多発 性 骨髄 腫 末期。 多発性骨髄腫のステージ・病気の進み方・悪化の仕方

多発性骨髄腫のステージ・病気の進み方・悪化の仕方

多発 性 骨髄 腫 末期

多発性骨髄腫(MM:Multiple Myeloma)は、これら血液細胞の1つである「形質細胞(けいしつさいぼう)」のがんです。 形質細胞は、と呼ばれる「血液の工場」でつくられる血液細胞のうち、白血球の一種であるB細胞から分かれてできる細胞です。 この細胞は、体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物から体を守ってくれる「」をつくる働きをもっています。 この形質細胞ががん化して骨髄腫細胞になり、多発性骨髄腫を発症します。 骨髄腫細胞は骨髄の中で増加し、異物を攻撃する能力がなく、役に立たない抗体(これをMタンパクと呼びます)をつくり続けます。 これらの骨髄腫細胞やMタンパクが、さまざまな症状を引き起こします。 多発性骨髄腫では、骨髄の中で増殖した骨髄腫細胞によって、正常な血液細胞をつくり出す過程(造血)が妨げられるために、による息切れ・だるさや、に伴う感染症、による出血傾向などが生じます。 また、骨髄腫細胞が正常な形質細胞の居場所を占拠してしまうために、免疫機能の低下(正常な抗体産生の減少)を来します。 さらに骨髄腫細胞が無制限に産生するMタンパク(異常免疫グロブリン)による症状として、腎障害や血液循環の障害(過粘稠度症候群:かねんちょうどしょうこうぐん)が起こります。 免疫機能が低下すれば肺炎や尿路感染症などの感染症が起こりやすくなります。 また、骨髄腫細胞によって刺激された破骨細胞(はこつさいぼう:骨を溶かす細胞)が骨の組織を破壊してしまい、骨痛や病的な骨折、脊髄(せきずい)圧迫による麻痺(まひ)などに加えて、血液中にカルシウムが溶け出すことにより高カルシウム血症が起こることがあります。 さらに、各臓器の機能も低下するなど、さまざまな症状を引き起こします。 図2は主な症状をまとめたものです。 しかし、多発性骨髄腫は無症状の場合もあり、血液検査、尿検査で異常を指摘されてはじめて発見されることも少なくありません。 一般的には慢性の経過をたどりますが、まれに急激に進行する場合もあります。 また、症状についても個人差が大きく、個々の患者さんの病状に合った適切な治療を選択することがとても重要になります。

次の

多発性骨髄腫 末期症状について

多発 性 骨髄 腫 末期

多発性骨髄腫とは? 多発性骨髄腫。 知っている方は知っているでしょうし、知らない方も少なくないでしょう。 多発性骨髄腫は血液のがんの一種類です。 人口10万人あたり約5人という少ない発症率です。 全悪性腫瘍の約1%、全血液がんの約10%を占めています。 基本的には高齢になると発症する腫瘍なので、 発症率が年々増加傾向にあります。 多発性骨髄腫は、血液細胞の1つである 形質細胞(けいしつさいぼう)のがんです。 形質細胞は、白血球の一種であるB細胞から分かれてできる細胞ですが、この細胞ががん化して骨髄腫細胞になって発症する病気が多発性骨髄腫です。 形質細胞は免疫に関係していますが、骨髄腫細胞はその働きがなく、さらに役に立たない抗体(Mタンパクと言います)をつくり続けてしまいます。 下記のような病態が形成されます(個人差があります)。 緩和ケアの視点で言えば、その頃は骨病変が進行して疼痛が主問題となる方が多く、医療用麻薬などを用いて緩和にあたっていました。 ところが2010年、大学病院に赴任すると、治療の変化に目を見はりました。 2006年に新たにボルテゾミブ(商品名ベルケイド)が発売され、今までと治療が様変わりしていたのでした。 それに伴い、骨痛での相談だけではなく、ボルテゾミブのしびれ(ボルテゾミブの末梢性神経障害の頻度は、添付文書上39. 1%)などの 治療の副作用対策や、長期療養での精神的なつらさなどの依頼が増えたのでした。 令和元年(2019年)の誰でもわかる多発性骨髄腫治療 まず65歳未満か65歳以上かによって異なります。 65歳未満の場合は自家造血幹細胞移植適応なので、それを目指します。 65歳以上だと自家造血幹細胞移植は非適応になります。 多発性骨髄腫の治療は、 複数の治療薬を組み合わせた治療になります。 組み合わせをまとめた表をオンラインで閲覧できるようにしている機関もありますが、例えば次のようなものがあります。 見て頂ければわかりますように、たくさんの組み合わせがあります。 多発性骨髄腫の治療薬は複数の系統がありますので、違う種類のものを組み合わせて治療します。 治療薬は次のような種類と名前のものがあります。 ()内は商品名です。 プロテアソーム阻害薬はそれを阻害し、がん細胞が死滅したり成長が停止したりします。 がん細胞は他の細胞よりもこの作用によく反応するため、この薬剤が有効なのです。 造血障害や手足のしびれ、呼吸器の障害などが副作用です。 プロテアソーム阻害薬には下記の種類があります。 レナリドミドによる造血障害や血栓症、サリドマイドによる血栓症や眠気や便秘等の副作用が知られています。 DNAに強力に結合し、細胞分裂を止めて死滅させ、がん細胞の増殖を抑えます。 自家造血幹細胞移植を行う場合は、このアルキル化薬のメルファランを大量に使用します。 多発性骨髄腫は他にも様々な新薬が使われるようになりました 他にも様々な新薬が使われるようになっています。 ・パノビノスタット(ファリーダック) これらの標準治療等をわかりやすく表にしたものが下記のリンクから読めます。 移植非適応の患者さんに D-VMP療法(ダラツムマブ+ボルテゾミブ+メルファラン+プレドニゾン)や の効果を示す研究も出て来ています。 そして も今後は多発性骨髄腫に適用されてくるかもしれません。 まとめ 最近の多発性骨髄腫の治療を簡単に述べました。 多剤併用療法が標準となっているので、副作用も様々なものが出現しえます。 そのため、かつては進行期の骨痛の治療が中心だった緩和ケア的な関わりも、 治療の副作用対策や心理的諸問題の対応など、様々な要素が求められるようになりました。 血液がんは血液内科の高度の専門性の下に治療されることもあり、緩和ケアの専門家の関わりが他の非血液がん(固形がん)より少ない印象も否めません。 それ自体も、緩和ケア担当者が血液がんの緩和経験を深めることの障害となることもあります。 私は幸いにして、積極的に(必要性を感じて)緩和ケア医に併診してくれる血液内科医と長く協働してきたので、豊富な血液がん緩和ケアの経験をすることができました。 臨床医にとっては数は力なので、多く診ているほうが一般には力を発揮できます。 多発性骨髄腫をはじめとする血液がんの方への助言としては、全人的な観点から支援する緩和ケアの働きは大切であり、血液がんに詳しい緩和ケア医の併診が望ましいとは考えられます。 大津秀一 当院早期緩和ケアクリニック院長。 がん等の患者さんの苦痛緩和が不十分な現実を目の当たりにする中、名著『最新緩和医療学』に出会い、2003年から独学で緩和ケアを開始、見違えるように患者さんが元気で穏やかに生活される様子に驚く。 当時発展途上の緩和ケアの専門家となり同医療を普及させるべく、2005年当時日本最年少20代の緩和ケア医となる。 2006年初の緩和医療一般書で今は常識の緩和ケア医併診の必要性を先駆けて訴える。 2010年緩和ケア専門書出版。 2013年より自施設外の患者さんも早期から来られる緩和ケア外来を開設。 「早期からの緩和ケア」を知ってもらうためには、それを専門で行うクリニックが必要なのではないか。 早期緩和ケアの知名度を上げるには、それを冠するクリニックがあれば良いのではないか。 その思いから2018年8月早期緩和ケア大津秀一クリニック(遠隔診療で全国対応可)開設。 著作『死ぬときに後悔すること25』『死ぬときに人はどうなる10の質問』は合わせて30万部。 診療した終末期の患者さんは2000名以上、医療用麻薬を用いて症状緩和したケースも2000例以上。 一般病院、大学病院、在宅療養支援診療所(在宅及びホームへの往診)、ホスピスで常勤勤務歴があり、現在も在宅医療に従事する等、多様な診療形態における緩和ケア経験がある。 臨床医及び患者としての経験をブログ、講演、執筆を通してわかりやすく伝えることをライフワークにしている。

次の

多発性骨髄腫/末期癌で倦怠感が酷いのですが・・・

多発 性 骨髄 腫 末期

抗がん剤を2度入院して受けました。 その後は通院治療で現在に至っております。 サリドマイド治療もしました。 月に2度程通院しております。 毎日のお薬は沢山のんでますが1ヶ月に1度病院で点滴でお薬をしていただいてくると1週間ほどは体調が悪く身体を休めておりますが、お薬きいてくると元気モリモリです。 孫(2人)&ひ孫(4人)までご対面することが出来ました。 ひ孫の成長を毎日楽しみに頑張っておりますよ。 9年前に生まれて手に抱いたひ孫が今は3年生です。 お薬が身体に合えばきっと家の母のように、良くなられるとおもいますよ。 食欲不振、倦怠感ともうまくお付き合いして、身体がえらい時には1日寝てるときもありますが、すぐ復活してます。 体調良くなると好きなもの食べて、好きなことし、わんちゃんのお世話、ひ孫のお世話してくれてます。 お体辛いかと思いますが気力が一番です頑張ってください。

次の