アーロン アラメダ。 ルイスネリの戦績と強さは現在も通用するか?復帰できた理由がヤバい!

ルイスネリの戦績と強さは現在も通用するか?復帰できた理由がヤバい!

アーロン アラメダ

この名前は、に従っています。 (父方の)は ネリー、(母方の)は エルナンデスです。 元世界王者。 プロモーターはサンフェル・プロモーションズ所属。 トレーナーはイスマエル・ロドリゲス。 度々のやドーピング疑惑などの素行不良で有名である。 来歴 [ ] 5月5日、ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルでホセ・グアダルーペ・サルガド(メキシコ)とデビュー戦を行い、初回1分4秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。 2016年4月16日、のにてマルティン・カシージャス(メキシコ)とアメリカ大陸王座決定戦を行い、10回3-0(100-99、99-89、98-90)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。 2016年7月30日、ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルで元世界の(メキシコ)と対戦し、5回開始TKO勝ちを収めWBCアメリカ大陸王座の初防衛に成功した。 2016年10月22日、ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルでとバンタム級10回戦を行い、2回41秒KO勝ちを収めた。 2016年12月17日、でレイモンド・タブゴン()とWBCバンタム級シルバー王座決定戦を行い、4回2分42秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 1月2日、ボクシング・シーン・ドットコムから2016年度の年間最高の若手有望選手賞であるプロスペクト・オブ・ザ・イヤー に選出された。 2017年3月11日、メキシコシティので()とWBC世界バンタム級挑戦者決定戦を行い、4回終了TKO勝ちを収め挑戦権獲得に成功した。 2017年8月15日、のでWBC世界バンタム級王者の()と対戦し、4回に山中陣営からタオルが投入され、4回2分29秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 1980年10月12日に()が打ち立てた日本人男子ボクサーとして最多の13連続世界王座防衛記録に山中が並ぶ夢を打ち砕く王座交代劇となった。 2017年8月23日、WBCは、VADA(ボランティア・アンチ・ドーピング協会)から山中戦に先立って行われたドーピング検査で、ネリーの検体からに非常に酷似した禁止薬物のに対する陽性反応が出たと通知されたことを公式サイト上で発表した。 マウリシオ・スライマンWBC会長はB検体の分析を通告し、メキシコではジルパテロールを家畜を太らせるために使用するため「メキシコでは多くの(摂取の)ケースがある。 ネリがその肉を食べたこともありうる」と語った。 2017年9月11日、WBCはネリーをWBC世界バンタム級王者としてランクインした。 2017年9月26日、『』はネリーのB検体からもジルパテロールに対する陽性反応が出たと報道し、ネリーからリングマガジン認定王座を剥奪して山中が同王座に復帰したことを発表した。 この件に関しJBCにWBCからの連絡は届かなかった。 2017年10月4日、WBCはで行われた年次総会内でWBC世界バンタム級王者のルイス・ネリーに対するドーピング問題の処分を下すとしていたが、年次総会内では処分を下せず調査を継続することを決定し、山中はWBC世界バンタム級1位であると発表した。 尚、JBCにはWBCから「より慎重に対処する必要があるためネリーに対する処分について発表しない」旨が伝えられた。 2017年10月31日、WBCは「故意にジルパテロールを摂取したという確証が得られず、汚染された食品により摂取した可能性がある」としてネリーに対する処分はせず、山中とネリーに対し再戦するよう指令を出した。 併せて、最終報告として、WBCが進行するクリーン・ボクシング・プログラム(CBP)でネリーに対するドーピング検査がVADA(ボランティア・アンチ・ドーピング協会)により2017年7月27日に行われ、同年8月22日にA検体からジルパテロールに対する陽性反応が出たとVADAから通知を受けたこと、ネリーが検査を要求しなかった為にB検体は検査されなかったこと、ネリーはこれまでCBPで4回受けたドーピング検査が全て陰性反応で、ジルパテロール検出後に日本で受けた3回のドーピング検査も全て陰性反応だったことなどが説明された。 2017年11月4日、ティフアナので(フィリピン)とノンタイトル10回戦を行い、4回にダウンを喫するも、6回1分19秒TKO勝ちを収めた。 3月1日、で行われた「ワールドプレミアムボクシング27」で元WBC世界バンタム級王者でWBC世界バンタム級1位のと再戦し、初防衛を目指す予定だったが 、ネリーが前日計量でバンタム級の規定体重である118ポンドを5ポンド超過の123ポンドを計測し、再計量でも3ポンド(約1. 36キロ)超過の121ポンドを計測したため試合前に王座を剥奪された。 そのため試合はネリーが勝つか引き分けで王座は空位となり、山中が勝てば王座獲得となる条件で行われ 、ネリーが2回1分3秒TKO勝ちを収めたため王座は空位となった。 2018年3月2日、WBCはネリーのファイトマネーの凍結を決定、帝拳ジムに対しまだ支払い終えていないファイトマネーの7割の支払いを待つよう連絡した。 さらにネリーが前日計量で規定体重を5ポンド超過の123ポンドを計測し、再計量でも3ポンド超過の121ポンドを計測したことに関し看過出来ないとしてネリーに無期限資格停止処分を科すとの声明を発表した。 2018年3月7日、WBCはネリーに対する事情聴取を行うため、ネリーにWBC本部への出頭を命じた。 翌8日にはWBC世界バンタム級王座を空位とすると共にネリーを2018年3月度のWBC世界バンタム級ランキングから除外した。 さらに翌9日にはがネリーを招聘禁止とし 、倫理委員会において通常は体重超過のあった外国人ボクサーに対する招聘禁止の期間は1年間であるが、世界王座を懸けた一戦の前日計量で規定体重を5ポンド超過し再計量でも規定体重を3ポンド超過し王座剥奪となったことは階級制を前提としたプロ競技スポーツであるボクシングに対する社会的信用を著しく毀損する行為であるとしてネリーに対し日本での事実上の永久追放処分である無期限の活動停止処分を科すことを決定し文書で発表した。 2018年6月9日、ネリーは地元ティフアナでバンタム級で復帰戦を計画するが 、WBCから警告を受けると復帰戦を取りやめた。 2018年6月18日、WBCはネリーに対する無期限資格停止処分を取り消し、6カ月間の資格停止処分に変更することを発表した。 2018年10月8日、メキシコのティフアナでジェイソン・カノイとWBCバンタム級シルバー王座決定戦で対戦し、3回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 3月16日、テキサス州アーリントンのでと対戦し、4度のダウンを奪うなど終始圧倒し、5回開始TKO勝ちを収めた。 2019年7月20日、ラスベガスので元WBA世界バンタム級のと対戦する予定だったが、前日計量でネリーがバンタム級の規定体重である118ポンドを0. 5ポンド超過の118. 5ポンドを計測し、から1時間の猶予を与えられ、1時間後の再計量で118ポンドを計測しネリーの持つWBCシルバー王座を懸け試合は通常に行われ 、ネリーが9回1分43秒KO勝ちを収めた為、WBCシルバー王座の初防衛に成功した。 この試合でネリーは15万ドル(約1600万円)、パヤノは2万5千ドル(約270万円)のファイトマネーを稼いだ。 2019年11月23日にとWBC世界バンタム級挑戦者決定戦を行う予定だったが、前日計量でネリーは規定体重の118ポンドを1ポンド超える119ポンドを計測。 ネリーは1時間後の再計量に向けた減量を拒否し、ロドリゲスに違約金を払って試合を行おうと交渉するもロドリゲス陣営に拒否され、中止となった。 2020年2月1日、WBAが、エマヌエル・ロドリゲスとのWBC世界バンタム級挑戦者決定戦で体重超過を犯し翌月のランキングから除外していたネリーを、1階級上のスーパーバンタム級2位にランクインさせた最新のランキングを発表した。 2020年2月9日、ネリーがWBCのランキングから除外されたままの中で、3月28日にWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦でWBCスーパーバンタム級12位のアーロン・アラメダと対戦することが発表された。 2020年3月28日、アーロン・アラメダと試合が決定していたがの影響で試合延期になった。 獲得タイトル [ ]• アメリカ大陸王座• WBC世界バンタム級シルバー王座• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月18日• THE ANSWER 2019年8月20日. 2019年12月13日閲覧。 Azteca Deportes 2016年4月17日• Boxing Scene. com 2016年7月30日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月31日• Boxing Scene. com 2016年10月23日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月23日• Boxing Scene. com 2016年12月18日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月18日• Boxing Scene. com 2017年1月2日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月3日• WBC公式サイト 2017年3月12日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月12日• Fightnews. com 2017年8月15日• WBC公式サイト 2017年8月15日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月15日• WBC公式サイト 2017年8月23日• Fightnews. com 2017年8月23日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月24日• WBC公式サイト 2017年9月11日• The Ring 2017年9月26日• スポニチアネックス 2017年9月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月28日• Fightnews. com 2017年10月4日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月5日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月4日• Fightnews. com 2017年10月31日• WBC公式サイト 2017年10月31日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月1日• THE PAGE 2017年11月1日. 2017年11月17日閲覧。 Boxing Scene. com 2017年10月31日. 2017年11月17日閲覧。 Boxing Scene. com 2017年11月5日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月5日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月5日• Fightnews. com 2018年2月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月28日• Fightnews. com 2018年3月1日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月1日• 日刊スポーツ 2018年3月3日• Fightnews. com 2018年3月2日• 日刊スポーツ 2018年3月3日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月3日• ESTO 2018年3月7日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月8日• WBC公式サイト 2018年3月8日• 日本ボクシングコミッション JBC 2018年3月9日• 日本ボクシングコミッション JBC 2018年3月9日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月9日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月3日• スポニチアネックス 2018年5月30日. 2018年7月2日閲覧。 ESPN. com 2018年6月19日. 2018年7月2日閲覧。 スポニチアネックス 2018年6月19日. 2018年7月2日閲覧。 Boxing Scene. com 2018年6月18日. 2018年7月2日閲覧。 Boxing Scene. com 2019年7月19日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年7月20日• Boxing Scene. com 2019年7月20日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年7月21日• CBS. Sports 2019年7月21日. 2019年7月26日閲覧。 日刊スポーツ 2018年11月23日. 2019年11月23日閲覧。 Boxing Scene. com 2018年11月23日. 2019年11月23日閲覧。 デイリースポーツ 2019年11月23日. 2019年12月23日閲覧。 WBA 2020年2月1日. 2020年2月17日閲覧。 J-CASTニュース 2020年2月1日. 2020年2月17日閲覧。 デイリースポーツ 2020年2月3日. 2020年2月17日閲覧。 ESPN 2020年2月9日. 2020年2月17日閲覧。 デイリースポーツ 2020年2月1日. 2020年2月17日閲覧。 The Ring 2019年3月15日. 2020年3月18日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語) 前王者 世界王者 2017年8月15日 - 2018年2月28日(剥奪) 空位 次タイトル獲得者 この項目は、関係者に関連した です。

次の

ルイス・ネリの次戦はアーロン・アラメダと7月18日に決定か?

アーロン アラメダ

両者の紹介 ルイス・ネリについて ネリは1994年生まれの25歳。 メキシコのバハカリフォルニア州ティファナの出身でこのエリアからはエリック・モラレスやアントニオ・マルガリートも輩出されておりますな。 ここまでのレコードは30勝24KO無敗。 日本のファンにも嫌われ者として有名で書くと長くなるので割愛しますが山中慎介との二連戦で試合後にドーピング検査陽性、リマッチでウェイトオーバーとやらかしまくってますな。 これまでのキャリアでは10度以上の防衛に成功していた山中慎介に日本で指名挑戦者として挑戦して4ラウンドストップ勝ちで王座獲得。 しかし試合後にドーピング検査陽性となりましたがなんともおかしな無罪放免。 さらにリマッチの前にはウェイトオーバーをやらかして大ひんしゅくを買い山中には勝ったものの日本のリングからは永久追放処分を課されてしまいましたな。 キャリアの中では元WBAスーパーフライ級暫定王者のデビッド・サンチェス、元世界タイトル挑戦者のアーサー・ビジャヌエバをKO。 前回の試合では元IBFスーパーフライ級王者のマックジョー・アローヨをKOしてその才能を絶賛されてましたな。 そして前回の試合ではマニー・パッキャオvs. キース・サーマンの前座で元WBAスーパー王者のファン・カルロス・パヤノと対戦。 間合いを取るパヤノにやりにくそうにしてましたが 9ラウンドにボディブローで沈めておりますな。 その後にWBCバンタム級指名挑戦者決定戦として元IBFチャンピオンのエマヌエル・ロドリゲスとの試合が決定したもののまさかのウェイトオーバー。 WBCはご立腹でバンタム級での試合は許さない事態になりましたな。 ちなみにこの試合はロドリゲスが試合をキャンセル。 ネリはファイトマネーに不満があってこれをやらかしたそうでロドリゲス達はトレーニングキャンプの費用なども無駄しましたが特に何の補償もなくネリは次戦で指名挑戦者決定戦っておかしな話やな。 選手としての特徴はサウスポーのファイタースタイル。 ガードを固めて姿勢を低く保ちながら射程距離に入るとワンツーを放ち間合いを詰めてプレッシャーをかけてきますな。 この選手の怖いところは多少被弾したとしても全く気にせずどんどん前に出てきてコンビネーションを放つところ。 ロープに詰めた時の連打の凄まじさはアントニオ・マルガリートを彷彿とさせますな。 アーロン・アラメダについて アラメダは1993年生まれの26歳。 メキシコのソノラ州出身でアマチュアでもエリートとして活躍。 ワールドシリーズボクシングにも出ておりますな。 ここまでのレコードは25勝13KO無敗。 身長168センチでリーチは170センチなので目立つようなものはないですが堅実なファイトをしてくるタイプですね。 キャリアの中ではネリと比べると経験不足。 WBCカリブタイトルを獲得してはいるものの10回戦の試合の経験は一度しかなく、最長ラウンドは9ラウンドと少し不安が残りますね。 選手としての特徴はサウスポースタンスから相手と間合いを保ち射程圏内になるとワンツーを出してくるスタイル。 基本的には中間距離からロングレンジを得意としているボクサーでガードがとても高いです。 接近戦は得意ではなさそうですが相手の入り際に合わせるアッパーやボディはめちゃくちゃ鋭角。 回転力ではネリに劣りますが入ってくるところにカウンターを合わせて押し潰せるかどうかだな。 試合予想 今回の予想ですが ネリの判定勝ちでいきたいと思います! まずネリはスーパーバンタム級では体格的に不利になる。 バンタム級でもそんなに大きくなかったしそこまでウェイトが苦しいとは思えないほどだった。 本人的な性格の面もあるのでなんとも言えないけどバンタム級でやってた方が個人的には無難だったと思う。 被弾することも多いスタイルだからってのもあるけど。 ただこの人がまだ勝つと思うのは実力は確かにあるから。 基本的にネリは接近戦での打ち合いを得意としていてパンチがかすりさえすればガンガン出てくる。 たとえ疲れたとしてもコンビネーションを打ち込んでくるのでとてもやりにくいし厄介なファイター。 右フックで捕まえてコンビネーションに繋げられると逃げられないかな。 アラメダはサウスポースタンスですが足は速くないです。 おそらくネリの入り際を狙うことになるけどこれが機能しなかったらあっさりとインサイドに入られることになる。 そしてそうなる確率は高いと思うし、ネリのボディから顔面への返しのコンビネーションを受けて徐々に失速。 しかしなんとか耐え切って判定まで縺れ込むかな。 ネリならばWBCチャンピオンのレイ・バルガスに勝つことは可能だと思う。 てゆーかバルガスよりアラメダとの試合のほうがなんか苦戦しそうな気がするな。 アラメダは近場でも打ち返してくるので気が抜けない。 しかもアマチュア出身なのにパンチ結構大振りだしわりと怖い。 ネリもまともにもらうと危ないかもしれないな。 やはりネリはどう考えてもバンタム級にいた方が良かった。 もう出禁になってるから言っても仕方ないけど本当に後先考えられない安直な性格なんだな。 海外ボクシングの試合を見るなら WOWOW がおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!.

次の

Boxingオタクのsports観戦記

アーロン アラメダ

元WBCバンタム級王者で体重超過の常習犯、ルイス・ネリ(メキシコ=写真)が3月28日、米ラスベガスのパークシアターで開催される「ショータイム・ボクシング・スペシャルエディション」に出場、同胞のアーロン・アラメダとWBC・S・バンタム級挑戦者決定戦を行うと、ESPNなど米メディアがイベントを中継するショータイムの話として伝えた。 ネリは2017年8月、V12王者の山中慎介を4回TKOで下して王座を獲得。 その後、ドーピング違反が発覚する騒ぎとなり、18年3月の山中との再戦では、前日計量に失格して王座をはく奪された(試合はネリの2回TKO勝ち)。 その後、同年10月に復帰して4連勝をマーク。 しかし19年11月、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBCバンタム級挑戦者決定戦の前日計量でまたしても体重超過により失格。 試合は中止になった。 30勝24KOのネリに対し、WBC12位のアラメダは25勝13KOで同じく無敗。 WBC同級チャンピオンはこちらもメキシコのレイ・バルガス。 同じリングではヘビー級10回戦で、昨年9月に元同級統一王者タイソン・フューリー(英)と12ラウンド戦って敗れたオト・ヴァリン(スウェーデン=20勝13KO1敗1無効試合)が登場。 一度はWBAヘビー級王座を獲得しながらドーピング違反で王座をはく奪された経験を持つ40歳、ルーカス・ブラウン(豪=29勝25KO2敗)を迎える。

次の