私が頂くのは。 「頂く」と「いただく」はどちらが正しい?使い方や類語も解説

マニア倶楽部 [MC202001]「私を奴隷にしてください」という4年越しのお願いを叶えて頂くことができました。

私が頂くのは

「頂く」と「いただく」漢字とひらがなの違いと使い分け 「いただく」の漢字とひらがなにはそれぞれ別の意味があり、漢字とひらがなを使い分ける必要があります。 漢字で「頂く」と書き表すのは、「食べる・飲む」の謙譲語と、「もらう」の謙譲語として使用する場合です。 ひらがなの「いただく」の場合は、「ご覧いただく」「お越しいただく」など補助動詞としての役割のときに使用します。 補助動詞の「いただく」は文部科学省によってひらがなで表記すると定められているのです。 動詞に付属して「いただく」と使う場合は、ひらがなで表記しましょう。 例えば、多くの人が「ご覧頂く」「お越し頂く」というふうに漢字で表記しがちですが、本来は「ご覧いただく」「お越しいただく」と表記するのが適切です。 という違いがあります。 「頂く」と「戴く」の違いと使い分け さらに「いただく」の漢字には、「頂く」と「戴く」の二種類があります。 「頂く」は、前述したように「食べる・飲む」の謙譲語、「もらう」の謙譲語として使用します。 「頂く」は常用漢字であり、普段書面ではこちらを使うことが多いです。 「戴」には「面を持ち上げてかぶせる」「頭に物をのせる」という意味があります。 「戴く」にも「頂く」と同様の意味が含まれますが、主に対象が自分より非常に上である場合や、物品や品物に関わる時に使用されます。 「もらい物」という意味での「戴き物」にはこちらの漢字を使用します。 「戴く」は常用外漢字のため、通常はあまり使うことはありません。 使い分けの例として、 お菓子を頂く・・・(自分が)お菓子を食べる お菓子を戴く・・・お菓子をありがたく受け取る と、漢字1つ違うだけで意味が変わってきます。 「いただく」の他の類語 ビジネスシーンでは、「いただく」の他の類語もよく使います。 頂戴の使い方 「いただく」の類語に「頂戴」もあります。 漢字の「頂」には、てっぺんの意味もあります。 また、「戴」には、高くものを捧げるという意味もあります。 この2つの漢字からなる「頂戴」は、よりへりくだった丁寧な表現になります。 もらうこと、食べることをへりくだった表現のほか、もらったものをうやうやしく扱う様も意味しているでしょう。 また、ものを欲しい時や食べたい時に、相手に促すためにも使います。 「頂戴する」をさらに丁寧に言いたい時には、「頂戴いたします」や「頂戴しております」などとすることもできます。 ・貴重なご意見を頂戴いたしました。 ・ご案内状は、すでに頂戴しております。 ・頂戴した資料について、いくつか質問をさせていただけますか。 などと使うことができます。 賜るの使い方 日常生活ではあまり使いませんが、ビジネスのフォーマルなシーンでは使うことが多いのが、「賜る」(たまわる)でしょう。 「賜る」は、 特にあらたまったシーンで「もらう」の謙譲語、天皇など身分の高い人から「与えられる」場合の尊敬語として使います。 かなり丁寧な表現なので、上司など比較的身近な目上の人に使うと、かえって嫌味に聞こえてしまうこともあるでしょう。 例文として、 ・立派なお品を賜りまして、ありがとうございます。 ・御来賓のA様からご挨拶を賜りたいと存じます。

次の

「頂く」と「いただく」はどちらが正しい?使い方や類語も解説

私が頂くのは

「頂く」って何気なくよく使うけど、正しい意味で使えてるのかな…?「いただく」とどう違うんだろう。 「頂く」も「いただく」もビジネスシーンで使い分けることは重要ですが、「どちらを使えばいいんだろう?」と迷ってしまう場合もありますよね。 「頂く」には2通りの意味があり、 1つは「もらう」「食べる」「飲む」といった動詞の敬語表現で、もう1つは「していただく」と他人から動作をしてもらうことです。 ひらがなの「いただく」の場合はどちらの意味でも使いますが、漢字の「頂く」は動詞の敬語表現だけで使われています。 本記事では、「頂く」と「いただく」の違いや、それぞれの使い方と例文、類語について解説します。 この記事を読んでいただければ、ビジネスシーンで「頂く」と「いただく」を適切に使いこなすことができますよ。 ぜひ、最後までご覧ください。 <例文>• お客様からお叱りを 頂戴しました。 お名前を 頂戴してもよろしいですか?• お食事は 頂戴したので、もう。 「頂く」よりもさらに上品な表現や丁寧な表現をしたい場合は「頂戴する」の方を使うようにしましょう。 3-3.「頂く」と「下さる」の違い 「下さる」は「くれる」を丁寧に表現した言葉です。 「物をもらう」という意味で使えるので、その点では「下さる」は「頂く」と共通しています。 また「下さる」には「相手に何かをしてもらう」という意味があるので、その点でも「頂く」と同じです。 ただ「頂く」は「自分が相手に頼んだ結果として、なにかをしてもらう」という意味があります。 対して、 「下さる」は自分が頼んだかどうかに関係なく、単に「相手になにかをしてもらう」という場合に使うのです。 例えば以下のように使われます。 <例文>• 贈り物を 差し上げます。 以前 差し上げたお菓子はいかがでしたか?• 一度食べた物を 戻してしまいました。 気分が悪くなって 戻してしまったようです。 「頂く」の意味によって、反対語が「差し上げる」か「吐く(戻す)」と変わるので、その時の意味によって反対語を必要があります。 まとめ 「頂く」は「もらう」「食べる」「飲む」の丁寧語と謙譲語としての使い方と、「相手に何かをしてもらう」という使い方があります。 「頂く」には、複数の意味や使い方があるため、何を意味しているのかを意識することが大切です。 「頂く」を使うときは、ビジネスシーンで誤解が生じないように、他の似ている言葉と使い分けていきましょう。

次の

「頂く」と「戴く」の意味と使い方とは? 【ビジネス用語】

私が頂くのは

「頂く」って何気なくよく使うけど、正しい意味で使えてるのかな…?「いただく」とどう違うんだろう。 「頂く」も「いただく」もビジネスシーンで使い分けることは重要ですが、「どちらを使えばいいんだろう?」と迷ってしまう場合もありますよね。 「頂く」には2通りの意味があり、 1つは「もらう」「食べる」「飲む」といった動詞の敬語表現で、もう1つは「していただく」と他人から動作をしてもらうことです。 ひらがなの「いただく」の場合はどちらの意味でも使いますが、漢字の「頂く」は動詞の敬語表現だけで使われています。 本記事では、「頂く」と「いただく」の違いや、それぞれの使い方と例文、類語について解説します。 この記事を読んでいただければ、ビジネスシーンで「頂く」と「いただく」を適切に使いこなすことができますよ。 ぜひ、最後までご覧ください。 <例文>• お客様からお叱りを 頂戴しました。 お名前を 頂戴してもよろしいですか?• お食事は 頂戴したので、もう。 「頂く」よりもさらに上品な表現や丁寧な表現をしたい場合は「頂戴する」の方を使うようにしましょう。 3-3.「頂く」と「下さる」の違い 「下さる」は「くれる」を丁寧に表現した言葉です。 「物をもらう」という意味で使えるので、その点では「下さる」は「頂く」と共通しています。 また「下さる」には「相手に何かをしてもらう」という意味があるので、その点でも「頂く」と同じです。 ただ「頂く」は「自分が相手に頼んだ結果として、なにかをしてもらう」という意味があります。 対して、 「下さる」は自分が頼んだかどうかに関係なく、単に「相手になにかをしてもらう」という場合に使うのです。 例えば以下のように使われます。 <例文>• 贈り物を 差し上げます。 以前 差し上げたお菓子はいかがでしたか?• 一度食べた物を 戻してしまいました。 気分が悪くなって 戻してしまったようです。 「頂く」の意味によって、反対語が「差し上げる」か「吐く(戻す)」と変わるので、その時の意味によって反対語を必要があります。 まとめ 「頂く」は「もらう」「食べる」「飲む」の丁寧語と謙譲語としての使い方と、「相手に何かをしてもらう」という使い方があります。 「頂く」には、複数の意味や使い方があるため、何を意味しているのかを意識することが大切です。 「頂く」を使うときは、ビジネスシーンで誤解が生じないように、他の似ている言葉と使い分けていきましょう。

次の