喉 に 違和感 咳 が 止まら ない。 喉のつかえ感:医師が考える原因と対処法|症状辞典

吐くまで止まらない咳…。

喉 に 違和感 咳 が 止まら ない

喉の違和感はちょっとしたことでも不快感が大きく非常に気になるものです。 風邪をひいたわけでもないのに喉に不快感がある• なんだか喉の奥に何かがつまっているような違和感がある• 病院では風邪と言われたが、なかなか喉のつかえ感がとれない このような症状がみられたとき、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 喉のつかえ感を引き起こすことのある病気 喉のつかえ感を引き起こす病気はさまざまなものがあります。 喉のつかえ感を引き起こす頻度の高い病気 喉のつかえ感を生じる原因として頻度の高い病気は以下のようなものがあります。 逆流性食道炎 ぎゃくりゅうせいしょくどうえん とは、胃液が食道に逆流してしまうことで食道の粘膜に炎症が起きる病気です。 胃と食道の境目の筋肉のゆるみ、などによる腹圧上昇、胃酸の分泌過多などが原因で起こります。 特に食後に喉のつかえ感が起こりやすいといわれています。 他には胸焼けや咳、酸っぱいものが込み上げてくるような感じなどの症状が特徴的です。 ポリープ・がん 喉周辺の咽頭、喉頭、食道といった器官にポリープやがんができると、喉のつかえを感じることがあります。 咽頭は鼻の奥から食道までの食べ物と空気が通る部分で、ポリープやがんができると鼻や耳のつまったような症状や首の腫れなどがみられます。 喉頭はのど仏のあたりで気管と咽頭をつないでいる場所で、がんやポリープができると喉の異物感や声がかすれるなどの症状が現れます。 しかし、ある程度大きくなるまで自覚症状がないことも少なくありません。 喉頭には声帯があり、声の出し過ぎなどでポリープができやすいところです。 ポリープができると声がかすれるなどの症状がでます。 は初期には自覚症状が現れない事も多く、進行するにつれて胸の違和感や声のかすれなどの症状が現れます。 食道にはがんではないポリープなどができることはまれといわれています。

次の

数日前から喉がホコリっぽいような粉っぽいような違和感を感じ、咳を...

喉 に 違和感 咳 が 止まら ない

もっと見る 肺や気道など呼吸器系に何らかの問題があると、数週間から数ヶ月にかけて咳が治まらないことがあります。 咳が続く期間やその他の症状により、どんな病気が疑われるかは様々です。 この記事では、咳が止まらない期間ごとにどのような病気が疑われるか、また、症状を和らげる方法について解説します。 咳が止まらないのはなぜ?病気の可能性はある? 1.咳の役割 咳はウイルスや細菌など、病原体が体に入り込んできた時にそれを外に排出する役割があります。 咳をすることで体の中に入り込んだウイルスや細菌を減らそうとしています。 また、気道にたまった痰を出す役割もしています。 咳は身体の中にウイルスや細菌をため込まず、健康的な状態でいるために起こる症状の一つです。 2.痰をともなうかどうかが分かれ目 咳が続く期間や症状の重さにより、注意すべき度合いは変わります。 まず、 咳に痰が伴うかどうかという点でも大きく違いがあります。 痰はなぜ出る? 健康な人でも痰は出ます。 痰は、たばこや肺炎、気管支炎など、ほこりや異物、病原菌を排除する反応の結果として出るものです。 痰が続くのは、強い刺激や炎症があるため 痰が続くのは、のどの奥から肺までの空気の通り道の粘膜表面に、 強い刺激や炎症が長く続いているからと考えられます。 3.咳が続く期間と考えられる病気 咳以外に風邪のような症状がなければ、咳が出ている期間によって以下に分類することができます。 3週間以内、またはその前後続く咳 3週間程度、あるいはそれより咳が出ている期間が短ければ、 肺炎や喘息などの可能性が高いといえるでしょう。 また、心臓関連の病気として、うっ血性心不全などの可能性も考えられます。 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を発症している時にも、3週間以内の短い咳の症状が出ることがあるので注意が必要です。 8週間以上続く咳 一方、8週間以上続く慢性的な咳は、大きな病気を抱えている可能性もあります。 3週間以上続く場合、その原因となっている病気の多くは 非感染性の疾患であることがほどんどです。 咳喘息や肺結核、アトピーなどが挙げられます。 他には肺がんなどの可能性もあります。 2ヶ月程度続く場合は病院へ 2ヶ月程度、あるいはそれ以上咳が続く場合は、咳の症状に関わらず、すぐに病院を受診するようにしましょう。 つらい咳が3週間以上続く…考えられる病気とは? 1.胸膜炎 感染症やがんなどの腫瘍が原因のことも 胸膜炎とは、肺を包んでいる膜のことを指します。 肺は、2枚の薄い皮でできており、この膜が何らかの影響で炎症を起こしている状態を胸膜炎といいます。 原因は、感染症やがんなどの腫瘍であることも少なくありません。 また、直接的な咳の原因は胸膜炎にあったとしても、胸膜炎にがんなどの可能性が隠れていることもあるため、詳しく検査をする必要があります。 2.COPD 喫煙がもっとも大きな原因となる 慢性閉塞性肺疾患を英語にしたときの頭文字を取ったものが、COPDと言われています。 タバコを日常的に吸う人に見られることが多い病気です。 肺が慢性的に炎症状態になることで、息を吐き出す機能が弱くなり、しっかり息を吸えないことで呼吸困難になることがあります。 遺伝要因や、大気汚染で発症するケースも 原因の最も大きなものが喫煙ですが、遺伝的な原因がないわけではありません。 細菌や大気汚染も原因になることが分かっています。 中国でも問題となっている PM2. 5でも、COPDを煩う可能性があるので注意するようにして下さい。 3.肺がん 咳の他に、息切れや胸の痛みも 肺がんは重篤な病気の一つです。 咳は8週間程度からそれ以上と、長期に渡るものになります。 他にも肺がんの初期症状としては、息切れや胸の痛みがあります。 しかし、最初は痛みが弱かったり、一時的な痛みであることから、何となく気になる程度で終わってしまうので、注意をして様子を見る必要があります。 つらい咳の症状をどう和らげる? 1.加湿器や洗濯物の部屋干しで乾燥を防ぐ 咳は、部屋が乾燥していることで 喉が乾燥すると、その分咳も出やすくなります。 まずは乾燥を防ぐために加湿器をすることや、加湿器がなければ部屋の中で洗濯物を干すのも良いでしょう。 2.こまめな水分補給やマスクをしても こまめな水分補給で喉を潤すことを心がけ、それでもまだ乾燥が気になる場合はマスクをするなど工夫をしましょう。 長く咳をしている人は、喉が痛くなることもあります。 はちみつやしょうがなど喉に良い食材を使い、紅茶やホットミルクを飲むのもおすすめです。 まとめ 咳が止まらないこともいくつか理由があり、その中でも8週間以上の咳が続いている場合には、肺がんなど重篤な病気が隠れていることもあります。 たかが咳と甘く見ずに十分に注意が必要です。 3週間程度の咳であれば、風邪の可能性も高いので様子を見ながら生活習慣を整え、栄養と睡眠をしっかりとるようにしましょう。 咳以外に症状がなくても、長期間に渡って咳の症状がある場合は迷わず病院へ行くことが大切です。 重篤な病気が隠されている場合、すぐに対処し治療を行うことが、完治への第一歩となります。

次の

痛くないのに!喉の違和感・異物感が続く原因はこれだった!

喉 に 違和感 咳 が 止まら ない

私の場合、水をゆっくりゆっくり飲むと収まります。 ちなみに私は「発作」と呼んでます。 病院でも特に問題なしと言われ、かれこれ10年以上のお付き合いです。 咳は特に最近はそのチクチクする辺りがこそこそするような何かがぺたっとはりついたような感じで咳が出てしまうという感じです。 突然、喉の奥が針で突いたようにチクチクし、それに伴って涙目となり、むせ込んでしまうという症状です。 毎回何の前触れもなく、突然その症状が襲ってきます。 一日に5~6回程度でしょうか。 仕事中、レジでの客応対中、電車の中、横になっている時など、時と場所に関係なくその症状が出ます。 毎回10秒~15秒程度で治まり、治まると普段の状態に戻ります。 突然その症状が出るという状態に参っています。 接客中や歯の治療中など、起きてほしくない時に症状が出てしまうのが辛いです。 高校生の時、同じく喉のイガイガチクチク咳き込み、抑えようとすると余計に出て、顔が真っ赤になり、涙でグチョグチョで困りました。 決まって同じ先生の授業の時で、その先生が教室に入ってくるとすぐに症状が出るのです。 咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とは 咽喉頭異常感症のどに異常感を感じても、耳鼻咽喉科の診察では訴えに見合う病変が咽頭や喉頭に認められない病態を総称した病気です。 内科領域では「ヒステリー球」とも呼ばれます。 さらに咽喉頭異常感症には、「原因」になることは大きく3つあると言われています。 局所的原因 局所的原因にはのどや鼻・副鼻腔、喉頭、咽頭、食道・胃、気管・気管支などの軽い炎症性疾患、およびアレルギー性鼻炎を代表とする鼻や喉頭・気管の過敏症、また甲状腺疾患、咽頭・喉頭・口腔の早期がんや良性腫瘍など腫瘍性病変、さらに形態異常による舌根肥大症、茎状突起過長症、頸椎の変形などがあります。 近年、逆流性食道炎の関与が注目されています。 全身的原因 全身的原因となる疾患としては自律神経失調症、内分泌異常、更年期障害、鉄欠乏性貧血、嚥下障害などいろいろな疾患があります。 精神的原因 精神的原因としてはうつ病、仮面うつ病、心身症、神経症、がん不安などがあげられます。 ここで分かることは「咽頭喉頭異常感症」の原因として上記で挙げられていることが、口コミサイトで飛び交っていた様々な推測交じりの病名と、かなり一致するということです。 まず「のど」に関わる耳鼻咽喉科などを受診する 様子を見るために病気を疑い薬を投与 薬が効かない場合、他の病気を疑う あれこれ試してダメなので、他の内科や胃腸科を受診して回る という感じ。 その中には時間の経過とともに症状が無くなってしまうかもしれません。 試行錯誤で病院を回っているうちに、数ヶ月が過ぎて、ストレスの原因が解消されていることがあるような気がします。 本当は自然治癒なのに、その時に飲んでいた薬が効いている、と結論に至るかもしれません。 お医者さんは最悪のケースを想定して患者の命を守ることを優先します。 慎重に診察を行うのは正しい判断です。 患者の私たちにできることは、自分の身体、性格的特徴をお医者さんにしっかり伝えることや、セカンドオピニオンとして他の先生にも診てもらうことです。 「咽喉頭異常感症」の原因をまとめる• 最初は喘息の症状残っているのかな?と思っていましたが、かかりつけのクリニックで「ストレスが喉に出ているのかも」と半夏厚朴湯を処方してくれました。 半信半疑で服用を始めたら…すぐ良くなりました。 人前では恥ずかしいし、吐いたらどうしようとか一生コレか…と色々と思って暗くなってなんですが、だんだん慣れてきました。 水を飲むとなんとか収まるので、いつでもどこでもペットボトルを携帯してます。 気にしないでいると、だんだん発作の頻度も少なくなってきました。 今ではあんまり気にならないくらいです。 とはいえ、お水の飲みづらい環境(美容院のカット中とか、会議中、運転中とか)は今でも恐怖です。 飴玉を舐めてごまかしています。 病院で問題がないとのことであれば、気にしない方がいいですよ。 「あー喉が弱いんだな」ぐらいの感じで気長に付き合ってれば、きっと良くなります。 40代女です。 私は、同様の症状が、ちょっと換気が足りないかな?っていう、室内で、よく起こりました。 また、咳もしづらいコンサートの最中とか。 ほんとに、ホコリがのどに貼り付いた感じです。 咳き込むと、涙は出るし、吐きそうになるほど。 近くの医院で紹介状を書いてもらったけど、大きな病院に行く前に、何時の間にか治りました。 自分では、やはり、室内(音楽ホールも)に漂う何かに、アレルギー的反応をしたんじゃないかと思います。 アレルギー薬頂きました。 調子良いです診断は咽頭過敏症でした… まとめ 「チクチク咳発作」に対処するためには、自分の生活を振り返ってみて、先入観を捨てて原因を見極めることが大事。 原因は人によって様々です。 心と身体と向き合い、人生と向き合い、ちょっとずつ改善していきましょう。 精神的に自分を追い詰めると、悪化する恐れがあるので、「ちょっとずつ」というのがポイントです。 精神的なことが原因だった僕は、苦しみが痛いほど分かるので、 ちょっとずつ、ちょっとずつ、 原因と向き合っていきましょう。 追記) 僕は、ストレスの原因から離れて、時間が経つことで、発作は出なくなりました。 しかし、 10年以上経った今でも、自分に合わない種類のストレスに直面すると、同じ症状が出てきます。 その時は、 「あ、この場所は自分に合わないんだな」 「この人とは関わらない方が良いのかもしれない」 「少し休みを取るべきかな」 と判断する指標にしていたりします。 発症から10年以上たって、症状の原因と向き合うなかで、僕はその考えに至りました。 チクチク発作が出てしまうのは、自分の限界を超えているサインかもしれない。 無理しすぎている自分を守るため、身体が教えてくれているサインなのかも。 受検や仕事など、日々の努力の集大成であり、人生を左右する場面で症状が出てくるのは、辛かったです。 しかし、 他の全てを差し置いてでも守るべきものは「自分の心と身体」だと僕は確信しています。 みなさんの病状が改善させることを願っています。 運動不足を解消して、ストレスに対処する 他にも、運動不足はストレスとかなり関連が深いと言えます。 手軽にできる運動もあるので、続けやすさ重視で、何か運動をしてみるのもオススメです。 空気中のホコリや花粉、アレルギーを引き起こす物質を物理的に取り除いてくれる空気清浄機は僕の生活に無くてはならない必需品になっています。 花粉、ホコリ、ハウスダスト、臭い、乾燥、などの対策に、一年中空気清浄機が大活躍しています。 電気代も一日つけっぱなしで5~10円以下。 部屋の消臭剤やアロマも買う必要がなくなり、経済的です。 結果として、喉のチクチクを通り越して、うつ状態になって引きこもりを経験したり、長いブランクで転職に苦労したり、という経験をしました。 この記事をきっかけにして、自分の生活を振り返ってみて、改善できるところを1つ1つ取り組んでいくことが、問題の根本解決に繋がるかもしれませんよ。 もしかして、あなたは5人に1人の「HSP」かも 人間の5人に1人はHSP Highly Sensitive Person という気質を持っていることが、研究で明らかになっています。 病気じゃないのに、周りと馴染めない、意見が合わない、生きづらい…と感じながら、辛い気持ちを抱えている人が5人に1人もいます。

次の