメージがありますが、吉本は年間約5000本のテレビ番組制作に関わっており、プロデューサーとして働いている人もいます。 吉本所属のテレビプロデューサーの主な仕事はキャスティング、コンプライアンスのチェック、番組予算の管理などのようですが、タレント・マネージャーとテレビ局・制作会社との間に入り、人間関係を作ることも大事だと言われています。 それでは藤原寛がテレビプロデューサーとして関わった番組を紹介します。 藤原寛の嫁である藤原順子は過去にテレビ出演していると言われています。 調べてみたところ、2000年7月に放送された『ガキ使』の「新婚さんいらっしゃ~い」という企画に顔出しで出演していました。 藤原寛は嫁のことを「和久井映見に似ている」と言っていましたが、確かに雰囲気は少し似ていました。 そして、番組内でそれぞれの生い立ちについての紹介があったのですが、嫁は育ちの良いお嬢様であることが分かりました。 また、馴れ初めについても番組内で語られています。 『ガキ使』の収録後にマネージャー同士で食事に行く機会があり、その度に藤原寛が嫁を「いい女だな」と口説いていたようです。 藤原寛は真面目で堅物な性格と言われていますが、女性に対してはかなり積極的だったようです。 『ガキ使』の進行役の人として知られる藤原寛はダウンタウンの元マネージャーでテレビプロデューサーをしていたこともありますが、現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーの副社長に就任していることが分かりました。 また、藤原寛は結婚しており、嫁は月亭方正(山崎方正)の元マネージャーで、過去に顔出しでテレビ出演していたことも判明しました。 ただ、藤原寛に子供がいるのかどうかという情報は分かりませんでした。 マネージャー時代の藤原寛は過剰マネージャーと呼ばれるほど気遣いのできる人として知られていたようなので、今後も副社長として多くの芸人のために尽力していくことでしょう。 ゆくゆくは吉本興業の社長になるかもしれない人物なので、これらの活動にも注目です。

次の