アメリカ コロナ トランプ。 アメリカのトランプ大統領が、新型コロナウイルスは【中国の武漢の...

トランプ政権の失策でアメリカの危機は深刻に

アメリカ コロナ トランプ

ロイター通信のインタビューを受けたトランプ米大統領(写真:ロイター/アフロ) ロイター通信が4月29日に配信したトランプ米大統領インタビューの内容は、中国に対して現職のアメリカ大統領が抱いている不信感がいかに根強いかをこれ以上ないほど印象付ける、下記の発言を含んでいた。 「このレース(大統領)選挙で私を敗北させるために、中国はできることは何でもやるだろう(China will do anything they can to have me lose this race. )」 新型コロナウイルス感染拡大およびそれを阻止するための政策対応から、米国の景気は断続的に悪化している。 経済の状況が悪化すれば、再選を目指している現職の大統領にとって強い逆風になる。 大統領はこのインタビューでさまざまな選択肢を検討していることを明らかにしつつ、「私には多くのことができる」と述べた。 米国における新型コロナウイルスへの感染者数はすでに120万人を超えており、世界で最も多い。 米メディアによると、このウイルスへの感染による死亡者数は、ベトナム戦争における米国人の死亡者数(5万8220人)を、4月28日時点で上回った。 不用意な発言を繰り返すトランプ大統領 そうしたことも念頭にあるのだろう。 トランプ大統領は5月6日、新型コロナウイルスは「我々が経験した中で最悪の攻撃だ。 パールハーバー(1941年の旧日本海軍による真珠湾攻撃)や世界貿易センタービル(2001年の米同時多発テロ事件)よりひどい」としつつ、「これは決して起こるべきではなかった。 発生源の中国で止めることができたはずだ」と述べて、中国責任論を展開した。 大統領のこのところの言動からは焦りが隠せない。 「消毒薬発言」のような不用意なコメントも出てきている。 そして、この問題では大統領の忠実な部下であるポンペオ国務長官が、大統領の上記の発言よりも前から中国批判を繰り返しており、米政府は現時点でウイルスとの闘いを優先しているが「いずれ中国の責任を問う時が来る」と警告している。 ポンペオ長官は、中国・武漢にある研究所がウイルス発生源ではないかという見方をとっており、「武漢(Wuhan)ウイルス」という呼び方に固執している(ちなみに日本では、麻生太郎副総理・財務相や山本朋広副防衛相がそう呼んだ場面があったが、河野太郎防衛相は「新型コロナウイルス」「COVID-19」という表現でよいとしている)。 3月25日に初めてテレビ会議形式で開催された主要7カ国(G7)外相会合は、共同声明を発表できなかった。 報道によると、新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」と呼ぶべきだとするポンペオ長官の主張に対し、「国際協調が求められる時に不必要な争いの元になる」として米国以外の国々がこの呼称に反対したためだという。 ポンペオ長官は4月22日には、世界保健機関(WHO)への迅速な報告などを中国が怠ったと非難した。 中国国内の全省に感染が広がるまで1カ月にわたり中国が「人から人への感染」を報告しなかったとし、その上で、WHOへの報告後も「全情報を共有せず、新型コロナ感染症がいかに危険であるかを隠ぺいした」と主張した。 1週間後の29日には、武漢の研究所施設への調査目的の立ち入りを認めるよう、中国に対してあらためて要求。 「武漢から来たウイルスのために経済は衰退し、多くの命が失われた」と述べて、中国政府の感染拡大に関する責任論を展開した。 さらに5月3日、ポンペオ長官はABCテレビのニュース番組で、このウイルスが「武漢の研究所から発生したことを示す多くの証拠がある」「確証を得るため情報機関が検証を続けている」と述べた。 トランプ大統領がFOXニュースで同日述べたところによると、「何が起きたのか、非常に強力な報告書が出るだろう。 決定的なものだ」「彼らは過ちを犯したが、それを隠そうとした。 火事を消そうとしたが、できなかったようなものだ」という。

次の

アメリカ大統領選挙 トランプ氏にコロナ逆風は吹くか(2020年4月6日)|BIGLOBEニュース

アメリカ コロナ トランプ

アメリカのトランプ大統領が、新型コロナウイルスは【中国の武漢の研究所から流失した】と発しておりますが、トランプの発言をそのまま全て信用する訳ではありませんが、 中国の死亡した医師が最初に告発したにも拘らず、中国政府はその報道を封じ込め、その後も数々の隠匿を重ねていた事実からも、中国も故意にバラまいたとは言いませんが、あながちアメリカ(トランプ)も根拠の無い、只単の言いがかりとは思えません。 勿論、野生動物が保持していたウイルスが自然発生した可能性も考えられますが、それまでにも存在していた生物(こうもり?)ですし、もっと早く(何年も前の過去)に出ていた筈です。 この世界を巻きこんだ世紀末的な事件を、皆さん如何お思いでしょうか?。 御意見をお願いいたします。 新型コロナウイルスは【中国の武漢の研究所から流失した】と発しておりますが... その可能性は残念ながら、非常に高くなっております。 ノーベル生理学・医学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士... 「この新型コロナは、人工的なウイルスである。 」という内容のYahoo! ニュースの記事が昨日ありました。 また、東大の林建良氏... 「今回のウイルスは、人為的に作成された跡があり、自然界のモノとは明らかに異なる。 」という情報も、その前にありました。 またコウモリは武漢にはいない... という情報もあります。 それも世界中を相手に。 一党独裁で選挙のない、世界で唯一の国なのに。 人命を軽視する国なのに。 2015年共産党公式サイトにて武漢ウイルス研究所の研究員である石正麗氏により、 「サーズとエイズを掛け合わせる事により、人の気道に付着する新しいコロナウイルスの製造に成功した。 」と誇らしげに論文を発表している。 米国に対して、バイオ兵器の開発技術力の高さを誇示したことが仇となる。 2020年1月には軍用サイトに「新型コロナは武漢研究所にて石正麗グループにより製造され、彼らが拡散させた。 」と内部告発されている。 サイトは即削除され、内部告白した所員と関係者ら全員が消息不明と成っている。 「石正麗」とネット検索すれば、本人の顔写真とリーク情報が掲載されています。 研究所で被爆したのが2019年9月。 武漢で最初の感染者が確認されたのが2019年10月1日。 武漢閉鎖が2020年1月23日なので、被爆して4カ月間もウイルスを開放していた。 石正麗グループがウイルスを拡散させた不祥事を中国政府に隠蔽したことがその原因である。 彼等の誤算は新型コロナが変化したこと。 あらかじめ準備していたワクチンが全てのウイルスに効かなかった。 米国も武漢の異変を察知し、FBIの潜入捜査を開始する。 また2011年から中国に買収されていたハーバード大学の科学者が2020年12月にFBIに逮捕される。 彼は武漢理科大学にも籍を置き、米国内から様々なウイルス細胞を密輸していた。 中国からの緊急要請で、新型コロナの特効薬となるモノを持ち運ぼうとして空港で逮捕されている。 FBIの潜入捜査官達も、対細菌兵器の防護装備を身に付けている人民軍を観て、事態の深刻さに気が付き慌てて国外に脱出する。 トランプ大統領が中国からの入国拒否をどこよりも即断できたのはバイオ兵器だと確信したから成し得た。 一時エイズの特効薬が、新型コロナに効くとの噂が立ったのも、サーズにエイズを掛けて製造してるがゆえ鎮静効果が表れた。 中国本土の感染拡大が終息した疑問は、あらかじめワクチンを持っていた。 自身が製造したので新型コロナの性質を把握している。 変化したコロナに対しても、保有ワクチンを少し改良するだけで対応できた事が理由である。 細菌兵器の割には死傷者が少ない理由は、新型コロナウイルスは台湾で感染させる目的で開発された。 感染拡大で瀕死になった台湾政府に対して、中国が救世主を演じてワクチンを授与して従属させる。 台湾を中国共産政権に完全に取り込むのが目的なので、致死量は低めに設定されている。 これは私感だが、武力弾圧が出来ない香港に使用しようと試みた過程で被爆したと憶測する。 現在、諸外国に対して何食わぬ顔して救世主を演じている中国共産党。 米国やフランスの空母5隻が新型コロナに感染して、機能が停止し持ち場を離れているその隙に東シナ海で軍事行動を再開している。 日本をはじめ世界の有望企業の衰弱を見計らい買収しようと企んでいる。 正に外道のマッチポンプ。 近いうちに米国により真相化解明されるだろう。 全世界が激怒し中国共産党の対応次第で軍事衝突が勃発する恐れもある。 現在世界で新型コロナによる死者は16万人以上。 今後数倍化するでしょう。 志村けんの命を奪い。 多くの人々の幸せを奪い。 生活や家庭を崩壊させた。 地球規模の大犯罪です。 必ず報いをうけるだろうね。

次の

新型コロナが脅かすトランプ再選、なりふり構わぬ対策で乗り切れるか

アメリカ コロナ トランプ

初夏の訪れとともに新型コロナウイルス感染拡大が落ち着き、アメリカでは5月から経済再開が各州で始まった。 感染者数や死者数が最も多かったニューヨーク州では厳格なロックダウンのおかげか感染が大幅に減少。 地元局(電子版)によると、同州のアンドリュー・クオモ知事は6月25日に記者会見を行い、同日時点の新型コロナウイルス入院患者数が996人にまで減少したことを表明した。 しかし、気が緩んでソーシャルディスタンスやマスク着用を怠る人々が続出したことが原因か、とくに南部州や西部州では感染者数の爆発的な増加を見せている。 5月末からアメリカ各地で人種差別に対する大規模な抗議デモが行われているが、(電子版)は、調査の結果、抗議デモでは感染者数の大きな増加はみられなかったと報道している。 もちろんこの数は検査を受けた人だけであるため、感染者数はさらに多いものと思われる。 カリフォルニア州の新型コロナウイルス感染状況を伝えるによると、同州では6月24日、5349人の新規感染者を報告。 または、テキサス州のグレッグ・アボット州知事が24日、同州で新型コロナウイルスの「大規模なアウトブレイクが発生している」と述べたと報道。 同州の6月23日の新規感染者数は5489人で、アボット知事は同州の経済再開を一時ストップすると語っている。 またによると、フロリダ州では6月23日の新規感染者数が3286人に達している。 同記事によると、バケーションの旅行先として人気のせいか同州には若年層の新規感染者が多いという。

次の