ローソン システム 障害。 100人超の社員と約280社を巻き込んだローソンの「発注改革大作戦」 (1/5)

事例紹介:株式会社ローソン:ソフトウェア:日立

ローソン システム 障害

国内だけでも8,500店を超えるコンビニエンスストアをフランチャイズ展開するローソン。 女性のニーズに対応し、美と健康をコンセプトとした「ナチュラルローソン」や新鮮な青果を豊富に品揃えし、適量小分けによるお手頃な価格を実現した「ローソンストア100」、それぞれの地域ニーズに合わせて新しい機能を付加した「ローソンプラス」など、地域の文化に合わせて多業態展開する「マチのほっとステーション」として、地域密着型の店づくりに取り組んでいる。 「コンビニエンスストアという業態は、情報システムが生命線である、いわば『システム産業』です。 しかも、地域密着型の多業態展開を強化すればするほど、扱う情報量はますます増えていきます」と小畑氏は語る。 ローソンは、1日に700万人近くが利用しており、弁当や惣菜などの主食系商品などは各店舗に毎日3回の配送を行っている。 受発注情報は1日約30万件にのぼるが、このデータのすべてを情報センターで集中処理。 さらに、売上データおよび受発注情報は、短時間で単品レベルのきめ細かい分析を行ったうえで、必要な形の情報へ整理して社員へフィードバックされ、次の企画・日々の運営へと反映されている。 「店舗が24時間オープンしているのと同様に、システムも24時間365日、決して止まることなく、安定稼働を維持していかなければなりません。 安定稼働は、IT基盤に求められる基本要件です」と小畑氏は強調する。 膨大なデータを安定して処理できる堅牢なシステム運用基盤を構築するため、同社ではIT基盤の運用標準化を行っている。 その際に、ジョブ管理の標準ツールとして選定したのが、日立の統合システム運用管理「JP1」だ。 「JP1は、統合IT基盤構築にあたっての基本方針の『オープン』と『デファクトスタンダード』に適合していました。 機能面でもいくつかの運用管理ツールを比較しましたが、総合点が最も高かったのがJP1でした」と小畑氏は説明する。 マルチプラットフォーム対応はJP1の大きな特長である。 バッチジョブの進行状況の監視が非常に容易であること、ジョブの変更・管理・登録が容易であること、バッチ処理異常時の障害通知も正確かつ迅速で、さらにリカバリも容易であるなど、ジョブ管理がきめ細かくできる点も評価された。 株式会社ローソン ITステーション システム技術 シニアマネジャー 吉岡 叙浩 氏 株式会社ローソン ITステーション システム技術 マネジャー 中島 啓二 氏 現在JP1は、約200サーバにおける1日約350万トランザクションをコントロールしている。 ジョブネットの数は1万1,500を超えており、ジョブ数にすれば数10万に達する。 24時間365日、約8,500店舗のどこかで、クレジットカードが利用されたり、公共料金などのバーコード読み取りが行われたりすれば、そのたびにJP1が機能して、正確で迅速な店頭サービスを支えている。 またローソンは、数種類の電子マネーへの対応をいち早く整備しているが、こうして増え続けるトランザクションに柔軟に対応していくのも、JP1の役割である。 一方、同社ではJP1のジョブネットのネーミングや階層などの標準化を進めると同時に、ジョブネットへの登録・変更の作業手順の標準化・効率化も推進してきた。 「店鋪で新たなサービスを展開する際は、仕事の流れを表計算ソフトでワークフローに描き、これをもとに社内や開発会社や運用管理会社との打ち合わせをします。 打ち合わせのプロセスが進むにつれて、業務要件をシステム要件へと展開して、より詳細なワークフローを描いていきますが、最終的に確定したワークフローは、一括して表計算ソフトからJP1に吸い上げ、ジョブネットに自動登録する仕掛けを作っているのです」と中島氏は説明する。 標準的な業務プロセスを踏んでワークフローを描いていけば、最終的にジョブネットの運用設計が完了していることになる。 「JP1は、戦略をより速くシステムへ反映させるために、なくてはならない製品です。 まさに、ローソンが目指しているシンプルでスピーディな対応が図られている。 コンビニ業界の競争はますます厳しく、情報のさらなる活用に向けての挑戦は続く。 ローソンは現在、「Speed、Small、Simple」を備えた統合システムを目指し、さらなるIT基盤の昇華に取り組んでいる。 そこには「よりお客さまに喜んでいただける、さらなる『マチのほっとステーション』の実現」を目指し、コンビニ業界の常識を打ち破る新しい店づくりを推進できるシステムへのたえまない要求がある。 「IT基盤にも、オンデマンド化に対応することが求められています。 オンデマンド化とは、新しいシステムを迅速に稼働させたり、ビジネスの状況に応じてシステム規模を容易に変化できるようにすることです。 具体的には、アプリケーションごとにインフラを開発・実装するのではなく、仮想化した共通インフラを用意しておき、新しいアプリケーションが必要とする機能を選択・供給する環境づくりを目指しています」と吉岡氏は語る。 同社は、この仮想化技術を駆使した先進的なIT基盤においても、統合ジョブ管理ツールとして、引き続きJP1を採用する方針である。 「今後ますます処理量が増える大規模システムのジョブ管理を、安心して任せられるのがJP1の魅力です。 また、IT基盤の昇華には数多くのベンダーに参加していただくことになりますが、JP1は複数のSI会社やシステム、アプリケーションが、共通して使える標準基盤として信頼できます」と小畑氏は語る。 いまやコンビニエンスストアは、社会インフラの一部であり、一つひとつのトランザクションの重要性はますます高まっている。 安定稼働を実現し、さらに一歩進んだオンデマンド化への要求にも柔軟に対応するJP1は、地域住民の生活に密着したローソンの活動をより強力に支えていく。 ローソンの新システム概要.

次の

ローソンチケットでシステム障害、想定の2倍の処理量をさばき切れず

ローソン システム 障害

各決済サービスの利用規約 利用規約を確認すると良いでしょう。 メルペイでは 「利用可能店舗でのシステムエラーなどで決済ができなかった場合の補償はしない」と規約で定めています。 おそらくほとんどのサービスが同様の規約を定めていると思われます。 レジで決済をした際に店員さんから 「システムエラーで決済ができないませんでした」と案内をされて判明したようです。 各決済サービスをローソン以外で利用した場合の問題は報告されていないため、決済サービスのシステム障害が原因ではなかったです。 他の決済方法で支払う• 決済サービス内の別の支払い方法を試す 私たちができる対処法としては上記のものが適切だと思われます。 ただし各決済サービスの仕様により、 利用ができないもの、キャンペーンに参加できない場合がありますので、ご自身がよく利用する決済サービスの約款をご確認ください。 コード決済ができなかった場合は、 各決済サービス内にある「コード以外」の方法で決済を行うと決済やキャンペーンの特典や優待を利用できるかもしれません。 利用中のサービスの決済方法を確認しておきましょう。 カードを利用する LINE Payで発行されている 「LINE Payカード」を持っておくと便利かもしれません。 このカードでは「LINE Pay残高」であればJCB加盟店の店舗で問題なく利用ができます。 なお、「コード決済に限定したキャンペーン」などでは上記の決済を行っても特典を受け取ることができない可能性があります。 開催中のキャンペーンがありましたら、詳細と条件を確認して利用すると良さそうです。 今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!? 今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。 比較して参考にしてみて下さい。 UCSカード UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。 そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの 「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。

次の

ますます大きくなるシステム障害のインパクト

ローソン システム 障害

[画像のクリックで拡大表示] 同社によればシステム障害が発生したのは2月10日午後3時ごろから翌日午前1時ごろまでの約10時間。 ローソンの店頭端末「Loppi(ロッピー)」で予約済みチケットの発券・入金をしようとする顧客が集中し、同社のサーバーで処理し切れなくなった。 処理遅延のため途中でエラーになるなどして発券・入金が完了しない事象が約4万件発生。 該当する顧客はローソンのレジで代金と引き換えにチケットの発券を受けられないままシステム上は「発券済み」となり、再度Loppiを操作しようとしても発券できない状況に陥った。 その後、同社は該当する顧客の発券済み状態を取り消す処理を実行した。 2月11日午後6時から再度発券・入金できるようになったことを電子メールで案内し、12日までにほぼ通知を終えたという。 2月9日~11日の3連休は、人気ダンスボーカルユニットのコンサートなど多数の公演の入金・発券期限が集中。 事前に混雑を想定し、一時的にサーバーを増強する措置を取っていた。 だが「2月9日に雪が降ったこともあり顧客の出足が鈍く、その分10日に想定の2倍の発券・入金処理が集中してさばき切れなくなった」(広報)。 再発防止のために、サーバーの増強や処理量想定方法の変更などを検討するとしている。

次の