国家公務員ボーナス 2020。 2020年夏のボーナス支給時期はいつ?コロナの影響は?

「夏のボーナス」今年は諦めムード 減額はやむなし、でも「天引き」額が衝撃: J

国家公務員ボーナス 2020

民間企業の平均は34万円、経団連企業の3分の1 日本経済団体連合会(経団連)がホームページ上に公開した「2020年夏ボーナスの妥結状況(第1次集計)」によると、回答した86社の平均妥結額は92万5947円と、前年比6. 0%減となった。 マイナス幅はリーマン・ショック直後だった2009年夏(19. 4%減)以来の11年ぶりの大きさだ。 主に春の時点で夏の賞与を決めていた企業が今回は回答しており、新型コロナウイルスの深刻な影響が、まだ出ていない時期だ。 経団連では7月下旬に最終集計を出すが、コロナ禍の影響がより強く反映され、もっと厳しい数字が予想される。 業種別にみると、製造業の平均が前年比5. 1%減の90万960円、非製造業の平均が9. 8%減の107万9915円。 マイナス幅が一番大きかったのは、鉄鋼の25. 0%減で56万9679円。 また数少ないプラスの業界は紙・パルプで7. 6%増の70万177円。 妥結額が一番高かった業種は、建設の156万672円(3. 1%減)だった。 ちなみに、ヤフーニュースの「みんなの意見」アンケートで、「夏のボーナス増えた? 減った?」を聞いたところ、6月18日正午現在(総数1万95票)で、「増えた」(14. 1%)、「変わらない」(20. 3%)、「減った」(26. 1%)、「ボーナス自体がない」(39. 5%)という結果だった。 経団連は日本を代表する大手企業が会員だが、一般の民間企業や公務員のボーナスはどうなっているのか。 みずほ総合研究所が5月25日に発表した「2020年夏季ボーナス予測」によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、民間企業の1人当たりのボーナス支給額は前年比9. 2%減の34万6480円と予測している。 一方、公務員1人当たり(国+地方)のボーナス支給額は、逆に前年より0. 6%増えて74万499円になる =図表参照。 民間企業が大幅に減っているのに、なぜ公務員が増えるか。 いぶかしく思う人がいるだろうが、それは公務員の給与の決め方が前年の民間の給与額を反映する仕組みになっているからだ。 今回の支給額がプラスになった理由は、 (1)2019年度の人事院勧告で、国家公務員の給与が前年より月額0. 09%増となり、押し上げる効果になった。 (2)また夏季と年末のボーナスの支給割合の平準化の影響により、夏季ボーナス支給が前年の2. 225カ月分から2. 25か月分に引き上げられた。 の2点で、これを加算すると前年より0. 6%増になるわけだ。 また、地方公務員は国家公務員に準じて給与を決める自治体が多いため、自動的に上がると予想される。 「うちら物流はトラックの借金返却があるので、当然ゼロッす」 こうした結果について、ネット上では「さすが経団連は上級国民の社員ばかり。 うらやましい」という声が殺到している。 「いつも思うのだが、なぜ景気関連の報道をするとき、サラリーマンのわずか数%でしかない大手企業の数字を出すのか。 景気が良くなっているといった判断も大手企業の春闘の回答を報道する。 残り90数%以上の中小企業の社員は無視されている。 マスコミも大会社だからね」 「6. 0%減でも、90万円以上もらえるのだったら、自分なら文句の一つもないです。 世の中不平等であることはどこかで理解していても、やっぱりこういうニュースを見聞きするとうらやましい」 「あまり意味のない数字だと感じます。 トヨタなどの大手を支えるサプライヤーでは出ない工場も多数あります。 私の周りではボーナスが出る話は聞かないが、出ないという話はかなり聞こえてきています。 当然、私も0%の階層です」 「ボーナスは前期の業積によって支給される。 3月決算の会社ならば、去年の10月から今年の3月までが対象だ。 コロナの影響はせいぜい3月の1か月程度。 1か月で6%も下がるほどだったか。 コロナを理由に会社がうまいことやったのか。 まあ、冬はもっと大変なことになりそうだが」 「ボーナス年間2回もらっていますが、1回2万円で計4万円です。 パートのオバちゃんも年2回ボーナス計2000円もらっている。 ジュース代だと喜んでいる」 「うちら物流はトラックの借金返却があるので、当然ゼロッす」 一方、「不平等」とか「上級国民」とかいった、批判ややっかみに対して痛烈に反発する意見も多かった。 「不平等? 聞き捨てならないですね。 旦那は大企業に勤めていて周りから『いいよねー』って言われるが、隣にいる私から見ればとてつもなく努力している。 先を見据え高校生の頃から資格を取る勉強に励み、今は寝る間も惜しんで仕事をしながら勉強をして新たな資格を取ろうとしている。 東南アジアでの駐在時も、周りにはわからない努力をしていた。 不平等なんて簡単に言わないでほしい」 「学生時代から努力して勉強したらいずれ結果は出る。 学生時代に遊んで優良企業に入れなかったのは自己責任。 給料に関しては不平等なんてありえない」 「妹は国立大学で努力して大企業に入りました。 夏はボーナス出るけど冬は厳しいと言っていました。 大手でもそんなものだと思いますよ。 残業もあればテレワークとも無縁な仕事で頑張っています。 夏ぐらいは出してあげてください」 「大企業に入って転勤を重ね、接待の回数も増えて肝臓の数値も上がった。 しかし役員コースはほど遠く、50も半ばを過ぎればポストオフ。 年収は1000万円をゆうに超えますが、色々なことに耐え忍んでいます。 自分の好きな仕事で働く自営業の人がうらやましい」 「大企業の内部留保はよろしくないと盛んに批判されたが、今回のコロナで分かったことは、3か月くらいビジネスが止まっても何とかなる蓄えは持っておくべきということ。 だから減給もリストラもなくボーナスも出せるのだ」 「今年だけは公務員叩きできないよ。 役人さんに感謝です」 一方、公務員のボーナスがむしろ増えることに関しても、擁護の声が多かった。 「今年だけは公務員叩きできないよ。 コロナで地獄見ているのは、医療従事者と公務員なのだから。 24時間態勢で対策に当たっている保健所、コロナ患者を運ぶ救急隊・自衛隊。 コロナで増えた振り込み詐欺を摘発する警察。 そして、『遅いぞ!』と文句を言われながら、給付金の作業に当たる役所の担当者。 想像しただけでも大変だ。 いつもは安定していて、うらやましがっていたけれど、今年は公務員じゃなくてよかったと思っている」 「今年はコロナで大変だったから、ボーナスもっと弾ませてもいいと思う。 『給付金が遅い』とクレームを入れる人に言いたい。 それあなたたちが『公務員を減らせ!』と騒いだ結果、人手が足りなくなったから給付が遅くなった。 公務員叩きは自分の首を絞めるっていい加減、学習してください。 医療従事者や物流、小売業の人たちにはもちろん、役人さんにも感謝しよう。 役人さんありがとう」 「公務員は民間実績を考慮して翌年度の給料(ボーナスを含む)が決まる。 それを知らずに、『民間が減っているのにボーナスが上がるのはケシカラン』と批判するはアンフェアだ。 今年の民間の水準が大きく下がれば来年どんなに景気が回復しても公務員の給料が下がり、再び上がるのは再来年という話だ」 最後にこんな声を紹介したい。 「世界では労働者の2~3割が公務員。 日本も昔はそうだったが、いわゆる公務員叩きで現在は8%くらい。 日本だけが突出して少ない。 それでも12人に1人は公務員。 高卒でもいいし、割と誰でもなれる。 公務員はボーナス減らないからいいよな~っていうくらいなら、公務員を選べばよかった。 それともあなた、公務員のボーナスが減ると幸せになれるの?」 (福田和郎).

次の

夏のボーナス大手は6%減でも92万円! 公務員はプラス74万円! 意外「公務員にはもっと多くてもいい」との声が多いワケ?: J

国家公務員ボーナス 2020

スポンサーリンク 2020年夏のボーナスの支給日はいつ!? 2020年の夏のボーナス(夏季賞与)の支給日は・・・• 公務員…6月30日(火)!• 民間企業…6月中旬~7月上旬! です。 それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。 1.公務員の夏のボーナス支給日は… 早速ですが国家公務員の2020年の夏のボーナス支給日は 2020年6月30日(火)です! 国家公務員の夏のボーナスは「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で定められています。 そして毎年 6月1日の基準日時点で在職している職員に対して毎年6月30日に支給されることが決められています。 ) 国家公務員の場合は毎年6月30日がボーナスの支給日と定まっているので分かりやすいというかお金の計画を立てやすいですよね。 2.民間企業の夏のボーナス支給日は… 民間企業のボーナス支給日はバラつきがあり 6月中旬~7月上旬の支給が多いです。 特に多いのは「7月上旬の金曜日」や「7月10日前後」に支給する傾向が強いです。 私が以前勤めていた会社では「7月上旬の金曜日」にボーナスが支給されていました。 日にちがはっきり決まっていなかったので、なんだかソワソワしていたのを記憶しています。 入社や転職したばかりで会社のボーナス支給日がよくわからない方は、経理担当者に聞くか総務の人に 社内規定を見せてもらうとより具体的に分かります。 大企業では社内規定に夏と冬のボーナスの支給日が明記されている会社も多いので…。 ただし、入社すぐや転職したばかりの場合は支給されても寸志だったりするので期待しない方がいいです。 次はボーナスの支給額を見ていきましょう。 スポンサーリンク 夏のボーナスの平均支給額は? 1.公務員の夏のボーナス平均支給額は… 2019年夏の国家公務員(管理職や非常勤を除く)のボーナス 平均支給額は67万9100円(平均35. 5歳)でした。 なので2020年もおおよそ67万円前後が支給されるでしょう。 国家公務員の夏のボーナスは基本給の約2. 2か月分と言うことになります。 (夏が約2. 2ヶ月分・冬が約2. 3ヶ月分…年間支給でみると約4. 5ヶ月分) 公務員のボーナスは人事院という第三者機関の勧告(人事院勧告)を受けて、民間企業のデータ(仕事の種類・仕事の階級・学歴・年齢…)に準拠した形で決定されています。 2.民間企業の夏のボーナス平均支給額は… 民間企業のボーナス支給額は本当に 企業の数だけバラつきがあります。 大企業の業績が良い所では、基本給の2. 5ヶ月分~3. 5ヶ月分もらえるところもあるようですし、逆に中小企業などで業績が思わしくない場合はボーナスが出ない、出せないところも少なくありません。 ただ… 相場としては基本給の1~2か月分と言うのが多いと思います。 1時点)でまとめた調査によると・・・2019年の 全産業の夏のボーナス平均支給額は約83万円でした。 業種別の平均支給額ベスト3は…• 1.医薬品…約113万円(平均32歳)• 2.自動車・部品関連…約94万円(平均39歳)• 3.化学関連…約94万円(平均38歳) また会社別の支給額トップ5は…• 1.ディスコ(精密加工装置製造メーカー)…約254万円(平均39歳)• 2.東京エレクトロン(電子機器専門商社)…約225万円(平均43歳)• 3.東海カーボン(カーボン材料の開発)…約181万円(平均39歳)• 4.ソニー…約169万円(年齢非公表)• 5.ジャストシステム(ソフトウェアメーカー)…約159万円(平均40歳)• 6.積水ハウス…約150万円(平均38歳) のようです。 参考URL: やはり大企業の業績の良い所では夏のボーナスだけでこのぐらいもらえるんですね。 差がスゴイですよね…。 スポンサーリンク 支給額=手取りではありません。 更に引かれます… 上記のボーナスの支給額はあくまでも 企業が個人に支給した金額になります。 ボーナスは「給与所得」という扱いになるので実際はその支給額から・・・• 厚生年金保険料• 健康保険料• 介護保険料(40歳から)• 雇用保険料• 所得税 などの社会保険料が引かれた分が口座に振り込まれる 手取りの金額になります。 昔は毎月の給与からのみ社会保険料が引かれていたんですが、2003年からは総報酬制といってボーナスが出る人と出ない人の不公平感をなくすため、年間の総報酬額で計算されるようになりボーナスからも引かれるようになりました。 支給額の例・・・ これはあくまで例えになりますが・・・人(年齢・業種・毎月の給与・賞与の額・扶養家族の有無)によって控除される社会保険料は様々なので。 1.支給額が100万円だとしても、社会保険料として20万円程度引かれ、 手取りは80万円程度• 2.支給額が50万円だとしても、社会保険料として10万円程度引かれ、 手取りは40万円程度 になったりします。 ) ボーナスの使い道は…どんな感じか調べてみた! ボーナスの使い道は各家庭で様々だと思いますがこのような使い道が多いようです。 貯金はいくらあっても困りませんよね。 家を買う場合の頭金だったり、急遽引っ越ししなければならない事態があるかもしれないし、子供の将来の学費だったり、家電が壊れた時の資金……など、いざという時に必要お金がないと困りますもんね。 2.投資する。 (株・投資信託など…) 調べるとボーナスを使って投資すると言う方も多いみたいです。 我が家は手を出せてないですが投資も勉強と考えれば使い道としては良さそうだなと思います。 増えれば嬉しいですし…増えれば…。 3.旅行・レジャーに行く。 せっかくのボーナスなので、旅行に行って気分転換をするのもいいと思います!!またホテルバイキングなどちょっと贅沢な外食をするのもよいですよね。 ボーナスで今まで欲しかった家具や家電等を買う(やっと買えるぞっ!!)っていう方も多いと思います。 5.ローン返済や保険や税金・車検費用に 車や住宅のローン返済や、年に1度の火災保険料や自動車税・固定資産税などの支払い、また2年に1回の車検費用に充てている方も多いですよね。 そして残りは今後の車検費用等、家計の必要費に充てる為にとっておくという形になっています。 今回は「2020年夏のボーナス支給日はいつ!?」について見ていきました。 公務員の支給日は6月30日(火)• 民間企業の支給日は6月中旬~7月上旬 が多いということになります。 ボーナスは年に2回頑張ってる方へのご褒美のようなもの。 私も仕事が辛くても、ボーナスがあるからなんとか次の半年間頑張ろう!!とOL時代モチベーションを保っていたように思います。

次の

【2020年】夏のボーナスは減少!新型コロナウイルスで賞与壊滅

国家公務員ボーナス 2020

スポンサーリンク 2020年、国家公務員の冬のボーナスは何ヶ月分? 結論から言いますと、2020年の冬のボーナスは以下の通りです。 夏のボーナス 2. 25ヶ月 冬のボーナス 2. 30ヶ月 夏のボーナス分も記載しました。 おそらく、2020年の国家公務員のボーナスは当初4. 5ヶ月分の発表だと思います。 しかし2019年度同様、民間企業との格差から0. 05ヶ月上乗せで、最終的に4. 55ヶ月になるのではと予想されます。 ちなみに去年2019年は、8月に人事院勧告が行われ国のボーナスが本来の4. 45ヶ月から4. 5ヶ月へ0. 05ヶ月増額されました。 なぜボーナスが増加されたの? 公務員のボーナスは、民間企業の平均とだいたい似たような額になるよう調整されています。 要するに、2019年度は民間企業の景気が良く、ボーナスも微増していることから、公務員のボーナスも0. 05ヶ月分だけですが増額となりました。 先ほども触れましたが、人事院勧告は毎年8月に実施されるため、勧告があるときにはすでに夏のボーナスは支給されています。 なので、増額分は冬のボーナス 12月に支給 に上乗せされることになります。 平均月額• 扶養手当の平均値• 地域手当の平均値 あくまで「平均の数字」を元に割り出しているので、多少の誤差についてはご了承ください。 平均年齢 43. 1歳 ボーナス平均額 90万2486円 平均月額基本給 33万8969円 扶養手当 10320円 地域手当 43096円 支給ヶ月 2. 3ヶ月 19歳 55万1546円 20歳 57万303円 21歳 58万2765円 22歳 61万5190円 23歳 63万6779円 24歳 65万8368円 25歳 68万6543円 26歳 71万4718円 27歳 73万4159円 28歳 75万3600円 29歳 77万3041円 30歳 79万2481円 31歳 81万820円 32歳 82万9159円 33歳 84万7498円 34歳 86万5837円 35歳 88万4175円 36歳 90万737円 37歳 91万7299円 38歳 93万3861円 39歳 95万423円 40歳 96万6984円 41歳 97万7914円 42歳 98万8844円 43歳 99万9774円 44歳 101万704円 45歳 102万1635円 46歳 103万715円 47歳 103万9795円 48歳 104万8875円 49歳 105万7955円 50歳 106万7034円 51歳 106万6847円 52歳 106万6660円 53歳 106万6473円 54歳 106万6286円 55歳 106万6099円 56歳 106万5912円 57歳 106万5725円 58歳 106万5538円 59歳 106万5351円 60歳 106万5164円 スポンサーリンク 【2020年冬のボーナス】国家公務員 行政職 の年齢別支給額 2020年の国家公務員 行政職 の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 43. 4歳 ボーナス平均額 88万974円 平均月額基本給 32万9433円 扶養手当 10059円 地域手当 43540円 支給ヶ月 2. 3ヶ月 19歳 53万6813円 20歳 55万2446円 21歳 56万6352円 22歳 59万8161円 23歳 61万9066円 24歳 63万9970円 25歳 66万8461円 26歳 69万6953円 27歳 71万8328円 28歳 73万9703円 29歳 76万1078円 30歳 78万2451円 31歳 79万9891円 32歳 81万7331円 33歳 83万4771円 34歳 85万2211円 35歳 86万9651円 36歳 88万5183円 37歳 90万715円 38歳 91万6247円 39歳 93万1779円 40歳 94万7310円 41歳 95万6298円 42歳 96万5286円 43歳 97万4274円 44歳 98万3262円 45歳 99万2248円 46歳 99万8195円 47歳 100万4142円 48歳 101万89円 49歳 101万6036円 50歳 102万1982円 51歳 102万4375円 52歳 102万6768円 53歳 102万9161円 54歳 103万1554円 55歳 103万3949円 56歳 103万6342円 57歳 103万8735円 58歳 104万1128円 59歳 104万3521円 60歳 104万5914円 スポンサーリンク 【2020年冬のボーナス】税務職員の年齢別支給額 2020年の税務職員の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 42. 9歳 ボーナス平均額 95万6333円 平均月額基本給 35万9720円 扶養手当 9852円 地域手当 46225円 支給ヶ月 2. 3ヶ月 19歳 59万6376円 20歳 59万6408円 21歳 60万5411円 22歳 63万7413円 23歳 66万2235円 24歳 68万7056円 25歳 71万4611円 26歳 74万2166円 27歳 76万3161円 28歳 78万4156円 29歳 80万5151円 30歳 82万6146円 31歳 85万933円 32歳 87万5720円 33歳 90万507円 34歳 92万5294円 35歳 95万79円 36歳 97万234円 37歳 99万389円 38歳 101万544円 39歳 103万699円 40歳 105万852円 41歳 106万52円 42歳 106万9252円 43歳 107万8452円 44歳 108万7652円 45歳 109万6852円 46歳 110万2026円 47歳 110万7200円 48歳 111万2374円 49歳 111万7548円 50歳 112万2724円 51歳 112万5335円 52歳 112万7946円 53歳 113万557円 54歳 113万3168円 55歳 113万5777円 56歳 113万8388円 57歳 3610円99円 58歳 114万9114万 59歳 114万6221円 60歳 114万8832円 スポンサーリンク 【2020年冬のボーナス】公安職員の年齢別支給額 2020年の公安職員の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 41. 4歳 ボーナス平均額 83万4362円 平均月額基本給 31万8875円 扶養手当 13049円 地域手当 30842円 支給ヶ月 2. 3ヶ月 19歳 54万6802円 20歳 55万4519円 21歳 56万9613円 22歳 59万6059円 23歳 61万978円 24歳 62万5897円 25歳 64万6741円 26歳 66万7584円 27歳 68万2154円 28歳 69万6724円 29歳 71万1294円 30歳 72万5864円 31歳 74万6384円 32歳 76万6904円 33歳 78万7424円 34歳 80万7944円 35歳 82万8462円 36歳 84万5790円 37歳 86万3118円 38歳 88万446円 39歳 89万7771円 40歳 91万5101円 41歳 92万3891円 42歳 93万2681円 43歳 94万1471円 44歳 95万261円 45歳 95万9049円 46歳 96万5613円 47歳 97万2177円 48歳 97万8741円 49歳 98万5305円 50歳 99万1868円 51歳 99万7454円 52歳 100万3040円 53歳 100万8626円 54歳 101万4212円 55歳 101万9797円 56歳 102万5383円 57歳 103万969円 58歳 103万6555円 59歳 104万2141円 60歳 104万7727円 スポンサーリンク 【2020年冬のボーナス】医療職員の年齢別支給額 2020年の医療職員の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。 平均年齢 47. 1歳 ボーナス平均額 78万9512円 平均月額基本給 31万5908円 扶養手当 8861円 地域手当 18497円 支給ヶ月 2. 3ヶ月 19歳 58万2224円 20歳 58万6739円 21歳 59万1254円 22歳 60万3745円 23歳 62万8705円 24歳 65万3665円 25歳 66万3448円 26歳 67万3231円 27歳 68万2217円 28歳 69万1203円 29歳 70万189円 30歳 70万9173円 31歳 72万1020円 32歳 73万2867円 33歳 74万4714円 34歳 75万6561円 35歳 76万8409円 36歳 77万6703円 37歳 78万4997円 38歳 79万3291円 39歳 80万1585円 40歳 80万9881円 41歳 81万7564円 42歳 82万5247円 43歳 83万2930円 44歳 84万613円 45歳 84万8295円 46歳 85万3422円 47歳 85万8549円 48歳 86万3676円 49歳 86万8803円 50歳 87万3929円 51歳 87万2143円 52歳 87万357円 53歳 86万8571円 54歳 86万6785円 55歳 86万4998円 56歳 86万3212円 57歳 86万1426円 58歳 85万9640円 59歳 85万7854円 60歳 85万6068円• 2020年冬のボーナス日は12月10日 木• 2020年冬のボーナス支給月数は2. 3ヶ月分• 国家公務員全体の2020年冬のボーナス支給予想額は、90万2486円 平均年齢43. 国家公務員 行政職 の2020年冬のボーナス支給予想額は、88万974円 平均年齢43. 税務職員の2020年冬のボーナス支給予想額は、95万6333円 平均年齢42. 公安職員の2020年冬のボーナス支給予想額は、83万4362円 平均年齢41. 医療職員の2020年冬のボーナス支給予想額は、78万9512円 平均年齢47. 1歳 2020年、国家公務員の冬のボーナスについてまとめてみました。 これは計算間違いでして、正しくは以下の通りです。

次の