八幡 アンチ ss。 【俺ガイルSS】八幡「不意に、俺はあのセリフを思い返す。」

八幡「やはり俺が人間を愛しすぎるのはまちがっていない。」

八幡 アンチ ss

・・・奉仕部 平塚先生に半ば無理やり入らされる事になった部活だ。 この部活に入ってからたくさんの問題を解決した。 してやった。 なのにこのザマだ。 手に入れたモノは何もない。 自分に毒を吐く冷徹女、自分の心の傷を無意識に抉ってくる知能低め巨乳。 こんな2人とどう接しろと。 その2人は勝手に仲良くなったとか思っているのだろうか。 もういい、もう充分だ、もう勘弁してくれ 俺は平穏が欲しかったんだ、その為に部活動に力を貸してやった。 それなのに返ってきたのは罵詈雑言、憎まれ口など。 俺がどれだけ頑張ったか知っている2人でさえも俺に優しくしてくれることはなかった。 あろうことか「やり方が嫌い」「人の気持ちを考えろ」だと? どの口が言うんだ。 やり方が嫌い?仲間もいない、助けてくれる人もいないのに自分を犠牲にする事以外何か方法があんのかよ。 人の気持ちを考えろだあ?いつも俺に言ってくるよな?キモいとか死ねとか。 よく言えるよなこの恩知らずが。 ーそんなことを修学旅行帰りの新幹線の中、考えていた。 戸塚 「どうしたの?八幡?」 八幡 「ああ、なんでもない」 戸塚は素直な好意を向けてくれた唯一の友人だ。 戸塚には言ってはいないがいつも感謝している。 戸塚 「何か悩んでる事でもあるの?さっきから目が悲しそうだけど」 こいつになら言ってもいいか。 八幡 「・・・奉仕部を抜けようかと思ってな」 戸塚は一瞬びっくりしたような顔をした後、全てを察したような顔をした。 戸塚 「そっか。 でも八幡が決めたことならいいんじゃないかな、でもどちらにせよ後悔だけは残らないようにね」 道を選ぶのは自分自身が決めることだ、と言われたような気がした。 八幡 「ありがとう、戸塚」 戸塚は笑顔を返してくれた。 ー翌日 今日は日曜日だ。 いつもは自堕落に過ごし、惰眠を貪るのだろうが、箱単位でストックしてあったマッ缶が切れてしまったため、仕方なく自転車で10分のスーパーへ向かう事にした。 春が過ぎ、夏の芽が見えてきたこの季節、太陽がこれでもかと日光を浴びせてくるため暑く、じわりと肌着に汗がにじむ。 この不快感を拭い去るようにスーパーの入り口が開き冷房の効いた風が身体をすり抜けていった。 八幡 「ふぅ・・・」 スーパーの中はとても快適な温度で、客にゆっくりと買い物をしていってくれ、と言わんばかりの心地よさだ。 余韻に浸りたいところであったが家にも冷房はある。 自分の帰る時間を計算し、タイマーで自分が家に着く頃にはこの場所より冷えた温度が迎えてくれる。 八幡 「マッ缶、マッ缶っと。 お、あったあった」 本来の目的であるマッ缶1ダースを抱えレジへ向かおうとしたその時 川崎 「あ、比企谷じゃん」 以前俺が奉仕部の活動として問題を解決するのに力を貸した人物がそこに居た。 八幡 「うっす」 川崎 「その手に持ってるものはコーヒーか、あんたもずいぶん物好きだねぇ」 八幡 「普通のコーヒーとこのマッ缶、もといマックスコーヒーは全く違うぞ」 本当はもっと説明してやりたいがそんな気分ではなかった。 川崎 「興味ないね。 で、もうすぐ昼ごはんの時間だけどあんたアテはあんの?」 今日は両親と小町ともども遊びに出かけている。 ご飯代と称して2000円を貰ったが、一食くらい抜かしても問題ないだろう、とそのお金は自分のお小遣いにした。 八幡 「ねえな、別に一回くらいなら食わなくてもよくねえか?」 川崎の表情が少し怒ったようなものになった。 川崎 「あんたねえ、そういうことしてると身体壊すよ。 丁度いい、私が作ってあげるよ」 八幡 「いや悪いって」 川崎 「いいから早く行くよ」 八幡 「・・・わかった」 いつもなら頑として受け入れないだろう。 優しさに飢えていたのだろうか、彼女の優しさが欲しいと感じてしまった。 ー比企谷宅 慣れた手つきで料理をしていく川崎を眺めていた。 事前に好き嫌いを聞かれたため、嫌いな料理が出ることはないだろう。 家族以外の料理を食べるのは初めてでどこか落ち着かない。 八幡 「川崎は今日家族はどうしたんだ?」 川崎 「母方の実家さ。 明日は祝日だろう?泊りがけで行くらしいんだ。 でもうちらは学校あるだろ、だから留守番だよ」 自分の境遇と同じで面白おかしくも、川崎の慣れた手つきに目を奪われていた。 川崎 「ほら、できたよ」 できたのは肉野菜炒め、豚汁、サンマの塩焼きと至ってシンプルなものであった。 だが、 八幡 「・・・美味い」 手間のかからない、自分でもできそうな料理の筈なのに、越えられない壁があるような、とにかく言葉では表現しきれない美味しさだった。 川崎 「そう言ってもらえると助かるよ」 しばらく一緒に箸を進めていた時、 川崎 「家族はどうしたの?いないみたいだけど」 言ってなかったのを今思い出した。 八幡 「今日は帰ってこないよ、俺1人だけ。 」 川崎 「そ、そうなんだ」 珍しく動揺している。 まあ、無理もないか。 昼ご飯を食い終わったら帰ってもらおう、そう思った矢先に 川崎 「めっちゃ降ってるね・・・」 何故だ、なぜ雨が降る。 八幡 「弱まるまでうちにいたらどうだ?風邪ひかれたら困るし」 川崎 「そうだね、そうするよ」 八幡 「適当にリビングでくつろいでてくれ、俺は寝る。 帰れると思ったら起こしてくれ、送ってく」 そう言い放ち、二階にある自分の部屋へ向かった。 川崎 「無用心だね・・・まあ、ありがとう」 何か聞こえた気がしたが、気にするほどのものでもないと判断し、ベッドに寝転がった。 次第に眠気が身体を包んでいく。 ・・・「ヒキガエル君、臭いから帰って頂戴」 ・・・「ヒッキー本当にキモい!死んで!」 目を覚ますと心配そうな顔をした川崎がこちらを覗き込んでいる。 川崎 「ねえ、なんの夢を見てたの?寝言で『もうやめてくれ』とか言ってたけど」 八幡 「・・・気にすんな」 川崎 「あんた何か隠してるでしょ。 話してみなさいよ」 八幡 「別にお前が気にかけるようなことじゃねえよ」 少しつっぱねるような言い方をしてしまって後悔した。 それでも川崎は、 川崎 「いいから。 悩みは人に話せば軽くなるよ?」 俺に優しくしてくれた。 八幡 「・・・なんでそんなに俺に優しくしてくれるんだ?スカラシップの事ならもういいのに」 川崎 「バカだねえ、目の前で涙流してるがいたら手を差し伸べるだろ?」 目をこすると湿った感触がした。 八幡 「・・・見るなよ」 そういうとまた涙が出てきてしまった。 川崎 「・・・・・・」 無言のまま川崎は俺の身体を抱きしめ、撫でていく。 そんなことするなよ。 また泣いてしまう。 八幡 「・・・ぅぐっ」 川崎の胸で俺は声を殺して泣いた。 今まで誰にも話せなくて、心に溜め込んだ黒い感情が流されていくような不思議な感情だった。 ー翌日 目を覚ますと川崎と抱きしめ合っていた。 だけどそれは嫌ではなくて、むしろこのままで居たいという気持ちがある。 八幡 「起きろ、川崎」 川崎 「・・・ぅん?」 瞼をゆっくりと持ち上げ、茶色い瞳を覗かせる川崎は少し動揺している。 川崎 「え、なんであんたがここに」 八幡 「昨日あれからそのまま寝ちゃったみたいだな」 あの抱擁された時、そのまま寝てしまったのだろう。 八幡 「もう7時だから腹減ったよ、飯食おう」 川崎 「う、うん」 二人で階下へ降りるとそこには小町がいた。 小町 「お、お兄ちゃん、そそそそその人は」 八幡 「アレの姉だよ、アレ。 名前なんつったっけ、少年が抱きそうな名前だよ」 川崎 「大志だよ、あんたわざとだろ」 小町 「それは知ってるよ!二人で朝までナニしてたの!?」 それを聞かれるととても痛いが、下手に誤魔化しても後でバレるだけなので正直に話す事にした。 八幡 「昨日雨降ってただろ?それで止むまでいさせたんだけどな」 小町がうん、と頷く 八幡 「そんで寝てたら朝だった」 小町 「それおかしいよ、なんで寝るの!?」 川崎 「やましい事はしてないから、安心してよ」 八幡 「・・・・・・」 やましい事と聞いて、昨日の夜のことを思い出す。 そうして視線をそらすと、 小町 「なんで視線そらすの!」 八幡 「いや・・・別に・・・」 俺が困っていると川崎がとにかく朝ごはんを食べてからにしよう、と提案したので俺はそれに賛成した。 ー15分後 またまた手際よく料理を終わらせ、健康的な品揃えがテーブルに並ぶ。 いただきます、と手を合わせ食事をいただいていると、 小町 「美味しい・・・お義姉ちゃんって呼んでもいいですか?」 バカげた小町の発言に川崎はむせていた。 八幡 「黙って食えアホ」 食事を終え、シャワーを浴び俺は学校へ向かう準備をする。 川崎が家に寄らないといけないので、いつもより30分はやく家を出た。 八幡 「昨日はありがとうな」 川崎 「気にしないでいいって、困った時はお互い様だろ」 川崎の器の大きさに、危うく惚れるところだった。 いや、とっくに惚れていたのだろう。 八幡 「・・・また今度アレやってもらってもいいか」 自分でも恥ずかしいと思うことを言ってしまった。 だけど川崎は、 川崎 「そんなに私の胸が気に入ったのかい、このスケベ」 八幡 「おう」 川崎が茶化すように言ってくれたので、返事に困ることはなかった。 川崎 「わかった、いいよ」 綺麗な笑顔を浮かべた川崎がこちらをみてくる。 俺はこの笑顔から目をそらせないでいた。

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

八幡 アンチ ss

48 ID:kmLyvREV0 夜のノリで投稿。 ・初だからシステム面よく分からん。 ・台本形式 ・キャラ崩壊 ・原作6巻まで昔に読んだけど忘れた。 vip2ch. vip2ch. 77 ID:kmLyvREV0 八幡「なんで俺は職員室に呼ばれてるんですかねぇ・」 静「私の出した『高校生活を振り返って』というテーマの作文でお前は何て書いたかな?」 八幡「青春とは楽である。 どんな失敗であろうと青春の1ページとして刻まれ、将来は武勇伝として語れる日々が来る。 例え犯罪を犯そうとも女の子を犯そうとも少年法は我らを守ってくれる。 さあ皆、失敗を恐れずに踏み出そうではないか!といった内容でしたっけ?」 静「もはや犯罪予備軍というか犯罪予告じゃないか。 」 八幡「ジョーク!ジャパニーズジョークってやつっすよ。 そもそも俺ほどの魅力があれば犯罪を犯さずとも、向こうから女の子が何人もやってきますからね。 」 静「過去に恋愛経験は?」 八幡「両手両足使っても数え切れないレベルに。 片思いだけなら、」 静「よし、お前を真っ当な人間に更生するべく部活に入る事を命ずる!」 八幡「それは幾ら何でも無理やりすぎるっしょ!」 静「原作でも無理あるんだから気にするな。 」 八幡「それを言われるとぐうの音も出ないっす。 42 ID:kmLyvREV0 静「入るぞ。 」 雪乃「先生、入るときはノックをお願いしたはずですが、」 静「ノックをしても返事をした試しがないではないか。 」 雪乃「返事をする間もなく先生が入ってくるんですよ。 それで、その隣にいる人は・比企谷君ね、」 八幡「まさかあの天才美少女のゆきのんが俺の名を覚えてくれているなんて・・・大天才冥利に尽きるぜ。 」 雪乃「いつも私の成績の一つ上にいるもの・。 嫌でも覚えるわ。 あとその呼び方は止めなさい。 」 八幡「ゆきのんが天才なら俺は大天才だから仕方ないな。 ハッハッハッ!」 雪乃「」イラッ 静「ろくに授業中スマホばかりやってるのに点だけは取るからタチが悪い。 」 八幡「えっ・・机の下に隠していたのにバレていた・だと・・」 雪乃「それより比企谷君が何の用ですか?平塚先生、」 静「ああ、彼は入部希望者だ。 彼のこの舐め腐った人格を更生して欲しい。 それが私の依頼だ。 」 雪乃「お断りします。 」 八幡「いやん!手厳しい!」 雪乃「」イラッ 静「何故だ?」 雪乃「その男の下卑た目を見ていると身の危険を感じます。 69 ID:kmLyvREV0 静「安心しろ。 彼は言葉だけのセクハラなら数知れずだが刑事罰に問われるような事は断じてしない。 何せチキンだからな。 」 八幡「チキンって言うなー!」 雪乃「前者でも訴えれば罪に問えるとは思うのですが・、チキン・なるほど、」 八幡「ゆきのんも納得しないで!」 雪乃「まあ、先生からの依頼なら無下にはできませんし、承りました。 」 八幡「こうして、俺の何も間違ってない王道ラブコメが始まるのであった。 」 雪乃「貴方とラブコメする気はないのだけれど。 61 ID:kmLyvREV0 静「なら、頼んだぞ!雪ノ下」 八幡「二人きりだよ!ゆきのん!」 雪乃「私に何かしようものならどうなるか分かっているでしょうね?」 八幡「ニブルヘイムでお仕置きですか?」 雪乃「それはできないけれど、」 八幡「じゃあ問題ない。 」 雪乃「何が問題ないのかさっぱり分からないわね。 」 八幡「で、そもそもここ何部なのよ?」 雪乃「当ててみたら?」 八幡「バスケ部」 雪乃「違うわ」 八幡「サッカー部」 雪乃「違うわ」 八幡「野球部」 雪乃「違うわ」 八幡「テニス部」 雪乃「違うわ」 八幡「配球部」 雪乃「何故バレーボール部と言わなかったのかは分からないけれど違うわ。 」 八幡「ダメだー!他に思いつくものがない!ギブアップだ!」 雪乃「貴方本気で当てる気ないでしょ・。 今私がここでこうしていることが部活動よ。 」 八幡「なるほど、わからん。 51 ID:kmLyvREV0 雪乃「オホン。 とにかく、もう少し年齢を下げなさい。 」 八幡「妹とも今朝話したしクラスメートともさっき話したな。 」 雪乃「えぇ・。 普通に交友関係は出来てるようだけれど。 まあいいわ。 持つものが持たざるものに慈悲の心を以って之を与える。 それを人はボランティアと呼ぶの。 困っている人に救いの手を差し伸べる。 それがこの部の活動よ。 ようこそ奉仕部へ、歓迎するわ。 頼まれた以上責任は果たすわ。 貴方の問題を矯正してあげる。 感謝なさい。 」 八幡「御奉仕部ですか。 ゆきのん真面目そうなのにたまげたな。 」 雪乃「貴方奉仕部のとこしか聞いてないでしょ。 しかも御はいらないし、変な意味じゃないし。 」 静「邪魔するぞ。 更生に手こずってるようだな。 」 雪乃「先生、ノックを・」 八幡 怒ってるよ怒ってるよ。 絶対静ちゃん女の子じゃない発言聞いてたよ! 雪乃「正直この調子だと先が思いやられます。 」 八幡「第一俺は矯正しなくても問題ないし、変わるつもりなど断じてないっつうの!」 雪乃「貴方のそれは逃げでしょ。 」 八幡「変わることも現在からの逃げでしょうが。 」 雪乃「それでは何も悩みは解決しないし、誰も救われないじゃない。 」 八幡「せやろか。 」 静「二人とも落ち着きたまえ。 古来より互いの正義がぶつかったときは勝負によって雌雄を決するのが少年漫画のならわしだ。 」 八幡「確かに!」 雪乃「納得するの・。 」 静「つまり、この部でどっちが人に奉仕できるか勝負だ!勝った方が負けた方になんでも命令できるってのはどうだ?」 八幡「え?今なんでもって、」 雪乃「お断りします。 この男が相手だと身の危険を感じます。 」 静「雪ノ下雪乃といえど恐れるものがあるか、そんなに勝つ自信がないのかね?」 雪乃「いいでしょう。 その安い挑発に乗るのは少しばかり癪ですが、受けて立ちます。 」 八幡「待てい!本当にいいの・・安い挑発に乗って俺に純潔を奪われるかもだよ?俺みたいなイケメンなら良いかもしんないけどでもさぁ・」 雪乃「自分のことをそんな風に言えるなんてある意味感心するわ。 それにしても大した自信ね。 貴方が私に命令されるかもしれないのよ?」 八幡「私にとってはどちらにしてもご褒美ですから。 」 雪乃「やはり止めようかしらこの勝負。 」 静「今更降りさせはしないぞ?雪ノ下。 」 八幡「こうして、俺の奉仕部員としての戦いが始まったのである。 56 ID:VQOySBjDO この段階では「続きが読みたい」と思わせるほど量も中身もない 夜のテンションだけで書いたならまともに完結もしないだろうし止めとけば?.

次の

八幡「やはり俺が人間を愛しすぎるのはまちがっていない。」

八幡 アンチ ss

プロフィール 所属 総武高校 千葉県 2年F組 誕生日 血液型 A型 家族構成 会社員 、 会社員 、: 中学3年生 、: 得意教科 学年3位 、 また文系全般が得意 希望進路 趣味 『』『』が特に好き。 が好きだが一般小説も読む 、、・などのサブカルチャー 特技 、、、千葉に関する知識 好物 、ハニートースト、、ドライ、、甘い物 休日の過ごし方 だらだらと読書orテレビを見るor寝る イメージアニマル 座右の銘 「押してだめなら諦めろ」 あだ名 、くんなど CV 概要 総武高校に通う。 2年F組所属。 自らの置かれた境遇 下層、 に対し完全に開き直っており、目と性格が腐っているとよく言われる。 いわゆる。 ひょんなことからにへと入れられ、更生のための奉仕活動に従事するはめになる。 人物像 これまでに作った幾多のにより、常に斜に構えて物事を偏見的に見る 的な考えを持つ。 それゆえに他人の言葉の裏を読む癖があり、特に好意や的なものを疑い、内心で予防線を張ってしまう。 その本質をは 「自意識の化け物」と評している。 その割にや妹のに対しては非常に甘く、2人の事には最優先で取り組む。 一方で、貸し借りにうるさい律儀な一面もあるため、は「捻デレ」と評している。 将来の夢は「専業主夫」としていて、嫁に養ってもらう前提らしい(ちなみに家事はできない)。 過去には多くのでバックれた経験もあるが、の仕事は逃げられないのもあってそれなりにしっかりとやっている。 学業は国語で学年3位を取っているように文系科目を中心とする得意分野は高いのだが、数学は9点で学年最下位と得手不得手が非常にはっきりしている。 ただ、学年1位と2位はそれぞれとという作中トップを争うハイスペック人間が総舐めしているため、国語2位以上の壁は越えられないとも述べている。 その他、大抵のことはそれなりにこなす事が出来る器用さも持ち合わせている。 前述の通りぼっちのためクラスでは他人と会話をする機会が少なく、クラスメイトからも殆どが「ヒキタニくん」でのみ「ヒキオ」と名前を正しく呼んでもらえない。 (葉山は場面によって異なり、周囲に迎合する場合は「ヒキタニくん」だが、1対1の状況では「比企谷」と呼ぶ。 )また過去には友達から友達とすら認識されていなかったこともあった。 やとは比較的親しくなったが、それでも自分から積極的に話しかける事は無い。 の依頼でもその性格ぶりから、「斜め下」な解消法を提案する事が多い。 時に汚れ役・憎まれ役的な立ち回りをするため、一見すると自己犠牲的に写るが、実態は他人を信用して任せることができない彼の性格ゆえの行動であり、本人はそうした「誰も頼れない人間の取れる最善策」が自己犠牲と解釈されることを嫌っている。 容姿 イラストごとによって顔が安定しない。 媒体によってだけでなく、原作の各巻ごとによっても顔が結構変わる。 共通しているのは黒髪で前髪が長めの中肉中背で目つきのよくない青年であること、そして。 アホ毛は妹の小町と共通であり、母親からの遺伝。 腐った目以外は顔立ちは整っているらしく、顔立ち自体を貶されたり、外見を理由に女性から忌避されるような描写はない。 また、逆に容姿を取り立てて褒められることもない。 身長は原作者曰く175cmくらい。 ラノベ主人公では高い方。 関連イラスト.

次の