放火 京 アニ。 京都アニメーション放火事件を徹底追跡! 犯人逮捕、動機は小説と話す

京アニ放火事件、脱出寸前で5人息絶える 屋上に出る扉の手前に到達、14人も間近に|社会|地域のニュース|京都新聞

放火 京 アニ

京アニ放火事件陰謀論についてどう思いますか? 色々と不可解な所があるようですが ・事件前にNHKの取材の為にセキュリティをオフにしていた ・関東住まいなのに、関東のスタジオでなく、関西のスタジオを狙った。 関西の本社を何故狙わなかったのか? ・無職でカネがないはずなのに交通費や道具の費用をどう工面した? ・「ヤクザ風で腹部に刺青がある白Tシャツの男」はいったいどこへ消えたのか? ・強盗で捕まるような犯人の犯行にしては計画があまりに緻密 ・前日に近くの公園で目撃されているが、なぜ翌日のNHKスタッフ来訪のタイミングまで待ったのか? ・NHKの取材日なのでスタジオには京アニの主要スタッフが勢ぞろいしていた。 ・NHK首都圏放送センターのディレクターは放火のあった10時半のすぐ後(11時)から撮影で現場を訪れるところだった ・NHKスタッフは火災に巻き込まれていない。 犯人確保の映像も彼らが撮影し報道。 しかしすぐ映像削除 ・犯行日はNHK取材班の撮影機材搬入のため、スタジオの入り口セキュリティを解除(社外スタッフが当日多かったので解除した説あり) ・犯人はNHKの撮影機材搬入に紛れて台車でガソリンを運び込んだ?だから台車で入ってきても違和感なかった? ・当初NHKは「吉田達裕ディレクターが取材に向かっており、現場で遭遇した」と記事に記載。 なぜかその部分を現在は削除 ・犯人がいた更生支援施設は、数ヶ月前にNHKが特集していたあの施設?その時のディレクターと今回のディレクターは同一人物? ・放火して逃げ出してきた犯人をしっかりNHKが映像撮影しているのは少々不自然。 普通は京アニスタッフか犯人か判別できない。 ・NHKはこのタイミングで第7回京都アニメーション大賞の「ツルネ」を数ヶ月前に放映し、アニメーターが主人公の連ドラ「なつぞら」を放映中なのは偶然? ・フジでやってるドラマ「朝顔」では次回はちょうどガソリン火災ネタ ・犯人(もしくは協力者)は移動経路中のホームセンターやガソリンスタンドの場所など綿密に事前下見 ・ガソリン放火の手口は実行犯のアイデアじゃなくて入れ知恵?元ネタは大邱市の地下鉄放火事件?それとも福知山花火大会の屋台ガソリンタンクまき散らし事件? ・祇園祭の前祭りの翌日朝で京都府警も無事に祭りの警備が終わってほっとしてるから絶好のタイミング。 よく計画が練られており、一人で考えたとは思えない ・京都府警はこの時期は捜査2課の選挙違反の対策のほうが忙しい 実行犯、公安 CIA、カバールの手下 、メディアによる犯罪だと考えます。 12年にコンビニ強盗したとされていますがその犯人と取引して犯行に及ばせたのか、それ自体捏造しているでしょう。 そうすることで、実在の人物が犯人だと納得させることが出来ます。 京アニのコンテンツはカバールが情報統制出来ないくらいのムーブメントを起こすことが出来、世界の人々に真実に気づかせる影響力を持っています。 その理由からメディアはオタクのイメージダウン作戦を行うように指示されています カバールはリンカーン、ケネディ、ジョン・レノン、マイケル・ジャクソンなどを暗殺してきた勢力です。 そのくらいの影響力のある京アニは狙われました。 犯行が行われた18日、その日のうちに日刊スポーツは犯人の家と更生保護施設に取材に行ったと発表しました ネットニュースの日付は19日になっているが、18日に日刊スポーツアカウントによりツイートされている。 つまり警察が犯人の氏名を発表する前日に日刊スポーツの記事が出ました。 なぜ日刊スポーツは犯人の家と更生保護施設を知っていたのでしょうか。 犯人が免許証を持っていたと言いますが、病院に搬送されるまでは担当した警察官しか知らない筈です。 また、警察官が日刊スポーツに漏らしたとしても、その日のうちに犯人の家を特定し、近隣住民と更生保護施設に取材し、ネットニュースとして発表できるのは不自然です。 これは、陰謀論というか、わかりやすく言えば上級国民のさらに上の人たちによる犯罪です。

次の

京アニ放火殺人 犠牲者10名を公表…“アニメ界の宝”たちが生きた証

放火 京 アニ

みわよしこ [フリーランス・ライター] 1963年、福岡市長浜生まれ。 1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。 在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。 主な守備範囲はコンピュータ全般。 2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。 現在は電動車椅子を使用。 東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。 日常雑記ブログは。 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ 生活保護当事者の増加、不正受給の社会問題化などをきっかけに生活保護制度自体の見直しが本格化している。 本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を紹介しながら、制度そのものの解説。 生活保護と貧困と常に隣り合わせにある人々の「ありのまま」の姿を紹介してゆく。 京アニ事件の容疑者に対して、「なぜ野放しにしていたのか?」と病歴と犯罪を結びつける議論が噴出している(写真はイメージです) Photo:PIXTA 京アニ事件の疑問は増すばかり 社会は悲しみを乗り越えられるか 京都市伏見区にある「京都アニメーション」第1スタジオへの放火が報道されてから、1週間になる。 心より、亡くなられた34名の方々のご冥福と、負傷された34名の方のご回復を祈りたい。 また、自身も火傷を負って重体と伝えられる容疑者・A氏(41歳)に対しても、1人の人間として回復を望む。 できれば、回復後は適切なサポートのもとで取り調べを受け、人生と事件への歩み、そして自分の事件に対する思いを、自ら語ってほしい。 A氏と事件のディテールについての報道が重ねられるたびに、私は「とはいえ、なぜあんなことを?」という疑問が増えるばかりなのだ。 ちょうど1週間前の事件当日、仕事をしながら目に飛び込んでくる報道を時折り横目で見ながら、気になっていることがあった。 身柄を確保されたA氏が、事件直後、「さいたま市在住の41歳の男」と報道されていたことだ。 警察は当然、実名と居住地と年齢を同時に把握していたはずだ。 実名をメディアに公表することに対して警察が慎重な場合、考えられる可能性の1つは、本人の精神疾患や精神障害による人権への配慮だ。 ともあれ、事件当日の夜間から翌日にかけてA氏の実名報道が開始され、「精神的な疾患がある」「訪問看護を受けていた」「生活保護を受給していた」といった情報とともに拡散され始めた。 SNSには、「なぜ野放しに?」「公金で生きさせる必要はなかった」といった意見が次々と現れ始めた。

次の

京アニ火災「通常の火災」を超えれば消防法令は機能しない

放火 京 アニ

京アニ放火事件陰謀論についてどう思いますか? 色々と不可解な所があるようですが ・事件前にNHKの取材の為にセキュリティをオフにしていた ・関東住まいなのに、関東のスタジオでなく、関西のスタジオを狙った。 関西の本社を何故狙わなかったのか? ・無職でカネがないはずなのに交通費や道具の費用をどう工面した? ・「ヤクザ風で腹部に刺青がある白Tシャツの男」はいったいどこへ消えたのか? ・強盗で捕まるような犯人の犯行にしては計画があまりに緻密 ・前日に近くの公園で目撃されているが、なぜ翌日のNHKスタッフ来訪のタイミングまで待ったのか? ・NHKの取材日なのでスタジオには京アニの主要スタッフが勢ぞろいしていた。 ・NHK首都圏放送センターのディレクターは放火のあった10時半のすぐ後(11時)から撮影で現場を訪れるところだった ・NHKスタッフは火災に巻き込まれていない。 犯人確保の映像も彼らが撮影し報道。 しかしすぐ映像削除 ・犯行日はNHK取材班の撮影機材搬入のため、スタジオの入り口セキュリティを解除(社外スタッフが当日多かったので解除した説あり) ・犯人はNHKの撮影機材搬入に紛れて台車でガソリンを運び込んだ?だから台車で入ってきても違和感なかった? ・当初NHKは「吉田達裕ディレクターが取材に向かっており、現場で遭遇した」と記事に記載。 なぜかその部分を現在は削除 ・犯人がいた更生支援施設は、数ヶ月前にNHKが特集していたあの施設?その時のディレクターと今回のディレクターは同一人物? ・放火して逃げ出してきた犯人をしっかりNHKが映像撮影しているのは少々不自然。 普通は京アニスタッフか犯人か判別できない。 ・NHKはこのタイミングで第7回京都アニメーション大賞の「ツルネ」を数ヶ月前に放映し、アニメーターが主人公の連ドラ「なつぞら」を放映中なのは偶然? ・フジでやってるドラマ「朝顔」では次回はちょうどガソリン火災ネタ ・犯人(もしくは協力者)は移動経路中のホームセンターやガソリンスタンドの場所など綿密に事前下見 ・ガソリン放火の手口は実行犯のアイデアじゃなくて入れ知恵?元ネタは大邱市の地下鉄放火事件?それとも福知山花火大会の屋台ガソリンタンクまき散らし事件? ・祇園祭の前祭りの翌日朝で京都府警も無事に祭りの警備が終わってほっとしてるから絶好のタイミング。 よく計画が練られており、一人で考えたとは思えない ・京都府警はこの時期は捜査2課の選挙違反の対策のほうが忙しい 実行犯、公安 CIA、カバールの手下 、メディアによる犯罪だと考えます。 12年にコンビニ強盗したとされていますがその犯人と取引して犯行に及ばせたのか、それ自体捏造しているでしょう。 そうすることで、実在の人物が犯人だと納得させることが出来ます。 京アニのコンテンツはカバールが情報統制出来ないくらいのムーブメントを起こすことが出来、世界の人々に真実に気づかせる影響力を持っています。 その理由からメディアはオタクのイメージダウン作戦を行うように指示されています カバールはリンカーン、ケネディ、ジョン・レノン、マイケル・ジャクソンなどを暗殺してきた勢力です。 そのくらいの影響力のある京アニは狙われました。 犯行が行われた18日、その日のうちに日刊スポーツは犯人の家と更生保護施設に取材に行ったと発表しました ネットニュースの日付は19日になっているが、18日に日刊スポーツアカウントによりツイートされている。 つまり警察が犯人の氏名を発表する前日に日刊スポーツの記事が出ました。 なぜ日刊スポーツは犯人の家と更生保護施設を知っていたのでしょうか。 犯人が免許証を持っていたと言いますが、病院に搬送されるまでは担当した警察官しか知らない筈です。 また、警察官が日刊スポーツに漏らしたとしても、その日のうちに犯人の家を特定し、近隣住民と更生保護施設に取材し、ネットニュースとして発表できるのは不自然です。 これは、陰謀論というか、わかりやすく言えば上級国民のさらに上の人たちによる犯罪です。

次の