トーキョーグール ネタバレ。 東京喰種トーキョーグール

東京喰種トーキョーグール(映画)ネタバレあらすじ!結末で窪田が喰種に?

トーキョーグール ネタバレ

それは、見た目は全く人間と変わらない。 そんな人間の姿で、人間世界に紛れて生活する「彼ら」。 だが見破れる方法が1つ。 それが人間が食べるものが食べられないという事。 水とコーヒー以外に食せるのは人間の体のみ。 そんな喰種が暮らす街に住んでいるカネキは、ある日、友人のヒデと一緒に来ていた『あんていく』という喫茶店で出会ったリゼという女性に一目惚れをする。 しかし、そのリゼの正体は、『大食い』と呼ばれる喰種だった。 食われそうになった時、リゼの頭上から大量の鉄骨が落ち、リゼは死んでしまう。 カネキはなんとか生き延びることができた。 しかし、リゼに襲われて瀕死の状態だった為、リゼの臓器を移植され、カネキも半喰種になってしまうのであった。 今まで食べていたもの全てが食べられなり、人の肉に食欲をそそられるようになるカネキ。 どうしたらいいか悩んでいる最中、ようやく食べられると匂いを辿っていく。 そこに、人間の肉を今まさに食べている喰種の姿があった。 すでにカネキは限界まで達しており、我を失ってしまうのであった。 そこへ現れたのが、あんていくの店員の1人、トーカだった。 実は、トーカを含むあんていくの店員全てが喰種だったのだ。 喰種が唯一口にできる『珈琲』。 それは一時的に空腹を抑えることはできる。 しかし人肉を取り入れなければ餓死してしまう。 あんていくはそんな救いを求める喰種たちが集う場所だと知るカネキ。 そして、常連だと聞いていた笛口親子の娘のヒナミと、少しずつ仲良くなっていくのであった。 しかし、そんな喰種たちを殺そうと動いてる組織「CCG喰種捜査官」も笛口親子を狙っていた。 そして、今度は母親であるリョーコもヒナミが見ている前で殺害するのであった。 その場に駆け付けたカネキは、捜査官からヒナミを逃がす。 しかし唯一の家族だった母親を失ったヒナミは酷く落ち込んでしまうのであった。 悲しみに浸るヒナミだったが、ある日外から香ってきた匂いに、外へ飛び出し匂いの元へ向かう。 そこには切り落とされた母親のリョーコの手があった。 リョーコの手は、真戸と亜門がヒナミをおびき寄せるために置いたもの。 目的はヒナミを駆逐することだったのだ。 そして、リョーコの仇を打とうとするが、苦戦する。 カネキはトーカから訓練され動きも戦い方も問題なく戦えるようになっていた。 そして、自我を失い喰種として覚醒した事でなんとか亜門を倒し、自我を取り戻した後にトーカの元へ急ぐ。 トーカもまたボロボロな状態になりながら真戸に勝つことができたのだった。 戦いは終わり、あんていくで働く日常生活に戻っていった。 映画『東京喰種 トーキョーグール』を動画視聴する方法については、以下の記事でも紹介しています。 ぜひこちらもチェックしてください。 映画『東京喰種 トーキョーグール』の作品情報.

次の

映画『東京喰種 トーキョーグール』あらすじ結末ネタバレと主要キャストや作品情報を解説!

トーキョーグール ネタバレ

スポンサーリンク 映画「東京喰種トーキョーグール」あらすじ 映画東京喰種トーキョーグール公開まで後1ヶ月!! 一足早く「映画東京喰種トーキョーグール」の世界に浸りたい!! まだまだ応援していきます!! — まあさ masasama8814 ここでは 映画「東京喰種トーキョーグール」の あらすじをまとめていきます! 普通の大学生活を送るカネキは、人間と変わらぬ姿をしている喰種 グール が潜んでいるとされる東京に住んでいました。 喰種とは人を喰らう怪人でした。 カネキはある日事故にあってしまい、リゼという喰種の臓器を移植され、カネキ自身も半喰種になってしまいました。 悩み苦しむカネキは、喰種が密かに集まる 喫茶店「あんていく」で働き始めます。 カネキは喰種である喫茶店アルバイトの女子高生トーカや他の喰種たちから、喰種にも守るべき大切な人たちがいることを知ります。 そんな中、人間と喰種の熾烈な戦いが起こり、カネキは巻き込まれていきます。 人と喰種との勝負はいったいどうなるのでしょうか。 カネキがどのように生きていこうとするのか、人間と喰種との戦いの行方、とても気になる映画ですね。 窪田正孝も、観る前は金木くんなんてできるの?と思ってたけどバッチリだった。 ほんとすごかった。 遠い昔、東京で確認されていた、水とコーヒーと人間だけしか口にできない 「喰種」という存在がいました。 国家の喰種対策局の手で、喰種たちは絶滅したと思われていました。 しかし、なんとか逃げ延びた生き残りもいました。 そんな世界が舞台となります。 内気な普通の大学生カネキは、友人のヒデと共にいきつけの喫茶店「あんていく」に入店しました。 そこにカネキが一目ぼれしているリゼという女性が来店します。 カネキとリゼは今度デートをすることを決めました。 デート当日、リゼが静かなところが好きと言ったため人気のない所に行きます。 カネキは周りに人がいないため、ドキドキしていました。 しかしリゼは突然カネキに噛みつきます。 リゼの正体は喰種だったのです。 必死に逃げようとするカネキですが、リゼに捕まったと思った時、頭上から大量の鉄骨が落ちてきて、リゼは即死してしまいました。 カネキは重症をおい、病院に運び込まれます。 そこでリゼの臓器を移植され、カネキは半喰種となってしまいました。 その頃、CCG 喰種対策局 では捜査員の真戸と亜門がとある武器を作ります。 その武器とは「クインケ」と呼ばれる武器で、喰種の赫子に似せたものです。 カネキは無事退院しますが、食べ物を身体が受け付けません。 カネキは空腹が我慢できず、夜の街を出歩きます。 そこに、食欲をそそる美味しそうな匂いが漂ってきて、その匂いの方に足が進みます。 その匂いの正体は、喰種の西尾が食事をしている匂いでした。 カネキは西尾に襲われます。 しかし、喫茶店「あんていく」のアルバイト、トーカが現れ、西尾を撃退してくれました。 悩み苦しんでいたカネキはトーカに救いを求め、「あんていく」に連れていかれます。 そこでカネキは喰種のリゼから臓器を移植され、半分人間、半分喰種になってしまったことを知ります。 喫茶店「あんていく」は喰種が集うお店でした。 店に笛口リョーコとヒナミの母娘がいます。 「あんていく」のオーナー芳村はその母娘に食料を提供していました。 カネキは自宅に帰り、「あんていく」に分けてもらった食料を躊躇いながら食べました。 カネキは翌日大学に顔を出すと、ヒデに会い、先輩のデータ整理を手伝ってくれと言われます。 カネキはヒデを手伝うため、一緒に先輩のもとに行きます。 なんとその先輩は昨夜襲ってきた西尾だったのです。 カネキはヒデを守るため、一方的に攻撃を受け、もうダメかと思ったその時、カネキの腰から赫子が出て、西尾に突き刺さりました。 西尾は逃げていき、カネキはヒデに駆け寄り、ヒデを舐めていました。 カネキは鏡に映った自分を見て、我に返り意識を失いました。 意識が戻ったカネキは病院に運ばれたヒデに会いに行こうとしますが、四方という男から「お前は友人を喰おうとしたのだから、二度と会うな」と言われてしまいました。 カネキは喰種のことを知るために「あんていく」で働き始めました。 「あんていく」には喰種たちが集まってきます。 自分で食料調達ができない喰種たちは、「あんていく」で人肉をもらっていました。 「あんていく」で出している人肉は自ら命を落とした人のものでした。 ある日、ヒナミが「あんていく」のコーヒー豆を父のお墓に供えたいと言い出します。 お墓といってもお墓はないため、駆逐現場がお墓代わりとなるので、カネキが代わりにコーヒー豆を供えに行くことにしました。 その現場でカネキはCCGの捜査官の1人に見つかってしまい、リョーコたちの居場所が知られてしまいます。 リョーコたちは雨が降ってきたため雨宿りをしていました。 その前にCCGの捜査官、真戸と亜門が姿を出します。 母親であるリョーコは必死に戦い、ヒナミを守ろうとしますが、ヒナミの前で残念な結果となってしまいます。 そこにカネキが現れ、ヒナミを連れて「あんていく」に帰還しました。 喰種の存在は奥が深いですね。 ただ単に人を喰らう怪人ではないと思うと、悲しい気持ちになってしまいます。 スポンサーリンク 映画「東京喰種トーキョーグール」結末ラストシーンをネタバレ! 🎬 東京喰種 トーキョーグール 2013 鑑賞 人の姿をし人間の肉を喰う怪人の話 人間しか食べれず人間が食べる物は食べれないのは人間界で生きていくには生きにくい環境。 捕食することに罪悪感を持って葛藤する姿と変貌した主人公の演技が凄かった。 食物連鎖の頂点はどちらなのだろうか。 — 🌼🦋ぷらこ🦋🌼 pppprako ここでは 映画「東京喰種トーキョーグール」の 結末ラストシーンのネタバレを書いていきます。 真戸と亜門は、ヒナミが来るようリョーコの腕の匂いを使います。 ヒナミだけではなく、トーカもその匂いに気付き、その場所に向かいました。 トーカは真戸と戦います。 しかし、真戸のクインケに倒されそうになっているとき、ヒナミが覚醒し一緒に戦ってくれます。 トーカとヒナミの2人力を合わせ、真戸を倒し、トーカがとどめを刺しました。 同じ頃、カネキと亜門も勝負していました。 カネキはトーカから戦い方を教わり、まだ未熟な赫子を使い、亜門を追い詰めます。 とどめを刺そうとしたとき、カネキは躊躇します。 「あなた達が信じているこんな世界は間違っている。 僕を人殺しにしないで」と言い、その場から去りました。 トーカたちのもとにたどり着いたカネキはヒナミから「生きてていいのかな」と尋ねられます。 カネキはヒナミに「母親のリョーコが最後に言いたかった言葉は生きてだったと思うよ」と告げます。 自分の存在を悩んでいたカネキは運命を受け入れ、生きていこうと決めたのでした。 勝負は喰種たちが勝ちましたが、生きていくことを悩んでしまったりと、人間と同じ考えである喰種たちがせつなく思えました。 人間と変わらない生活を送れることを祈りたいですね。 最初、喰種たちは人を喰う悪者だと思ってしまいましたが、喰種たちにも守るべきものがいるところを見て、人間とそんなに変わらないなと思いました。 逆に喰種だからと駆逐しようとする人間の方が怖いのではないかと思ってしまう映画でした。 続編も出ている人気映画となっていますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

次の

アニメ『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

トーキョーグール ネタバレ

どーも、スルメ です。 今回はマンガも大人気な『東京喰種』の映画版第二弾 『東京喰種 トーキョーグール【S】』 のレビューです! いつも通り原作読んだことほとんどないんですが、一回だけ友人に借りて2巻くらいまで読んだんですよね~。 話の内容ほとんど覚えてないから、役立つことはないけど 笑 一応前作はしっかり観てるんで続編でもストーリーは分かるとは思ってます。 今回は松田翔太さんが出ているんですね。 「カネキ君が食べながら、カネキ君を食べたい」などと変態チックなセリフが聞こえてきて、余計に観たくなりました 笑 しかも今回はR指定ですし。 客層を限定することで、前作以上にバイオレンスでカニバ的描写が極まっているんじゃないかと。 窪田くんの演技も含めて、非常に楽しみにしていた映画でございました! あらすじ 人間社会に紛れ込み、食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族「喰種(グール)」が潜む東京。 あることをきっかけに半喰種になってしまった大学生のカネキは、人間と喰種の狭間で葛藤しながらも、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらとともに生活をしている。 そんな中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」にやってくる。 半喰種というカネキの特殊なにおいに目をつけた月山は、カネキを「グールレストラン」へと招き入れる。 監督 監督は前作の萩原健太郎に代わり、 川崎拓也と 平牧和彦の二人の監督がメガホンを取りました。 二人とも長編映画は初挑戦らしく、新人監督にタッグを組ませて豪華キャストの大作映画を作らせるって結構珍しいんじゃ…? 原作ファンもいて、前作が成功してて…ってプレッシャーもめちゃくちゃ大きいと思うんですが、どうなんですかね? キャスト 主演は前作に引き続き 窪田正孝。 ちょっと前に公開された『ダイナー』って映画にも出てましたし、最近映画でもドラマでも良く見かける顔な気がします。 窪田さんは引き続きカネキ役でしたが、前作では 清水富美加が演じていたトーカは『ギャングース』の 山本舞香に代わりました。 やっぱり幸福の科学に出家したことが影響してるんでしょうね。 原作読んでないけど、清水さん演じるトーカはかなり良かったと思うのですが…。 うーん、商業映画で使うのは難しいんでしょう。 そして一番気になっているのが、明らかに変人・変態役だとわかる 松田翔太。 予告だけでもゾクゾクさせてくれます 笑 目つきがね。 明らかに飛んじゃってる感じがするよね。 兄弟の松田龍平さんはこういう役やらなそう。 最高っス! まじめに松田翔太さん演じる月山習のキャラと演技で持っている映画な気がしました。 イマイチ喰種って言うのがこの世界でどんな位置にいるのか未だにわからない 笑 私の持っている知識は前作と原作の冒頭のみでして、原作マンガを読みこんでいる人とは知識の差が歴然。 なんで作品世界に引き込まれないというか、説明が足りないのか私の理解力が足りないのか、とにかく世界観が謎。 かと言ってアクションもワイヤーで引っ張られているような不自然なものばかりだし、カネキ君のキャラクターも掴めない。 さて、どうやってこの映画を楽しもうかと。 そこで登場したのが松田翔太さん。 映画にノリ切れない私にとっては、あんな変態 褒めてます でも救世主に思えたのです! 原作でも人気キャラクターなんですかね?松田さんの演技力も相まって、控え目に言っても最高だったかと。 もちろん窪田くんも良かったけど、脚本的にどうしても月山が目立っちゃうよね。 ここから先は『東京喰種 トーキョーグール【S】』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 人を食べる料理 先ほどから何度も書いている通り、原作もアニメもよく知りません! 私が映画で受け取ったグールの「食」に関する設定としては、グールは人以外食べられない。 人以外の食べ物はすべてゴミのような味になって身体が受け付けないが、コーヒーだけは飲める。 なので人間を殺して食すか、グールたちの中で出回っている肉を食べないと生きられない。 といった感じ。 前作でカネキ君が「肉」に対しての抵抗と、人以外の食品で吐きまくってたのが非常に印象に残ってたんで、そこの設定はちゃんと記憶されてました! で、続編である本作ではそこからさらに進みまして 「如何に人を美味しく食すか」ってことを考えるグルメなグールが登場します。 ただ食べるだけじゃなくてキチンと料理して、味付けしてから食べようと。 考えるだけでホラーだし、暖炉でソーセージ作ってたレザーフェイス一家が思い起こされる設定だけど、不思議にも映画を観ていて嫌悪感とか気持ち悪さが出てこないんですね。 たぶん食に対する見せ方はかなり工夫したんでしょう。 目を背けたくなるような作品にもできるのに、敢えてそこから遠い道を選んでいる。 例えば 「双子のソーセージ」とか 「ビーガンのモモ肉」など、一見気持ち悪いけどシュールにすら感じちゃうメニューの数々。 そしてそれらが変に美味しそう 笑 それを美味しそうに、幸せそうに食べる月島がいて余計ニヤニヤしちゃうのです。 極めつけはカネキ君の血をなめたときの月山の食レポ。 「やわらかな甘みと、芳醇なハーモニー!!」 どういうことやねん!と。 人間には感じられない、グールだけの感覚があるんでしょうけども! こんな感じで意外とこだわっていた「食」シーン。 この映画には大事な要素のひとつだね。 R指定の意味 R指定って言うから、もうちょっとドチャドチャの血生臭い映画を想像していました 笑 カニバリズム的な要素は好きじゃないから、これ以上生々しくしなくて良い。 でもアクションシーンでもう少し血を流して欲しかった! だって「普通そこ見せるでしょ!」ってところで暗転ドーンしたり、カメラの外に出ちゃうからさ~。 あれ?R指定じゃなかったんスか? これはどこでR指定に引っかかったんだろう。 序盤の目玉か、カニバリズムが人道的にダメってなったのか。 あとなんか引っかかりそうなシーンあったかな? せっかくR指定になったんだから全力で振り切って欲しかったところ。 中学生の原作ファンを切ってでも、これがやりたかったのか。 ついでにアクションについても書かせてもらうと、明らかに何かに引っ張られたような不自然な動きが気になりましたね。 あと、肉弾戦は面白かったけど触手みたいなヤツ カグネだっけ? を使われると、動きとCGが合ってないような気がする。 月山は腕にそれが付いてるから、腕の動きとの微妙なラグを感じた部分も。 そもそもカネキ君、初めからカグネ使っていれば勝てたのでは…。 ラストのバトル 原作を読んでいる方は知っていたのかもしれませんが、私はせめて誰か一人は死ぬもんだと思ってました 笑 カネキ君とトーカは死なないだろうけど、先輩かその彼女は死ぬもんだと。 誰も死なず月島を倒してハッピーエンドですか、そうですか。 ラストの展開は前作の方が全然盛り上がっていたと思うし、バトルも面白かったですね。 前作は喰種VS喰種じゃなくて、喰種VS人間だったから余計に面白かったのかも。 大泉洋の意外な悪役っぷりも観ていて楽しかったし。 そしてなにより、本作のトレードマーク的存在だと思っていたマスクが出てこないなんて…。 もう一度ポスター観てみたらカネキ君、しっかり手に持ってらっしゃる!なんでそれ使わないねん!トーカと同じく教会に行く前に付けていってくれれば…。 前作のラストみたいに興奮して喰種っぽくなったカネキ君を見たかったし、チャック開けて噛みついてほしかったのよ。 あの厨二っぽいビジュアルが好きなんだよなぁ…。 まとめ もっといろいろ書こうと思ったけど、どれも月山繋がりになって被るんで感想は以上になります! 月山習以外は断然前作の方が好き。 まだ続編があるようなラストだったんで、それまでには原作をしっかり読み込んでおこうと決めました。 私なんて映画しょっちゅう見るのに近場のレンタルショップが車で30分だったりして、学生時代は本当に苦労しました 笑 かと言ってテレビでたまたま自分の観たい映画が放送することなんて稀ですし…。 「見放題作品」と「有料作品」で分けられているから、必然的に月額料金を払っていても観られない作品が出てきてしまいます。 大まかに分けると、ディズニー作品や1年以内に公開された新作映画は有料に設定されていることが多いです。 もちろん見放題作品だけでも十分なほどラインナップは豊富なのですが、観たい作品が有料だったらちょっとショックですよね…。 「え!? さらに金かかるの!?」と思ったかもしれませんが、ちょっと待ってください!! 初回登録なら無料で観られる! U-NEXTを初めて登録する方なら31日間無料で見放題作品が観られるのに加え、600円分のポイントが貰えます。 そう、 初回登録時に無料で貰えるポイントを使えば無料で新作映画を観られるんです! 無料期間中に退会してしまえば料金も発生しないから、観たい映画だけ観ることも可能です。

次の