消化 器 管。 消化管穿孔

消化管(しょうかかん)とは

消化 器 管

消化器(胃や腸など)による消化の働きと栄養吸収 消化とは、食物を食べたとき、その中に含まれている種々の栄養を体内に吸収できるものまで分解することです。 そして、いらないものを肛門から体の外に糞便として排出することも消化です。 これは、吸収することができる形に、より小さなコンポーネントに食べ物を分解する機械的および化学的です。 消化は異化の一形態であります。 哺乳類では、食べ物が口に入ると、唾液腺からの唾液中の化学物質と化学処理の開始と、歯で噛んだりしている。 それは酸が最も汚染微生物を殺すの両方胃、中に食道の下に移動し、開始メカニカルいくつかの食品(タンパク質の例:変性)、およびいくつかの化学変化を分解。 いくつかの時間(通常はヒトの1〜2時間、イヌで4-6時間、家の猫でやや短い期間)の後、結果は、大腸を通じて、小腸を通過し、排便中に排泄される事を言います。 消化器の構造 消化器は、食物を体内に摂取し、貯蔵と消化、消化された食物からの栄養素の吸収、不消化物の排泄、およびそれらを行うための運搬、といった働きを担う器官の集まりをいいます。 消化器における主要な器官は、口腔、消毒、胃、小腸、大腸、直腸などからなる消化管とこれらの働きをコントロールする消化腺や付属腺、さらに歯や肝臓などの付属器も含まています。 消化器系には、口腔、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、結腸)、直腸、肛門にいたる消化管からなります。 消化液とは、消化を円滑に行う為に消化管からは、消化液を分泌しています。 唾液(唾液腺)、胃液(胃腺)、膵液(膵臓)、胆汁(肝臓)、腸液(腸線)などがあります。 口から食道:食物を取り入れ、咀嚼運動によって小さく砕いて唾液と混ぜ、デンプンを分解します。 よくかまないと消化が悪くなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 膵臓:消化液のすい液をつくり分泌するほか血糖をコントロールするホルモンを分泌します。 肝臓:小腸で吸収された栄養素を、全身へ送り出したり、一時貯蔵したりします。 また、胆汁をつくったり、さらに、人体にとって有害な物質の解毒作用も行います。 小腸・十二指腸:十二指腸は、肝臓からの胆汁、すい臓からのすい液などの消化液がここに分泌され、食物を消化し、食物中の雑菌の殺菌をします。 小腸は、食物を消化し、栄養素を吸収します。 大腸:消化吸収できなかった食物の水分を吸収し、固形状の便を形成します。 また、大腸に住む腸内細菌(腸内環境乳酸菌・ビフィズス菌など)は食物繊維を一部分解し、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを合成し、一部吸収されます。 定期的に排便しないと便が硬くなり便秘の原因となります。 肛門:大腸の出口である直腸に一定量溜まった便の刺激により、便を排泄します。 二種類の消化「機械的消化」と「化学的消化」 機械的消化とは 口内における咀嚼、胃腸での蠕(ぜん)動運動などで、食物を砕いて消化液と混合、かくはんし、化学的消化を受けやすくします。 この消化運動には交感神経と副交感神経によって支配されています。 食物を細かく砕き、これに消化液を混ぜ、次第に下方の消化管に移動させることです。 左の動画は、小腸の動きです。 食道、胃を通ってきた食べ物が、小腸でさらに細かくなり、栄養分が吸収され、大腸に送られます。 機械的消化の方法には、蠕動運動分節運動振り子運動の3つがあります。 右の運動は、3つの動きがまじりあったものです。 化学的消化 消化作用の主役的機能で、消化液中、小腸粘膜にある消化酵素による加水分解作用のことをいいます。 (加水分解作用とは、水と混ざりにくい物質が、酸やアルカリなどで分解され、水と混ざりやすく変化することをいいます。 )消化酵素によって、食べ物のでんぷん、脂質、蛋白質が、小腸で吸収しやすい小さなものにそれぞれ分解されます。 消化酵素として、アミラーゼ、ペプシン、マルターゼ、リパーゼ、トリプシノーゲン、サッカラーゼ、ラクターゼ、エレプシンなどがあります。 消化器官と消化酵素の一覧 取した飲食物は、口から肛門にいたる全長8~10m(身長の5~6倍)ほどの筋肉からなる長い1本の消化管の中を通過しながら消化されて、栄養分が吸収されます。 消化管の中には、1日に約8リットルもの大量もの消化液が分泌される。 消化・吸収に要する時間、すなわち飲食物を摂取してから排泄されるまでの時間は24時間から72時間となっている。 この通過時間は滞胃時間に依存をし、脂肪が多いと時間は長くなる。 消化管の内側から粘膜、筋層、漿膜(外膜)に分けられる。 粘膜層は、消化液、粘液を分泌する腺が多く存在している。 常にぬるぬるとして潤っており、食物が通過しやすく、固形物が消化管を傷をつけない構造となっている。 消化管のいたる部分に消化液を分泌する分泌腺がみられるが、食道には消化液の分泌腺はみられない。 一方、消化壁の構造 筋層は、消化管の運動を受けもつ。 筋肉の壁の内側には自律神経系が走り、消化液の分泌や消化運動をコントロールしている。 胃の筋層は消化管の中でも一番発達をしている。 消化の仕組みと消化器における消化のメカニズム 食べものは、口から入り食道を通胃の中で強い酸性の胃液とよく混合されます。 胃の中で食べものはドロドロに溶かされ、その後十二指腸に移動します。 十二指腸では消化液と混ざります。 その一つは胆汁で、胆汁は肝臓で作られた後、一時的に胆のうに蓄えられ、胃の動きが活発になるとその刺激が胆のうに伝わり、胆汁が一気に十二指腸へ流れ込みます。 また、胆汁はアルカリ性なので、十二指腸で胃酸を中和する作用を持っています。 胃の裏側にある膵臓からは消化酵素が分泌されます。 消化酵素は食べものをブドウ糖やアミノ酸と言った栄養素に分解します。 ヒトの体の消化管は、様々な臓器から成り立っており、その各臓器の働きは違っています。 口から入れた食事を効率よく分解して吸収するために物理的な消化と化学的な消化を行います。 これは、他の動植物のタンパク質などの高分子化合物がもつ生物の種特性をなくすことでもある。 ヒトが異種のタンパク質などそのまま取り入れてもアレルギーを起こす。 これを無くす為にも一度、消化管で細かな単位に分解しヒトの体の中へ取り入れられる形に変えてから吸収をしています。

次の

消化管グループの臨床

消化 器 管

消化管フィルターを介した、人類の福祉への貢献を目指して 私たちは、消化器内科の中でも、消化管を専門として、診療、研究、教育に従事するグループです。 消化管は、口腔に始まり、咽頭・食道・胃・小腸・大腸を経て肛門に終わる一条の管であり、主に食物の消化・吸収を行う臓器です。 このような多岐にわたる機能を有している消化管の、器質的、または、機能的異常こそが、消化管疾患として、私たちが日々対峙する対象です。 日本は従前から胃癌大国と言われ、胃癌撲滅に向けての施策や研究が精力的に行われて参りました。 また、近年の大腸癌の増加なども相まって、現在の私たちの診療、研究の主体は、器質的疾患、特に、癌に傾倒しており、消化管癌の病態解明、発症予防・早期発見・低侵襲治療法の開発、切除不能でも諦めない医療の実践、などに数多くのグループ員が関わっております。 もちろん、癌以外にも、炎症性腸疾患などの難治性良性疾患や小腸などの未開拓領域の疾患を追求するグループ員も在籍しており、これらの分野でも多くの成果をあげております。 さらに、私たちの持つ高い内視鏡技術を生かして、消化管出血などの急性期疾患に対する最後の砦としての機能も果たしております。 大変ありがたいことに、消化器内科への入局を希望する若手医師が年々増加しており、それに伴って、私たち消化管グループも年々大きく成長しております。 更なる飛躍を目指して、今後は、これらの器質的疾患に加え、機能性疾患や機能異常による全身疾患への関わり、再生医療など、より広い視野での診療、研究を遂行していくことを模索しております。 大学病院の最大の使命は人材育成、教育であろうと思われます。 消化管グループでは、消化管分野を極めようと扉を叩く若き精鋭たちの個を大切に、共に学び、共に成長しながら、10年後、20年後には、皆で大輪の花を咲かせられるように、最大限の協力、配慮を行っております。 各グループ紹介をご覧いただき、もし私たちに興味をお持ちの方がおられましたら、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。 (文責: 藤城光弘).

次の

消化器の種類と役割機能

消化 器 管

消化器系の構造 消化器系とは食べ物を摂取、消化し栄養素を吸収する器官系のことで、消化管と管に属さない肝臓、胆嚢、膵臓からなっています。 消化管とは口腔、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、結腸、直腸)を経て、肛門まで長さ8~10mの1本の管のことをいいます。 消化管の臓器はほぼ同じような組織構造になっています。 管の内側から粘膜、粘膜下層(ねんまくかそう)、筋層、漿膜(しょうまく)となっています。 栄養素を利用するために、人の体には消化と吸収の働きがあります。 消化とは食物の中に含まれている栄養素を消化酵素によって小腸上皮細胞で吸収しやすい形にまで分解する過程のことです 消化は機械的消化と化学的消化に分類されます ・機械的消化:口腔内での咀嚼、嚥下、胃腸での蠕動運動や分節運動による消化。 消化の過程において最終段階の消化。 膜消化には糖質分解酵素とたんぱく質分解酵素があります。 消化管の動きとは働きは自律神経と消化管ホルモンによって調節されています ・自律神経による調節 自律神経には交感神経と副交感神経があります。 交感神経は消化器系の活動に対して抑制的、副交感神経は消化器系の活動や消化液分泌に促進的に働きます。 通常、昼間は交感神経が働き活動モード、夜は副交感神経が働き体や心をリラックスさせます。 自律神経のバランスが維持されることで健康は保たれます。 ・消化管ホルモンによる調節 消化作用を調節する消化管ホルモンはガストリン、セクレチン、コレストキニンなどがあり胃、腸管の粘膜、膵組織にある細胞から分泌され、消化液の分泌を調節(促進、抑制)します ガストリン:胃から分泌。 胃液(胃酸やペプシノーゲン)の分泌促進 セクレチン:十二指腸から分泌。 膵液の分泌促進、胃酸とガストリンの分泌抑制に作用 コレストキニン:十二指腸から分泌。 胆汁および膵液の分泌を促進 管腔内消化酵素は不活性型の消化酵素(酵素前駆体)として消化液中に分泌され、活性化されるものもある 例:胃液の中のペプシノーゲン(不活性型)は胃酸に触れるとペプシン(活性型)になり、たんぱく質を分解する ・糖質分解酵素 マルターゼ:麦芽糖(マルトース)を分解し、グルコース(ブドウ糖)とグルコース(ブドウ糖)に分解 スクラーゼ:スクロース(ショ糖)を分解し、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)に分解 ラクターゼ:ラクトース(乳糖)を分解し、グルコース(ブドウ糖)とガラクトースに分解 ・たんぱく質分解酵素 ジペプチダーゼ:ジペプチド(アミノ酸2分子の結合)を分解.

次の