オリュンポス 感想。 【FGO】オリュンポス感想で正論を述べるレジライ

【FGO】オリュンポス感想・考察掲示板(クリアしてからの閲覧&コメント推奨)

オリュンポス 感想

まず、内容に関して。 個人的には今回のシナリオ、第2章で一番面白かったと感じています。 だって、クリアして一日経過していますが、未だ余韻に浸ってますもん 笑 挿絵の数も過去一くらい多くて、かなり気合い入ってましたね。 昔の知ってるものからすると、よくここまで豪華になったなと。 まぁ、どれも最初期のシナリオに比べれば、圧倒的に凝っているんのですが。 そして、私個人の意見として、なぜオリュンポスが一番面白かったと感じたのか。 考えてみたのですが、やはり、クリプター キリシュタリア の背景がしっかり描かれていたのが大きいかなと。 もちろん、今までのロストベルトでも各クリプターの心理描写や苦悩に焦点はあてられていましたが、キリシュタリアほど、過去の回想シーンが掘り下げられたことは余りないかなと思います。 しかも、キリシュタリアの過去がまた同情を誘う内容になっております。 これで感情移入しないはずがありません 笑 しかも、冷徹で完璧主義、クールに見えるが、実はペペと同じく人情があり、非常に人間味溢れる内面を持っていたという... 極めつけは最後のシーンですね。 主人公の敵でありながらも、 ラスボスになるであろう 異星の神にしたわけでもない。 キリシュタリアなりの信念・計画を持っており、最後は主人公を守って逝く。 これで人気でないわけがありません!!ってくらい、かっこいいキャラでした 笑 よく漫画・アニメである、敵なんだけど、実は悪いやつじゃなかったってパターンです。 まぁ、結果的にこのキリシュタリアが非常に印象に残るキャターだったが、オリュンポスの話の完成度が高い一因であります。 異星の神の降臨• 最後のエゴ、村正登場• ベリルの本性• 4章までは、伏線や謎が次々とばらまかれ、気になる所でしたが... 次の異文帯でも、さらなる事実がつまびらかになるでしょう。 武蔵消滅、グランドランサーの登場 オリュンポスを以って武蔵ちゃん退場し ました。 どうなったか一言で表すなら、のテレビ版最終回ですw 武蔵ちゃんは、のシナリオでかなりの優遇っぷりですので、今回の幕引きは、良い塩梅かなと。 逆に、これで復活ならまだしも、冠位になって再登場とかは萎えますね 凡人類史ので出るなら別。 あと、遂にグランドランサー登場しましたね。 前編でもグランドアーチャー登場したし、結構なペースでグランドクラス登場してるな汗 グランドランサーの神祖は、いい感じに強キャラしてたので良かったです。 強いて不満点を挙げるなら... キリシュタリアは、なぜにおいて、カイニスを見捨てた?• 展開のマンネリ化 まず、1. について。 本シナリオにおいて、キリシュタリアとカイニスが非常に強い絆で結ばれているのは、わかりましたし、最後のやり取りからのラストバトルまでの流れは鳥肌ものですが。。。 それゆえになぜ、キリシュタリアは、でカイニスを見限り、ディオスクロイに始末させたのでしょうかね??? 私が何か見落としていたらすいません 例にもれず、最高の主従関係なのに、あの下りのせいで、キリシュタリアのカイニスに対する信頼性に疑問が生じます。 次に、2. について。 「敵と一時的な共同戦線」「 序盤で 主人公サイドを無双できる力量を見せつけるものの、再戦時では明らかな弱体化、敗北を喫する」「ボス集団の各個撃破で攻める」などなど... これに関しては、これ以上特にいうことはありません。 もはや、あるあるという認識ですので。 あと、難易度はゲキムズですw 一番難しかったんじゃないか?ビーストとゼウス戦は、初見でノーコンテニューで勝てました。 が、女神とキリシュタリア戦は、一回で勝てませんでした。 女神に至っては、見て挑んでも詰む始末。 今回の完成度が高かったばかりに、早く次のシナリオを読みたいです!今年中までには、お願いします 白目。

次の

【FGO】PU2&オリュンポスクリア感想まとめ

オリュンポス 感想

デメテルに続き、アフロディーテも撃破。 しかし直後に仕掛けてきたディオスクロイからなんとか撤退。 一行はゼウス攻略の鍵となる大召喚陣を完成させるために、協力者の秘密工房へと足を運ぶことに。 工房もってる時点で、大分絞られちゃう気がしますが……。 タイトルの通り、基本的にネタバレ?あるに決まってるでしょ!? という感じなのでその点ご了承の上でどうぞ。 どんな意図でこんな文章書いているの?とこの記事から見て思った人はまずその1でオナシャス。 ですよねー の素振り開始。 自動戦闘機械と遭遇したら壊さず逃げろ!と。 これはフラグだな!!! やっぱりフラグだったと思いきや、ゼウスとの接続はオフラインだからやってしまえとのこと。 引いて迂回してられるほど、時間があるわけでもなし、ここはやっちゃいましょう。 やっぱり複合は面倒くさいなぁ。 サクッと倒して終了。 ボーナス!!? そしてついに協力者の登場。 というわけで アトランティスで言っていた別個体のヘファイストス本体が登場。 そしてここで一番衝撃的な事実がこれ。 マジかー。 そうつながるのですね。 人間を助ける知恵の火、マジで種火だったとは……。 プロメテウス=ヘファイストスとご対面。 アフロディーテの最後を伝えるのは、思うところがありますね。 さらに工房には滞在者が。 敵ですけど、どうだろう? まーでもなー、仕事だからしている感あったので ということに。 さらに隠れてもう1騎。 よくよく考えれば アテナとフクロウがつながるのは、聖闘士星矢Gアサシンで私は知っていたのに繋げなかったのが悔しい。 エウロペはその在り方として、ゼウスを認めるわけにはいかなかったと。 さらに他の神を改造していたことが発覚。 うわー、うわー。 うーん、これは、ゼウスがそうであったが故に隙があるかなー。 ゼウスのその在り方に涙するエウロペに言葉を掛けるカリギュラとマスター。 そして大召喚器を完成させることと、もう1つ。 目的を果たしたペペさんとは再びお別れ。 またね、があるといいですね。 残った面子は皆で料理タイム。 村正さんが色々と育てているようで、そちらが使えるとのこと。 このタイプに甘いですよね(目逸らし その間にホームズは答え合わせ。 ともかく、汎人類史では負けてしまったセファールとの戦いに、ゼウスが勝ったのがこの異聞帯。 一応その時の力はなくとも、最強の存在なのは確かですか。 大召喚器とアテナの遺した最後の力、この辺が焦点ですかね。 (かわいい) ヘファイストスが作ったものだから、脆弱性も把握してるし、だからそれを逆手にとってリソースを奪っちゃう。 敵の力で敵を倒す力を呼び出す、それが大召喚!!! 適当に理由を作ってその場から離れた武蔵ちゃん。 その目的は村正さんで……。 面倒くさいことやっているわけですが ここまでが1つめ。 もう1つがカルデアの排除。 ですが多勢に無勢なので撤退すると、ね。 個人的に一番大きいのは 異星の神の3騎のアルターエゴの役割がはっきりしたことでしょうか。 クリプターの監視役のラスプーチン• 異聞帯の王の監視役のリンボ• 異星の神の執事役の千子村正 うーん、凄い情報だ。 ゼウスと対面した時に使う事になるわけですが、そういえば触媒は?その触媒で呼べる冠位のサーヴァントも違いますよね? 正気を保っているカリギュラの言葉なら期待感大! と、最後のだんらんをしているところに無粋な客が。 まーた、ディオスクロイかな?と思ったら お ま え か !!!! しかも やっぱ、きてんじゃん!? ザコ敵だと思って油断した奴おる?ここにおりゅ……。 ブレイク時: クリティカル攻撃時 クリティカル発生アップ クリティカル攻撃時 チャージ追加 クリティカル発生アップ か、勝ってしまった。 サポートの効果が強烈だったのと、BBちゃんが宝具をぶん回した結果、普通に倒せてしまった……。 戦闘終了後、リンボが暴れるだけ暴れまわって エウロペを確保して撤退。 うーん、神姫が罰せられるのを見たいんだろうなぁ。 ディオスクロイも逃がしてくれるつもりはないようで……しつこいなぁ。 人間に変質させられた神が、そのせいで人間を選んでいると。 うーん、もう語るに落ちているというか はい、追撃入りました。 てか、キリシュタリアはこうなるのを全部読んでやってるわけで。 アイギスはこのままマシュの力になってくれるんですかねー、超期待。 ブレイク時: クリティカル攻撃時 クリティカル発生アップ クリティカル攻撃時 チャージ追加 クリティカル発生アップ ブレイク時: クリティカル攻撃時 クリティカル威力アップ クリティカル発生アップ 私、今回のオリュンポスでこういうアタッカーがいない局面を何回かやらかしてます。 一応マシュがバスターでクリが出るといい感じのダメージ出せるのですが…… とにかくさっさと退場してヘラクレスにつなぎたかったのでした。 ヘラクレスは上手い具合にマーリンと玉藻がいる状態で出せたので、1ターンでほぼほぼ削ってくれて大活躍でしたね!さすが大英雄。 さて、マシュがアイギスを使っている理由ですが。 !?そういうのありなの!? 追い詰められたディオスクロイ、起死回生の一手は人質。 もはやなりふり構っているどころでもなく、 人を殺すために自分も殺すような手ですね。 マスターから感じた神殺し、手を放して下がったのは恐れかな? 人質がいなければこちらの物、こちらのトドメは双子が仕る。 ハデスとアテナの名を呼んで行使する神代魔術。 双子がディオスクロイに口にしたのは 人間は停滞を選ばないのだなぁ……私は停滞していない、はず。 おっさんだけど夢に向かって邁進中、そうね、人間だものね。 ところ変わってクリプター達。 ディオスクロイのことはわかっていながらも、度量が無かったと口にするキリシュタリア。 あー、そこは 憧れ的なものが実はあるのかな? しかも 最初の戦いもそこまでの差はなかったと、かなりの評価をしているわけで。 こういう考えに至る、その辺が怖いなぁー。 キリシュタリアが自身に定めた戦いはあと1度。 キリシュタリアの、いや、ゼウスとの望みをかなえさせるわけにはいかないなぁ。 それを微笑ましいと言いつつも、エウロペの処遇に対して心を痛める、わかっていたことですけどね。 襲撃してきたディオスクロイを倒したことで、敵の陣営はゼウスとキリシュタリアのみ。 開始リンボで大体察するね! 一方クリプターサイドは、それぞれがやれることをやる模様。 エウロペいい女ですもんねー あー、実は一番手の内がわかるのってペペさんかー。 ゼウスの何故の問いに答えるエウロペ 愛した、愛されたの間柄であるからこそ、ですかね。 そしてゼウスからオリュンポス全土に神託が下ります。 正午・軌道大神殿 大祭壇にて つまり、これが決戦の時、そういうことでしょうね。 あ、コヤンスカヤさんのことは後回しなんですね。 戦況的に考えるとエウロペの処刑は罠でしかないのですが ここで見捨ててしまうようなら、ぶっちゃけキリシュタリアの敵足りえないでしょう。 まさか、ゴッフ所長の口からもOKが出るとは。 さて、出発の前に 前哨戦といきましょうか。 モーさん強いなぁ、やっぱ。 自分で星を出して自分のバスターに集めるとかやばすぎます。 特に孔明マーリンのバフと重なった時がヤバイ。 基地に攻め込まれたわけで、人工知能にもダメージが。 寂しいけれども、 最後の決戦までよくぞ助けてくれたというべきでしょうか。 一行は脱出し地上を目指し、そこからブラックウィングで上昇という流れ。 そうなると通信もできないでしょうから、カイニスとゴッフさんのやり取りも一口には言えない感情がありますよね。 うん、いいね。 さらに、カルデアはストーム・ボーダーも投入を決定。 あったかもしれない世界線ですかね?それとも……。 ボケるキリシュタリアを他の6人がリアクションするコントグループ、それがクリプターだった!? ……キリシュタリア、7周ってそういう意味? この人も混じってるのか、そのものなのか。 ぺぺさんは理解しているのかー。 ????順番が違う???? そしてあの人が出てこないのは何らかの理由があるのか。 夢から覚めたキリシュタリアの目の前にはゼウス。 二人だけの会合のようですが、話題は星の海を越えている時のお話に。 うーん、本当に、本当に異聞帯ってやつは。 これが二人にとって今生の別れですね。 勝つのは我々なので。 祭壇街だからまだ本星じゃない(からガチらなくても大丈夫のはず) とはいえ連続戦闘・幻獣の投入と敵の編成は読めてきますね。 武蔵ちゃんも本気モードに。 面倒くさいHPと編成でしたね。 一方カドック君はキリシュタリアのデータを覗いて、情報を得ようとしますが……。 カドック君が見つけたデータはオフェリアによる異聞帯と空想樹の報告。 自分が負けた時期の話ですね。 空想樹が切除されると異聞帯も消える、ここまではOK。 では次。 実際にあり得ない時間と認識しながら、そのあり得ない時間の上に存在している矛盾。 これは……そのことによって異星の神とは何かという疑問に落ち着くのかぁ。 そして最後に謎のメモ。 そうですね、 そういうムービーじゃありませんでした? 白紙化しないと実体化することができない?ねー。 そしてこれらのデータはすべて、他のクリプターの為に用意されていたという。 これらからカドック君が辿り着いたのは…… うわ、ゾクってした。 その後も色々と考察を重ねていく中で、ある程度の核心に至ったカドック君。 見事に死亡フラグ。 っていうか、え?これで退場?……ペペさんが、それでもペペさんなら何とかしてくれる。 ここまでの感想 異星の神の在り方って、どこぞのビースト的な感じしませんかね? カドック君が心配ではありますが、きっとぺぺさんが何とかしてくれるはず。 それよりも個人的にはゼウスは神として真面目な方向に振り切れるとこうなっちゃうのかなという感じがして、若干哀しい。 キリシュタリアとの関係も、欲しかった友人を得られることができたという点で満足しているようですし。 そしてキリシュタリアの7周案件。 結局のところ最終的に 1人で7周したってことなんですかね。 人理修復の度を元に、こうなるであろうという世界を創造して7周。 色々と明かされつつはあるのでしょうけれども、断片的な情報が増えただけのような気もする。 オリュンポスもクライマックスだというのに、考えることは増えるなぁ。

次の

【FGO】オリュンポス感想・考察掲示板(クリアしてからの閲覧&コメント推奨)

オリュンポス 感想

第1節 星間都市山脈オリュンポス 進行度1 キリシュタリアの独白 「恐れず、畏れず。 解き明かすべき対象とした。 オリュンポス十二神の頂点、二つのマキアの勝者。 神霊、否ーかつて世界に実在していた神。 自然、概念と深く結びつき、世界を構成する事象そのもの。 神話体系における神々の王とはすなわち、本来的な意味での 星の支配者に最も近い存在だ。 ……白紙と化した大地のすべてに。 ヒトが救えなかったならば、神が救おう。 汎人類史に於いて地上を去りしすべての神々に代わり、我は、我が全能に依りて、世界を救おう。 我らが根ざしたこの星、そして知性体たる人類種。 失うにはあまりに早すぎよう。 ・一万四千年前(大西洋異聞帯の始まり)、ゼウスは大雷霆で彼方より来たりて星を殺さんとした外敵さえ完膚無きまでに打ち砕いた カドック登場 ・マリスビリーは 『大令呪は世界を覆す力。 異聞帯はどうあれ滅亡させられる。 私たちにとって異聞帯は『次の汎人類史になるもの』という希望だったけど、 あいつらにとって、異聞帯にはもっと別の用途があるみたい。 ・「計画は順調だ。 ゼウス神率いる神々と大神クロノスとの戦い• ゼウス神率いる神々と白き滅びとの戦い• ゼウス神率いる神々と巨人ギガースとの戦い• その後、何度も漂流したけど結果は同じ。 違う区域、違う場所に出る事はあれ、『時代』と『世界』は変わらなかった。 ・『どのくらいまで自由に移動できるか』試していた時にカルデアの者に出逢い、しばらく一緒に旅をしていた ・カルデアの者曰く、大西洋異聞帯には必ず冠位が出現する ・「……フン。 抑止力というヤツはまあ、用意周到で、婉曲で、意地が悪い。 アテナ• ハデス• ポセイドン• アポロン• ヘスティア• アレス• 大令呪はそのままでいい。 君は自由だ、カドック。 この大西洋異聞帯で、思うまま行動してくれ。 ああ、そういえば。 召喚者のいないサーヴァント。 『誰にも喚ばれず、何にも喚ばれず、単体で顕れる悪性霊基が七匹いる』 そんな話をどこかで聞いた覚えがあるわ。 わたくしたちをどこまでも、導いてくださいます。 その眼差しには、確かに、慈しみが込められておりましょうけれど…… けれど決して、対等の魂を前にしたものではなく…… ーー愛ではなく、 愛玩なのです。 汎人類史の生きる地球上では存在し得ない剪定事象の延長である、異聞帯。 本来は消えていた筈の『歴史』を繋ぎ止める楔、 それこそが、各異聞帯に植え付けられた空想樹です。 事実として、空想樹と異聞帯は強固に結びついています。 この順番はとても重要だ。 このファイルを閲覧するクリプターが誰かは分からないが、どうか役立ててほしい。

次の